【越後屋】越中黒拉麺献上【富山】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、ボク、カマキリの赤ちゃん♪

20170618_20.jpg

ここは人の住む家の庭先とはいえ小さな自然、
数パーセントしか生き残れない生存競争に打ち勝ち、

20170618_21.jpg

秋まで生き抜いてやるんだ!
絶対に大きくなってやるんだ!

20170618_22.jpg

そうすりゃ、天下のカマキリ様、
そんじょそこらの虫けらどもには負けないぞ!
虫どもを食って食って、食い散らかしてやるっ!

20170618_23.jpg

って、あ、
さっきからまた色々と、
アザミ以降は、
本文の、カマキリの決意とはもちろん、
我が家の庭とも全く関係ない写真を貼ってますけど、
単にデジカメのSDカードからの、
先日の山歩きの蔵出し写真、
せっかく撮ったのにもったいないから貼ってるだけで、
気にしないでください、
そんな6月も早いもので中旬の日曜日、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週の諸国漫遊らーめん紀行、
取り上げたるは、こちらのラーメン。

20170618_00.jpg

富山ブラックラーメン、
なんとブラックですって、黒ですって、
なんか裏がありそうですねー、

20170618_01.jpg

と思ったら、やっぱり越後屋!

代官 『ふぉっ、ふぉっ、ふぉ~、越後屋、そちも悪よのぉ~~~。』

そして出たー!悪代官、

越後屋 「そーゆー、お代官様も…、
     それはそうと今回は、
     隣国、越中の国の名産品、上玉でございます、いひひひひ。」

20170618_02.jpg

 『どれどれ~、一枚脱いで見せてみろ~~~』

あ~れ~、

 『良いではないか~、良いではないか~~~、
  おー、これはなかなか良い、ワタシ好みのまっすぐストレートの棒麺、』

20170618_03.jpg

 『それもやや太めで、すべすべむっちり、すーりすり、
  良いじゃないか~、良いじゃないか~~~、
  さっそくいただこうじゃないか~、ふぉっふぉっふぉ~。』

20170618_04.jpg

 「いやいやお代官様、しばしお待ちを、
  今はまだ若く、カチカチ固いゆえ、
  しばらく、5分程度もいただければ、
  そうすれば、もちもちむちむちのむふふな食べごろに、
  この越後屋が仕上げて差し上げましょう…いひひひひ。」

 『そ、それは楽しみじゃのぉ~、
  では、ちと待つとするか、ふっふっふ~、じゅるじゅる』

20170618_05.jpg

 「お代官様、出来ましてございます。」

 『越後屋、待ちくたびれたぞー、
  もう待ちきれんぞー、いただいちゃうぞー、ガバッ、
  良いではないか、良いではないかぁ~~~!
  ちゅばちゅばちゅば。』


 『おーっ、これは!
  ブラックの名の通り、濃厚たまり醤油のようなコッテリとした色、
  以前、尾張国産の越中黒拉麺を食した時の、
  そやつはコショウ辛さが際立っておったが、
  これは辛くはなく、どちらかと言えば甘めの醤油スープ、』

20170618_06.jpg

 『そしてこのストレート太麺、
  5分のゆで時間でも、口唇に吸い付くような、
  もちもちツルツルしこしこ、
  良いではないか~、良いではないかぁ~~~、
  でかした越後屋!
  ぐふふふふ~~~。』

そんな感じで悪代官も大満足な、
実在の人物、団体、悪代官、越後屋とは全く関係ない、
まだ風香る季節の、
醤油薫る日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

ま、ね、
そんなもんで6月も半ばも過ぎて、

20170618_40.jpg

今ひとつ梅雨らしくない6月ですが、
もうすぐ夏至、そしてそろそろ今年も半年が終わって折り返し、

20170618_41.jpg

我が家のプランター菜園もようやく、
ミニトマトが色づき始めました。

20170618_42.jpg

こちらは二階の出窓菜園、
鉢植えのバジルの様子、
炒めただけのパスタでも、
焼いただけのポークソテーでも、
焼いただけのアジの開きでも、
ちょこっとバジルの葉っぱをつまんで加えれば、
何でもかんでもイタリアンに早変わり、
便利に重宝しております、
って、あ、アジの開きバジル焼きはやったことがないので、
どなたか試したら教えて下さい、
そんな感じで、今週はここまで、
それでは皆さん、また次に会うまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 越後屋重兵衛 富山ブラックラーメン

line

【山水亭】マー油の香り高く【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

梅雨入りですねー。

20170611_20.jpg
写真は本文と関係ありません

日本列島、西から東日本まで一気に梅雨に入りましたねー。

20170611_22.jpg
写真は本文と関係ありません

あ、さっきからペタペタとポピーの写真を貼っておりますが、
注釈のように本文とは全く関係ありませんよー、

20170611_23.jpg
写真は本文と関係ありません

梅雨に入ったからと言って前回お話しした、
ホントは晴天を期待して山をえっちらおっちら登ったのに、
霧に囲まれ視界は不良、しっとり濡れたポピーの花の写真を、
いまだに恨みがましく貼っているわけではありませんからねー、
そんな梅雨のない北海道を除きジメジメなはずの日本列島、
それなのに皆さまお住まいの地域は、
いかが早々の梅雨の中休みとなられているでしょうか。

さて、どうせツユに浸るなら、梅雨じゃなくてラーメンの汁に浸かりたい、
そんなラーメンフリークなあなたにお送りしている週刊ラーメン古今東西、
今週ご紹介するラーメンはこちら。

20170611_00.jpg
写真は本文と関係あります

ドドーンと熊本ラーメン山水亭!
なんと「親子三代の味」、
現在は修復中の熊本城の勇姿も凛々しいですね。

20170611_01.jpg
写真は本文と関係あります

山水亭は云々かんぬん、
場所はここ、
詳しくはウェブサイトにて。

20170611_02.jpg
写真は本文と関係あります

販売しているのは熊本じゃなくて福岡にある会社さん、
つーことで、ここは軽くスルー。

20170611_03.jpg
写真は本文と関係あります

身ぐるみはがして、あら、いや~ん、
中身は麺にスープ、
そして黒光りしている調味油が、
これぞ熊本ラーメンの要、味の肝、
マー油です。

20170611_04.jpg
写真は本文と関係あります

二つ折りにされた半生ストレート麺、
これも九州ラーメンこその特徴ですねー。

20170611_05.jpg
写真は本文と関係あります

調理方法、
と言っても調理というほど料理しなくても作れます、
麺を茹でて、別にどんぶりに作っておいたスープと合わせれば、
出来上がり。
調味油(マー油)はお好みで調整せよ、とのこと。

20170611_06.jpg
写真は本文と関係あります

んで、さくっと完成です。
九州ラーメンは、固めの麺が命。
スープを吸って柔らかくならないうちに、
とっとといただいちゃいましょう。
ハグハグハグ。

ん~~~~~~~んまい!
鼻をくすぐるニンニクの香り、
甘みも感じられるとんこつスープの味、

20170611_07.jpg
写真は本文と関係あります

そしてお好みで調整し、全量ぶち込んだ調味油(マー油)の、
焦げたニンニク由来の苦味と香ばしさが加わって、
んまいっ!

20170611_08.jpg
写真は本文と関係あります

麺は、レシピ指定のゆで時間が「約1分半から2分」だったので、
間をとって1分45秒としてみたけれど、
それでもパツパツした歯ざわりのストレート麺、
これぞ九州ラーメンって感じで、んまいっ!
さすが熊本ラーメン、
いつの日か、また熊本を訪れる日が来たならば、
今度は是非、山水亭さんに行ってみよう、
そんなことを密かに心に誓った、
それはまだ梅雨入り前の、とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、結局は前回の天空のポピー畑の話を引っ張るわけですが、

20170611_21.jpg

登った先は、もう梅雨入りを先取りしたような、
しっとりすっぽり、右も左も分からない霧の中、

20170611_24.jpg

それがね、下界はホント、
青空ものぞいていて、
露出補正しても白飛びするくらい、
お日さまサンサンだったんですよー、
と言いつつも、この時だからこそこの風景、
これはこれで幻想的な世界で良かったかなと、
以上、二週に渡ってのうだうだ霧の摩周湖ならぬ霧のポピー畑話、
お付き合いさせてしまい、大変失礼いたしました、
で、いきなりの梅雨の中休みとは言え、
今の時期を代表する花と言えば、

20170611_40.jpg

あじさい。
でも、我が家のアジサイは、赤くも青くもない真っ白けっけで、
面白みにかけています、
なので、

20170611_41.jpg

黄色いキュウリの花も元気です、
というところで、今週はここまで、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : とんこつラーメン 熊本ラーメン マー油 山水亭

line

【古賀製麺】その名もラーメン【佐賀】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

最近、テレビ(埼玉のローカルテレビ)で紹介されたり、
テレビ(埼玉のローカルテレビ)でCMが流れたりして、
徐々に名所となりつつある、
知る人ぞ知る、知らない人は誰も知らない、
今が旬のこちら、

20170604_21.jpg

「天空のポピー」に先日、行ってきました。
風薫る五月も終盤、埼玉北西部の標高500mの山の上、
清々しい青空を背景に、
一段と濃くなった緑とポピーの赤いじゅうたんのコントラスト、
こりゃ、もう、さいこー!
って、霧の中じゃんヽ(`Д´#)ノ

20170604_22.jpg

ええ、今年は開花が遅れていた、とあらかじめ知ってましたよ、
この日もまだ四分咲き(5月27日現在)だとも聞いてました、
それでも青い空に白い雲、緑の木々に赤いポピーを期待して、
こんなところまで、えっちらおっちら登ってきて、
ええ、そうですよ、二本の足で、
ハーハーゼーゼー言いながら、
心臓をバクバクさせながら、
ジジババに後ろからどんどん追い抜かれながら、
山道を登ってきましたよ、

20170604_23.jpg

確かにこの日は朝から天気が怪しかったんです、
けどね、麓を歩き出した頃には青空が見え、
日の光も差し込んでいたんですよ、
まぁ、山の上の方がガスっているのも見えていましたけどね、
でも、ブツブツブツブツ…と愚痴は後半に続く。

さて、気を取り直して今週のラーメン千夜一夜、
今回食べた一品珍品はこちら。

20170604_00.jpg

なんちゅーかほんちゅーか…その名もズバリ、
「ラーメン」…?

20170604_01.jpg

つーか、「専門店の味ラーメン」…?
…なの?…

20170604_02.jpg

有限会社古賀製麺謹製、
会社のホームページを見ても製品名は、
なんと!「即席ラーメン」とビックリ飾り気のないネーミング、
対してパッケージは赤に黄色と素朴ながら福々しいデザインで、
いずれもどこか昭和の空気が漂っていて素敵です。

20170604_03.jpg

その古賀製麺さんは、佐賀県の会社さん、
熊本・五木食品のアベックラーメンにも通ずる、
いかにも九州っぽい棒ラーメンですね。

20170604_04.jpg

中身~。
二人前入り。
麺に…

20170604_05.jpg

スープは調味油と二袋入り。
意外と、と言うと失礼ですが、
即席ラーメンという名のラーメンにしては本格派です。

20170604_06.jpg

作り方。
ラーメン其の一!
これはフツーのインスタントラーメンの作り方。
麺を茹でて、おろしぎわにそこにスープを加えて出来上がり。
って、もう最近じゃ「おろしぎわ」って言わないよねー、
今のナウいヤングには通じないよねー。
てか、其の一の作り方だと、いっぺんに2人前作ります。

20170604_07.jpg

ラーメン其の二!
こっちは生ラーメンなどに多い、麺とスープを別に作る方法。
麺の茹で汁の臭いがスープに移るのが嫌な場合は、
こちらの方法で作りましょう。
そしてなぜか、こっちは一人前の作り方、
お湯の量など、間違わないようご注意を。

20170604_08.jpg

で、その2の作り方で出来上がり。
さて、どんな味に仕上がったのか、
冷めないうちにとっとといただくことといたしましょう。
ふぐはぐふぐ。

んんん~。
例えて言うならば、
うまかっちゃんのようなとんこつスープに、
ごま油の風味が加わったような、
そんな味で、こりゃ、うんまいっ!

20170604_09.jpg

麺は博多ラーメンに比べると、やや太め、
ゆで時間3分でもパツパツの歯ごたえが楽しめた、
そんな風薫る五月のラーメンでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《前半からの続き》
で、まぁ、その~、なんと言いますか、
ラーメンも食べて落ち着いたし、
6月にもなりまして梅雨入りも間近だし、

20170604_20.jpg

自然を楽しむっちゅーことは、
天候も含めて楽しみましょう、てゆーことで、
天空の霧のポピーも、
それはそれで貴重な体験だったんじゃないかと、

20170604_24.jpg

でも、霧の中って言うことは、
微細な水滴の中にいた、って言うことで、
体しっとり、ポピーしっとり、
そんな中で撮った写真がいっぱいあるので、
まだまだこの先も、
記事の内容にかかわらず使い倒しますよー、

20170604_30.jpg

あ、我が家のキュウリは今のところ、
まだ小さいけれど、こんな感じです。
つーことで、また会う日まで会える時まで、
皆さまお元気で、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : とんこつラーメン 即席ラーメン 古賀製麺

line

【菊水】いつでもカレーうどん【北海道】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

こちら地方では、
梅雨入り前の清々しい風薫る五月のはずが、
早くも真夏のような日もあったり、
もう梅雨入りしてしまったような日もあったりする今日このごろ、

20170528_20.jpg

以前ご紹介した、我が家の庭に、雑草のように生えているイチゴ、
ちっちゃな、ちぃ~っちゃな実をつけました。
味の方は酸っぱさMAX、
でもイチゴの味が濃くて、どこか懐かしい感じがします。

20170528_21.jpg

ピーマンも小さな花をつけ始めました。
ちなみにワタシは、ピーマン、嫌いです(´・ω・`)。
体に良いと言われるので食べますけれど、ホントは嫌いです。
でも、青椒肉絲とかナポリタンスパゲティとかピッツァとかは、
ピーマンがないと物足りない気がするので、
少しは大人になったかな、と思います。

20170528_22.jpg

このビオラだけは、真冬の寒い時からもう数ヶ月、
真夏の暑さになっても元気に玄関前で咲き続けています。
そんなポッカリと穴があいたような、他に何もない5月も終盤、
皆さま、いかが日々を送られているでしょうか。

さて、日本全国麺類発掘プロジェクト、
いつもは「お家でラーメン」をテーマにお送りしておりますが、
たまには「お家でうどん」も良いんじゃないの?
と言うことで、お送りするのはこちら。

20170528_00.jpg

北海道の麺屋さん、菊水のカレーうどん。
ええ、分かっていますよ、
ちょっと季節を外してしまったと分かってますよ、
でも、暑かろうが寒かろうが、美味しいものは美味しいんだよ、
これから更に暑さで食欲も低下する季節、
そんな時は、カレーが良いんだよ、
っつーことで先に進めます。

20170528_01.jpg

北海道産小麦100%使用のこだわり。
奇しくも今、季節は麦秋、
新しい麦の収穫時期、
ほら、あながち季節外れじゃないでしょー。

20170528_02.jpg

ご開封~♪
うどんの麺の他に、粉のカレーと液体のめんつゆ付き!
お蕎麦屋さんやうどん屋さんのカレーって、
カレーとめんつゆのコンビネーションが生み出す、
絶妙な美味しさがあるじゃないですかー、
それがご家庭で再現できる、
涙ちょちょぎれる製品となっております。

20170528_03.jpg

作り方も本格派!
カレーライスのカレーを作るのと同様、
まずは具材を鍋で炒めます。
そこに水を加えてカレー粉とめんつゆを溶かします。
熱いお湯だとカレー粉がダマになってしまうので、
必ず水に溶かすのがポイント。
あとは麺を加えて煮こむだけ。
うどんですからねー、あっさり煮るのも良し、
じっくりカレーの味を麺に染み込ませるのも良し、
お好きな時間、煮込みましょう。

20170528_04.jpg

で、お好きな時間煮込んで出来たのがコレ。
せっかくのアツアツなカレーうどん、
とっとととっとこいただくことといたしましょう。
ハフハフハフ。

ぐはっ、なんだこれ、
うんまいっ!
辛さの中に酸味や塩味が感じられ奥深い味のカレースープ、

20170528_05.jpg

多少、煮込んでも煮崩れしない、しっかりとしたうどん麺、
カレーの味も染みて、もうサイコー、
カレーのトロミも加わり最後まで熱々、おいひい、
熱くて辛くて汗も出ればハナも出る、
そんな寒い時期に食べそこねたカレーうどんのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《おまけ》
GWも既に終わっていた、とある休日、
新橋(「きーてき一声、新橋をー♪」の「新橋」ね)で、
かる~く中華のランチコースを食べてみました。

20170528_30.jpg

まずは前菜、肉にイカに、
右上の野菜にあえてある白い細いものは豆腐。
しっかりした歯ごたえの豆腐で、まるで麺類のよう。

20170528_31.jpg

いつもお馴染みの北京ダック。
ワタシのようなセレブは北京ダックなんて、
いつも食べて、食べ飽きているので、
焼き鳥のカワの方が、よっぽど美味しく感じるってもんですよ、
あはははは'`,、('∀`) '`,、。

20170528_32.jpg

小籠包。
入試とかで書かされる短い論文ですねー、
って、それは小論文ですねー、
'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、。

20170528_33.jpg

旬の野菜炒め。
白い丸いものはアワビかホタテか?
なんて思ったら、エリンギの輪切りでした(^_^;)。
いや、セレブはいつもアワビ食べているから、
ついついアワビかと思っちゃったんですよー( ´∀`)σ)∀`)、
でも、でっかいエリンギですねー。

20170528_34.jpg

当然、ワタシのことですから麺は外しませんよー、
フカヒレの姿煮あんかけ麺。
スープの中に浮いているのがフカヒレの姿煮ですよー、
白菜の芯じゃないですよー、
でも、ワタシくらいのセレブになると、
フカヒレの姿煮なんていつも食べているので、
ちょっと生臭い姿煮より、
たまに食べるフカヒレだかマロニーちゃんだか何だか分からない、
ばらばらになったヤツの方が美味しいと思いますよー、
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \─、
ゲホゲホ。

20170528_35.jpg

こっちはお連れ様ご注文の、フカヒレの姿煮あんかけご飯。
基本、麺と同じだけど、こっちの方がちょっとトロミが強かったかな?

20170528_36.jpg

締めのデザート、杏仁豆腐。
あ、これは美味い。
よくある薬臭い杏仁豆腐と違って、
臭みなし、自然な甘みこれは美味い、
っつーことで気がつきゃ、
本編のカレーうどん記事より写真点数が多かった、
おまけの食べ歩き記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

埼玉食べあるきじゃなかったけど、
ま、いっか、
それでは皆さん、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 菊水 カレーうどん 中華 胡同マンダリン フカヒレ 北京ダック

line

【だるま】濃厚本格豚骨【博多】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

楽しかった大型連休も既に遠い記憶となり、
この後しばらくは平日が連なり空虚感が支配する五月病の日々、
あんなにたくさんの花が咲き誇っていた我家の庭も、
今は花数少ない端境期、
最近、咲き出した花と言えば、

20170521_20.jpg

この花、知ってる?
しらんがな(´・ω・`)、
そう、紫蘭の花。

他にはせいぜい、

20170521_21.jpg

ゴールデンウィークに買ってきたトマトの苗の花くらい、
そんな何もない今日このごろ、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さてこちらは、今のところネタもつきず、
飽きもせず続けております、ラーメンぶらり旅、
お送りする今回のネタは、

20170521_00.jpg

超濃厚の文字も素敵な博多の有名店、だるま。
もう、ワタシも大好きでしてねー、
過去、このブログでも、
アイランド食品の銘店伝説シリーズを2回(其の壱其ノ貮)ご紹介、
更には実際に、博多のお店まで行ってしてしまった、

20170521_01.jpg

そんなワタクシ個人的に、おなじみの店のラーメン、
今回は、いかにもお土産然とした、
化粧箱入りの製品です。

20170521_02.jpg

そうそう、このお店の前で並びましたよ、
お店の中も、こんなガラガラじゃなく、
開店早々だったのにお客さんでビッシリでしたよ。

20170521_03.jpg

ワタシは地下鉄の駅からトコトコ歩いて、
ちょっと道がわかりづらくはありましたけど、
迷わず行くことが出来ました。

20170521_04.jpg

箱の中は、こんな感じ、三人前入り、
二つ折りされたストレート麺が特徴的、
これぞまさに九州ラーメン!ですね。

20170521_10.jpg

博多ラーメンは、パツパツかための麺が命。
麺の茹では超短時間神経集中作業、
この作り方だと先に麺を茹でて、次にスープを作っての順で書いてありますが、
実際はそんな余裕ございません、
あらかじめスープを作っておいた方が吉、
あとはハリガネだろうが、バリカタだろうが、
お好みの固さに仕上げましょう。

20170521_05.jpg

つー感じで、あっという間に出来上がり。
写真を撮っているのももどかしく、さっさととっとといただきまひょう、
モグモグモグ。

んぐー、んまいっ!
そうそう、この香り、濃厚豚骨、
店に近づいただけで漂い来た、あの懐かしいとんこつ臭、
これぞ博多ラーメンって匂い、
でも、味はそれほどトンコツしてなく濃くはなく、
ま、この辺はスープを溶かすお湯の量で調整可能、
これまたお好みの濃さでご自由にどうぞ、ってできるのが、
自宅ラーメンの良いところですよね。

20170521_06.jpg

麺は、ゆで時間45秒で固めパツパツ、ワタシ好みのいい感じ、
この細めのストレート麺がまた良いですよ、
久々の博多トンコツ、やっぱ美味しいですよ、
3食入りを我が家のお連れ様とシェアして一人1.5人前、
でも、美味しいものはあっという間、
あっさり完食してしまった、
気分も爽快な季節の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《おまけ》
とんこつラーメンと言えば、先日、
群馬県は高崎市の「麺屋 匠」ってお店に行ってきました。

20170521_22.jpg

見た目は、まあまあ、とんこつラーメン、
まずはレンゲでスープを一口…
違う!
薄い!!
少なくとも、だるまの濃厚豚骨とは別次元の食べ物です。
例えるなら、うまかっちゃんでお湯の量を多くしてしまい、
スープが薄まってしまったような、そんな感じ。
麺はストレートでパツパツ、こちらは良いお味を出していてワタシのお好み。
チャーシューも柔らかくて美味しゅうございました。
スープもこういう味の、こういうラーメンだと思えば悪くはありません。
30分以内であれば替え玉が何玉でも無料!と言うのも魅力的。
最初の一玉が多め、なので他のお客さんたちは皆さん半玉で替え玉注文、
ワタシもなんだかんだ言いつつも、半玉を追加してしまいました。
お店のご主人も愛想よく、ご近所にお立ち寄りの際、よろしければご訪問下さい。
っつーことで、おまけでのご紹介、食べ歩き記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

それでは皆さん、次にお会いするまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : だるま 博多ラーメン とんこつラーメン 高崎 麺屋匠

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line