【山水亭】マー油の香り高く【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

梅雨入りですねー。

20170611_20.jpg
写真は本文と関係ありません

日本列島、西から東日本まで一気に梅雨に入りましたねー。

20170611_22.jpg
写真は本文と関係ありません

あ、さっきからペタペタとポピーの写真を貼っておりますが、
注釈のように本文とは全く関係ありませんよー、

20170611_23.jpg
写真は本文と関係ありません

梅雨に入ったからと言って前回お話しした、
ホントは晴天を期待して山をえっちらおっちら登ったのに、
霧に囲まれ視界は不良、しっとり濡れたポピーの花の写真を、
いまだに恨みがましく貼っているわけではありませんからねー、
そんな梅雨のない北海道を除きジメジメなはずの日本列島、
それなのに皆さまお住まいの地域は、
いかが早々の梅雨の中休みとなられているでしょうか。

さて、どうせツユに浸るなら、梅雨じゃなくてラーメンの汁に浸かりたい、
そんなラーメンフリークなあなたにお送りしている週刊ラーメン古今東西、
今週ご紹介するラーメンはこちら。

20170611_00.jpg
写真は本文と関係あります

ドドーンと熊本ラーメン山水亭!
なんと「親子三代の味」、
現在は修復中の熊本城の勇姿も凛々しいですね。

20170611_01.jpg
写真は本文と関係あります

山水亭は云々かんぬん、
場所はここ、
詳しくはウェブサイトにて。

20170611_02.jpg
写真は本文と関係あります

販売しているのは熊本じゃなくて福岡にある会社さん、
つーことで、ここは軽くスルー。

20170611_03.jpg
写真は本文と関係あります

身ぐるみはがして、あら、いや~ん、
中身は麺にスープ、
そして黒光りしている調味油が、
これぞ熊本ラーメンの要、味の肝、
マー油です。

20170611_04.jpg
写真は本文と関係あります

二つ折りにされた半生ストレート麺、
これも九州ラーメンこその特徴ですねー。

20170611_05.jpg
写真は本文と関係あります

調理方法、
と言っても調理というほど料理しなくても作れます、
麺を茹でて、別にどんぶりに作っておいたスープと合わせれば、
出来上がり。
調味油(マー油)はお好みで調整せよ、とのこと。

20170611_06.jpg
写真は本文と関係あります

んで、さくっと完成です。
九州ラーメンは、固めの麺が命。
スープを吸って柔らかくならないうちに、
とっとといただいちゃいましょう。
ハグハグハグ。

ん~~~~~~~んまい!
鼻をくすぐるニンニクの香り、
甘みも感じられるとんこつスープの味、

20170611_07.jpg
写真は本文と関係あります

そしてお好みで調整し、全量ぶち込んだ調味油(マー油)の、
焦げたニンニク由来の苦味と香ばしさが加わって、
んまいっ!

20170611_08.jpg
写真は本文と関係あります

麺は、レシピ指定のゆで時間が「約1分半から2分」だったので、
間をとって1分45秒としてみたけれど、
それでもパツパツした歯ざわりのストレート麺、
これぞ九州ラーメンって感じで、んまいっ!
さすが熊本ラーメン、
いつの日か、また熊本を訪れる日が来たならば、
今度は是非、山水亭さんに行ってみよう、
そんなことを密かに心に誓った、
それはまだ梅雨入り前の、とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、結局は前回の天空のポピー畑の話を引っ張るわけですが、

20170611_21.jpg

登った先は、もう梅雨入りを先取りしたような、
しっとりすっぽり、右も左も分からない霧の中、

20170611_24.jpg

それがね、下界はホント、
青空ものぞいていて、
露出補正しても白飛びするくらい、
お日さまサンサンだったんですよー、
と言いつつも、この時だからこそこの風景、
これはこれで幻想的な世界で良かったかなと、
以上、二週に渡ってのうだうだ霧の摩周湖ならぬ霧のポピー畑話、
お付き合いさせてしまい、大変失礼いたしました、
で、いきなりの梅雨の中休みとは言え、
今の時期を代表する花と言えば、

20170611_40.jpg

あじさい。
でも、我が家のアジサイは、赤くも青くもない真っ白けっけで、
面白みにかけています、
なので、

20170611_41.jpg

黄色いキュウリの花も元気です、
というところで、今週はここまで、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : とんこつラーメン 熊本ラーメン マー油 山水亭

line

【だるま】濃厚本格豚骨【博多】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

楽しかった大型連休も既に遠い記憶となり、
この後しばらくは平日が連なり空虚感が支配する五月病の日々、
あんなにたくさんの花が咲き誇っていた我家の庭も、
今は花数少ない端境期、
最近、咲き出した花と言えば、

20170521_20.jpg

この花、知ってる?
しらんがな(´・ω・`)、
そう、紫蘭の花。

他にはせいぜい、

20170521_21.jpg

ゴールデンウィークに買ってきたトマトの苗の花くらい、
そんな何もない今日このごろ、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さてこちらは、今のところネタもつきず、
飽きもせず続けております、ラーメンぶらり旅、
お送りする今回のネタは、

20170521_00.jpg

超濃厚の文字も素敵な博多の有名店、だるま。
もう、ワタシも大好きでしてねー、
過去、このブログでも、
アイランド食品の銘店伝説シリーズを2回(其の壱其ノ貮)ご紹介、
更には実際に、博多のお店まで行ってしてしまった、

20170521_01.jpg

そんなワタクシ個人的に、おなじみの店のラーメン、
今回は、いかにもお土産然とした、
化粧箱入りの製品です。

20170521_02.jpg

そうそう、このお店の前で並びましたよ、
お店の中も、こんなガラガラじゃなく、
開店早々だったのにお客さんでビッシリでしたよ。

20170521_03.jpg

ワタシは地下鉄の駅からトコトコ歩いて、
ちょっと道がわかりづらくはありましたけど、
迷わず行くことが出来ました。

20170521_04.jpg

箱の中は、こんな感じ、三人前入り、
二つ折りされたストレート麺が特徴的、
これぞまさに九州ラーメン!ですね。

20170521_10.jpg

博多ラーメンは、パツパツかための麺が命。
麺の茹では超短時間神経集中作業、
この作り方だと先に麺を茹でて、次にスープを作っての順で書いてありますが、
実際はそんな余裕ございません、
あらかじめスープを作っておいた方が吉、
あとはハリガネだろうが、バリカタだろうが、
お好みの固さに仕上げましょう。

20170521_05.jpg

つー感じで、あっという間に出来上がり。
写真を撮っているのももどかしく、さっさととっとといただきまひょう、
モグモグモグ。

んぐー、んまいっ!
そうそう、この香り、濃厚豚骨、
店に近づいただけで漂い来た、あの懐かしいとんこつ臭、
これぞ博多ラーメンって匂い、
でも、味はそれほどトンコツしてなく濃くはなく、
ま、この辺はスープを溶かすお湯の量で調整可能、
これまたお好みの濃さでご自由にどうぞ、ってできるのが、
自宅ラーメンの良いところですよね。

20170521_06.jpg

麺は、ゆで時間45秒で固めパツパツ、ワタシ好みのいい感じ、
この細めのストレート麺がまた良いですよ、
久々の博多トンコツ、やっぱ美味しいですよ、
3食入りを我が家のお連れ様とシェアして一人1.5人前、
でも、美味しいものはあっという間、
あっさり完食してしまった、
気分も爽快な季節の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《おまけ》
とんこつラーメンと言えば、先日、
群馬県は高崎市の「麺屋 匠」ってお店に行ってきました。

20170521_22.jpg

見た目は、まあまあ、とんこつラーメン、
まずはレンゲでスープを一口…
違う!
薄い!!
少なくとも、だるまの濃厚豚骨とは別次元の食べ物です。
例えるなら、うまかっちゃんでお湯の量を多くしてしまい、
スープが薄まってしまったような、そんな感じ。
麺はストレートでパツパツ、こちらは良いお味を出していてワタシのお好み。
チャーシューも柔らかくて美味しゅうございました。
スープもこういう味の、こういうラーメンだと思えば悪くはありません。
30分以内であれば替え玉が何玉でも無料!と言うのも魅力的。
最初の一玉が多め、なので他のお客さんたちは皆さん半玉で替え玉注文、
ワタシもなんだかんだ言いつつも、半玉を追加してしまいました。
お店のご主人も愛想よく、ご近所にお立ち寄りの際、よろしければご訪問下さい。
っつーことで、おまけでのご紹介、食べ歩き記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

それでは皆さん、次にお会いするまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : だるま 博多ラーメン とんこつラーメン 高崎 麺屋匠

line

【こじま】ちゃんぽんとGWと【長崎】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

5月3日(けんぽうきねんび・はれ)
せっかくのゴオルデンウイーク、
でもボクは、人がたくさんいるところに行くのはイヤなので、
安近短、あんいにきんじょにたんらくてきに出かけました。

てっちゃんにはちょいと知られた埼玉の、SLも走るローカルせん、
いつもはガラガラな電車なのに今日はさすがゴオールデンウイーク、
すわれないほどの人が乗っていました。
そんな電車に少しゆられ、関東へいやのはじっこの駅でおりました。

20170507_20.jpg

小さな町をぬけて、
白いたんぽぽが、かたわらにさく道を歩いて、

20170507_21.jpg

まだフジの花がさきのこる池をまわって、

20170507_22.jpg

こんな山道にはいって、
めざしたのは…

20170507_23.jpg

こういうむずかしい漢字を書いて、
「かねつきどうやま」と読む名前の山です。
《うしろにつづく》

そんな黄金週間も今日で終わり、
明日から仕事だ、学校だ、
嫌だよ、行きたくないよ~という方も多いでしょう、
ま、ワタシなんぞ一年中、
仕事に行きたくないけどね、と思いつつ、
今回ご紹介するのは、
ゴールデンウィークとは何ら関係なく、
5月病に対する効能効果も全くない、
長崎に行ったわけでも、
長崎土産にもらったわけでもない、
本場の味のこちら。

20170507_00.jpg

長崎ちゃんぽん、
別名、

20170507_01.jpg

NAGASAKI NOODLES!
このエキゾチックなパッケージデザインと相まって、
ゴールデンウィークに異国を旅した気分に浸れますよね、
ってホントかよ!

20170507_02.jpg

作っているのは地元・長崎のこじまさん。
と言うことで、ナガサキ・ヌードルって、
長崎製の麺
と言う意味なのかも知れませんね、多分。

20170507_04.jpg

中身は簡単明瞭、シンプル・イズ・ベスト、
何か他にあったのを忘れられたんじゃないか、
そんな不安になるくらい、
麺とスープの2つしか入っていません。

20170507_03.jpg

ところが作り方は複雑多岐、ってほどじゃないけれど、
麺は一度ゆでて水洗い、別に具材を炒めそこにスープを入れ、
最後に麺を合わせてひと煮立ちすれば出来上がりと、
単純明快、大幅に省略して書いたら二行で済んじゃった、
本格的調理方法のちゃんぽんです。

20170507_05.jpg

そんな感じに、茹でて炒めて煮込んで、ついに一行で完成!
鉄は熱いうちに打てと言いますが、
食べ物も熱いうちに食べた方が美味しいですよ、
てことで、とっとといただきましょう、
ハフハフハフ。

ん~~~、んめー!
やっぱ、ちゃんぽん、んめー、
あれもこれもと具だくさん、
スープはこってり、でもあっさり、

20170507_06.jpg

麺は煮込んでもモチモチ、
スープの味も染みこんで、
んめーですよ、
このゴールデンウィーク、
なぜか北の大地、北海道を筆頭に、
真夏のような陽気となり、
暦の上でも夏になったとはいえ、
まだまだちゃんぽんの出番もあるのかな、
あるんだろうな、
そんなことを思った、それはまだゴールデンウィーク前の、
休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《まえからのつづき》

とざん口から、山の中にはいると、

20170507_24.jpg

ウラシマソウだか、マムシグサだか、
どっちかわからない花がさいていました。

20170507_25.jpg

ヤマツツジもちょうどいっぱい、
あちこちにさいていました。

20170507_26.jpg

そしていよいよ、ちょう上です。
でも、その前に急なかいだんが待ちかまえていました。
はぁはぁ、ひぃひぃ…くるしかったです。

20170507_27.jpg

やすみやすみ、かいだんをのぼって、ちょう上につきました。
かねつきどう、とよぶにはちょっとさみしい、
かじの時にならすはんしょうのような小さなかねが、
ちょう上にぶら下がっていました。
ちなみにボクはまだわかいので、
『火事の時にならす半鐘』なんて知りませんし、
『火の見やぐら』なんて見たこともありません。

20170507_28.jpg

ちょう上から見た、かんとう平野のながめです。
スカイツリーが見えるかなー?
と、近くにいたガキがおっしゃってましたけど、
ボクのすみきった心の目で見ても見えませんでした。

20170507_29.jpg

ちょうど、お昼ごはんの時間、
山の上は、おべんとうを食べるたくさんの人でいっぱいでした。
皆んな、ゴオルデンウイクを安近短ですませているんだなぁ、
と思いました。

《じかいにつづく》

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : ちゃんぽん こじま製麺 ゴールデンウィーク 鐘撞堂山

line

【東洋軒】ラーメンで復興祈念【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

さぁ~くぅ~らぁ~♪ペンペンペン
さぁ~くぅ~らぁ~♪ペンペンペン

20170409_20.jpg

右を向いても、左を向いても、
どのブログを開いても、
サクラ、さくら、桜の季節、

20170409_21.jpg

皆さまも辟易しているかと存じますが、
今この時に桜を語らずして、
いつ語るのか、
聞くところによると全国に先駆けて満開になったらしいこちら関東地方、
皆さま地方に於かれましては、いかが桜を語っておられますでしょうか。

20170409_02.jpg

思えば去年は桜の名所のこちらのお城も、
さぞかし花見の人で賑わっていたことでしょう、
そして、あの地震からもうすぐ一年、
未だ避難生活を送られている方々も多い中、
一日でも早く元の生活に戻れるよう祈念して、
今回、食べたのはこちら。

20170409_00.jpg

九州屋台の味・熊本ラーメン、
各地のご当地インスタントラーメンを取り上げている当ブログでも、
数多く取り上げている、愛する熊本ラーメン、
ラーメンを購入することにより、少しでも復興の糧になればと思いきや、

20170409_01.jpg

作っている東洋軒さんは、長崎・諫早の会社だったのね(´・ω・`)、
そんなわけで今回は、諫早の大水害復興の足しにして下さい、
って、いつの時代だよっ(ノД`)シクシク、
早々に記事の主旨が崩壊する、相変わらずの体たらくぶり、
それはそうとこのラーメン、
生麺だけど室温で長期保存が可能、
火と水が確保できれば非常食としても食べられる、
ありがた~いラーメンです。

20170409_03.jpg

いつものお約束、中身~。
最小基本の麺とスープのツーピース構成、

20170409_04.jpg

この二つ折りにされたストレート麺が九州ラーメンの特徴、
見ただけで期待に胸が膨らみ喉が鳴ります(゚A゚;)ゴクリ。

20170409_05.jpg

ちょーり方法。
麺とスープは別々に作る、おなじみ生麺タイプの作り方。
ただ、この番号の通りに順番に作っちゃダメですよー。
1の麺を茹でている途中、2の麺が茹で上がる前までに、
3のスープは作っておきましょうね。

20170409_06.jpg

そうこうしているうちにドドーンと完成。
サクラが咲いたとはいえ、まだ花冷えもすることがある今の時期、
冷めないうちに、とっとといただきましょう、
ずるずるずるり。

ちょっと茶色がかったスープは、
本格派の方にはもしかしたら物足りなく感じるかも知れない、
トンコツも焦がしニンニクもほんのり優しいスープ、

20170409_07.jpg

細めのストレート麺は、
レシピ指定の茹で時間2分だと柔らかめ、
もう少し短めに茹でた方が良かったかと思いつつも、
やっぱ熊本ラーメンは美味しい、最高、
がんばれ熊本!
負けるな熊本!
熊本城も早く元の姿に戻ればいいね!
今度はちゃんと熊本県産を買って復興の手助けになるようにするよ、
そう心に誓った春まだ浅い日曜日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

てな感じでね、
関東地方は満開になった途端、

20170409_30.jpg

花散らしの雨、
さくら舞い散る中に忘れた記憶とヒュルリーラ♪

20170409_22.jpg

負けじとユキヤナギも既に咲き誇り、
この小さい白い花が無数にブワーッと咲いている姿も、
ホント雪が丸く降り積もったようでいいですよね~、
自然はこのように優しい顔を見せることもあれば、
災害のように急に牙を剥くこともあり、
普段忘れてしまいがちですけど、
震災関連のニュースを見聞きした時には思い出して、
少しでも対策を見直したいですね、
なんていつになくマジメに話を締めて、
また会う日まで、会える時までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 東洋軒 熊本ラーメン とんこつラーメン

line

【アイランド食品】埼玉の行列のできる店【川島】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

我が家地方でもソメイヨシノが開花したと、
気象台が堂々と宣言、お墨付き。

20170402_31.jpg

とは言え、まだ木によって咲き具合もまばら、
咲いている木でこの程度、見た目7分咲きって感じ、

20170402_32.jpg

ユキヤナギも7、8分くらいかな、
つーことで我が家の、
猫の額ほどの広大な庭で咲くサクラと言えばこちら。

20170402_20.jpg

さくら草のペットな彼女。
ピンクに白と咲き誇る中、今週は白い方のアップでご登場。
そんなサクラサク季節、
色々様々各種試験に合格し、
この春から新たな一歩を踏み出す方もいらっしゃれば、

20170402_21.jpg

努力もむなしく、ポトリと落ちて、
次の機会に再起を期する方もいるそれぞれの春、
皆さまいかが我が世の春を謳歌したりしなかったりしてますでしょうか。

さて、
あ、さて、
さてはラーメン玉すだれ、
今週お送りするラーメンはこちら。

20170402_00.jpg

我がブログではおなじみ、アイランド食品の銘店伝説から、
中華そば四つ葉!
ワタシの住むところから、さほど遠くない、
埼玉県は川島町のお店、
ワタシの行動圏内、ほぼ地元、

20141127_00.jpg

そんなわけで以前、実際のお店にも行ったことがあったりして
どれだけ店の味が再現できるか、
それが今回のお楽しみ。

20170402_01.jpg

そうそう、お店に行った時も、
カウンターに醤油が並べられていて、
醤油にこだわっているんだなぁー、
などと思ったりしたもんですよ、はい。

20170402_02.jpg

商品の、袋の中。
別段、変わったところはありませんね。
なので華麗にスルー。

20170402_03.jpg

麺はこんな感じ。
軽いウェーブで丸くまとめられております。
麺の太さや形状に、特徴的なところは見当たりません。
なので、ここも、こんな程度でスルー。

20170402_04.jpg

作り方。
これも、ごく一般的なチルド麺の作り方。
特に突っ込みどころはありません。
スルッとスルー。

20141127_01.jpg

そしてドーンと完成!
あ、違った、写真を間違えた!
これは前に店で食べた時の写真、
これじゃなくて、

20170402_05.jpg

ドーン、こっち、
てーか、お店のプロの作品と比べてしまうと、
かなりのレベルダウンは否めません、
なんつっても、お店のチャーシューは綺麗なピンクのお肉、
食感も軟らかフワフワだったと、当時の記事に書いてあります。
青物もホウレンソウじゃなくミツバにすれば、
少しはお店のラーメンに近づいたのに~、
と後悔しきり、
などと、今さらうだうだ悔やんでも麺がのびてしまうので、
さっさといただくことにいたしましょう、
ハグハグハグ。

さすが醤油が売りなだけあって、
濃厚醤油の甘辛しょっぱい味が印象的、
醤油の香りも濃厚なスープです。

20170402_06.jpg

麺も醤油で茶色く染まり、
1分10秒のゆで時間でパツパツと丁度よい歯ごたえ、
で、お店のラーメンと比べるとどうだったかと言えば、
そんな2年半も前の味、
三歩あるけば記憶が揮発するワタシのメモリが、
覚えているわけないじゃ~ん\(^o^)/、
と、今回の主旨もなにもあったもんじゃないオチで、
失礼つかまつった埼玉の、行列のできる店の味でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

あれ?
ぼーっとしていたら、もう世間は4月じゃあ~りませんか!
まだ寒も戻ってきたりする中、我が家の猫額的面積の庭では、

20170402_22.jpg

ビオラがいきなり、いっぱい花をつけ始めたりして、

20170402_23.jpg

こんな色もあるよ~。

20170402_24.jpg

日差しもたっぷりな二階の出窓じゃ、
カランコエが真冬から咲き放題、

20170402_25.jpg

綺麗なピンクのゼラニウムも、
冬からずっと次々と咲き続けています。

そんな身近な春でお茶を濁して、

20170402_26.jpg

春の日差しに照らされた、コケのアップで今週はこの辺で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : アイランド食品 銘店伝説 中華そば 四つ葉

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line