【アイランド食品】夏の思い出冷やしそば【仙台】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

わおおおぉぉぉぉ~ん、

20170917_20.jpg

どうもー(`・ω・´)ゞ、吾輩が秋大魔王でござーる、わおおぉぉん。
秋の空気を身にまとい、雄叫びあげて今年もやってきたでござーる、がおがおー。

柿のシーズンには、まだちょっと早いかも知れないけど、

20170917_22.jpg

柿食えば鐘が鳴るなりほにゃらら寺、
とここで今、皆さまの頭の中では、
ゴ~~~ン
と鐘の音が鳴り響いたかと思いますが、
実はこの写真の鐘、さほど大きくありません、
多分、実際は、
カーン
くらいの、やや高めの音ではないかと思われます、がお、

20170917_21.jpg

なんて、とあるお寺の山門の、
他愛もない戯れ言にお付き合いいただき、
感謝の念に堪えない秋の連休、
でも本ブログは、まだ夏真っ盛りな時のネタを進行中、
2017夏の思い出第二幕として、今回お送りするのはこちら。

20170917_00.jpg

久々の登場、アイランド食品さんの銘店伝説シリーズから、
みずさわ屋冷やしそば。

20170917_01.jpg

酸味とごま風味、
ねー、真夏に食べるのにふさわしいでしょー、
もう今や、季節はずれですけどねー、
でもまだ日中、気温が上がる日もあるかもしれませんから、
そんな日に召し上がってみてはいかがでしょうか。

20170917_02.jpg

あ゛ーっ、新事実発覚!
冷やしそばってお店、実店舗じゃ夏限定メニューだったんですねー、
残念ながら、お店で食べたい人は来年の夏まで待ちましょう、
それまで待てない人は、これを買って食べましょう、
ま、この商品も季節ものなので、
いつまで店頭に並んでいるのか分かりませんけど、アハハハハ'`,、('∀`) '`,、
ってホント、ご紹介が遅くてスミマセン。

20170917_03.jpg

そしてワンパターンな展開、中身拝見のコーナーーー!
いつも見慣れたインスタントラーメンの中身ですねー。
でも、これは冷やしそば、
作り方はいつもとは違うのでご注意を。

20170917_04.jpg

もちろん、麺を茹でるのはいつもと一緒、
でも冷やしですから、茹で上がったら冷たい水で洗い冷やしましょう、
さらに当然のことながら、スープも冷水で薄めます。
普段はあらかじめ温めておくどんぶりも、
冷たいビールを飲む時のジョッキのように冷やしておけば、
キンキンに冷えた冷やしそばを食べることができるかも知れません。

20170917_05.jpg

パチパチパチ、
森の動物達に迎えられて、冷やしそばの完成です。
それでは冷めないうちに、
じゃなくて、温まらないうちにとっとといただきましょう、
チュルチュルチュルルン。

おーっ、
ゴマ油の香り高く、
そして甘みの強い醤油スープだけど、
冷えているのであまりしつこくない、くどくない、
庭から収穫し刻んで入れたミョウガとも、
よく合います、美味しいです、

20170917_06.jpg

まっすぐストレートの細麺も、
水でしめてあるのでコシが出てシッコシコ、
歯ごたえ最高、喉ごし良好、
これはまさに冷たいラーメン、
ラーメンそのもの不思議な感覚、
汗無用で暑い日にピッタリなラーメン、
そんなことを思った真夏の昼下がり、
この夏の思い出第二弾、
今となっては季節外れなお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

どう、モ~(`・ω・´)ゞ、

20170917_23.jpg

ウシです、モ~。
とある神社で狛犬ならぬ狛牛をやってます、モ~。
最初からなのか、後からついたのか、
白黒模様がウシっぽいでしょー、モ~。

20170917_25.jpg

こっち地方では、今年の秋は来訪が早かったせいか、
ヒガンバナもお彼岸よりちょっと早く咲き始めました、モ~。

20170917_26.jpg

いきなり花だけを咲かせるヒガンバナ、
それまで地面に潜っていて、
何をどう感知してお彼岸の時期を知るのか、
不思議です、モ~。

20170917_24.jpg

我が家の庭のキンモクセイも、
恥ずかしげにチョボチョボと花をつけ、
その香りを漂わせておりました、モ~。

さて、そんなせっかくの秋の連休なのに、
台風が現在日本列島縦断中、
近年は雨の降り方も50年に一度だとか何だとか、
半端も容赦もなく降るので皆々さま方、
災害にはくれぐれもご注意し、
また次に元気でお会いしましょう、
それでは、ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : アイランド食品 銘店伝説 冷やしそば みずさわ屋

line

【久保田麺業】お土産おすそ分け【佐野】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

夏らしい日が少なかった今年のこっち地方、
夏休みも終わろうとするこの時期にようやく暑さも戻り、
日中は夏の終わりを惜しむように、
ツクツクボウシが鳴いておりますが、
いつの間にやら夜にはコオロギの声が聞こえてくるようになり、
秋の気配が徐々に忍び寄る今日このごろ、

20170827_20.jpg

そんな時、キュウリの葉っぱに忍び寄る怪しい影、
あ、もしかして、
その特徴的な指の吸盤は!

20170827_21.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、カエルです、
お尻とお尻を合わせてお知り合い…なんつって、
えっと…
スンマセン、
大した意味はございません、

20170827_22.jpg

いつもは夏に枯れてしまう我が住まいのキュウリ、
今年は今でも元気です、花を咲かせています、

20170827_23.jpg

ドドーンと実をつけています、
でかくて画面に入りきりません、

20170827_24.jpg

もう50本を越えて収穫しています、
放っておくと、あっと言う間に30cm超の巨大キュウリ、
毎日まいにち、キュウリをとって、
毎日まいにち、バリボリ食べて、
そもそも冷夏なのに体も冷えびえ、
そこでたまには久しぶりに暖かいものでも食べたいなと思ったところに、
ちょうどいただきました、もらいました、おみやげ物のお裾分け、

20170827_00.jpg

栃木県は佐野の、麺屋ようすけ醤油味、
いかにもお土産という風情の化粧箱入りラーメン、

20170827_01.jpg

高速道路で立ち寄ったサービスエリアの売店で、
箱積みになっている光景が目に浮かびます。

20170827_02.jpg

佐野ラーメンと言えば、関東近郊で古くから知れたご当地ラーメン、
青竹手打ちと言うか、青竹踏みと言うか、
その麺の打ち方が独特なことで有名、
しかし本製品は手打ちじゃないよと、
ここでさりげなくカミングアウト、
こんなワタシだけど、
嫌いにならないで下さいね。

20170827_03.jpg

実店舗はこちら。
駅チカだけど、
佐野の市街地からはちょっと外れたところにあるみたいです。

20170827_04.jpg

売っているのは地元佐野の会社さん、
しかし作った久保田麺業さんはと言うと、
ここに書かれたURLをちょこちょこっと打ち込んでみたら、
なんとびっくり、実はうどん県香川の会社さん、
栃木県に近い埼玉にある我が家から佐野まで車で小一時間、
対して香川県は高速かっ飛んでも、
丸一日で着くのかどうなのか、
そんな微妙な感じのお土産です。

20170827_06.jpg

頂戴したのは4食入りの半分、2食分、
麺とスープのみの飾り気ない必要最低限構成、

20170827_07.jpg

麺は機械打ちにもかかわらず、麺の太さにバラつきがあり、
手打ちの雰囲気をよく再現していて、
これって機械だと逆に手間なんじゃないかと、
余計なお世話なことを思ったり思わなかったり。

20170827_05.jpg

作り方はごくフツー、
何をもって普通というのか、
ありきたりな生麺タイプの、インスタントラーメンの作り方、
麺の茹では強火で1分、中火で2分と、
なかなか厳しい調整が要求されます。

20170827_08.jpg

我が家の、家庭用の小さい鍋と火力の弱いコンロでは、
冷たい生麺を投入した途端、沸騰していたお湯が静まってしまい、
再沸騰するのに強火でも1分近くが経過してしまう環境の中で、
どうにかこうにか作成しました、できました、
んでは早速、いただくことといたしましょう、
ズルズルズルっと。

んぐ、んんんー!
スープはダシが強く主張するわけでもなく、
中華そばのように醤油の風味が強いわけでもなく、
バランスの取れたどこか懐かしさも感じる、
オーソドックスな醤油ラーメンの味、

20170827_09.jpg

麺は極めて短め、
ズッと一息ですすれる長さ、
麺をすすれない外人さんでも、
一口で食べられるユニバーサルデザイン、
トータル3分のゆで時間では、
ちょっと柔らかめだったかな、
なんてそんな真夏のラーメン、
と言っても、肌寒い日もあった今年の夏、
久しぶりに食べた熱々ラーメンでホッと温まった、
天候不順、低温長雨冷夏の休日、昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

ご無沙汰しておりました、

20170827_25.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、バッタです。
秋の声が聴こえるこの頃、
ようやく大人になれました、
子供の頃は、周りにきょうだいがいっぱいいたのに、
カエルやトカゲに食われたのか、
はたまた蚊を退治する殺虫剤を浴びたのか、
時が経つに連れバッタバッタ倒れて、
気がつきゃワタシを含め数匹しか残っていません。

20170827_26.jpg

で、どこにも遊びに出かけなかった今年の冷夏、
こんな感じで我が家の庭の、
カエルやキュウリやバッタやツユクサの写真でお茶を濁し、
そろそろどっかに行きたいな、
と思っているだけで全く計画は立てておりませんし、
ここに来てこっち地方は、
高校野球初優勝の熱気も加わり、
暑さぶり返しておりますので、
もう少し涼しさが感じられるまでお出かけは控えようかなと、
あ、先日の人間ドック、
どうにかかろうじて、ほぼほぼ問題なしでした、
でもあれですよ、
胃カメラは鼻からの方がやっぱり楽ですよ、
しかし、鼻の奥に、プールで水が入ってしまったような違和感が、
一日ずっと残っていたのがちょっと嫌ですけど、
それと超音波検査、
ワタシのくすぐったいツボを時々グリグリされて、
我慢するのに少しだけ力が入ってしまいました(*ノω・*)テヘ
なんてところでそれでは、皆さまも残暑に負けぬよう、
次にお会いするまでお元気でご健康で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 久保田麺業 醤油ラーメン 佐野ラーメン

line

【山水亭】マー油の香り高く【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

梅雨入りですねー。

20170611_20.jpg
写真は本文と関係ありません

日本列島、西から東日本まで一気に梅雨に入りましたねー。

20170611_22.jpg
写真は本文と関係ありません

あ、さっきからペタペタとポピーの写真を貼っておりますが、
注釈のように本文とは全く関係ありませんよー、

20170611_23.jpg
写真は本文と関係ありません

梅雨に入ったからと言って前回お話しした、
ホントは晴天を期待して山をえっちらおっちら登ったのに、
霧に囲まれ視界は不良、しっとり濡れたポピーの花の写真を、
いまだに恨みがましく貼っているわけではありませんからねー、
そんな梅雨のない北海道を除きジメジメなはずの日本列島、
それなのに皆さまお住まいの地域は、
いかが早々の梅雨の中休みとなられているでしょうか。

さて、どうせツユに浸るなら、梅雨じゃなくてラーメンの汁に浸かりたい、
そんなラーメンフリークなあなたにお送りしている週刊ラーメン古今東西、
今週ご紹介するラーメンはこちら。

20170611_00.jpg
写真は本文と関係あります

ドドーンと熊本ラーメン山水亭!
なんと「親子三代の味」、
現在は修復中の熊本城の勇姿も凛々しいですね。

20170611_01.jpg
写真は本文と関係あります

山水亭は云々かんぬん、
場所はここ、
詳しくはウェブサイトにて。

20170611_02.jpg
写真は本文と関係あります

販売しているのは熊本じゃなくて福岡にある会社さん、
つーことで、ここは軽くスルー。

20170611_03.jpg
写真は本文と関係あります

身ぐるみはがして、あら、いや~ん、
中身は麺にスープ、
そして黒光りしている調味油が、
これぞ熊本ラーメンの要、味の肝、
マー油です。

20170611_04.jpg
写真は本文と関係あります

二つ折りにされた半生ストレート麺、
これも九州ラーメンこその特徴ですねー。

20170611_05.jpg
写真は本文と関係あります

調理方法、
と言っても調理というほど料理しなくても作れます、
麺を茹でて、別にどんぶりに作っておいたスープと合わせれば、
出来上がり。
調味油(マー油)はお好みで調整せよ、とのこと。

20170611_06.jpg
写真は本文と関係あります

んで、さくっと完成です。
九州ラーメンは、固めの麺が命。
スープを吸って柔らかくならないうちに、
とっとといただいちゃいましょう。
ハグハグハグ。

ん~~~~~~~んまい!
鼻をくすぐるニンニクの香り、
甘みも感じられるとんこつスープの味、

20170611_07.jpg
写真は本文と関係あります

そしてお好みで調整し、全量ぶち込んだ調味油(マー油)の、
焦げたニンニク由来の苦味と香ばしさが加わって、
んまいっ!

20170611_08.jpg
写真は本文と関係あります

麺は、レシピ指定のゆで時間が「約1分半から2分」だったので、
間をとって1分45秒としてみたけれど、
それでもパツパツした歯ざわりのストレート麺、
これぞ九州ラーメンって感じで、んまいっ!
さすが熊本ラーメン、
いつの日か、また熊本を訪れる日が来たならば、
今度は是非、山水亭さんに行ってみよう、
そんなことを密かに心に誓った、
それはまだ梅雨入り前の、とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、結局は前回の天空のポピー畑の話を引っ張るわけですが、

20170611_21.jpg

登った先は、もう梅雨入りを先取りしたような、
しっとりすっぽり、右も左も分からない霧の中、

20170611_24.jpg

それがね、下界はホント、
青空ものぞいていて、
露出補正しても白飛びするくらい、
お日さまサンサンだったんですよー、
と言いつつも、この時だからこそこの風景、
これはこれで幻想的な世界で良かったかなと、
以上、二週に渡ってのうだうだ霧の摩周湖ならぬ霧のポピー畑話、
お付き合いさせてしまい、大変失礼いたしました、
で、いきなりの梅雨の中休みとは言え、
今の時期を代表する花と言えば、

20170611_40.jpg

あじさい。
でも、我が家のアジサイは、赤くも青くもない真っ白けっけで、
面白みにかけています、
なので、

20170611_41.jpg

黄色いキュウリの花も元気です、
というところで、今週はここまで、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : とんこつラーメン 熊本ラーメン マー油 山水亭

line

【だるま】濃厚本格豚骨【博多】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

楽しかった大型連休も既に遠い記憶となり、
この後しばらくは平日が連なり空虚感が支配する五月病の日々、
あんなにたくさんの花が咲き誇っていた我家の庭も、
今は花数少ない端境期、
最近、咲き出した花と言えば、

20170521_20.jpg

この花、知ってる?
しらんがな(´・ω・`)、
そう、紫蘭の花。

他にはせいぜい、

20170521_21.jpg

ゴールデンウィークに買ってきたトマトの苗の花くらい、
そんな何もない今日このごろ、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さてこちらは、今のところネタもつきず、
飽きもせず続けております、ラーメンぶらり旅、
お送りする今回のネタは、

20170521_00.jpg

超濃厚の文字も素敵な博多の有名店、だるま。
もう、ワタシも大好きでしてねー、
過去、このブログでも、
アイランド食品の銘店伝説シリーズを2回(其の壱其ノ貮)ご紹介、
更には実際に、博多のお店まで行ってしてしまった、

20170521_01.jpg

そんなワタクシ個人的に、おなじみの店のラーメン、
今回は、いかにもお土産然とした、
化粧箱入りの製品です。

20170521_02.jpg

そうそう、このお店の前で並びましたよ、
お店の中も、こんなガラガラじゃなく、
開店早々だったのにお客さんでビッシリでしたよ。

20170521_03.jpg

ワタシは地下鉄の駅からトコトコ歩いて、
ちょっと道がわかりづらくはありましたけど、
迷わず行くことが出来ました。

20170521_04.jpg

箱の中は、こんな感じ、三人前入り、
二つ折りされたストレート麺が特徴的、
これぞまさに九州ラーメン!ですね。

20170521_10.jpg

博多ラーメンは、パツパツかための麺が命。
麺の茹では超短時間神経集中作業、
この作り方だと先に麺を茹でて、次にスープを作っての順で書いてありますが、
実際はそんな余裕ございません、
あらかじめスープを作っておいた方が吉、
あとはハリガネだろうが、バリカタだろうが、
お好みの固さに仕上げましょう。

20170521_05.jpg

つー感じで、あっという間に出来上がり。
写真を撮っているのももどかしく、さっさととっとといただきまひょう、
モグモグモグ。

んぐー、んまいっ!
そうそう、この香り、濃厚豚骨、
店に近づいただけで漂い来た、あの懐かしいとんこつ臭、
これぞ博多ラーメンって匂い、
でも、味はそれほどトンコツしてなく濃くはなく、
ま、この辺はスープを溶かすお湯の量で調整可能、
これまたお好みの濃さでご自由にどうぞ、ってできるのが、
自宅ラーメンの良いところですよね。

20170521_06.jpg

麺は、ゆで時間45秒で固めパツパツ、ワタシ好みのいい感じ、
この細めのストレート麺がまた良いですよ、
久々の博多トンコツ、やっぱ美味しいですよ、
3食入りを我が家のお連れ様とシェアして一人1.5人前、
でも、美味しいものはあっという間、
あっさり完食してしまった、
気分も爽快な季節の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《おまけ》
とんこつラーメンと言えば、先日、
群馬県は高崎市の「麺屋 匠」ってお店に行ってきました。

20170521_22.jpg

見た目は、まあまあ、とんこつラーメン、
まずはレンゲでスープを一口…
違う!
薄い!!
少なくとも、だるまの濃厚豚骨とは別次元の食べ物です。
例えるなら、うまかっちゃんでお湯の量を多くしてしまい、
スープが薄まってしまったような、そんな感じ。
麺はストレートでパツパツ、こちらは良いお味を出していてワタシのお好み。
チャーシューも柔らかくて美味しゅうございました。
スープもこういう味の、こういうラーメンだと思えば悪くはありません。
30分以内であれば替え玉が何玉でも無料!と言うのも魅力的。
最初の一玉が多め、なので他のお客さんたちは皆さん半玉で替え玉注文、
ワタシもなんだかんだ言いつつも、半玉を追加してしまいました。
お店のご主人も愛想よく、ご近所にお立ち寄りの際、よろしければご訪問下さい。
っつーことで、おまけでのご紹介、食べ歩き記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

それでは皆さん、次にお会いするまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : だるま 博多ラーメン とんこつラーメン 高崎 麺屋匠

line

【こじま】ちゃんぽんとGWと【長崎】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

5月3日(けんぽうきねんび・はれ)
せっかくのゴオルデンウイーク、
でもボクは、人がたくさんいるところに行くのはイヤなので、
安近短、あんいにきんじょにたんらくてきに出かけました。

てっちゃんにはちょいと知られた埼玉の、SLも走るローカルせん、
いつもはガラガラな電車なのに今日はさすがゴオールデンウイーク、
すわれないほどの人が乗っていました。
そんな電車に少しゆられ、関東へいやのはじっこの駅でおりました。

20170507_20.jpg

小さな町をぬけて、
白いたんぽぽが、かたわらにさく道を歩いて、

20170507_21.jpg

まだフジの花がさきのこる池をまわって、

20170507_22.jpg

こんな山道にはいって、
めざしたのは…

20170507_23.jpg

こういうむずかしい漢字を書いて、
「かねつきどうやま」と読む名前の山です。
《うしろにつづく》

そんな黄金週間も今日で終わり、
明日から仕事だ、学校だ、
嫌だよ、行きたくないよ~という方も多いでしょう、
ま、ワタシなんぞ一年中、
仕事に行きたくないけどね、と思いつつ、
今回ご紹介するのは、
ゴールデンウィークとは何ら関係なく、
5月病に対する効能効果も全くない、
長崎に行ったわけでも、
長崎土産にもらったわけでもない、
本場の味のこちら。

20170507_00.jpg

長崎ちゃんぽん、
別名、

20170507_01.jpg

NAGASAKI NOODLES!
このエキゾチックなパッケージデザインと相まって、
ゴールデンウィークに異国を旅した気分に浸れますよね、
ってホントかよ!

20170507_02.jpg

作っているのは地元・長崎のこじまさん。
と言うことで、ナガサキ・ヌードルって、
長崎製の麺
と言う意味なのかも知れませんね、多分。

20170507_04.jpg

中身は簡単明瞭、シンプル・イズ・ベスト、
何か他にあったのを忘れられたんじゃないか、
そんな不安になるくらい、
麺とスープの2つしか入っていません。

20170507_03.jpg

ところが作り方は複雑多岐、ってほどじゃないけれど、
麺は一度ゆでて水洗い、別に具材を炒めそこにスープを入れ、
最後に麺を合わせてひと煮立ちすれば出来上がりと、
単純明快、大幅に省略して書いたら二行で済んじゃった、
本格的調理方法のちゃんぽんです。

20170507_05.jpg

そんな感じに、茹でて炒めて煮込んで、ついに一行で完成!
鉄は熱いうちに打てと言いますが、
食べ物も熱いうちに食べた方が美味しいですよ、
てことで、とっとといただきましょう、
ハフハフハフ。

ん~~~、んめー!
やっぱ、ちゃんぽん、んめー、
あれもこれもと具だくさん、
スープはこってり、でもあっさり、

20170507_06.jpg

麺は煮込んでもモチモチ、
スープの味も染みこんで、
んめーですよ、
このゴールデンウィーク、
なぜか北の大地、北海道を筆頭に、
真夏のような陽気となり、
暦の上でも夏になったとはいえ、
まだまだちゃんぽんの出番もあるのかな、
あるんだろうな、
そんなことを思った、それはまだゴールデンウィーク前の、
休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《まえからのつづき》

とざん口から、山の中にはいると、

20170507_24.jpg

ウラシマソウだか、マムシグサだか、
どっちかわからない花がさいていました。

20170507_25.jpg

ヤマツツジもちょうどいっぱい、
あちこちにさいていました。

20170507_26.jpg

そしていよいよ、ちょう上です。
でも、その前に急なかいだんが待ちかまえていました。
はぁはぁ、ひぃひぃ…くるしかったです。

20170507_27.jpg

やすみやすみ、かいだんをのぼって、ちょう上につきました。
かねつきどう、とよぶにはちょっとさみしい、
かじの時にならすはんしょうのような小さなかねが、
ちょう上にぶら下がっていました。
ちなみにボクはまだわかいので、
『火事の時にならす半鐘』なんて知りませんし、
『火の見やぐら』なんて見たこともありません。

20170507_28.jpg

ちょう上から見た、かんとう平野のながめです。
スカイツリーが見えるかなー?
と、近くにいたガキがおっしゃってましたけど、
ボクのすみきった心の目で見ても見えませんでした。

20170507_29.jpg

ちょうど、お昼ごはんの時間、
山の上は、おべんとうを食べるたくさんの人でいっぱいでした。
皆んな、ゴオルデンウイクを安近短ですませているんだなぁ、
と思いました。

《じかいにつづく》

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : ちゃんぽん こじま製麺 ゴールデンウィーク 鐘撞堂山

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line