【マルちゃん】2017今年最後の限定焼そば


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

も~ろ~びと~、こぞ~り~て~♪

20171224_20.jpg

地蔵は~来ま~せり~、南無~♪
どうも(`・ω・´)ゞ、
ぼ、ぼ、僕らは少年合唱団っ♪
そう、ワタシたちが地蔵少年合唱団です、南無~。
世間では西洋のお祭りで飲めや歌えの大騒ぎ、
一方で恋人たちはしっとりすっぽり、
そしてワタシたち地蔵五人衆はおごそかに、
きぃ~いよ~ひ~こ~の夜ぅ~、南無~♪、
そんな寒風吹きすさぶ清彦の夜、
皆さまは三角帽子をかぶって鼻メガネかけて、
手には寿司折ぶら下げ千鳥足で、
いかが華やかに飾られた街をさまよい歩いているでしょうか、
って、清彦ってどこの誰なんでしょう。

さて、そんな街の喧騒とはかかわりなくお送りする、
今週の焼きそば冬景色、
取り上げて見ましたのはこちら。

20171224_00.jpg

マルちゃんの冬限定、てりやきソース焼きそば。
そういやこの一年、
我が家では焼きそばを食べる機会が、
例年に比べて多かった気がするんですよ、

20171224_01.jpg

ってね、年末のこのクソ忙しい時に、
今年、何回焼きそばを食べたかなんて数えてられないし、

20171224_02.jpg

それ以前に、例年何回焼きそばを食べているのか、
なんてのも数えてられないので、
本当に今年は焼きそばを多く食べたのか、
それは感覚的で曖昧なもので、
気のせいだったらスミマセン、

20171224_04.jpg

つーか、そもそも皆さま方にとって、
ワタシが焼きそばを年何回食べたかなんて、
どーでもいいことでしたねー、
失礼しました、

20171224_03.jpg

ま、所詮プログ、
個人的なことをつらつら書き綴ってナンボですからお許しを、
なんてホント、どーでもいいこと書きなぐっているうちに年末進行、
サクサク進んで、焼きそばだけにちゃちゃっと炒めて、
目玉焼き乗せて、はい、完成。

20171224_05.jpg

寒さ厳しい折、さっさと食べないとすぐ冷たくなっちゃうので、
とっととお先に失礼していただきます、
ズルズルずるり。

ん~、甘さ際立つ焼きそばですね~。
それ以外、これと言って特徴なく、
言われなければ、てりやきとも気付かず、
普通にちょっと甘めの焼きそばって感じ、

20171224_06.jpg

麺も普通、
ってゆーか、きっとマルちゃん焼きそば全商品共通の麺なんでしょうね、
でも今年一年、色々な味の焼きそばを食べて感じた、
焼きそばの懐の深さ、幅の広さを最後にあらためて確認した、
そんな今年の締めの焼きそばでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、やっぱり今年何回、焼きそばをたべたか、
ちょっと気になるので、暇にまかせて、
じゃなくて、忙しい合間を見て、
ブログにアップした焼きそばの記事を数えてみたところ、
今年は8回、
ついでに去年はと言うと4回、
焼きそばを食べたのにブログの記事にしなかったのは、
多分、年にせいぜい多くての1、2回だと思うので、
今年は焼きそばをたくさん食べたというのは、
気のせいじゃなかったようです。

20171224_21.jpg

さて、今年もいよいよ残すところ1週間、
ただでさえ寒くて血圧が高くなっているところに、
ケーキを食べて血糖値も上昇、

20171224_30.jpg

ヒートショックで心筋梗塞、脳梗塞を起こさぬよう、
暖かくして、

20171224_31.jpg

ゲームなどしながらぬくぬくダラダラと、
暖かくして聖夜をお過ごしください。
んで、来週、1週間後は大晦日、
おそらくそれが今年最後のお目もじする機会、
それまで皆さま方もお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 てりやきソース グラコロ

line

【旭屋】まるでうどんのような焼そば【浪江】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは11月最後の穏やかに晴れた、
小春日和な日曜日のことじゃったぁ~。

20171210_21.jpg

前回の最後に予告したもみじ狩り、
これが今年最後のハイキング、山を歩きたいと思い向かったのは、

20171210_22.jpg

アルプス一万じゃーく、こやりのうーえで、
って残念ながら10,000尺(約3,000m)もありません、
そこは最高峰でも標高500m弱しかない長瀞アルプス、
去年は11月のはじめに訪れてみたものの、
紅葉には早くて、ちょっと残念な思いをしたので、
今回はその時のリベンジ、

20171210_23.jpg

この時はもう既に平地でも紅葉の見頃、
なので低いとはいえ山の紅葉はどうなのか、
期待と不安が入り混じりながら山登り開始、

20171210_24.jpg

暑くも寒くもなく丁度いい気候の中、ナラの林をサクサク進むと、
あれ?紅葉、いいんじゃね?ちょうどよくね?

20171210_25.jpg

何の木なんだか、真っ赤に染まった紅葉に足を休めながら、
やって来ました、たどり着きました、
このハイキングコースの最難関、

20171210_26.jpg

ここから目指す宝登山頂上まで高さにして100m以上、
まっすぐ山道の階段登り、
なのでまずは一息入れて、続きは後半で。

さて、ようやくここからが本ブログの本編、
毎度お送りしております、山とは全く関係ない日本全国麺歩き、
今週ご紹介する麺はこちら、

20171210_00.jpg

旭屋さんの『なみえ焼そば』。
いや~、いっときブームになったB級グルメ、

20171210_01.jpg

今でもその人気は持続しているのかは存じませぬが、
こちらはB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞したとのこと、

20171210_03.jpg

更にこの春から夏クールに放送された深夜アニメで紹介されつつも、
結局バブル期のようなブームは再燃しなかった懐かしのミニ独立国、
それをこちらでは平成の世になって建国、
王様の姿も凛々しくご活躍されている様子、

20171210_04.jpg

そう皆さまご存知の浪江町、
その名が全国に知れ渡ったのは、あの大震災とその後の原発事故のせい、
あれからはや幾年、なのにそれでもまだ復興道半ば、

20171210_05.jpg

頑張れ、浪江町!
負けるな、浪江町!
なみえ焼そばを食べて浪江町を応援しよう!
な~んて高尚な志をワタシが持ち合わせいるはずもなく、

20171210_02.jpg

この記事の趣旨もいつものように、
ただ美味しい麺を食べてみよう、
それだけのちっちゃな目的でございます、
んで、こちらのなみえ焼そば、
シンプルイズベストを地で行くのが特徴のようで、

20171210_06.jpg

中身もシンプル、麺と真っ黒いソースの、
これ以上ない簡単明瞭な構成、

20171210_07.jpg

このむっちり極太麺もなみえ焼そばのもう一つの特徴、
食べごたえがありそうで、期待に胃がふくらみます。

20171210_08.jpg

基本、具材もシンプル、もやしと豚バラ肉だけ、
作り方も焼きそばなだけにシンプルそのもの、
もちろん自分流に好きな具材で楽しむのもあり、

20171210_09.jpg

と言うことでお言葉に甘えていつものワタシ流に、
もやしと豚バラ肉にキャベツ、ニンジンも加えて完成。
それでは失礼してお先にいただきます。
ムグムグムグ。

濃厚ソースはどちらかと言えば甘め、
麺3袋に対してもやし1袋では少しもの足りず、
もっともやしが多くても良かったかなと後悔先に立たず、

20171210_10.jpg

太くて、さらに長い麺はモッチモチ、
まるで柔らかめのうどんのよう、
3食を二人でシェアして1人1.5食、
期待通り胃も膨らんでシアワセいっぱい、お腹いっぱい、
そんなささやかな生きている喜びを感じた、
それはまだ秋と呼ばれる季節の、日曜日の昼下がりでした。
ちなみに浪江焼麺太国ホームページにあった次の一文、
『今の私たちには「おこす町」がありませんが「のこす町」があるのです。』
に心動かされたワタシでした。
やっぱり頑張れ浪江町!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、もみじ狩り話の続き。

20171210_27.jpg

ヒーコラヒーコラ、数段登っては休憩しながら、
たどり着いた長瀞は宝登山の頂上、
ここでもまだいい感じに紅葉し、見晴らし・景色も抜群、

20171210_29.jpg

今年最後の秋の陽気を楽しもうと、
ロープウェイで登ってきた人も加わって、
大勢がお弁当を広げる一画で、
我が家もお昼休み、
外で食べるご飯はなぜこんなに美味しいんだろうと思いつつ、
にしても去年に比べるとここまで多少、楽に登って来れた気がして、
この春から月に平均2回のペースで歩いていた成果が出たのか、
でも、これから冬ごもりしてしまうと、また体がなまっちゃうんだろうな、

20171210_28.jpg

後はふもとの駅まで一気に山を歩いて降りた、
そんな今年のもみじ狩り山歩きじゃったぁ~。

思えばそれからもう2週間が経ち、
今や季節はすっかり冬模様、

20171210_30.jpg

我が家のシャコバサボテン、一番花、
まずは赤い花から咲き始めました。
いよいよ今年も半月と少し、
意味もなくソワソワし始める頃、
皆さま方も前方、足元、頭上注意して、
怪我なくお過ごしくださいませ、
それでは、部屋の明かり消しながら、また会うその日まで、
ごきげんよう、お元気で(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 旭屋 焼きそば 浪江焼そば 長瀞アルプス もみじ狩り

line

【日清】トリュフは秋の香り?【焼きそば】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも~(`・ω・´)ゞ、

20171022_20.jpg

寒そうな頭に布切れをかけてくれたのは嬉しいけれど、
その布が目にかかってちょっと前が見づらい、
向かって左が小坊主兄です。
あ、どうも~、その後ろでなむ~と拝んでいる、
向かって右が小坊主弟です。
秋が駆け足で通りぬけ、
北の大地や山からは冬の便りも聞こえ、
さらに台風が接近する中、
皆さま、いかが神社仏閣お遍路巡りされているでしょうか。

さて、そんな皆さま方には前回まで、
ワタクシめの拙い旅日記にお付き合いいただき、
誠に、まこーとにありがとうございました。
今回からは通常運転に戻り、
駆け抜ける秋を追いかけるように、
食べてみたのがこちらの一品。

20171022_00.jpg

日清さんの太麺焼そば、
トリュフ香るバター醤油味!

20171022_01.jpg

秋限定!今しか食べられない!
この強迫観念にかられ、ついつい手にしてしまう、
ワタシたち兄弟二人、
兄ちゃん、兄ちゃん!
まんまと敵の罠にハマっている気がするよー。

20171022_02.jpg

それも売上ナンバーワンプランドだなんて、
チルド2食焼そばってちっちゃく断り書きしているけど、
ボクはマルちゃんの方がナンバーワン…あわわ、
兄ちゃん!なんで口をふさぐんだよー!

20171022_03.jpg

中身。
普通だね、兄ちゃん。
うん、フツーだね、弟。
麺とソースだけだね、兄ちゃん。
うん、麺とソースだけだね、弟。

20171022_04.jpg

作り方。
普通だね、兄ちゃん。
うん、フツーだね、弟。
炒めてソースを混ぜるだけで簡単だね、兄ちゃん。
うん、カンタンだね、弟。

20171022_05.jpg

だから、簡単にできちゃったよ、兄ちゃん!
ホントだ、カンタンにできちゃったね、弟!
冷めないうちにとっとと食べようね、兄ちゃん。
ムグムグムグ。

あ、さすが太麺!モチモチだよ、兄ちゃん!

20171022_06.jpg

うん、モチモチだね、弟。
そして、ほんのりバターの甘みと、さらにトリュフの香りが豊か、
トリュフ、懐かしいねー、兄ちゃん!
昔からよく食べたよねー、トリュフ、
山盛りのトリュフかけご飯とか、
トリュフの味噌汁とか、
トリュフのモヤシ炒めとか、
いっぱい、いっぱい食べたよね、兄ちゃん!
そうだよね、トリュフとかキャビアとかフォアグラとか、
いっぱい、いっぱい食べたね、弟よ、
その時ふっと冷たい秋風が首をなで、
セレブの身分を捨てて、
今は厳しい修行中の身であることを思い出した、
そんな秋のさなかの昼下がりでした。
ごちそうさまでした。
(この作品はフィクションであり、実在する、ヒッキー・小坊主・お遍路さんとは一切関係ありません。)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、
この商品、ハロウィン・スピードくじなるものがついておりまして、
その結果はどうだったのかと申しますと、

20171022_21.jpg

ええ、外れましたよ、もちろん、
旅先でウンがついても、
と、いまだに讃岐のウン●踏んじゃった事件を根に持ちつつ、
まぁ、その後、家に帰ってからも洗剤使って、
綺麗さっぱりウンを洗い流しちゃったから、
そりゃ、運はないでしょうよ、
で、話はコロッと変わって、
ここのところ、旅行記を書くのに週2回、ブログ更新してみましたが、
筆の遅いワタシ、週2回記事を書くのは結構つらいです、きついです、えらいです、
そうそう、先日、金毘羅さんの階段を登っていた時、
周囲で「えらい、エライ」と言っている声がよく聞こえて来て、
こんな山の中に金毘羅さんを作った人は偉いなぁ、と言っているのかと思いきや、
階段を登るのがキツイって意味で言っていたんですね、多分、
で、話は戻って、
毎日まいにち、ブログを更新されている方々、スゴイです、尊敬します、偉いです、
そもそも、ワタシのブログネタとなる、
ラーメン食べたとか、焼きそば食べたとか、
でもそれは、多くても週に1、2回しか食べないので、
更新頻度も週1回に戻させていただこうかと、
つーわけで、
次にお会いできるのは、また来週ということで、
気温の変化も激しい折り、
体調崩さぬようお元気で、
また、台風への準備は万全を、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 日清 焼きそば 季節限定

line

【マルちゃん】なんと今年の秋限定は!?


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも~(`・ω・´)ゞ、

20170924_21.jpg

今の時期、あちこちのブログに顔を出しております、
ブログ映えするヒガンバナでございます、
今回は白いヒガンバナも咲いていたので、
またまたこちらにも、登場した次第、
皆さま方に於かれましては、
いかが爽やかに秋の日を過ごされているでしょうか。

そんな秋の連休だった、
先週の台風一過の日、
ヒガンバナの他にも、

20170924_23.jpg

秋の七草たち、
萩の花に、

20170924_24.jpg

尾花、

20170924_25.jpg

そして秋桜も咲く…
え?
コスモスは秋の七草じゃないのΣ(゚Д゚)!?
え…えっと…まぁ、
秋の色々な花々が咲く中、

20170924_22.jpg

久しぶりに近くの山へ行って来ました、
と言う話は後半に続く。

さて、ここのところ夏の積み残したネタを、
秋色が徐々に濃くなる季節になっても続けていた本ブログ、
せっかくの秋のお彼岸、
夏の思い出は中断し旬の物を紹介しようと、
食べた季節ものがこちら。

20170924_00.jpg

マルちゃんの秋限定焼そば、
今回は、な、な、なんと、
イタリアン味ぃ~!

20170924_01.jpg

イタリアン味の焼きそばと言えばあれですよ、
このブログでもほんの少し前、
新潟のソウルフードとしてご紹介し、
皆さまから多々のご反響を得たばかり、

20170924_02.jpg

でも今回は全国区のマルちゃん、
どんな味に仕上がっているのか、乞うご期待。

20170924_03.jpg

中身、ごはいけ~ん。
なんか安心しますねーε-(´∀`*)ホッ
見慣れたマルちゃんの3食入り焼きそば、
これぞ焼きそばっていう風格です。

20170924_04.jpg

作り方もご安心の調理方法。
具材を炒めて麺を炒めてソースを加えてと、
今さら説明の必要もございません。
具材を切り分ける準備の方が、手間がかかります。

20170924_05.jpg

なので、あっちゅーまに出来上がり。
日中はまだ暑いとはいえ、爽やかな秋風吹く季節、
冷めないうちにとっとといただきましょう、
ホグホグホグ。

ん~~~~~~~~
んまいっ!
もう焼きそばと言うよりも、
まんまナポリタンスパゲティ、

20170924_06.jpg

チーズの香り強い、ケチャップ味のナポリタン、
そう、昔むか~し、
土曜日、半ドンの学校からお腹をすかせて帰った時、
お昼にお袋が用意してくれていた、あのナポリタンスパゲティの味、
って今のナウいヤングなボーイズ・アンド・ガールズ達は、
半ドンなんて知らないでしょー、
昔の学校や会社は、土曜日の午前中もやっていたんですよー、
って誰に対抗しているんだよ的なことを思った、
夏の名残残る秋の日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。
でも、なぜ秋限定がイタリアン味…?

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そして前半からの続き。
ちゃんと山歩きの格好をした人もいれば、
軽くスニーカーで犬を連れて登ってくる人もいる、
その程度の低い山、

20170924_26.jpg

そんな山でも日頃の運動不足がたたり、
ヒーヒー言いながら休みやすみ登った先、
秋の澄んだ空気の中、関東平野が広く見渡され、
この日はスカイツリーもうっすら見ることが出来ました。

20170924_28.jpg

染みこんだ汗の匂いが気に入ったのか、
お弁当休み中、ワタシのリュックにずっとまとわりついて、
ペロペロなめまわしていたハナアブちゃん、
お昼休憩の後は、30分も山を降り下ったところで道を間違えたことに気づき、
再度、頂上までヒーヒー登り直し、

20170924_27.jpg

あらためて正解の山道を下りて、
帰路の駅にヒーヒーたどり着いたのでありました。
めでたしめでたし。

20170924_29.jpg

今回の収穫品。
左は途中、軽トラのおじさんからもらったポポーの実。
熟すと黄色くなり、大変甘いそうです。
右は山道で拾った山栗。
ご飯に混ぜ、栗ごはんにして食べました、
ほんのり甘く美味しくいただきました。

と言うところで紙面も尽きたので締めのご挨拶、
秋分の日も過ぎて、季節は確実に進んでます、
そろそろ全裸や短パンはやめにして、
風邪などひかぬよう、
特に朝晩は暖かくしてお過ごしくださいませ、
では次にお目にかかるまで、
皆さまお元気で、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 イタリアン

line

【小国製麺】B級ご当地焼そば【新潟】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

コンコンコン、

20170910_20.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、子持ちのお稲荷さまです、コン。
コンコン。
あ、コンコン言っているのは急に秋めいて涼しくなり、
風邪をひいたわけではありません、コン、
なんとなく語尾に「コン」をつけて、
お稲荷さま、お狐さまらしさを演出しているだけです、コン、
ケホケホン。
あ、今のは単なる咳払いです、コン。

20170910_21.jpg

そんなニラの花も盛りの秋の初め、
日中の日差しはまだ暑くても、
特に朝晩はもう肌寒い今年の今日このごろ、
いっときはブログネタも夏枯れ状態だったのに、
夏休みにムシャムシャ食べたおかげで、
今や気がつきゃこの夏の、積み残したネタがまだゴーロゴロ、
つーことで、これから数回お送りしますのは2017夏の思い出、
その第一弾はこちら。

20170910_00.jpg

小国製麺さんのイタリアン焼そば。
あ、今、
また焼きそばかよっ!
と本ブログなじみの皆さまは思ったでしょー、
そうなんです、当の書いてる本人もそう思います、
この夏、なぜか焼きそばだの焼きうどんだのばかり食べておりました。

20170910_01.jpg

で、こちらの製品、新潟の元祖B級グルメなんだとか、
思えば最後に関東側から関越トンネル抜けて新潟県に入ったのは、
もうかれこれ20年位前?

20170910_02.jpg

新潟市内まで行ったのは30年くらい前?
そんな昔からあったのか、ナポリタン焼きそば、
その時はバイクで三国峠を越えて新潟市内で昼食をとったけど、
新潟っ子のソウルフード、ナポリタン焼きそばの存在には気が付きませんでした、
それ以降も今の今まで知りませんでした。

20170910_03.jpg

では、外袋を開封しての中身~。
焼きそば麺と銀色の袋が二種類、
一つは焼きそばソース、そしてもう片方はトマトソース、
別袋になっている秘密は次に明かされます。

20170910_04.jpg

作り方。
焼きそばだから適当に炒めりゃ…と思いきや、
まず注意その1、
具材と一緒に麺を最初からフライパンに同時投入、
そしてちゃっちゃと炒めます。
それから注意その2、
トマトソースは後のせ、焼きそばソースだけ先に加えます。
せっかく温かく出来た焼きそばに、
冷たいトマトソースを乗せちゃ、それこそ興ざめ、美味しくありません、
トマトソースはお湯で温めておきましょう。

20170910_05.jpg

そんな感じで出来たのがこちらの品、
食いねー、くいねー、温かいうちにとっとと食いねー、
では、いただきます!

ムシャムシャムシャ。
まずはトマトソースのかかっていない、
ウスターソースのような焼きそばソースだけのところを食べてみると、
そこは甘めの癖のない、ほんのりソース味、
で、トマトソースと混ぜあわせると、
うんうん、合うあう、イタリアン、ナポリタン、

20170910_06.jpg

麺は太めでもっちもち、
モヤシのしゃっきしゃきといいバランス、
でも本当に新潟っ子には懐かしいの?
新潟っ子のソウルフードなの?
もし新潟の方がご覧になっていたら教えて下さい、
そんなことを思った、この夏の思い出第一弾、
真夏の休日、昼下りの出来事でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、ここでもんだーい!

20170910_22.jpg

ここにワタシは隠れています。
どこに隠れているでしょー。
答えは人によってはちょっとグロいので、末尾、追記欄にて、
なんて今までさんざん、いろんな虫だのカエルだのトカゲだのを載せといて、
グロいだなんて今さらなんですけどねー、

20170910_24.jpg

と言うことで名も知らぬ超ちっちゃいヒマワリみたいな花をご覧頂きながら、
また次回、お会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

more...

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 焼きそば 小国製麺 イタリアン焼そば 新潟

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line