【日の出製粉】夏だ昭和だラーメンだ!【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

おーい、梅雨はどこへ行ったーっ、
と言うことで我が家の庭も夏模様、

20170716_21.jpg

ドンとなった花火だ、きれいだな~♪
みたいな花のアガパンサスも涼しげに、

そして、
いーまではゆびーわもー、まーわるほどー♪

20170716_20.jpg

って、ゴメンナサイねー、
昭和の終盤以降に生まれた方々には、
ホント、分かりづらいネタで、
でも不思議と夏、それもお盆近くになると、
特集される懐かしのメロディ、
つーことで、ちょっと先取りしてお送りする、
今週の昭和臭濃く漂うラーメンはこちら。

20170716_00.jpg

その名も大胆に「本場ラーメン」!
何をもって本場と言うのか、
本場の根拠もクソもありゃしない、
名乗った勝ちのラーメンです。

レトロ感満載の全体像もさることながら、

20170716_01.jpg

即席中華だとか、

20170716_02.jpg

お一人前だとか、

20170716_03.jpg

完全調味だとか、
分かったような分かんないような単語が散りばめられ、
より高度成長期の昭和的な、チープな雰囲気を高めています。

20170716_04.jpg

製造は熊本の日の出製粉さん。
日の出製粉さんと言えば、そう!
かの有名なロン龍ラーメンの製造元、
このブログでも一度、食べたことがありますので、
お時間がございましたら、
そちらもお目通しいただければ幸いです。

20170716_07.jpg

中身はこんな感じ。
スープが粉末と液体(油)の2つに分かれていて、
レトロな中にも先進技術が取り入れられています。

20170716_08.jpg

麺は、それはそれは見事なまでにまっすぐストレート、
工事現場に並べられた鉄パイプのような景観、
これぞ棒ラーメンって感じです。

20170716_05.jpg

調理方法。
お鍋ひとつで作れちゃう、
インスタントラーメンお馴染みの作り方。
今どきのインスタントラーメンは、
火を止めてからスープの素を入れるものが多い中で、
こちらはスープの素を入れてから火を止めるタイプ。
そういや、昔はその方が多かった気がしないでもないようなあるような。

さらに、ラーメンスープの素の、ラーメン以外への利用方法もご紹介。
焼きそばに八宝菜、果てはすき焼き、中華天のころもまで、
幅広く応用できるウルトラスーパー超調味料です。
てか、中華天ってワタシ的に聞き慣れないお料理なんですけど。
それ以前に、ラーメンスープを他の料理に使っちゃって、
麺の方はどうやって食べるのか、考えること小一時間。

20170716_06.jpg

それだけにとどまらない、食べ方講座、
淡口ラーメンに冷やしラーメン、
両方合わせて端麗辛口ラーメン、
かどうかは別にして、
どちらも結構、凝った作り方。
で、そうそう、おすすめトッピングのハム、
昔々、時は昭和元禄、
家庭でチャーシュー食べるなんて滅多になかったですよ、
チャーシューに似せて乗せるなら、
見た目そっくり丸い平べったいハムですよ、
下手すりゃ、町の大衆食堂でもラーメン頼むと、
ハムが乗ってきたりしたもんですよ、
ま、ワタシの生まれ育った実家では、
ハムですらなく、豚こま肉を一緒に煮込んでいましたけどね。

20170716_09.jpg

こんにちは~、こんにちは~、西ぃ~の~国からぁ~♪
そんなオイルショック以前の天下太平を、
懐かしんでいるうちに完成、
でも今は平成の御代、
なので一般家庭の我が家でも、
チャーシューを普通に乗せちゃいました、
そんな感じで、では、お先に失礼していたたきます、
ふぐふぐふぐ。

ん、これは、
ふっと鼻をくすぐる食欲増すゴマ油の香り、
そしてスープはこのまま普通の作り方でも、
淡麗薄口あっさりとんこつ味、

20170716_10.jpg

麺はゆで時間3分でもパッツンパツン、
良い歯ざわり、のどごし爽やか、
そうか、これが本場のラーメン、
昭和のラーメンかー、
なんつって、
関東で生まれ、関東で育ったワタシ、
とんこつラーメンも、
棒ラーメンも、
幼少期に馴染みはございません、
かつての我が家はインスタントラーメンと言えばサッポロ一番派、
それも最も古いインスタントラーメンの記憶は、
タンメン、タンメン、長崎タンメン、
塩味、い~味、いかす味ぃ~♪
って思いだしたら、
そのCMソングが頭から離れなくなってしまった、
そんな梅雨の季節の日曜日でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、南から徐々に梅雨が明けている日本列島、
我が家辺りでも梅雨明け前から真夏のような暑さが続いておりまして、

20170716_22.jpg

そろそろこちらの花も時期が終わり、
と言うことで、もう花の盛りは過ぎていましたけど行ってきました、
あ、今回は車に乗って出かけてきましたよ、

20170716_23.jpg

高速道路のすぐ脇にある、
あじさいのお寺、
スミマセン、飽きずに続けて今週もあじさいです。

20170716_26.jpg

お寺の裏山には、
ご住職が手植えしたあじさいがそこここに、

20170716_24.jpg

花によっては、まだまだ見頃、

20170716_25.jpg

色を鮮やかに保っている花もたくさん残っていて、

20170716_27.jpg

花のピークは過ぎているので、
参拝客も少なく、
ゆったりのんびり散策することができました。

20170716_28.jpg

まだまだ夏はこれからが本番、
暑さに負けぬよう、
また会う日までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 棒ラーメン とんこつラーメン 日の出製粉 本場ラーメン

line

【越後屋】越後による越後のラーメン【新潟】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。
この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

どうも(`・ω・´)ゞ、僕、バッタの赤ちゃんでち。

20170709_20.jpg

前回のカエルとか、
その前のカマキリとか、
僕の命を狙う輩が身の回りにうようよしているでち。
でも僕は健気に頑張って生きているでち。

20170709_21.jpg

さて、そんなところで今回も始まりました『ヒッキーのハイキングブログ』、
飽きもせず先週と同じところにまたまた続けていってきたでち。

20170709_22.jpg

先週は、山を北から登って和同開珎側に下りたのでちが、
今回は南側、和同開珎側から登り始めたでち。

20170709_23.jpg

先週、おりた道を逆に登って行くでち。
おりた時、急な坂道だなぁなんて思ってたでちけど、
やっぱり思った通り急な坂道を今度は登るでち。
この日は梅雨の晴れ間ってこともあって、
暑くてムシムシしていて、
前日の雨で足元は滑りやすくて、
いつも以上にハーハーヒーヒー言いながら登ったでち。

20170709_24.jpg

んで、ハーハーヒーヒー頂上に到着でち。
山と言っても500m級の小山、
でも日頃インドア、お家ダイスキー、ゴロゴロしてるワタチ、
普段、本格的に山登りされている方には笑われるかもしれないけど、
これでも充分、ハードなんでちよー。
というところで、どっか行った編は後半に続く。

そして、ここからがなんか食べたり編、
いつもお送りしております、ラーメン山あり谷あり、
今週のラーメンは、こちら。

20170709_00.jpg

新潟あっさり醤油らーめん。
新潟と言えば越後、越後と言えば越後屋、
もちろん、このラーメンも本ブログではお馴染みの越後屋重兵衛さん販売、
そして越後屋と言えば、

20170709_01.jpg

越後屋「お代官様~、今日はこちらを是非、お納めを~。」
代官「越後屋、そちも悪よのう~、賄賂か~?、
  ってそれは、贈賄の罪じゃぞ!はりつけ獄門じゃぞ!
  今回の民の審判、拙者の緩みに対する厳しい叱咤と受け止め、深く反省し、
  これからは良い代官として民のために働こうという所存…」

20170709_02.jpg

「あ、いやいやいや、その、あの、
  こ、この度、町おこし、国おこしのため、ご当地ラーメンをですね、

20170709_03.jpg

  らーめん たかみち殿たちの監修のもと作りましたゆえ、
  是非、お代官様にお毒味、じゃなかった、お味見をと思いましてでございます。」
「なるほど、そう言うことであれば、あいわかった。
  それでは早速、いただこうじゃないか。」

20170709_04.jpg

「あ、でもその前に、周りに羽織っているものをスルスルと~。」
「あ~れ~」
「良いではないか、良いではないか~。」
「これこれこれ、越後屋っ!
  強制えっちの罪で、市中引き回しはりつけ火炙り獄門じゃぞー!」
「あ、あ、いやいやいや、
  お代官様にも中身をご確認いただきたく、
  この通り、越後屋重兵衛お得意のストレート麺に、
  スープ付きのシンプル構成となっておりますでございます。」

20170709_05.jpg

「作り方も、鍋ひとつのシンプル簡単設計、
  ただ麺がカチカチに乾燥した乾麺ゆえ、茹でるのに5分間、
  しばしお時間を頂きとうございますです。」
「あいわかった、
  拙者も良い代官として、初心に立ち返り、高い緊張感を持って、
  5分間、待つこととしよう。」

20170709_06.jpg

「お代官様、出来ましてございます。」
「おおっ、それでは伸びないうちに早々にいただくこととしよう、
  チュルチュルチュルルン。」

「うむ、煮干しダシの香り高いスープ、
  塩ラーメンのような感覚の、その名に恥じぬあっさりとした醤油ラーメン」

20170709_07.jpg

「麺は越後屋、いつものおぬしの麺、
  九州ラーメンに比べれば、やや太めのストレート麺は、
  5分ゆでてもツルツル、シコシコ、
  これは美味い、
  これぞ越後のラーメン、
  政(まつりごと)にいっときの停滞も許されない、
  内外に課題が山積する中、より一層身を引き締め、
  反省すべきは反省し、謙虚に、
  しかし、改革すべきことについては大胆に、政を前に進めて…」
と良いのか悪いのか分からない代官の熱弁も耳に入らない、
そんな暑さも増しだしたとある休日の昼時でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、どっか行った編後編、

20170709_25.jpg

先週に比べると空気も澄んで、
秩父の武甲山もよく見える山の上、

20170709_26.jpg

お昼を食べて、目的の二週連続天空のあじさいでち。
先週はいまいちだったあじさいたちも、

20170709_27.jpg

パチパチ火花舞う、線香花火のようなガクアジサイや、

20170709_28.jpg

微妙な色の違いを競っていたり、

20170709_29.jpg

今週は様々な色の花が咲き誇る山の上、
でもね、この場所と言い、
以前訪れた天空のポピー畑と言い、
実は車やバスでも登ってこれるんでちけど、
歩くことに意義がある!
ちーことで、
登っている時はヒーヒー辛いのでちが、
帰ってくるとまた、どっか行きたくなる、
でも2週続けてお出かけしたら、
我が家の庭の草木もボーボーになっちゃったので、
僕の住むお庭の手入れとかで、
しばし一日かけてのお出かけはお休みします。
あ、今回のこの時、
最後の駅の近くで暑さにフーフー言っていたら、
冷たい缶ココアを持って家から出てきて下さった方、
疲れた体に冷たい甘いものが染み渡りました、
大変ありがとうございました、ごちそうさまでした。
それては皆さん、
次に会うまでお元気で。
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 越後屋重兵衛 新潟ラーメン 醤油ラーメン

line

【越後屋】越中黒拉麺献上【富山】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、ボク、カマキリの赤ちゃん♪

20170618_20.jpg

ここは人の住む家の庭先とはいえ小さな自然、
数パーセントしか生き残れない生存競争に打ち勝ち、

20170618_21.jpg

秋まで生き抜いてやるんだ!
絶対に大きくなってやるんだ!

20170618_22.jpg

そうすりゃ、天下のカマキリ様、
そんじょそこらの虫けらどもには負けないぞ!
虫どもを食って食って、食い散らかしてやるっ!

20170618_23.jpg

って、あ、
さっきからまた色々と、
アザミ以降は、
本文の、カマキリの決意とはもちろん、
我が家の庭とも全く関係ない写真を貼ってますけど、
単にデジカメのSDカードからの、
先日の山歩きの蔵出し写真、
せっかく撮ったのにもったいないから貼ってるだけで、
気にしないでください、
そんな6月も早いもので中旬の日曜日、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週の諸国漫遊らーめん紀行、
取り上げたるは、こちらのラーメン。

20170618_00.jpg

富山ブラックラーメン、
なんとブラックですって、黒ですって、
なんか裏がありそうですねー、

20170618_01.jpg

と思ったら、やっぱり越後屋!

代官 『ふぉっ、ふぉっ、ふぉ~、越後屋、そちも悪よのぉ~~~。』

そして出たー!悪代官、

越後屋 「そーゆー、お代官様も…、
     それはそうと今回は、
     隣国、越中の国の名産品、上玉でございます、いひひひひ。」

20170618_02.jpg

 『どれどれ~、一枚脱いで見せてみろ~~~』

あ~れ~、

 『良いではないか~、良いではないか~~~、
  おー、これはなかなか良い、ワタシ好みのまっすぐストレートの棒麺、』

20170618_03.jpg

 『それもやや太めで、すべすべむっちり、すーりすり、
  良いじゃないか~、良いじゃないか~~~、
  さっそくいただこうじゃないか~、ふぉっふぉっふぉ~。』

20170618_04.jpg

 「いやいやお代官様、しばしお待ちを、
  今はまだ若く、カチカチ固いゆえ、
  しばらく、5分程度もいただければ、
  そうすれば、もちもちむちむちのむふふな食べごろに、
  この越後屋が仕上げて差し上げましょう…いひひひひ。」

 『そ、それは楽しみじゃのぉ~、
  では、ちと待つとするか、ふっふっふ~、じゅるじゅる』

20170618_05.jpg

 「お代官様、出来ましてございます。」

 『越後屋、待ちくたびれたぞー、
  もう待ちきれんぞー、いただいちゃうぞー、ガバッ、
  良いではないか、良いではないかぁ~~~!
  ちゅばちゅばちゅば。』


 『おーっ、これは!
  ブラックの名の通り、濃厚たまり醤油のようなコッテリとした色、
  以前、尾張国産の越中黒拉麺を食した時の、
  そやつはコショウ辛さが際立っておったが、
  これは辛くはなく、どちらかと言えば甘めの醤油スープ、』

20170618_06.jpg

 『そしてこのストレート太麺、
  5分のゆで時間でも、口唇に吸い付くような、
  もちもちツルツルしこしこ、
  良いではないか~、良いではないかぁ~~~、
  でかした越後屋!
  ぐふふふふ~~~。』

そんな感じで悪代官も大満足な、
実在の人物、団体、悪代官、越後屋とは全く関係ない、
まだ風香る季節の、
醤油薫る日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

ま、ね、
そんなもんで6月も半ばも過ぎて、

20170618_40.jpg

今ひとつ梅雨らしくない6月ですが、
もうすぐ夏至、そしてそろそろ今年も半年が終わって折り返し、

20170618_41.jpg

我が家のプランター菜園もようやく、
ミニトマトが色づき始めました。

20170618_42.jpg

こちらは二階の出窓菜園、
鉢植えのバジルの様子、
炒めただけのパスタでも、
焼いただけのポークソテーでも、
焼いただけのアジの開きでも、
ちょこっとバジルの葉っぱをつまんで加えれば、
何でもかんでもイタリアンに早変わり、
便利に重宝しております、
って、あ、アジの開きバジル焼きはやったことがないので、
どなたか試したら教えて下さい、
そんな感じで、今週はここまで、
それでは皆さん、また次に会うまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 越後屋重兵衛 富山ブラックラーメン

line

【古賀製麺】その名もラーメン【佐賀】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

最近、テレビ(埼玉のローカルテレビ)で紹介されたり、
テレビ(埼玉のローカルテレビ)でCMが流れたりして、
徐々に名所となりつつある、
知る人ぞ知る、知らない人は誰も知らない、
今が旬のこちら、

20170604_21.jpg

「天空のポピー」に先日、行ってきました。
風薫る五月も終盤、埼玉北西部の標高500mの山の上、
清々しい青空を背景に、
一段と濃くなった緑とポピーの赤いじゅうたんのコントラスト、
こりゃ、もう、さいこー!
って、霧の中じゃんヽ(`Д´#)ノ

20170604_22.jpg

ええ、今年は開花が遅れていた、とあらかじめ知ってましたよ、
この日もまだ四分咲き(5月27日現在)だとも聞いてました、
それでも青い空に白い雲、緑の木々に赤いポピーを期待して、
こんなところまで、えっちらおっちら登ってきて、
ええ、そうですよ、二本の足で、
ハーハーゼーゼー言いながら、
心臓をバクバクさせながら、
ジジババに後ろからどんどん追い抜かれながら、
山道を登ってきましたよ、

20170604_23.jpg

確かにこの日は朝から天気が怪しかったんです、
けどね、麓を歩き出した頃には青空が見え、
日の光も差し込んでいたんですよ、
まぁ、山の上の方がガスっているのも見えていましたけどね、
でも、ブツブツブツブツ…と愚痴は後半に続く。

さて、気を取り直して今週のラーメン千夜一夜、
今回食べた一品珍品はこちら。

20170604_00.jpg

なんちゅーかほんちゅーか…その名もズバリ、
「ラーメン」…?

20170604_01.jpg

つーか、「専門店の味ラーメン」…?
…なの?…

20170604_02.jpg

有限会社古賀製麺謹製、
会社のホームページを見ても製品名は、
なんと!「即席ラーメン」とビックリ飾り気のないネーミング、
対してパッケージは赤に黄色と素朴ながら福々しいデザインで、
いずれもどこか昭和の空気が漂っていて素敵です。

20170604_03.jpg

その古賀製麺さんは、佐賀県の会社さん、
熊本・五木食品のアベックラーメンにも通ずる、
いかにも九州っぽい棒ラーメンですね。

20170604_04.jpg

中身~。
二人前入り。
麺に…

20170604_05.jpg

スープは調味油と二袋入り。
意外と、と言うと失礼ですが、
即席ラーメンという名のラーメンにしては本格派です。

20170604_06.jpg

作り方。
ラーメン其の一!
これはフツーのインスタントラーメンの作り方。
麺を茹でて、おろしぎわにそこにスープを加えて出来上がり。
って、もう最近じゃ「おろしぎわ」って言わないよねー、
今のナウいヤングには通じないよねー。
てか、其の一の作り方だと、いっぺんに2人前作ります。

20170604_07.jpg

ラーメン其の二!
こっちは生ラーメンなどに多い、麺とスープを別に作る方法。
麺の茹で汁の臭いがスープに移るのが嫌な場合は、
こちらの方法で作りましょう。
そしてなぜか、こっちは一人前の作り方、
お湯の量など、間違わないようご注意を。

20170604_08.jpg

で、その2の作り方で出来上がり。
さて、どんな味に仕上がったのか、
冷めないうちにとっとといただくことといたしましょう。
ふぐはぐふぐ。

んんん~。
例えて言うならば、
うまかっちゃんのようなとんこつスープに、
ごま油の風味が加わったような、
そんな味で、こりゃ、うんまいっ!

20170604_09.jpg

麺は博多ラーメンに比べると、やや太め、
ゆで時間3分でもパツパツの歯ごたえが楽しめた、
そんな風薫る五月のラーメンでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《前半からの続き》
で、まぁ、その~、なんと言いますか、
ラーメンも食べて落ち着いたし、
6月にもなりまして梅雨入りも間近だし、

20170604_20.jpg

自然を楽しむっちゅーことは、
天候も含めて楽しみましょう、てゆーことで、
天空の霧のポピーも、
それはそれで貴重な体験だったんじゃないかと、

20170604_24.jpg

でも、霧の中って言うことは、
微細な水滴の中にいた、って言うことで、
体しっとり、ポピーしっとり、
そんな中で撮った写真がいっぱいあるので、
まだまだこの先も、
記事の内容にかかわらず使い倒しますよー、

20170604_30.jpg

あ、我が家のキュウリは今のところ、
まだ小さいけれど、こんな感じです。
つーことで、また会う日まで会える時まで、
皆さまお元気で、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : とんこつラーメン 即席ラーメン 古賀製麺

line

【越後屋】エビ薫るラーメン【金沢】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

ぜんかいからのつづき》
ゴルデンウィクに近くの山へのぼったボク。
ちょう上でおべんとうを食べたあとは、
こんどは下りざか。

20170514_21.jpg

せっかくがんばってのぼったのに、
どんどん下りてしまうのはもったいないなぁ、
と思いながら、

20170514_20.jpg

シャガの花がさく、さわぞいの道を歩きました。

そしてせっかく山を下りてきたのに、

20170514_22.jpg

こんどはまた、ぎゃくに急なさか道をのぼってめざしたのは…
《まだまだうしろにつづくよ》

さて、ゴールデンウィークの思い出話とのちゃんぽん記事となりますが、
ここからが本題、
ってちゃんぽんは前回のお話、
今回は、ちゃんぽんの話じゃないよ、
そうじゃなくて、混ぜこぜ記事となりますが、
って、まぜそばの話でもないよ、
じゃあ、今回の本題は何なんだ!
というわけで、お送りするのはこちら。

20170514_00.jpg

金沢えび蔵らーめん。
真っ直ぐストレート勝負の、乾麺、棒ラーメンです。

20170514_02.jpg

海老だし醤油とは、これいかに、
と言うか、この手の商品は「干し中華めん」って名称なんですねー、
新たな知見を得られました。

20170514_01.jpg

販売は、新潟の越後屋重兵衛さん。
「越後屋、そちも悪よのぉ~~~」
「そう言うお代官様も、へっへっへ~~~」
みたいなネタは以前、やったことがあるので今回はやりません。

20170514_04.jpg

いつも恒例、中身はどうなっているの?のコーナー。
そうめんや日本そばの乾麺のように、ビシっと束ねられた麺、
そしてスープの素の2ピース構成となっております。

20170514_05.jpg

ネズミが狙う麺は、ちょっと太め。
がっちりカチカチに乾いております。

20170514_03.jpg

なので、麺のゆで時間は5分と長め。
空腹に耐えながら、ゆっくり気長に茹でましょう。
スープは、別調整タイプ。
麺を茹でている間に、焦らずスープをどんぶりに溶かしましょう。

20170514_06.jpg

そして、茹で上がった麺をスープに合わせ、
適当な具材をトッピングすれば、ホレ、この通り。
今回は醤油ラーメンぽい具材をチョイスしてみました。
では、お先に失礼していただきます、
ホグホグホグ。

ん~~~~~~、んまいっ。
ほんのりエビ風味の醤油ラーメン、
エビの香りはきつくないので、
磯臭いのが苦手な方でも大丈夫ではないでしょうか。

20170514_07.jpg

太めのストレート麺は、5分のゆで時間でも、
ツルツルしこしこ、歯ごたえ喉越し良好、
お代官も大満足、
越後屋も商売繁盛な、
それはまだ春の盛り、とある日曜日の昼下がりでのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《まえからのつづきだよ》
急なさか道、かいだんをのぼってたどりついた、
次の山のちょう上のさきには、

20170514_23.jpg

石のほとけさまが、山道にそってずらずらり、
たくさん、ならんでいました。
ごひゃくらかん(五百羅漢)というそうです。

20170514_24.jpg

こんな、ふくよかな顔をしたほとけさまや、

20170514_25.jpg

かたこりで困っているほとけさま、

20170514_26.jpg

こちらのほとけさまは、くつひもを直しています。
いろいろなひょうじょうのほとけさまがいて、
たいへん、おもしろかったです。

20170514_27.jpg

それから山をまた下りて、
つりをしている人がたくさんいる大きい池のふちを歩いて、
駅から電車にのって家にかえりました。

20170514_28.jpg

べつに、高いお金をはらって、じゅうたいにはまって、
たいへんな思いをしなくても、
ゴールデンウイクは近くで安く楽しめるんだな、
と思いました。
おしまい。

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 越後屋重兵衛 金沢えび蔵ラーメン ハイキング 寄居 円良田湖

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line