【さぬき麺心】今さらだけど生そうめん


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

あ~ら奥さん、知ってましたぁ~~?

20171001_20.jpg

もう、10月なんですってよ~~。
あら~、秋ね~。
そうね~、秋ね~。

20171001_21.jpg

柿もこんなに赤くなって~~。
秋ね~~。
秋ね~~。

20171001_22.jpg

まんまるお月さまも出て。
秋ね~~~。
秋ね~~~。

20171001_23.jpg

でも、そんなことには目をつむり、
ついでに口は押さえて耳も塞ぎ、
お送りしますは真夏の太陽、
夏の思い出シリーズ第何弾?
今回は、

20171001_00.jpg

じゃじゃじゃじゃーん、
すっかり季節外れ、切りおとし生そうめん!

20171001_01.jpg

そうめんですよ、そうめん、
夏の代表食、そうめん、
氷水に麺を入れて""を楽しむそうめん、
乾麺が一般的なそうめんですが、今回は生タイプを用意してみました。

20171001_02.jpg

製造は、かの有名なうどん県のさぬき麺心さん、
そして商品名称は生うどん…って、うどん?
確かに原材料の小麦粉と食塩を混ぜて練って伸ばして、
JAS(日本農林規格)によれば後は出来た麺の細さの違いで、
うどん、ひやむぎ、そうめんに分かれるだけみたいですけど、
もっと他に細かい製法とかにも違いがあるんじゃないか、
でも、生麺だとうどんもそうめんも同じようなものか、どうなのか、
この際、その辺のことは置いといて、とっとと先に進みましょう。

20171001_03.jpg

で、中の麺はどうなっているのかというと、
こうなっています。
細いうどんと言うよりも、どっちかというと白いそばって感じです。

20171001_04.jpg

作り方。
今さら、そうめんの作り方もへったくれもないですよね。
生タイプの細いそうめんなのに、ゆで時間は60秒からと、
思ったより長め。
つけそうめん、かけそうめん、そしてそうめんチャンプルーと、
食べ方色々。
寒い時期には温かいにゅうめんも美味しいですよね。
駄菓子菓子、
と書いて、だがしかし、
これを食べたのは終わりが近かったとは言えまだ夏の時期、

20171001_05.jpg

なので冷たい、つけそうめんでいただきましょう。
ハムハムハム。

なるほどー、
乾麺タイプのそうめんの様なパツパツした歯ごたえじゃなく、
生麺らしいモチモチした食感がかえって新鮮、
もちろん、乾麺特有の匂いもありません、

20171001_06.jpg

一玉100g☓4玉=400g、
二人でシェアしてもひとり200g、
でもなぜかつるつる胃に入ってしまうのが麺類の恐ろしいところ、
ガッツリ食べて超満腹となった、
それは、そろそろ秋の雰囲気が漂いだした、
夏の終わりの、とある休日の昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

つーことで、今回で夏の思ひ出シリーズもおしまい、
かと言って次回から季節感あふれるわけでもなく、

20171001_24.jpg

そもそもラーメン食っただの、焼きそば食っただの、何くっただの、
最初っから季節感などありゃしない、
代わり映えしないこのブログ、
だのに皆さま方にはいつも変わりなくお付き合いいただき、
大変申し訳ございません、

20171001_25.jpg

申し訳ないついでにワタクシめ、
今週末から自分探しの旅に出る予定、
今回のお話が前フリとなるのか否か、
それは行ってみなけりゃ分からない、
その間、皆さま方のところを訪問することができません、
重ねがさねすみません、
帰りましたら顔を出しますゆえ、
その日まで皆さまお元気で過ごされますようお祈りし、
それではまた、ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : さぬき麺心 生そうめん

line

【マルちゃん】最終夏の陣【夏限定焼うどん】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

皆さん、気がついてましたか?
なんと、もう9月なんですって!
暦の上はもちろん、気象台的にも秋なんですって!!

20170903_20.jpg

夏を代表する花、サルスベリ、
漢字で書くと百日紅、
真夏の暑いさなかに咲き誇っていたこの花も、
もうそろそろ終わりを迎え、

20170903_21.jpg

栗のイガイガも徐々に大きくなり、
実りの秋ももうすぐそこまで、

20170903_22.jpg

紅葉も…
…はまだちと早いでしょー、
このもみじの葉っぱは日焼けしたのか、
何かの拍子で色づいちゃったんでしょうね。

そんなこんなで終わりを告げようとしている今年の夏、
焼きそば・焼きうどん業界では夏を制しようと、
トップツーによる天下分け目の戦いが繰り広げられ、

20170702_00.jpg

マルちゃんが夏限定バーベーキュー味焼きそばを送り出せば、

20170730_00.jpg

一方の日清は夏限定インドネシア風ミーゴレン焼きそばで対抗、
しかし負けじとマルちゃんは、

20170806_00.jpg

なんと焼きそばの代打に焼きうどん、
夏限定塩だれこがしネギ風味で挟み撃ち、
と言うところで今年の夏の、
焼きそば・焼きうどんなだけに熱いホットな戦いもこれにて終了、
と思いきや!
続けてマルちゃんのターン、連続攻撃、
まだありました、夏限定の隠し玉、

20170903_00.jpg

焼うどんコンボ、夏カレー味!
いや、そうなんですよ、
去年までマルちゃんの夏限定焼きそばと言えば、
カレー味が定番だったんですよ(2016年2015年2014年)、
それが今年はBBQ味でカレー味じゃないんだなぁー
なんて思っていたところ、焼きうどんでカレー味を出して来るとは、
なんという想定外の変化球、

20170903_01.jpg

和の風味もちょっと加え、
かつお削り節つき、

20170903_02.jpg

ソースにも昆布の旨みをプラスしているとのこと。

20170903_04.jpg

恒例、中身ご訪問。
マルちゃんの焼きそばと言えば3食入りですが、
焼きうどんの場合は2食入り、
なので3人家族のご家庭は、お間違いなきよう、
くれぐれもご注意を。

20170903_03.jpg

作り方。
もうぶっちゃけ、具と麺を炒めてソース入れりゃ出来上がり、
どうにでもできます、なります、作れます、
適当にちゃっちゃとやっちゃって下さい。

20170903_05.jpg

で、適当にちゃっちゃとやって出来たの図。
鰹節がゆらゆらと踊るのを眺めている間もなく、
とっとといただいてしまいましょう。
ズルズルズル。

うんうん、そうだよね、
結論から言っちゃうと、
カレーうどんが美味しいんだから、
カレー焼きうどんが美味しくないはずないよね、

20170903_06.jpg

甘口のカレーが、もっちりうどんによく似合います、
後から少し辛いのも刺激的、
夏の暑い中でも食が進むカレー味、
暑さ寒さも彼岸まで、
まだまだ残暑厳しい日もあると思うので、
こんなカレー焼きうどんも良いのではないか、
でも、期間限定だからもう売ってないのかな、
そんなことを思いながら食べた、
夏休みも終盤の、とある日曜日の昼下りでした。

あ!そう言えばさっき、
スーパーでもうマルちゃんの秋限定焼きそばが並べられていました、
まだ秋には早いかなと思い今日は買ってきませんでしたが、
またいずれ、食べてみたいと思ってます。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

日によって暑かったり涼しかったりの、
季節の狭間、夏と秋の境い目、

20170903_23.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、クサヒバリ(♀)です。
ワタシはメスなので鳴きませんが、
オスの鳴き声は天下一品、
フィリリリリー♪
と甲高い声で晩秋まで鳴き続けます。
しかし今年はまだ、オスの声を聞けていません、
ワタシと赤い糸で結ばれたオスはどこにいるの、
今はーもう秋ぃー、誰もーいない海ぃー♪
でも埼玉に海はーないー♪
そんなセンチメンタルな秋ももうすぐそこまで、
それまで皆さん、お元気で、
体調崩しませんように。
ではまた、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : マルちゃん 焼うどん 季節限定 夏季限定

line

マルちゃんの反撃【夏限定焼うどん】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。
日本列島を進行中の台風、接近しそうな地域の方々、充分に警戒なさってください。

どうも(`・ω・´)ゞ、汽車ポッポです。

20170806_20.jpg

汽車きしゃ、ポッポーぽっぽー♪
この日は汽車に乗り…と言いたいところなんですが、
ワタクシ、生まれてこの方ウン十ウン年、
SLに一度も乗ったことがない、
正確に言うと、
機関車自体はもちろん、SLに引かれた客車にも乗ったことがない!
なので、この日はごくごく普通の鈍行電車、
各駅停車に揺られること約1時間半、

20170806_21.jpg

やってきました埼玉県の西の端、
秩父のさらに向こうの奥秩父、
それも人里途切れた山の奥、

20170806_25.jpg

目指すは関東平野を流れる荒川の源流、
その入川のさらに上流、荒川の起点、

20170806_26.jpg

東京都内だと幅広くゆったり流れる荒川も、
ここまで来ると狭い谷を流れ落ちる急流ですよ、
思えばウン十年前、ワタシもまだまだ若かりし頃、
夏は毎週のように朝早くからここまで来て、
ヤマメやイワナを狙って川に入り、
釣り糸をたれたものですよ、

20170806_27.jpg

そんな渓流沿いの山道を、
雨がポツポツ降り落ちる中、
歩き出したのでありました。
後半に続く。

んで、今週もお送りするインスタント焼き麺頂上決戦、
三食入り焼きそばの王者、マルちゃんの出した夏限定BBQ味に、
インスタント麺業界の雄、日清さんはエスニックな夏限定焼そばで対抗、
というところまでが前回のお話、
そこでだまっちゃいないのはマルちゃん、
カップヌードルやどん兵衛など、
日清にはカップ麺ではかなわなくても、
チルド麺じゃ負けないぞ!
と出した切り札がこちら。

20170806_00.jpg

夏限定焼うどん!
口のところをキュッとまとめて、キュッとビニールタイでしばった姿が、
マルちゃんの三食入り焼きそばにも通じるところがあって、
どこかこだわりが感じられます。

20170806_01.jpg

お味は塩だれ・こがしネギ風味。
ワタシ、焼き鳥も甘じょっぱい醤油だれより、
塩だれの方が好きなんですよー、
それもこがしネギ風味って、塩だれのネギマみたいですねー、
塩タンとかもそうですねー、
加えてほんのりレモンってそう言えば、
焼肉屋さんで、これはレモン汁で食べてくださーい、
なんてお肉がありましたよねー、
最近、焼肉屋さんに行ってないので、
どんな肉のことだったか忘れちゃいましたけどねー。

20170806_02.jpg

いつもの中身拝見。
うどんとソースとスパイスの3点セット。
焼きそばをうどんに置き換えただけの、
見慣れた光景、
ただしこちらは二人前。

20170806_03.jpg

作り方。
もうまったくもって焼きそばの作り方と違いがありません。
具材を炒めて、麺も炒めて、ソースと混ぜあわせて出来上がり、
目をつぶっていても作れます、
でも目をつぶっているとやけどするので、
よいこの皆さんはやめましょう。

20170806_04.jpg

で最後にスパイスをさらっとふりかけて出来上がり。
サクサクっと食べてしまいましょう、
さくさくさく。

久しぶりの焼うどん、
てゆーか、本ブログでは初登場の焼うどん、
こがしネギ風味と言うよりもレモン風味の方が効いていて、
さっぱり爽やか塩味で、
こりゃ夏でも美味しいや、

20170806_05.jpg

うどんももちもち、こりゃうめ~、
さてマルちゃんと日清さんの夏の陣、
会社としては売り上げとか気になるでしょうけど、
食べる方としては、どちらも美味しければそれで結構、
限定の文字に踊らされ、はめられた感は重々承知、
でも、どれも甲乙つけがたく今年の対決は引き分けということで、
満足満腹な猛暑の休日は昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、本編より長くなりそうなハイキング前半からの続き。

20170806_28.jpg

歩を進めると途中からレールが現れて、路面電車?
いえいえ、こんな山の中で路面電車はありません、
そうこの道、かつては山奥から切り出した木材を運び出す、
森林鉄道の名残、
廃線マニアにはちょっと知られた道、

20170806_30.jpg

道程、アップダウンも少なく、
雨で濡れていても歩きやすい道、
そんな天気のせいで梅雨明け後でも猛暑からは逃れられ、
歩くこと約5km、約2時間、

20170806_33.jpg

たどり着きました、荒川起点、
こんな山奥、この先は、
峠を越えて隣の県、
山梨や長野に抜けなければ人も住んでいない山深いところ、

20170806_32.jpg

なのになんでこんなに人がいるのー?Σ(゚Д゚)
さすが鉄道会社企画のハイキング、
とりあえずここでお昼休憩して、
帰りは来た道を戻ります、
そうそうウン十年前、釣りに来た時は、
更にこの先の渓流を釣り上ったもんですよ、
さて、復路については気が向いたら次回にて、
それでは皆さん、その日までお変わらずにお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : マルちゃん 焼うどん 夏限定

line

【菊水】いつでもカレーうどん【北海道】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

こちら地方では、
梅雨入り前の清々しい風薫る五月のはずが、
早くも真夏のような日もあったり、
もう梅雨入りしてしまったような日もあったりする今日このごろ、

20170528_20.jpg

以前ご紹介した、我が家の庭に、雑草のように生えているイチゴ、
ちっちゃな、ちぃ~っちゃな実をつけました。
味の方は酸っぱさMAX、
でもイチゴの味が濃くて、どこか懐かしい感じがします。

20170528_21.jpg

ピーマンも小さな花をつけ始めました。
ちなみにワタシは、ピーマン、嫌いです(´・ω・`)。
体に良いと言われるので食べますけれど、ホントは嫌いです。
でも、青椒肉絲とかナポリタンスパゲティとかピッツァとかは、
ピーマンがないと物足りない気がするので、
少しは大人になったかな、と思います。

20170528_22.jpg

このビオラだけは、真冬の寒い時からもう数ヶ月、
真夏の暑さになっても元気に玄関前で咲き続けています。
そんなポッカリと穴があいたような、他に何もない5月も終盤、
皆さま、いかが日々を送られているでしょうか。

さて、日本全国麺類発掘プロジェクト、
いつもは「お家でラーメン」をテーマにお送りしておりますが、
たまには「お家でうどん」も良いんじゃないの?
と言うことで、お送りするのはこちら。

20170528_00.jpg

北海道の麺屋さん、菊水のカレーうどん。
ええ、分かっていますよ、
ちょっと季節を外してしまったと分かってますよ、
でも、暑かろうが寒かろうが、美味しいものは美味しいんだよ、
これから更に暑さで食欲も低下する季節、
そんな時は、カレーが良いんだよ、
っつーことで先に進めます。

20170528_01.jpg

北海道産小麦100%使用のこだわり。
奇しくも今、季節は麦秋、
新しい麦の収穫時期、
ほら、あながち季節外れじゃないでしょー。

20170528_02.jpg

ご開封~♪
うどんの麺の他に、粉のカレーと液体のめんつゆ付き!
お蕎麦屋さんやうどん屋さんのカレーって、
カレーとめんつゆのコンビネーションが生み出す、
絶妙な美味しさがあるじゃないですかー、
それがご家庭で再現できる、
涙ちょちょぎれる製品となっております。

20170528_03.jpg

作り方も本格派!
カレーライスのカレーを作るのと同様、
まずは具材を鍋で炒めます。
そこに水を加えてカレー粉とめんつゆを溶かします。
熱いお湯だとカレー粉がダマになってしまうので、
必ず水に溶かすのがポイント。
あとは麺を加えて煮こむだけ。
うどんですからねー、あっさり煮るのも良し、
じっくりカレーの味を麺に染み込ませるのも良し、
お好きな時間、煮込みましょう。

20170528_04.jpg

で、お好きな時間煮込んで出来たのがコレ。
せっかくのアツアツなカレーうどん、
とっとととっとこいただくことといたしましょう。
ハフハフハフ。

ぐはっ、なんだこれ、
うんまいっ!
辛さの中に酸味や塩味が感じられ奥深い味のカレースープ、

20170528_05.jpg

多少、煮込んでも煮崩れしない、しっかりとしたうどん麺、
カレーの味も染みて、もうサイコー、
カレーのトロミも加わり最後まで熱々、おいひい、
熱くて辛くて汗も出ればハナも出る、
そんな寒い時期に食べそこねたカレーうどんのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

《おまけ》
GWも既に終わっていた、とある休日、
新橋(「きーてき一声、新橋をー♪」の「新橋」ね)で、
かる~く中華のランチコースを食べてみました。

20170528_30.jpg

まずは前菜、肉にイカに、
右上の野菜にあえてある白い細いものは豆腐。
しっかりした歯ごたえの豆腐で、まるで麺類のよう。

20170528_31.jpg

いつもお馴染みの北京ダック。
ワタシのようなセレブは北京ダックなんて、
いつも食べて、食べ飽きているので、
焼き鳥のカワの方が、よっぽど美味しく感じるってもんですよ、
あはははは'`,、('∀`) '`,、。

20170528_32.jpg

小籠包。
入試とかで書かされる短い論文ですねー、
って、それは小論文ですねー、
'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、。

20170528_33.jpg

旬の野菜炒め。
白い丸いものはアワビかホタテか?
なんて思ったら、エリンギの輪切りでした(^_^;)。
いや、セレブはいつもアワビ食べているから、
ついついアワビかと思っちゃったんですよー( ´∀`)σ)∀`)、
でも、でっかいエリンギですねー。

20170528_34.jpg

当然、ワタシのことですから麺は外しませんよー、
フカヒレの姿煮あんかけ麺。
スープの中に浮いているのがフカヒレの姿煮ですよー、
白菜の芯じゃないですよー、
でも、ワタシくらいのセレブになると、
フカヒレの姿煮なんていつも食べているので、
ちょっと生臭い姿煮より、
たまに食べるフカヒレだかマロニーちゃんだか何だか分からない、
ばらばらになったヤツの方が美味しいと思いますよー、
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \─、
ゲホゲホ。

20170528_35.jpg

こっちはお連れ様ご注文の、フカヒレの姿煮あんかけご飯。
基本、麺と同じだけど、こっちの方がちょっとトロミが強かったかな?

20170528_36.jpg

締めのデザート、杏仁豆腐。
あ、これは美味い。
よくある薬臭い杏仁豆腐と違って、
臭みなし、自然な甘みこれは美味い、
っつーことで気がつきゃ、
本編のカレーうどん記事より写真点数が多かった、
おまけの食べ歩き記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

埼玉食べあるきじゃなかったけど、
ま、いっか、
それでは皆さん、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 菊水 カレーうどん 中華 胡同マンダリン フカヒレ 北京ダック

line

【角千】冬はホットにカレーきしめん【名古屋】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、ワタシが春の妖精さんです。

20170205_20.jpg

うふふのふ~、
皆さん、春よ~、
立春過ぎたから、春なのよ~、
ほら、あなたにも、そこのあなたにも、むこうのあなたにも、
春が来たのよ~、
と、春が来たのは暦の上の話なのに、
もう頭の中がお花畑になってしまった皆さま、
いかがタリラリラーンされてますでしょうか。

まあ確かに、この一週間、春の陽気となった日もありましたが、
それは季節はずれ、
今はまだ気を緩めてはいけない冬の期間、
寒い日には体を温めましょう、
それにはコレが一番!
っつーことで、今回お送りするホットなあいつはこいつ。

20170205_00.jpg

名古屋名物、角千本店のカレーきしめん!
名古屋といえば味噌煮込みうどんも体が温まりそうですけど、
ここはやっぱりきしめん、それもカレーきしめんがでら温まるがやー、

20170205_02.jpg

それもカレーの名店、えいこく屋とのコラボでお楽しみください、
とゆーか、それ以前にワタクシ、えいこく屋さんを知りませんけどねー。

20170205_01.jpg

作っている角千本店さんも、もちろん名古屋のお店。
ワタクシ、今回はじめて角千本店さんを知りましたけどねー。

あ、保存は開封前だったら冷蔵庫じゃなくても大丈夫ですよー。
ま、今の季節、家の中でも暖房を入れていない場所だと、
冷蔵庫並みの寒さですけどねー。

20170205_03.jpg

中身はこんな感じ。
いつものラーメンでも見慣れた、麺とスープの2ピース構成、
安心設計ですね。

20170205_04.jpg

作り方。
まず麺を茹でます。
普通、先に具材を茹でたくなりますけど、そこはじっと我慢の子、
何はとりあえず、麺だけを3分間ゆでます。
そして、その後に具を加えて更に煮ます。
おすすめの具にエビフラャーが入っているところが、
名古屋っぽくて素敵です。

20170205_05.jpg

最後にスープを入れて、ひと煮立ちさせて完成。
ネギの青いところを使えば、色合い的にも良かった?
などと反省しつつ、
寒くて凍死する前に、とっとといただきましょう。
ズルズルズルリン。

ふわぁ~、
このカレーのトロミがスープを冷めにくくして、
真冬でも最後までホッカホカで食べられるのが嬉しいですねー。

20170205_06.jpg

このカレー色に染まったきしめんも、もっちもち、
鍋ひとつで香辛料のきいたカレーきしめんが作れて、
体の内側からあったまる、
まさに今の季節の食べ物だよね~、
でも、白いワイシャツやブラウス、その他白い服を着ている時は、
カレースープが飛び散らないよう、
注意しながら食べた方が良いよ、
そんなことを思った、真冬の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そんな感じで、
暦の上ではもう春になりました。

20170205_23.jpg

我が家のサクラソウも、
去年に比べると遅ればせながらも、
花を咲かせ始めました。
とはいえ、
この辺りでも最低気温は0℃前後となる日もまだあり、

20170205_21.jpg

池も凍りついております。
そして世間は受験シーズンの真っ最中、
暖かくして風邪などひかずに、
実力をいかんなく発揮できますよう、
陰ながらお祈りしております、
受験生じゃない方々も、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さま、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 角千 カレーきしめん 名古屋

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line