【埼玉熊谷】ゴールデンウィークは外で餃子

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
ついに我が家にもゴールデンウィークが来てしまったわけですが、
皆さまのところはいかがでしょうか。
ま、お仕事の関係上、
ゴールデンウィークってなに?おいしいの?
って方もいらっしゃるでしょうし、
そもそも海外にお住まいの方は全くもって関係ないし、
私も11連休だなんだかんだなんて無縁なわけですが、
せっかく世間がゴールデンウィークだと浮かれているので
それに便乗して日頃、ウチでゴロゴロしている私も
久々に外食などしてみました。

「外食」。
もはや今どき外で食べるなんて珍しくもなく、
外食などという言葉もあまり聞かれなくなってきましたが、
昭和の高度成長期に生まれ育った私などには甘美な響き、
そう、当時、お外でお食事なんて一般庶民には一大イベント、
父親の給料日とか、なんかお出かけのついでとか、
デパートの大食堂で食べた、日の丸付きのお子様ランチが
今でも忘れられません、
というか、年をとると昔のことはよく覚えているのに、
最近のことは、全く覚えていません。

と、長々と前書きで稼いで、本編の内容が薄いことが見え見えなのですが、
今回、訪れたのはこちら。

20140427_00.jpg

餃子の王将熊谷駅東口店。
餃子屋さんといえば埼玉では3割うまいお店が有名ですが、
今回は、そういえば社長さんの事件はどうなったんだろう?
ということは全く関係なく、王将さんへ。

日曜日の丁度、お昼時。
餃子の王将というと男性客が多いのかな?
という私の勝手なイメージを覆し、
家族連れや女性客で大繁盛。
2階席に通されました。

んで、ご注文してからさほど待たずに…

20140427_01.jpg

じゃじゃーん!お料理登場!
というか料理が来るのが比較的早いです。
これも人気のポイント?

運ばれてきたのは牛骨塩ラーメンに焼めし、
そして当然、焼き餃子。

まずは、

20140427_02.jpg

牛骨塩ラーメン。
スープはあっさりとした塩味、
それでいてしっかりとした味の美味しいスープです。
麺は、よく見る中太の縮れ麺。
残念ながら、麺へのスープのからみがいまいち。
ラーメン全体としてはあっさりが勝ってしまった印象です。

20140427_03.jpg

餃子も専門店ながら、とくにこれといった特徴はないかな?
可も無く不可も無く、
食べ慣れた、多くの人に受け入れられる味。
なので飽きられることなく、食べ続けられているのでしょうね。

個別に写真を撮りませんでしたが、
連れとシェアした焼きめし(チャーハン)も無難なお味。
ちょっと見た目にも炒めムラが見えてしまったのはガッカリ。
そして焼きめしを含め、麺類、餃子ともやや薄味に感じられて、
これはこれで減塩生活の私にとっては良かったのか?

ちなみに連れの頼んだ王将ラーメンの方が
私の頼んだ牛骨塩ラーメンより、
味噌醤油ラーメン的な味で美味しいと思ってしまったのは、
ちょっと残念無念後悔先に立たず。

にしても、量も多くてリーズナブルで、
料理もすぐ出てきて平均点的なお味、
これは当分、人気は衰えないでしょうね。
ごちそうさまでした。

おまけ。
熊谷では毎年夏、
関東一の祇園、って例えがよく分からないお祭りが行われます。
祇園ってくらいですから、
豪華絢爛な山車が引き回されるわけですが、
その山車の隠れ家を、王将さんの近くで発見!

20140427_04.jpg

小さな公園のようなところの奥に、
秘密基地、格納庫はあったのでした。
…なんて、別に隠されているわけでもなく、
日常的に道から見える所にあるんですけどね。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村

餃子の王将というとB級グルメの代表格な気がしないでもないですが、
対価を払っているとはいえ、
人さまに作ってもらって、食べさせていただいて、
その上ブログに取り上げてB級あつかいは、
たとえバイトのお兄ちゃんであったにせよ、
やっぱり作ってくれた人に失礼だろう、
ということで、
今回は食べ歩きのバナーを貼らせていただきました。

にしても王将さん、
結構お腹、いっぱいになりますよ。

theme : こんな店に行ってきました
genre : Gourmet

line

【明星】今度は南の島のソバ

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

20140424_00.jpg

さぁーて、いよいよ日本四大祭りのひとつ、
春のパンまつりも佳境に入り
皆さま、点数計算に余念のない今日このごろ、
ということは、
金閣寺建立とか、
金のシャチホコが屋根に上がったとか、
金字塔ってピラミッドのことなんだよとか、
そんなこととは何の関連もない、
黄金週間が早い方だと今週末から始まる日本列島ですが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

ま、完璧カレンダー通りに仕事の私、
前半は出て休んで出て休んでのピョンピョン飛び石連休、
そもそもこんなに気候が良い季節に、
大渋滞に巻き込まれて人混みにもまれて行列作ってうんざりするくらいなら、
家でゴロゴロぐーたらしていたい私、
前回は去年の北海道旅行を回想しておりましたが、
一転、今回は沖縄にひとっ飛び、
食べたのはこちら。

20140424_01.jpg

明星さんの沖縄そば。
家庭内食べあるき、北へ南へ、あっという間です。
沖縄限定販売と書いてありますが、
武蔵の国は自宅の近く、
スーパーの九州フェアで購入しました。

20140424_03.jpg

中身はこちら。
粉末スープにかやく、そして紅しょうが、七味とうがらし。
縦長のカップタイプはスープ、かやくが予め麺に散りばめられているのに、
不思議と丼ぶりタイプのカップ麺は、スープ・かやくが別体となってます。

20140424_02.jpg

どうせ、お湯を加える前にスープ・かやくを入れるのに、
やっぱり不思議。
ちなみに調理時間は5分。
空腹時には気が遠くなる時間です。

20140424_04.jpg

めまいがし始めるころに、ようやく完成。
紅しょうがは苦手なのでパス。
唐辛子の朱色がきれいです。

では、いただきましょう。
うむうむうむ。
麺は、カップ麺のうどんと同じような、違うような。
…と、感想を書き始めて、はた!と気づいたのですが、
生まれてこの方、沖縄そばって1回しか食べた記憶が無い!
それも那覇空港で食べた沖縄そば、
あれっていつのこと?
もしかしてあの時生まれた子供はもう成人している?
当然、そんな昔の本場の味を覚えているはずもなく、
じゃ、このカップ麺の味はどうなの?
と言っても比較のしようもなく、
まぁ、普通に腹を満たした、
そんなカップ沖縄そばでした。
でも、決して悪くないよ。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

いやぁ、もう、まとまりもオチもない、
完璧グダグダな記事となってしまいましたが、
気分はいよいよゴールデンウィーク、
楽しみってあれですよね、
楽しんでいる時よりも、
楽しみにしている時の方が、楽しいですよね、
遊びに行くにしても、何か買うにしても。
というわけでゴールデンウィーク、
早寝遅おき、昼寝ゴロゴロするのが
今から楽しみな私です。
多分、許されないだろうけれど。

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

line

【菊水】原点に帰って札幌ラーメン【おまけつき】

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
4月も後半となったわけですが、
ここ関東は武蔵の国北部、
今日などは肌寒く、
せっかくの春なのだからちょっと出かけてみようかと、
バイクに久々にまたがり家を出てみたものの、
寒いからやっぱりや~めたと
すぐ家にとんぼ返りした腰抜けな私ですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、前回は納豆の話で盛り上がっていただいたわけではありますが、
そもそも思えば昨年、北海道にラーメンを食べに旅をして、
その実はソフトクリームを食べた回数のほうが多かったりしましたが、
そんなこんなを日記帳、記録に残そうかというのが本ブログ開設の発端、
今回はそんなわけで私情、懐古録をバリバリに盛り込んだ内容となり失礼しますが、
その原点を思い出してみようと食べたのがこちら。

20140420_00.jpg

札幌ラーメン白樺山荘。
有名店なのでご存知の方もいらっしゃると思います。
味噌ラーメンです。

20140420_01.jpg

そうそう、私達が行ったのも札幌ら~めん共和国内のお店。
札幌ら~めん共和国は、札幌駅を出てすぐのビルの、上の方の階にありました。
昨年行った時は、例のJR北海道騒動に巻き込まれ、
疲れ果てていたのでホテルの近場で済ましましょう、そうしましょうというのが
札幌ら~めん共和国を訪れた真相、
その時は白樺山荘というお店も知らなかったというのは、ここだけの話で。

20140420_02.jpg

製造は、弊ブログでも度々紹介している菊水さん。
北海道の会社ですね。

20140420_04.jpg

中身は麺とスープの最小構成。

20140420_03.jpg

作り方も、麺とスープを別々に作る一般的な生タイプラーメンの作り方なのですが、
スープは水に溶かし、ひと煮立ちさせるところがポイント、
一般的な生ラーメンとは違うところ。
さらに美味しく食べるには、
野菜や肉などの具材をフライパンで炒め、
そこにお湯とスープを溶かし合わせてひと煮立ち、
最後に丼ぶりで麺と合わせると、
ひと手間かけた、具の味をスープに抽出したお味にすることが出来ます。
ちなみに麺のゆで時間は2分半から3分です。

さて今回は、サイドメニューにこちらも。

20140420_05.jpg

いかめし!
札幌ラーメンに函館名物をあわせるのも、どうかなとは思いましたが、
思い起こせば一年前、
JR北海道のゴタゴタに巻き込まれ、
予定していたグルメな昼食も食べる時間がなくなり、
あわてて函館の駅で購入し、
指定席券も使えず満員の、札幌行きの特急電車で食べた
味気も素っ気もなかった、いかめし、
家でゆっくり食べたらどんなだろう、
ということで今回、登場させました。

20140420_06.jpg

レンジでチンしても良いようですが、
最も美味しいのは、袋のままボイルする方法とのことなので、
ラーメンづくりと並行しつつ、
出来上がりから逆算して12分間、じっくりと熱湯で温めましょう。

そんなこんなで慌ただしく出来たのがこれ。

20140420_07.jpg

冷めないうちに、のびないうちに、とっとといただきましょう。

まずはラーメンから。
おぉっ!
スープの味が奥深いというか、コクがあるというか、
具とスープを合わせてひと煮立ちさせた効果が出ているのでしょうか?
写真に写ってませんが、調度良い太さの縮れ麺にスープがからまって
こりゃまた美味い!
なかなかいける味噌ラーメンです。
で、お店の味と比べてみると…
昨日の夕飯もろくすっぽ覚えてない、そんな私、
勘弁して下さい、去年の味なんて覚えているわけがありません。
ごめんなさい。

そして、いかめし。
これは確実に去年、満員の特急電車で食べたイカ飯より格段に美味しくいただきました。
当然、温かい!
温かいだけで、食べ物ってこうも美味しく感じられるんですね。
ごはんはフカフカもっちり。
そしてイカが柔らかい!
函館のいかめしだけど、札幌ラーメンにも合いますぜ、旦那、
ふと気がつきゃ、わざわざ北海道まで出かけなくても、
家庭で美味しく北海道名物がいただける、
便利な時代になったものだと
複雑な心境にも相成った、
そんな春の日曜日でした。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

でも旅先で食べるというのも、
その場所で食べているという満足感とか、
その場所の雰囲気によるプラスアルファとか、
その場所に至る行程だとか、
旅は旅のいいところがあるんだと、
わかっちゃいるんですが、
なんつったって家でゴロゴロしているのが好きなので、
こうなっちゃうわけなんです。
つづく。

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

line

【ヤマダフーズ】塩ラーメンほにゃららを食べた

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
毎度、大勢の方々に、
ネット辺境の地、弊ブログまでお越しいただき
誠にありがとうございます、
恐縮に思っております。
逆に私めも、皆さまのブログを訪問させていただき、
足跡などを残させて頂いておりますが、
実は私め、こうしてブログを自ら書く以前から
様々なブログを徘徊するのが好きだったりして、
自身も書いている食べ物系のブログはもちろんのこと、
旅行記や訪問記は見知らぬ地のことを知ることができますし、
花や鳥、風景その他、色々な写真は拝見するだけで楽しめますし、
ペット関係の皆さまの親バカぶりは見るだけで微笑ましくなりますし、
多分、疑問に思われるのが、鉄道や模型などの趣味のブログの方、
なんで、こんなくだらない食べ物のことを書いている奴が、
自分のブログにやってくるんだ?
などと不審に思われるかも知れませんが、
私もかつては紅顔の美少年、
男子たるもの、やっぱり乗り物や模型などには興味がありまして、
自分自身、鉄ちゃんだとは思っていませんが、
ネットなどでよく鉄道の写真をつらつら眺めていたりしているので
家族からは「見る鉄」などと揶揄されたりしておりまして、
そんなわけでこれからも細く長くお付き合い願えれば、
そんなことを思っております。

なんて前置きがウダウダ長くなってしまいましたが、
今回食べたのはこれ。

20140417_00.jpg

年がら年中一年中ラーメンばっかり食っていて、
まぁーた、ラーメン食ったよって話かよ、
芸もなにもないやつだなぁー、
ブヒヒヒヒ。
などと思われたかも知れませんが、
あ、ちょっとちょっと、
ここでお帰りにならずに、
もう少しお付き合い下さい、お願いします。

まぁ、写真も変にわざとらしくトリミングしていたりして、
なんかあるのだろうとお気づきの方も多いかと思いますが、
それでは、あらためて食べたのはこれ。

20140417_01.jpg

一瞬、ちょっと分かりづらいかも知れませんが、
これは、ヤマダフーズさんの塩ラーメン味たれ納豆!
最近の納豆も激戦、競争が激しい分野なのか、
色々と工夫を凝らしたタレ付きの製品が店頭に並んでおりますが、
これはデカデカと書かれた「塩ラーメン」の文字が納豆売り場で異彩を放ち、
敵の戦略にまんまと引っかかり、つい手にしてしまった商品。
さぁ、どんな味なのか、期待に胸がふくらみます。

20140417_02.jpg

製造は茨城県。
本場水戸からはすこしはずれますが、
変化球勝負な製品なので、アウトコースぎりぎりな感じも出ていて、
これはこれで面白いかも。

20140417_03.jpg

内容物。
納豆本体と、噂の塩ラーメン味の納豆のタレ、そしてゴマの3つ。
あー、そういえばサッポロ一番塩ラーメンにもゴマがついていたような気がします。

では三位一体、グリグリ混ぜあわせていただくことといたしましょう。

20140417_04.jpg

あ、関西の方、申し訳ございません。
実際、写真であらためて見ると、確かに良いビジュアルではない気もします。
とかなんとか言いながらも、まず一口。

あ!
最初に感じられるのはニンニク風な中華味。
そしてちょっと強めな塩味。
う…ん…、塩ラーメン?
残念ながら塩ラーメンには遠い気がします。
でも、意外と納豆にニンニク風味が合うのは新発見。
納豆の臭みをマスクしている気がします。
これなら納豆嫌いな人も食べられるか?
無理か?
なんて面白く、美味しく納豆を食べた、
そんな今回は小ネタでした。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

今回の製品、
パッケージに思い切り「おはよう」と書いてございますが、
私め、幼少のみぎりから朝食はパンと牛乳、フルーツなどなどの洋食派、
納豆は旅先の旅館の朝食以外、
夕食にしか食べたことございません。
失礼しました。

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

line

【マルちゃん】まるでうどんのような焼きそば

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
春もはっきり確認できる状況下で進行中、
皆さまの数多くのサクラの写真を拝見して、
すっかり花見をした気分になっておりましたが、
気がつきゃ、リアルじゃ遠目でしか見ていなかったサクラ、
ありゃりゃ、ソメイヨシノはもうすっかり散ってしまった武蔵の国北部地方、
仕方ないので我が家の庭のサクランボの木で花見をしました。

20140413_05.jpg

あー、地味だねジミだね、サクランボの木。
葉っぱが出てから花咲くし、
その花だって真っ白だし。
なんでもサクランボの木って一本じゃ実を付けない
(自家受粉しない)そうなんで、
去年は奇跡的に一個だけ実をつけたのですが、
例年、実も付けない地味な木で、
何のために植えてあるのか、
我ながら意味分からないのですが、
そんな園芸とは縁遠い弊ブログ、
いつものくだらないグルメ路線に話を戻して、
今回食べたのはこちら。

20140413_00.jpg

マルちゃんの「昔ながらの極太焼そば」。
味が二種類あるようですが、
今回は「熟成スパイシーソース味」を選んでみました。

20140413_01.jpg

国産小麦使用の極太ゆで麺。
期待が高まります。

20140413_03.jpg

中身的には極普通のソース焼きそば。
麺と液体スープの二点セットですが、
真っ黄色な極太麺が目に飛び込んできます。

20140413_02.jpg

作り方に特別な点はありません。
具を炒めて、麺を炒め、ソースを加えて…

20140413_04.jpg

出来上がったのがこちら。
今回は、レンジでチンして柔らかくし、
更に焼きそばとは別にフライパンでカリッと焦げ目をつけたジャガイモをトッピング。
なんかどっかのご当地焼きそばにそのようなものがあった気がするのですが、
ごめんなさい、思い出せません。
青のりも振って香り、彩りも良くして、
さあ、いただきましょう。

おー、これはさすが極太麺。
ソース焼きうどんと言われたら騙されます。
もっちりもちもちとした麺です。
ソースは今回、全量を加えてしまったのですが、
高血圧体質、普段から減塩気味のわたし的には
スパイシーなのも手伝って、ちょっと濃かったかも。
この辺はお好みで調整してください。
全体的には看板に偽りなく、昔懐かしいソース焼きそばの味。
たまにはこういうのも良いと思いました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

ホント、春が驚愕の進撃をしているわけですが、
風邪なのか花粉症なのか、
そもそも高熱を発したのがことの始まりなので、
まさか、この自分が花粉症などという人に指さされて笑われる病気のはずがない、
にしては鼻がずっ~とつまりっぱなし、呼吸困難状態が継続、
いや~な気もするのですが、
風邪と信じて、早寝遅起き昼寝を心がけております。
皆様に於かれましても、
体調を崩さぬよう、お気をつけ下さいませ。
かしこ。

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

line

【アイランド食品】新潟ラーメンとやらを食す

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
ここ武蔵の国北部では、入学式も終わり、
桜の花も、花びらを散らし、
私はといえば風邪だか花粉症だか鼻がつまり、
呼吸困難睡眠不足、
春眠暁を覚えない今日このごろですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて今や、ご当地ラーメンは数えきれず、
北は旭川ラーメンや札幌ラーメン、
南は鹿児島ラーメンに至るまで、
なぜか沖縄ラーメンはないのね、
などと思いつつ、
地名にラーメンをつければ成立するこの現状、
そのうち○◯5丁目ラーメンとか、
大字☓☓字△△ラーメンだとか、
更に細分化されてしまうんじゃないか、
なんて心配はどこ吹く風、
今回は久々に九州ラーメンやカップラーメンから離れて
食べてみたのはこれ。

20140410_00.jpg

新潟ラーメン関屋福来亭。
がっしりとした箱に包まれた新潟土産です。

20140410_01.jpg

福来亭さんは新潟では有名な行列のお店のようです。
背脂をのせた濃厚スープが売りの様子。
否応がなにも期待が高まります。

20140410_02.jpg

販売は新潟の会社さん。
社名から「駅とかでお土産、売っているよ」的な感じがにじみ出ています。

20140410_03.jpg

製造は、アイランド食品さん。
ん?
あれ?
私も色々とラーメン食べて、調べて、ブログに書いていたりすると、
くだらない知識がついてしまったりするのですが、
この会社さん、なんか聞いたことがあるぞ…?
って、これ(弊ブログ2014-02-06号)じゃあ~りませんか!
うどん県のアイランド食品さん。
ま、四国の会社さんと新潟のラーメン屋さんがタッグを組んで、
お店のラーメンを忠実に再現したモノ、
と思えば何の問題もないのですが、
産地までこだわる方だと、腑に落ちないかもしれませんね。

20140410_04.jpg

中身はこんな感じ。
麺とスープのシンプルな作り。
麺の袋に印字された「ウェーブ麺」の文字が目を引きます。

20140410_05.jpg

調理方法も、普通の生ラーメンと一緒。
麺が太めなので、ゆで時間は4分半から5分と長め。
そう、4分から、だったんですよねぇ…。

20140410_06.jpg

そして出来上がり。
トッピングは、醤油ラーメンの時の我が家の定番、
ほうれん草、ゆで卵、そしてチャーシュー(煮豚)。
魚介系出汁の香りが鼻をくすぐります。
早速いただきましょう。

スープはシンプル、昔ながら、馴染みの味の醤油味。
食べ始めると魚介の香りは気にならなくなります。
ちゃんと出汁は脇役、己の立場を理解しています。
濃厚背脂スープは、私のバカ舌センサーでは残念、
よく分かりませんでした。

麺は太め、そしてかなり短い麺です。
一息で吸い込むことができます。
そして、
あー食べてすぐ気づいたんですけどね。
麺のゆで時間、タイマーをセットしたの4分だったことを。
30秒くらい短くても大差ないだろうと思ったのですが、
意外と固めにゆで上がりました。
でも固め好きな方にはちょうどいい固さだったかも。
固いと言っても、その程度、
その辺はお好みでどうぞ。

全体的には、醤油ラーメンとして裏切らない味です。
食べ進むにつれ、麺の固さも程良くなり、
モチモチいい歯ごたえ、
最後まで美味しくいただくことができました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

にしても、お土産ではよくある話なんですが、
香川から新潟に出かけて、お土産にこれ買って、
製造地を調べたら、あれ地元製じゃないか!
さすがうどん県のラーメン、やっぱり日本一だなぁ~!
なんてことのないようご注意を。

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

line

【マルちゃん】結局九州とんこつ長浜風

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
いよいよ春本番。
暑くもなく寒くもなく、
家でゴロゴロするのにちょうどいい気候になってきましたが、
な、な、な、なんと、
今日から明日にかけては関東地方でも所によって雪が舞うとの天気予報、
すでにサクラも舞い散り始めているというのに、
コレじゃ雪だか花びらだか分からなくなってしまうというものですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、約1周間のご無沙汰ぶり失礼いたしました。
その間も優雅にラーメンを食べていたわけですが、
結局また取り上げるのは九州とんこつラーメンのこれ。

20140405_00.jpg

マルちゃんの「バリうま とんこつ長浜風」。
「バリうま」とか「バリかた」とか、
「バリ」は博多あたりの言葉で「より一層」とかを意味するのでしょうね。
ちなみにバリィさんは、四国、愛媛のゆるキャラなのでお間違いなく。

20140405_02.jpg

中身はこんな感じ。
麺と、粉末及び液体スープの2種類。
かやくはもともと麺に散りばめられています。

20140405_01.jpg

調理法。
スープはあとから加えるタイプ。
そして、調理時間なんと1分間。
遊んでいる余裕はありません。
すべて準備を整えてからお湯を注ぎましょう。

20140405_03.jpg

待機中、液体スープをフタの上で温めましょう。
液体スープ内の油が溶けて、あとでしあわせを感じることができます。
写真では粉末スープも乗せていますが、
全くもって意味はありません。

20140405_04.jpg

1分間ですから、ほんとあっという間に出来上がり。
写真を撮るのももどかしく、さっさといただきましょう。

まずはスープから。
あ゛…、写真にも赤く目立つ紅しょうが、
これが最初から標準装備されているため、結構、味としても前面に立つ感じ、
目立ちます。
牛丼にあわせる紅しょうが以外はあまり好きではないワタシ、
お好みで加える方式にした方が、わたし的にはありがたかったかな。

麺はというと、ビジュアル的に縮れ麺というのが残念なのですが、
さすが調理時間1分、
このシコシコ感、歯ごたえはまさに九州とんこつラーメン!
よく再現されています。
そして時間が経過しても意外とシコシコ感は持続。
さすがはマルちゃん、最後まで美味しくいただけました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

今日ですね、
スーパーの折込チラシに熊本や博多のラーメンが載っていてですね、
これは買わなきゃと、それを目的に行ったわけですよ、
そしたら輸送のトラブルだかなんだかでですね、
入荷していないとか店頭に張り紙が!
えぇーっ!折角それを目的に店に行ったのに、
それはないよマミ○マ○ト!
でもいくつかはゲットできたので、
そのうちここで紹介できるかと思います。
以上、予告編でした。

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line