【五木食品】くまモンとかちっこいうどんとか

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
日本全国梅雨が明け、
今週前半の爽快な夏はどこへやらの埼玉県北部地方、
猛暑、酷暑、炎暑お見舞い申し上げます。
紅蓮の炎に焼きつくされんばかりの日々ですが、
皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

そんなわけで、
ある日、森の中、
マイナスイオンで癒やされようと歩いていると
久しぶりにヤツに出会いました。

20140731_00.jpg

五木食品さんのくまモン!
今回のくまモンはぶっかけうどん仕様。
おー、いいところで出会いました。
さすがに、こう暑い日が続くと、熱いラーメンではギブアップ気味。
たまには、冷たいぶっかけうどんと洒落こんでみたいところでした。

20140731_01.jpg

こちらのくまモン、ご出身は熊本県なんちゃら郡なんちゃら町。
さすがに火の国は熱いので、こちらに避暑に来られたようです。
でも、埼玉県北部は全国ニュースでも常連の、
ベストフォーにはしょっちゅう顔を出す強豪猛暑地なのに、
なにを勘違いしたのでしょう。

20140731_02.jpg

今回のくまモン、なかなか厄介です。
要は麺を湯がいて、カップ焼きそばの如く湯を捨てて、
そして冷たい水でさらして、
そんな感じのようです。

20140731_03.jpg

身ぐるみを剥いだらなんと、
フタの裏に、図入りの極意書を隠し持っていました。
これならば、読めない漢字があってもどうにかなりそうです。
夏休みの漢字ドリルで、読めない字は克服しておきましょう。

20140731_04.jpg

お湯切り、水切り用に内ぶた付き。
こっちの穴は空気抜き用の穴。
お湯や水を切るための穴は反対側です。
もし、空気抜き用の穴からお湯・水を切ろうとすると、
鼻からうどんの如く、麺がデロリーンと出てきますのでよろしく。

20140731_05.jpg

中身は麺、めんつゆ、かやくの3ピース構成。
麺は、密閉された生麺タイプ。

なんてことを言っている所に、なんと…

20140731_06.jpg

同じ五木食品さんの「ちっこいうどん」が通りかかったので身柄確保。
ちなみに、ちっこいうどんであって、ちっさいおっさんではありません。

20140731_07.jpg

こちらは火の国熊本でも、熊本市のご出身。
ちょっと都会派のようです。

20140731_08.jpg

こっちも、取り扱いは面倒くさそう。
ちっこくても、いっぱしの扱いをしろと申しております。
やはり一度ゆがいて、その湯を捨てて、
スープを入れて湯を入れて…
ちっこいくせに生意気なやつです。

20140731_09.jpg

こっちは麺と、かやく入り粉末スープの2ピース構成。
この辺は、身の丈にあった構成です。
麺はやはり、くまモン同様、密封生麺仕様。

20140731_11.jpg

ちっこい方は、湯切り穴も控えめ。
これなら、麺がデロリーンと出てくる心配はありません。

さて、くまモンにちっこいの、ここからが大忙しです。
お湯を入れて、お湯を切って、水入れて、
水を切りつつお湯入れて、
お湯を入れたら、水切らない、
お湯入れない、水入れる、
麺も意外とほぐれにくくて面倒くさくて、
もうワケワカメ、
もっと精神的に余裕のあるときに、
空腹の絶頂にあるときは避けたほうが無難です。

20140731_10.jpg

まずは、くまモンの出来上がり。
かやくをふりかけての、ぶっかけのつゆは下に沈んでいます。

20140731_12.jpg

そうこうしているうちに、ちっこいのも完成。
では、しゃけのおにぎりとともにいただきましょう。

まずは、ぶっかけくまモン。
ハムハムハム。
つゆは甘みより、醤油的な味が際立つつゆ。
麺は、コシは弱いけど、ほどよいワタシ好みの固さ。
惜しむらくは、つゆも冷やしておけばよかったこと。
そうすれば、もっとキンキンに冷えたうどんが食べられたと後悔先に立たず。
つづいて、ちっこいの。
麺は、くまモンと同じよう、口さわりも似たよう、当たり前と言えば当たり前ですが。
つゆは出汁が効いているような、いないような、
そんな感じの薄口のつゆでした。

20140731_13.jpg

で、なんと、
食べ終わったくまモンの容器の中に、
ちっこいのの容器がジャストフィット。
ゴミの少量化にも貢献しております。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

せっかく冷たいぶっかけうどんを食べたのに、
熱いつゆのちっこいうどんを食べてしまって、
元の木阿弥、観阿弥 世阿弥、
大汗をかいてしまいました。

スポンサーサイト

theme : カップめん
genre : グルメ

line

【マルタイ】久しぶりの棒ラーメン

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
やばいっ!風邪をひいたっ!熱があるっ!
と思ったら体温じゃなくて気温だったなんて笑えない話、
ドライヤーの熱風に水分をたっぷり含ませたような、
息苦しさをも感じる空気に包まれておりますが、
皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。
息は出来ていますでしょうか。

さて、おかげ様で老若男女、
多くの方に訪れていただけるようになった弊ブログ、
なのに、また前回は、えっちぃ方向に話がそれてしまい、
一部、妙齢の紳士諸氏には喜んでいただけたご様子ですが、
反面、美しき淑女皆さまからの白い目が痛く感じられている今日このごろ、
大変、申し訳なく存ずる次第でございます。
で、反対に私も皆さま方のブログを拝見するのを楽しみにしているわけですが、
先日、とある鉄分豊富なブログさまの記事タイトルに「マルタイ」の文字が。
さすがマルタイ、鉄ちゃんの皆さまにも愛され食べられているんだなぁ~
などと、そのブログを開いてみると、
マルチプルタイタったったった…
すみません、かみまみた、
マルチプルタイタンパー(Wikipedia)、
略してマルタイとかいう鉄道保線用の作業車の話だった、
なんてオチだったわけですが、
大抵、前置きが長い時は本編が大したことないことが多いわけで、
今回、ご紹介するのはこちら。

20140727_00.jpg

マルタイさんの博多長浜とんこつラーメン。
マルタイにも色々な機種があるようですが、その一つのようです。

20140727_01.jpg

博多長浜タイプ、もちろん製造は福岡県。
シリアルナンバーB51。
なんかデゴイチ(D51)みたいでカッコイイです。
記載の年月日は車検の期限みたいなものなのでしょうか。
ちなみに私が操作したのは先週日曜(7月20日)です。
ギリギリです。

20140727_02.jpg

主要諸元。
意外と塩を多く含んでいます。
サビはしないかと余計な心配をしてしまいます。

20140727_03.jpg

操作マニュアル。
ごく一般的な、乾麺タイプの他の機種と同じです。
オペレーションタイム2分。
スピーディーな作業が要求されます。
そういえば、お湯を使用する様子?
ということは、蒸気機関も使用?
他に保線作業に必要な、
レールがどうのこうのとか、
枕木がなんだかんだとか、
バラスト(砂利)があーだこーだとかは書いてありません。
記載の必要のない、知ってて当たり前、当然のことなのでしょう。

20140727_04.jpg

搭載品。
真っ直ぐなレールのようなものと、粉末の入った袋。
そしてオイルも標準添付、この機種専用オイルのようです。

20140727_05.jpg

あっという間にオペレーション完了です。
さすがいまどきのマシーン、効率化が進んでいますね。
ミリ単位で線路の補正を行うことができるとのこと。
では、完成後の乗り心地はいかがでしょうか。

うぐうぐうぐ。
作業中、粉末スープと書かれた袋を開けた途端、
とんこつ臭、例のケモノ臭がただよい、
それは作業完成後も維持され、
博多長浜の雰囲気を十二分に演出しています。
操作マニュアル指示の水使用量(470cc)で、
こってりした乗り心地がかなり出ていましたが、
人によっては多少、しょっぱめか、
その辺は好みで乗り心地を調整してもいいかもしれません。
でも、さすがのマルタイ、この乗り心地は他の追随を許さないですね。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

私も男として生まれたので、
機械もの、乗り物は大好きなワケで、
きっかけがなくて鉄の道には進みませんでしたが、
でも、機関車や貨車、電車を見るのも好きだったりしますけど、
所詮、素人のにわか知識、
鉄にからめてラーメンの話をするのは、無理がありました。
やっぱり、えっちぃ方向の方が筆が進む…
…………
……
ごめんなさい、ゴメンナサイ、ごめんなさい。
もう、えっちぃ話はしません。

多分…。

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

line

【イオン】PBのトンコツも悪くない

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
日本列島も南西方面から関東地方まで梅雨が明け、
猛暑で名高い埼玉県北部地方、
連日、浴室に引きこもっている感覚が味わえておりますが、
皆さまお住まいの地域ではいかがでしょうか。

さて、そんな中でも失われた塩分以上に
過剰な塩分を摂取している私ですが、
今回、汗をカキカキ食べたのはこちら。

20140724_00.jpg

TOPVALUさんのJcupとんこつラーメン。
TOPVALUと言えば、言わずと知れたイオンさんのPB。
で、JcupはTOPVALUさんのPB?
Wcupが終わったから今度はJcup?
良くわかりません。
というかPBってあれですよ、
かつて、平凡パンチと世の男性の人気を二分した、
金色の御髪(おぐし)が好きな方は、月刊の方を好まれたかもしれませんが、
まだ未成年だった折には、密かに隠し持ち、
友人の間で回し読みした、
あの伝説の週刊誌、
というか今でもありますが、そのPBではなく、
プライベートブランド、
お店等が独自のブランドで展開する商品のことです。
ちなみにTOPVALUは「トップバリュー」ではなく「トップバリュ」と読みます。

と言うことで、今回の巻頭グラビアはJcupちゃん。
Jcupってーと、あれかい?
あれが、じぇ、じぇ、Jカップってことかい?

20140724_02.jpg

2枚目は、笑顔でラーメンをすすっている写真です。
ピンクのお肌が健康的です。

20140724_01.jpg

「豚肉の旨み とんこつラーメン」
吹き出しでモデルにセリフを言わせる、よくある手法です。

20140724_03.jpg

所属事務所はイオン、ファンレターの受付はトップバリュ、そして滋賀県出身。
少し出自が秘密めいているのも魅力づくりの一つですね。

20140724_04.jpg

目指すは身近なグラビアアイドル。
小難しいことは言いません。
というか、言えません。
近所のお姉さんと同じように、優しく取り扱ってあげて下さい。

20140724_05.jpg

さぁ、来ました。
グラビアの常道、お決まりですね。
徐々に、はだけて、ちょっと、前を明けて、Jカップの一部をチラリ。
おー、いいね、いいねぇ。
このチラリズムがたまりません。

20140724_06.jpg

で、最後はJカップぜんかーい!ばんざーい!
紅の鮭ちゃんとのコラボグラビアです。
じ、じゃあ、頂いちゃいましょうか。

お湯を内側の線まできちんと入れたのですが、
ちょっとスープは薄め、そしてほんのり甘め。
麺は乾麺特有の香りが残っています。
ネギの味が案外強め。口に飛び込んできます。
乾燥肉が意外と美味しかったJcupちゃん!
あっさり完食してしまいました。

20140724_07.jpg

よくグラビアに文章が添えられていたりしますが、
普通、写真だけ眺めて文は読みませんよねぇ~。
でも、一応、少しだけ読んでみると…
なんか、ジェーカップは40年前に発売された、
イオンのプライベートブランド第1号なんだとか。
なにがあれなのでJカップと言うわけではなかったんですね。
失礼しました。
ごちそうさまでした。

ちなみにジェーカップシリーズは数量限定品だったようです。
期間限定グラビアアイドルだったのですね。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

PBに限らず、えっちぃものはベッドの下に隠すのが定番だったりしますが、
私の場合…

20140717_00.jpg

…ロッカーの、こんなカップ麺の山の中に隠し持っていました。

というか、またなぜか、えっちぃ感じに話がそれてしまい、
大変、申しわけございません。

theme : カップめん
genre : グルメ

line

【大砲】一箱で二度おいしい

皆さま、ごきげんよう。
ラーメンの御心を皆さまにお伝えする使命をおびた、このわたくしめ、
前回は、不覚にもお調子に乗ってしまい、お下品この上なく、
更には、
前途多難、
あ、間違えました、
前途洋々たるお若い方々も訪れてくださる弊ブログなのに、
青少年の皆さまにとって不適切な表現も多々使用してしまい、
大変、申し訳なく失礼をいたしました。
今回は心を入れ替え、
真面目にラーメンのお言葉をここに、
刻んで参りたいと存じます。

では、今回はラーメンノギオン第1章3節を読み解いてまいりましょう。

20140721_00.jpg

今回の一節は、大砲ラーメン
こちらは、九州福岡から持ち帰られし物を、わたくしめにお譲りいただいた貴重な一品。
平たく言うと、福岡のお土産としていただいたものであります。

見るからに重厚な化粧箱に入れられ、
長旅に充分耐えてきたことがうかがえます。

20140721_01.jpg

箱の側面には、普段のラーメンには見られない、
2つの何やら謎めいた、同じような記載があります。

20140721_02.jpg

一つは、商品名:ラーメンとの記載から始まる表組みの文字列が。

20140721_03.jpg

もう一つは、昔ラーメンとの記載と同様の表が見られます。
この2つの記載が、本節を読み解く重要な鍵となります。
いずれからも、製造者は久留米の大砲ラーメンと読み取ることが出来ます。

20140721_04.jpg

慎重に封を解き、フタを開けてみると、
そこにはなんと、更に2種類の箱が入っておりました。
それぞれの小箱にも先ほどの言葉、
「ラーメン」と「昔ラーメン」の文字が書かれています。
猫も杓子も「エコ、エコ」と叫ぶ時代ですが、
貴重なラーメンを守るためには、
二重、三重にも箱で包む必要があることを、これは教えています。

20140721_05.jpg

更に箱を解き進めると、ようやく麺とスープが現れます。
こちらは「ラーメン」と書かれた箱の方。

20140721_06.jpg

こちらは「昔ラーメン」の方です。
麺を包んでいる袋、及びスープが入っていると思われる袋には、
それぞれ、やはり「ラーメン」、「昔ラーメン」の文字が見られます。
ラーメンに比べ、昔ラーメンの方が、麺が黄色く見えます。
その他、紅しょうが及び刻みゴマ風のモノも認められますが、
こちらは、両者に共通のものと考えられます。

20140721_07.jpg

小箱のフタの裏には、直伝の書が刻まれています。

20140721_08.jpg

前者は、「ラーメン」の箱に書かれていたもの。
後者は、「昔ラーメン」の箱のもの。
両者に違いはないようです。
どうも、ラーメンの作り方に関して記載されているようです。
作り方は、現代の他の生ラーメンと変わりない様子。
麺のゆで時間は一分半と判読できます。

このように、箱の奥の奥まった所に、
ラーメン作成の秘法を伝えておりました。

20140721_09.jpg

更に、こちらには重要な解説書が収められていました。
内容を解読すると、
一、とんこつラーメンは久留米が発祥の地
一、発祥の年は昭和28年
一、今や豚骨は、塩・醤油・味噌と並んで四大ラーメンスープとなった
ことなど、とんこつラーメンについて今日に伝える貴重な内容となっております。

20140721_10.jpg

直伝の書に忠実に従い再現した、こちらは「ラーメン」。
今回は重要な一節のラーメンなので、
いつものチャーシュー、ゆで卵、小ネギに加え、
初めてキクラゲもトッピングしました。

20140721_11.jpg

こちらは「昔ラーメン」
わけあってチャーシューは省略させていただきました。

いずれも、麺のゆで時間1分30秒で、シコシコ・コリコリとした食感。
伝承の湯で時間で問題はないようです。

20140721_12.jpg

ゆでた後の麺も、やはりラーメンに比べて…

20140721_13.jpg

昔ラーメンの方が黄色みが強く見えます。

スープの味は、ラーメンの方はシンプルなとんこつ味、
とんこつ臭もなく多くの方に受け入れられる味なのに対し、
昔ラーメンは、脂っこく醤油風味が強く感じられ、
こってりした感じに仕上げられています。
好みにより異なるかと思いますが、
わたくしは、昔ラーメンの方が美味しいと感じられました。

このように、ラーメンノギオン第1章3節大砲ラーメンは、
一箱二食入りで二通りの味を体験でき、
更に直伝の作り方、及びとんこつラーメンの由来を伝える、
大変重要な節となっております。
添付の解説書の最後にも、
「大砲ラーメンを食べずして、とんこつラーメンは語れない」
とまで記載されている、多少難解な節となっています。
でも、安心してください。
このラーメンノギオンの言葉に従っていれば、
その時、皆さまの前にラーメンの道はひらけることでしょう。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

でもブログの趣旨が当初のものとは、
全く別の道に迷い込んでいるというか、
グルメブログではなく
お笑いブログの方向に進んでいる気がするのは、
わたくしだけでしょうか。
どなたか、
迷える子羊をお救いください。

ごきげんよう。

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

line

【エースコック】まる旨そばを訪ねて三千里

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

さて、今回はいきなり本題へ。
以前、とあるトンコツラーメンを食べた時にコメントで情報をいただき、
更には、自身のブログでも情報提供していただいて、
聞くと見ると食べたくなり、
食べたくて食べたくて食べたさ爆発、
探し歩き、さまよい歩き、
でも不思議と探している時には見つからないもの、
ウチんち地方では、販売していないんじゃないか、
もしかしたら、もう既に製造・販売中止になっているのでは?
と疑心暗鬼に襲われ、
半ば諦めかけたある日のこと、
大正デモクラシー、
間違えた、
灯台もと暗し、
すぐご近所のスーパー、
埼玉県発祥のヤ◯コーさんにあったじゃあ~りませんか!

20140717_01.jpg

エースコックさんの「まる旨 小海老天そば」。
夢にまで見た、この緑色のパッケージ。
税込101円。
ここで会ったが百年目。
これでもかと写真撮影してしまいました。

20140717_02.jpg

カシャ、カシャ、カシャっ!(シャッター音)
いいねぇ、いいねぇ、いいねぇ~。

20140717_03.jpg

カシャ、シャシャシャシャシャっ!
ちなみにスマホなので連写機能はありません。
いいよぉ、いいよぉ、いいよぉ~。

20140717_04.jpg

カシャ、カシャ、カシャりんこ。
うん、いい、いい、とってもいいねぇ。

20140717_05.jpg

カシャ、カシャ、カシャ。
鰹本枯節って、何がなんだか、何のことやら、
さっぱりワケワカメだけど、いいよぉ~。

じゃあ、そろそろ一枚、脱いでみようかなぁ。

20140717_06.jpg

ハラリ。
おー、超極薄シースルーを脱ぎ去ったところで、
カシャ、シャシャシャシャシャシャン。
いいね、いいね、いいねっ!

20140717_07.jpg

カシャ、カシャ、カシャ。

20140717_08.jpg

図に乗って逆さ撮り。
あっ、そんなっ、やめて下さいっ!
いいではないか、いいではないかぁ。
おー、賞味期限もたっぷり残っていて(2014年7月現在)、
まだまだピチピチ、お前もウブよのぉ~。

じゃ、ちょっとだけ、
少しだけでいいから、
ちょこっと前をあけてみようかなぁ。

20140717_09.jpg

おー、開けた途端、漂い出るこの香りは、
シャンプーかリンスか、
いやいや、そんなわけがあるはずもなく、
嗅いだことのあるこの香り、
そうそう、名古屋お土産で有名な、あのエビせんの香り、
なんとも食欲をそそる香りで、
もう我慢が、ガマンができな~いっ!
煮えたぎった熱いものを注ぎ入れてくれるわっ!

あ~れ~、それだけは、
それだけはお許し下さい、お代官さまっ!

20140717_10.jpg

哀れ、まる旨そばちゃん。
熱湯を入れられ待つこと3分。

20140717_11.jpg

ついに悪代官の餌食となってしまいました。

私一人のみならず、おにぎりちゃんまで毒牙にかけるなんて…。
うひゃひゃひゃひゃ、いつも鮭のおにぎりばかりを食べていたので、
今回は趣向を変えて「しゃけ」にしてみたぞ。

では、いただくこととするか。
ペロペロペロ。
こ、これは!
Oh !, Japanese Traditional Soba Soup、
おにぎりともよく合う、江戸前風のダシの効いためんつゆ!
そして、これも日本の技術、
3分間、お湯で戻すだけで、
日本そばを見事に再現、そしてこの美味しさ、
更にはご指摘の通り、
口ですく溶ける、ふわとろな卵、
クセのない軽い感覚で食べやすい、
見た目によらず、よく出来たそばであった。

20140717_12.jpg

まる旨そばちゃん、シャケのおにぎりちゃん、ともに完食!
ごちそうさま、であった。
ふぉっふぉっふぉっ!(笑い声)

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

こうして悪の限りをつくした代官でありましたが、
世の中、やはり正義が勝つもの、
その後、タイーホされたのでありました。

 __[警]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |

めでたし、めでたし…?

theme : カップめん
genre : グルメ

line

【エースコック】飲み干したとんこつラーメン

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
さて、調子をぶっこいて買い込んでいるラーメンの山、やま、そして山。
前回
カップ麺も意外と賞味期限が短いので、
期限切れには注意ですよ、
とご指摘をいただいた通り、
期限超過、あるいは切迫品が続々と、
まるで提出期限を過ぎたレポートが山のようになり、
毎度掲示板に、
〇年×組△△君 レポート未提出
なんて貼りだされ、
お前、またレポート出してないのかよっ!
と周囲から嘲笑を浴びせられたウン十年前の悪夢が蘇る始末、
というか、今どきのナウいヤングな学生さんへは、
聞くところによると、メールで呼び出しやレポートの催促が来るのだとか、
思えば掲示板も仮想電子空間での話となりつつあり、
また一つ、隔世の感を味わっている今日このごろですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

と言うわけで今回、夏休み前ギリギリ提出の一品はこちら。

20140713_00.jpg

エースコックさんの「飲み干す一杯 背脂とんこつ」。
暑さにもめげす、変わらず、とんこつラーメンを食べております。

なんといっても、この一品、「飲み干す一杯」のキャッチコピーが、
否応がなにも目をひきます。

20140713_01.jpg

側面にも「最後の一滴まで飲み干したくなる」との、堂々たる宣言。
飲み干したくなるように、
何らかの魔術がかけられていると推測されます。
注意が必要です。

20140713_02.jpg

調理時間は、熱闘2分。
ボクシングの1ラウンドより短い熱闘時間で済みます。
たて型カップ麺なのに液体スープ付きのようです。
あわてん坊さんだと、そのままお湯を注いでしまいそうです。
ここは、ちょっとしたトラップになっている様子です。

他に今のところ、魔法の気配は感じられません。
簡単に感づかれないよう、
複雑な魔術式が組まれているようです。

20140713_03.jpg

物理結界を解いたところ。
危うく、敵の罠にかかり液体スープを取り出し忘れるところでしたが、
あらかじめ警戒しておいたので、そこは難なくクリア。
でもこの先、あちこちにトラップがしかけられているかもしれないので、
慎重に先に進むようにしましょう。

20140713_04.jpg

激闘、否、熱闘2分間中。
ここは、液体スープをフタの上に乗せ、
中の油を溶かすのが、ラーメン通のクリア方法。
じゃないと、次のスープ溶かしダンジョンで手間取ることになります。
これ、たまに攻略本にも記載されているポイントです。

20140713_05.jpg

私程度のレベルでも、ここまで順調にクリアできました。
では、最後の攻略へと洒落こみましょう。

ふふふのふーん。
背脂とんこつとのことですが、それほど脂っこさはありません。
でも、確かにコクがあるスープです。
麺は縮れ麺ですが、シコシコ感充分の麺です。
熱闘2分後、液体スープを加えて溶かす作戦など、
ちょっと攻略に時間がかかりましたが、
それでもシコシコ感が衰えなかったのは高評価です。
ただ、麺と一緒に食べると、スープが少し薄く感じられました。

などと、普段になく真面目に感想を綴っている間に、
な、な、な、なんと!

20140713_06.jpg

いつの間にか、最後の一滴まで飲み干していました。
まんまと敵の策にはまり、どこかで魔法攻撃を食らっていたようです。
恐るべし、エースコック!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

なんてカップ麺を最後のスープまで飲みきってしまうわ、
いつものことながら、おにぎりも一緒に食べてしまうわで、
確実にHPがけずられている気がします。
どこかに回復魔法とか、ないものでしょうか。

theme : カップめん
genre : グルメ

line

【五島製麺】たまにはうどんをつるつると

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
毎日まいにち、多くの方々にご訪問いただいているのに、
一週間ぶりのご無沙汰、大変失礼しておりますが、
ここのところ週末には、
ネット環境・PC環境のない故郷に帰っていて、
なのでブログの更新もゴニョゴニョゴニョ…
なんて浮気の言い訳みたいだね、
とお叱りもいただいている今日このごろ、
蹴球世界大会の決勝進出チームも決まり、
日本では台風も接近・上陸しておりますが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、色々と情報をいただきつつも、未だブツを発見できず、
またまたデジカメのメモリをあさり先月の、
少しホコリがかぶり気味の写真を引っ張りだしてきたのがこちら。

20140706_02.jpg

五島製麺さんのあごだしうどん。
五島製麺さんと言えば、以前、長崎ラーメンを食したことがありますが、
今回は、その名もバッチリ、「あごだし」のうどんです。

で、その際にもお話しした「あごだし」。

20140706_00.jpg

ちっちゃいおっさんで言えば、写真の赤枠の部分、
ひげの剃り跡も青々しい、あごの鋭角になっている部分、
ここからとれた出汁が、汗と皮膚の角質とひげの成分が微妙に混ざり合い、
超最高と言われています。




……
………
ごめんなさいっ!
嘘をつきましたっ!
本当は、トビウオを乾燥させたもの、「あご」から取る出汁のことです。
ここに謹んで訂正しお詫び申し上げます。
って、パッケージにもトビウオのイラストが描かれていましたね。

20140706_03.jpg

あらためて、製造は五島製麺さん。
本場、長崎の会社さんです。
バナナが半分しか食べられないので、自らのことを
「ゴッちゃん」
と称しております。
おかしいね、ゴッちゃん。

20140706_05.jpg

内容物。
麺と粉末スープのシンプルなツーピース構成。
特記事項なし、です。

20140706_04.jpg

作り方。
一般的な生ラーメンと同様、麺はお湯で茹でて、別にドンブリにスープを作って、
そして合わせれば出来上がり。
麺のゆで時間は4~5分。
適当にゆでて下さい。
いつものことですが、ここら辺まで来るとパワーがつきて、
文章も適当、簡単となり何のツッコミどころもなくなります。

20140706_06.jpg

ハイ出来上がり。
サイドメニューに、いつもの鮭のおにぎりに加え、
スーパーのお惣菜コーナーで、かき揚げも購入。
せっかくのあっさりうどんなのに、脂質を投入し、
超メタボな仕様にしております。
これで体重が減るもんなら減ってみろ!って感じです。

では、いただいてみることにしましょうか。
ホ、ホ、ホー。
スープをお湯に溶いた時もそうだったのですが、
ダシの香りがいい感じに漂います。
うん、日本の香り、和食の香りですね。
そしてそのスープは西日本的に透明、味は甘め。
ちっちゃいおっさんの出汁がいい仕事をしています。

麺は平らな中太麺。
つるつるしていて柔らかく、
美味しいうどんでした。

というわけで、いつもの通り、
食べた感想に全くもって内容がなく、
何の役にもたたないまま、この辺でお開きです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

今まさに、台風8号が日本列島をなぞるように進撃中。
こんな時こそ非常食、カップ麺ですよ!
皆さん、一家に一個、
それじゃ、一人暮らしの人でも一食分にしかならないので、
一人数個、備蓄しておきましょう!
お湯を沸かせる体制も整えておいてね。
ちなみに私の、職場のロッカーは、
カップ麺であふれています。
自慢にもなんにもなりませんが…(;´Д`)

じゃ、ちょっと
水路の様子見てきます。
  /  /  / / / /
/  /  /  /  /
   ビュー    /  /
 /  / ∠二二\ /
/  / (( ・ω・`)) /
    / ~~:~~~/ /
 / ∠__:__>  /
/ / (_)_(_ノ_ / /
 /  /   / / /


theme : うどん・そば
genre : グルメ

line

【味蔵】博多豚骨名島亭は大行列?

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
最近は、皆様方にご訪問をいただくのみならず、
様々な情報もご提供いただき、
感謝感激雨あられ、
せっかくいただいた貴重な情報を生かすべく、
新規商品探索に精を出さなければと思いつつ、
デジカメの中を覗いたら、
小さな基板にICチップや、細かなコンデンサーや抵抗がびっしりと、
って、そういう意味ではなく、
食べて、写真を撮って、放置されているラーメン他がチラホラとあり、
これは私の脳内低容量メモリに残された記憶が抹消される前に、
ご紹介しちまおうかと考えている今日このごろですが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

というわけで、約1ヶ月前、解き忘れていた過去問の一つがこちら。

20140703_00.jpg

味蔵さんの「博多豚骨ラーメン名島亭」。
「行列の出来る有名店」なんだそうですが、
無知な関東人の私は全く存じ上げていないお店です。

20140703_02.jpg

お店はこちら。
字数が違うのに「多々良川」が一瞬、「多摩川」に見えてしまった
アホな関東人の私には、どこがどうなんだか、右も左もわかりません。

20140703_01.jpg

販売されている味蔵さんは、地元、博多の会社さん。
博多駅前1丁目ってバス停の名前のような住所から考えるに、
ものすごく都会のど真ん中にあるんじゃないかと、
勝手に想像しております。

以前も話題としました保存方法は、冷蔵じゃなくて冷暗所保存。
お土産的な商品なので、旅行中、持ち歩くことも想定されるわけで、
冷蔵は厳しいよな、と勝手に商品開発保存法設定経緯を妄想。
旅行中の持ち歩きだと冷暗所保存も厳しくはありますが。

20140703_03.jpg

おいしい召し上がり方。
一般的な生ラーメンの作り方と同様、
麺を茹でて、別にドンブリにスープをお湯で溶いておいて、合わせれば出来上がり。
麺のゆで時間は、固めに1分半。
お好みの固さに応じてゆで時間を調整して下さい、とのこと。
相対性理論によると、
強い重力場にいる方が、弱い重力場に比べ、
時間の進みが遅くなるそうです。
ご参考までに。

20140703_04.jpg

内容物。
生ラーメンタイプには珍しい乾燥かやく(乾燥ネギ)付き。
麺は、九州ラーメンに多く見られる、半生タイプのストレート麺です。

20140703_05.jpg

ゆで時間1分半なので、あっという間に完成。
相対性理論によると、速い速度で移動していると、
それより遅い速度や静止している人からみると、
時間の進みが遅くなるそうですが、
私は特に、時間を調整していません。

と、訳の分からないことを言っていると麺がのびてしまうので、
とっとといただくことにいたしましょう。

はふはふはふ。
おー、スープは見た目にも茶色く、
醤油だれを効かせた本場博多ラーメン風。
トンコツ臭的な匂いも漂い、
本物ちっくなラーメンに仕上がっています。
ちょっと、塩っぱめに感じられますが、
無事、完食に至ることが出来ました。
以上、千葉育ち・埼玉在住・関東人による、
勝手な博多ラーメン報告でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

にしても、商品紹介というか、
つまらないツッコミに字数を割いて、
肝心の食べた感想は、ほんの少しという、
いかに役立たずなブログだということを、
今回、自分で読み直して、
あらためて認識した次第であります。
ホントに申し訳ございません。

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line