【マルタイ】久々の長浜棒ラーメン【博多】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。
霜秋の候、皆さまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます、
なんて、日本人ってなぜか、
暖かいだの寒いだのと気候に関してとか、
晴れたの曇ったのと天気のこととか、
話の取っ掛かりになぜか話題にしたくなる不思議な民族、
てか日本人以外でも同様なのかもしれませんが、
そんな感じで、今月のはじめに出かけて以降、
結局、休みの日も家でゴロゴロしていたワタシ、

20161127_20.jpg

我が家の庭、身近に咲くキクの花で手っ取り早く今の時期を演出しつつ、
晩秋の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

と、季節のご挨拶も無事終えたところで、
いつも通り、季節とは全く関係なくお送りしている全国ラーメン放浪記、
今回、お届けするのはこちら。

20161127_00.jpg

久々、マルタイさんの棒ラーメン、
元祖ラーメン長浜屋協力…って、このラーメン、商品名どう読むの?
マルタイのウェブサイトによると「元祖長浜屋協力・棒ラーメン」なんだそうです。

20161127_01.jpg

カタ麺90秒「豚骨味」棒ラーメン!
細麺の博多ラーメンでゆで時間90秒は、
ちと長いような気もしなくもないのですが、
がっちり乾燥した乾麺、棒ラーメンなので、そんなものでしょうか。

20161127_03.jpg

麺とスープに、更にかやくと紅しょうが添付。
どんぶり型のカップ麺だと、
よく、かやくその他が付いているのを見かけますけど、
他の種類のインスタントラーメン、特に棒ラーメンで付属品があるのは、
ちと珍しい印象です。

20161127_02.jpg

作り方は、超簡単、
麺を茹でてスープを入れりゃあ出来上がり、お鍋ひとつのお気軽調理、
そのまま鍋から直接、食べてしまえば、
独身ぐ~たら食生活も味わうことができたりします。

20161127_04.jpg

と言いつつ、鍋のままではブログ的にも美しくないので、
ここはどんぶりに移し、それなりに具を乗せおしゃれして記念撮影、
お好みの紅しょうがは個人的事情により、お好みじゃないのでパス、
カタ麺がヤワ麺にならないうちに、とっとと頂くことといたしましょう。
ツルツルツルリ。

やや茶色がかった色から想像できる通り、
あまりトンコツぽくない、しょう油タレの風味が強めのスープ、

20161127_05.jpg

そして、懸念された茹で時間1分半でも、
シコシコ歯ごたえもいいストレート麺に仕上がり、
鍋一個で本格ラーメンが食べられるのが、
棒ラーメンの素晴らしいところ、素敵なところ、
やっぱ、とんこつラーメンうまか~!
とインスタントラーメン一個で安上がりに、
身も心もホットにシアワセ気分に浸ることができた、
晩秋のとある休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

さてそんな感じで、季節は鮮やかな紅葉の候、

20161127_21.jpg

遠くに出かけず、身近に我が家の庭木の枯れ葉でも、
アップで撮れば鮮やかな黄葉の時節を演出でき…
なんて思っていたら、

20161127_30.jpg

冷気日ごとに加わる候どころか急転直下、気温急降下、真冬ですよー、
ここは関東平野なのに雪ですよ、
まだ11月なのに雪ですよ、

20161127_31.jpg

それもそこそこ積もってしまって、
これじゃまるで寒気ことのほか厳しき候ですよ、
地球って温暖化しているんじゃなかったの?
勘弁してよ、あたしゃ寒いのが大の苦手なんです、
つーか、ここのところ、
地面は揺れるわ、海はあふれるわ、
挙句の果てに雪は降るわで、
こりゃ地球はもうダメかも知れない、
てなわけでワタクシ、地球に見切りをつけて脱出し、
次回からくじら座タウ星eよりお送りしたいと思いますので、
それまで皆さま、お元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルタイ 博多ラーメン とんこつラーメン

line

【アイランド食品】背脂激辛ストレート【京都風】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

寒くなったり暖かさが戻ったり、
季節が一進一退、行ったり来たりの今の時期、
皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

さて、それはまだ秋半ば、
期待していた紅葉も、まだまだだった11月初頭の晴れた日のこと、
マッターホルンを目指しアルプス縦走に出発、
どうにかこうにか尾根道に取りつき、
休み休みながらもホテホテ楽しく山歩き、

20161120_20.jpg

と言うところまでが前回のあらすじ、

20161120_21.jpg

アザミの花も咲いているよー(^O^)/
なんて山道を楽しみながら、
それなりに軽くアップダウンしたりして、
変化の富んでいた尾根道が終わると、

20161120_22.jpg

杉の林の中、舗装された林道に出て、
今度は単調な登り坂に、精神的にも肉体的にも、
これは飽きるよ、疲れるよー!
なんて弱音を吐いていたのも後から思えばまだ甘かった、
すぐこの後にあんなものが待っていたなんて!
と、更にもったいぶって後半に続く。

そんな感じで、何が目的なのか趣旨がブレブレのこのブログ、
本編はここから、ラーメン作って食べたよーが今回の主旨、
ま、どっか行ったよーってのも、このブログの趣旨の一つなのですが、
ちなみにコナラやクヌギの種子はどんぐりころころどんぷりこ、
そして今回の主題はこちら、

20161120_00.jpg

いつもお世話になっております、アイランド食品銘店伝説シリーズから、
ラーメン来来亭。
特徴的な書体で書かれているので一瞬、
「未来亭」?
なんて読んだりしたくなったりなかったりするのはワタシだけ?

20161120_02.jpg

來來亭さんは、西日本を中心に関東から九州まで、
全国的に店舗展開するチェーン店さん、

20161120_01.jpg

そのルーツは京都・滋賀にある、「京都風」ラーメンなんだそうだけど、
てゆーか、京都ラーメンと言い切らないところに、
何か大人の事情でもあるんじゃないか、
なんて勘ぐってしまうのですが、どうなんでしょう。

20161120_04.jpg

作り方。
特に変わったところはありません。
なので華麗にスルー。

20161120_05.jpg

なのでスルッと出来てしまいました。
アチチのうちに、とっとといただきましょう。
ズルズルズルリ。

パッケージ写真に比べると、随分と茶色いスープ、
ご覧のとおり、背脂がこってり浮いていて、
味も背脂こってりの甘めの醤油スープ、
そして看板に偽りなし!ピリッと辛い!

20161120_06.jpg

麺は細めのストレート麺、
ゆで時間はレシピ指定の2分~2分半の間をとって2分15秒、
でも、ちょっと柔らかめに仕上がってしまいました。

食べ終わり、スープも完飲したどんぶりの底に、
赤いトウガラシの粉が残る程のピリ辛さ、
背脂が皮下脂肪を厚くし、
トウガラシのカプサイシンで体の内側から暖まる、
そんな、これからの季節にピッタシな、防寒対策万全なラーメンでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

前半からの続き。
健脚な方々に追い抜かれながら単調な登り坂を黙々と歩き、
再び林道から別れて登山道、
これがなんと…

20161120_23.jpg

それまでにない急な登り坂っちゅーか、階段!?
写真を見て、これだけじゃん!って思うでしょー、
それが、この階段の上まで登るとその先には、
また同じような風景、同じような急坂、階段が待っているんですよー、
この景色が何回か繰り返され、心が折れます、ぽきりんこ、
もう、足が持ち上がりません、
階段脇の坂を自分の歩幅で登っても、
もう、体を持ち上げられません、
5、6歩あるいては休憩、
4、5歩のぼっては休憩、
ヒーヒー言っていると逆に上から下りてきた人に、
あと、もう少しだよー、
と励まされ、ようやくたどり着きました、

20161120_24.jpg

アルプス一万尺、マッターホルン頂上、標高4,478m!
やったね!この達成感!

20161120_25.jpg

眼下に広がるスイスの街並み、
この辺りでは秩父とも言ったりしますが、
頂上の広場でお弁当を広げて、
いいね!この爽快感!そしてこの解放感!

20161120_26.jpg

ホント、野外でお弁当を食べるのも、たまにはいいもんです、
しばし山頂でくつろいだ後、
登った山は下らなければなりません、
この先、ロープウェイもありますけれど、
せっかく歩いて登ったんだもの、
歩いて下りなきゃ意味がありません、

20161120_27.jpg

帰り道も単調な、ただひたすら下り坂の林道、
下りの方が足に来るよね~、
なんて言いながらトボトボ歩いて駅に到着、
帰宅の途についた、
紅葉にはまだ早かった約1万8千歩の山歩きでした。

そんな感じで、今はこの辺りでも既に秋深く、
と言うか、もう立冬を過ぎているので初冬と言った方が正しいのか、
このまま冬ごもりしてしまうと、体も足腰も再びなまってしまうわけですが、
いつかまた、陽気のいい日には出かけたいなと思いつつ、
また次にお会いするまで、お元気で、
それでは皆さま、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : アイランド食品 銘店伝説 京風ラーメン

line

【マルちゃん】やっぱりマー油がおいしい【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

さて、前回の記事の最後にも、チラッと触れましたが、

20161113_20.jpg

今月、11月のあたまに、日頃の運動不足を解消すべく、
アルプス縦走の山歩きに出かけてまいりました。
アルプスと言えば、目指すはもちろんマッターホルン、
は、ちょっと遠いので、その手前の宝登山、
ちなみに宝登山と書いて、「ほどさん」と読んだりします。

20161113_21.jpg

登山口からいきなりこんな感じの、上り坂の山道、
ハイキングという響きから、
丘ぁ~を越ぉ~え~、行こ~ぉよ~♪
って、これは「ピクニック」って歌でしたっけ、
いずれにせよ、そんな甘い浮かれ気分をしょっぱなから吹き飛ばす、
アルプス山歩きの始まりだったのでした。
後半に続く。

さて、そんな話の前置きとは全く関係なく、
毎度お送りしております日本全国ラーメン春夏冬中、
今回ご紹介するのは、全国区、マルちゃんからこちらの製品、

20161113_00.jpg

九州ガラ炊き黒とんこつ熊本!
このガラの悪そうな、金ぴかブラックな面構えが素敵です。
ヤンキースのマー君から搾り取り濃縮した黒マー油、
男の匂いが香り立ちそうですね。

20161113_01.jpg

って、あ!
マー油ってローストガーリックの香りなんですね、
こりゃまた失礼いたしやしたっ!(*ノω・*)テヘ

20161113_02.jpg

液体スープとマー油は一体型別袋、
スープと油を分けるのは、
風味を維持するとかなんか技術的理由があるのでしょう、
多分。

20161113_03.jpg

作り方。
インスタントラーメンって言うと、
麺を茹でて、そこに直接、スープを投入して出来上がり!
って、何でもかんでもそう思っちゃう方も、
もしかしたら中にはいらっしゃるかも知れませんけど、
ちっちっち、生麺タイプは違います。
その点、この作り方の表示法は秀逸、
麺は麺、スープはスープと二段に分け、
同時並行的に別々に作るんだということを分かりやすく示しています。
生麺は湯切りがポイント、
麺を茹でたお湯は捨てて、しっかり湯切りしてスープと合わせましょう。

20161113_04.jpg

ビシッビシッビシッと、ざるを振ってお湯を切り、
スープに麺をぽちょんと入れて、ほ~ら完成、
乳白色のとんこつスープにこげ茶色のマー油のコンビネーションも素敵、
のびないうちにとっとと頂きましょう。
ハムハムハム。

おーっとコレはっΣ(゚Д゚)
マー君の汗の匂いが鼻腔をくすぐり、
じゃなくて焦がしニンニクの匂い、マー油が香ばしく、
とんこつスープと相まって、こりゃ最高!

20161113_05.jpg

麺は中細のストレート麺、
レシピ指定のゆで時間2分だと、やや柔らかめ、
九州ラーメンはパッツンぱっつんの固めが美味しいけれど、
それでも熊本ラーメン、やっぱ旨いですよ、
ラーメンを一つだけ選べと言われたら、
間違いなしに熊本ラーメン、
あ~でも、これからの季節、ポカポカ暖まる味噌ラーメンも捨てがたいし、
出汁の味が直に伝わる塩ラーメンもいいし、
もちろん、ラーメンと言ったら元祖醤油ラーメンも美味しいし、
悩みが尽きない、そんなまだ秋浅かった頃の休日、
昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

前半の続き。
「山の登り口」と書いて登山口、
そりゃそうだよね、いきなりの登り坂も当然のこと、

20161113_22.jpg

11月のあたま、期待していた紅葉にはまだ早かった、
そんな山の中をよっこらしょ、ヨッコイショ、
実はワタクシ、ラーメン食べてはこんなブログを書いておりますけれど、
普段は健康上の理由から、
あ、勘違いしないで下さいね、
あ・く・ま・で・健康上の理由から、
糖質制限、
ってほどのものじゃなく、糖質控えめ程度の食生活を送っておりまして、
しかし、こういう時は糖分不足だとダメですね、
体が動かなくなるし、ちょっとクラクラする気もしないでもないしで、
この時ばかりは砂糖入りの飴やチョコレートを口にしながら、
はぁ、ドッコラショのヨッコイショと休み休み登り坂、

20161113_23.jpg

それでも尾根道まで登ってしまえばアップダウンも楽になり、
日差しが少しだけ差し込む林の中、
歩いていても暑くもなく、寒くもなく、
途中、度々止まっては意味もなくキノコの写真を撮ったり、

20161113_24.jpg

秋なのにツツジが咲いているよー(^O^)/
なんて多少、余裕も見えてきたこの辺り、
でも、まさか、この後、あんなことが待っていたなんて、
この時はつゆほども知らず、
と言うところで紙面もつきました、
ってデジタルで何を言っているの?って感じですが、
もったいぶって、またの続きで、
それまで皆さま、お元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 熊本ラーメン とんこつラーメン

line

【日の出製麺】日曜の憂鬱味噌ラーメン【札幌】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、三日月と宵の明星のコラボです。

20161106_40.jpg

ってホント、ワケの分からない写真でスミマセン。
そもそもショボい写真を、更にブログサイズに縮小してしまったので、
全くもってショボショボになってしまいました(´・ω・`)。
右上は、ま、見ての通りの三日月ですが、
左下のノイズのような微妙な白い点、こちらが金星でございます。
秋も深まり空気も澄んで、夜空の星も綺麗に見えるようになったね、
って話にオチをつけようとしていたのですが、
その意図だけ汲んでいただき、
皆さま、いかが秋の夜長に星を眺めていらっしゃるでしょうか。

さて、今回取り上げるのは超長寿国民的総天然色動画の登場人物、
歳の離れた姉は嫁に行ったのに、旦那・息子と一緒に実家に転がり込み、
妹は、頭は後ろ刈り上げ、前おかっぱ、おしりはパンツ丸出しの、
そう、皆さまご存知、

20161106_00.jpg

いそのかづお。
ワタシが生まれた時には、既に小学5年生、
しかし留年に留年を重ね、
ワタシが5年生になっても、まだ5年生、
ワタシが大人になっても、5年生だったかづおくん、
それがここ◯十年、ワタシが全く見ていなかった間に大人になって、
修行して札幌にお店を開いたようです。

20161106_01.jpg


で、今の時代、便利な世の中になりましたよね~、
ちょちょっとネットでお店を調べたら、
いそのかづおくんち、
「札幌ブラック」なる醤油ラーメンが有名なんだとのこと、
しかし今回は、無難に札幌味噌ラーメンっつーことでお願いします。

20161106_02.jpg

そんなかづおくんちのラーメンをインスタント界でエミュレートしているのは、
函館にある日の出製麺さん。
昔、函館から札幌に移動するのに、随分と遠かった記憶がありますが、
その辺の話は、今回は触れずに置いておきましょう。

20161106_03.jpg

はい、いつもの中身です。
スープの袋にもしっかり「いそのかづお」と名前が書いてあります。
そういや小学生や中学生の時、
靴下やパンツにも名前が書いてあった奴っていたよね~。

20161106_04.jpg

はい、いつもの作り方です。
毎度思うところですが、
「おいしい召し上がり方」ってどこか違和感を感じざるを得ないんですよね~、
作り方や調理方法と召し上がり方ってのは違うと思うんですよね~、
そもそもラーメンの召し上がり方ってーのは、
利き手に箸を持って反対側の手でどんぶりを持ち、あるいは支え、
箸で適量の麺をすくい上げ、
口から呼気を麺にフーフー吹きかけて、麺の温度を適温にした後、
麺を口に運び咀嚼し(以下略)

20161106_05.jpg

などと酔っぱらいオヤジが御託を並べているうちに完成してしまいました。
かづおくんも、すっかりオヤジになってしまいましたねー。
酔いが冷めないうちに、じゃなくてラーメンが冷めないうちに、
とっとといただきましょう。
ウィー、ひっく、ズルズル。

お~っとこれは!
後ろから目隠しされて、「だーれだ?」と聞かれても、
「味噌ラーメン!」って即答できるような、
昔ながらの、昔懐かしい、昔から変わらない記憶に残っている味噌の味、
辛くも、塩っぱくもない優しい味のスープです。

20161106_06.jpg

やや太めの縮れ麺も、昔の雰囲気たっぷり、
もちもちした食感も美味しさを倍増、

20161106_07.jpg

固すぎず、軟らかすぎず、
ちょうど良くトロ~リ半熟卵も大成功、
国民的アニメのエンディングを聞くと、
がっくり憂鬱になる日曜日、
でもしばし、そんなことも忘れて身も心も温まった、
そんな秋の、まだ昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

って、え?
波平さんって54才だったのΣ(゚Д゚)!
……………
………


カップ麺・カップラーメン
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

さて、皆さまの中には覚えておられる方もいらっしゃるかと思いますが、
ワタクシ、先々月、京都・滋賀にて歩け歩けの強行旅をしてまいりました。
気持ちだけは若いつもりだったワタクシ、
しかし実際には、思っていた以上に実際の足腰が弱っていたことが判明、
普段、全くと言っていいほど体を動かしていなかったことを反省し、
幸い、山歩きへのアクセスが良いご近所に住んでいるワタクシ、
行ってきました、足腰を鍛えに身近なところへ、

20161106_31.jpg

アルプス縦走!

まだ紅葉には少し早めの山、
秋の木漏れ日注ぐ中に、脳天気に一歩を踏み出したワタクシ、

20161106_32.jpg

はてさてこの後、どんな苦難が待っていたのかはまたの続きで、
それまで皆さま、お変りなくお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 日の出製麺 味噌ラーメン 札幌ラーメン

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line