日清の逆襲【夏限定焼きそば】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、チョウトンボです。

20170730_20.jpg

トンボの存在を超越した超トンボ、
じゃなくて、ちょうちょに似ているから蝶トンボと呼ばれているワタシです。
いっときの、人の体温近い猛暑は一息つき、
梅雨時に戻ったような小雨降る我が家地方です、
そのせいで湿度が高くて蒸し蒸しムシムシ、
虫じゃなくても蒸し暑いです、
そこに薄日でも差した日にゃ、水も飲まずにこうしてフラフラ飛んでいると、
どこからか、あれ?死んだお袋の声が聞こえる?

20170730_21.jpg

ん?あそこに花が?
あれに咲くのは蓮の花??
つーことは、
おらは死んじまっただ~?
と言うことで、ここは極楽浄土、
ナンマイダー、ナンマイダー、
一枚だー、にーまいだー、
親父!今何時でぃ?
9つ時でぃ!
十枚だー、十一枚だー、

20170730_22.jpg

って、頭の中が混沌、錯乱、
あの世とこの世が交錯し、
念仏に時そばが混ざってしまう暑さの下、

20170730_23.jpg

おらは生き返っただ~♪
ふと我に返れば、
こんな絶妙齢のお姉さまも、
誰も彼もがカメラを構える蓮の花、

20170730_24.jpg

そんな清楚可憐な花の姿で、
少しはあの世の涼しさを感じていただけましたでしょうか、
などと暑さで自分でも何を言っているんだか、わけわかりません。

さて、話はここからが本題、
毎度お送りしております、世界の麺ロード、
三食入り焼きそばと言えば不動のマルちゃん、
先日、その夏限定焼きそばをご紹介したところではございますが、
だまっちゃいられないのは即席麺業界の雄、日清さん、
マルちゃん焼きそばの牙城に挑まんと、
送り出した刺客がこちら。

20170730_00.jpg

日清の太麺焼そば夏限定ミーゴレン、
ミーアカレン、ミーアオレン、ミーキレン、ミーモモレン、ミーミドレン、
五人揃ってミーゴレンジャー!

20170730_02.jpg

エシャロット香る、
ミーゴレン!

20170730_01.jpg

南米の国、チリの辛みだ、アミーゴ、
ミーゴレン!

20170730_03.jpg

って全然、違いました。
国のチリじゃなくてチリソースのチリ、
それも東南アジア、インドネシアの焼きそばだったのね、
さっきから写真に写り込んでいるメキシカンなキミ、
いずれにしても、ちょっと場違いだったね、残念だったね。

20170730_04.jpg

中身はこんな感じで、すっかり日本の焼きそば、
和の風景。
マルちゃんの焼きそばと言えば3食入りだけど、
こちら日清さんは、ちょっとお上品に2食入り。

20170730_05.jpg

太麺と言っても、直径1cmとか10cmとか、
驚くほど太くはありませんので悪しからず。

20170730_06.jpg

作り方。
それはまったくもってインドネシアンじゃありません、
皆さまご存知の、ジャパニーズ焼きそばの作り方そのもの。
フライパンひとつのお手軽調理で、

20170730_07.jpg

はい、完成。
なのでとっとといただいちゃうことにいたします、
もぐもぐもぐ。

ほほ~ん、
甘みのある…って、ん?
辛い!
甘くて…辛い!
ひとことで言うと、甘辛い!
看板に偽りなしの甘辛さ、
そんなインドネシアン、ミーゴレン焼きそば、
焼きそばに入れる肉と言えば豚肉が定番、
しかしここは、レシピ指定の鶏肉が甘辛い味によく似合う、
って本場では宗教上の理由により、
鶏肉を使っているそうです、らしいです。

20170730_08.jpg

麺は太麺の名に恥じぬ、もちもちの麺、
目玉焼きも焼きそばによく合うよね、
そんなことも思った、
それはまだ梅雨明け直前の、
熱帯に負けず劣らずの暑さで意識混濁する中で、
食べた焼きそばのかすかな思い出でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、
その極楽浄土のある公園を歩いていると、
こんな花も咲いていたんですよ。

20170730_25.jpg

園芸をたしなんでいる方はもちろん、
そうでない方でも、
見覚えのある形の花だと思いますが、
この花、何の花?
ジャガイモの花?
ナスの花?
ワタシもつい最近、知人のブログで知ったのですけど、
これ、
ワルナスビという草の花なんだそうで、

20170730_26.jpg

葉っぱの裏や茎をトゲトゲで武装し、
なんと全体に毒まで含む、
悪は悪でも相当ワルなナスビなんだとか。

20170730_27.jpg

ワタシはハナアブ。
ハチに似ているけど、毒はありません、ワルじゃありません、
静かに花の蜜をなめてるだけです、
邪魔者扱いしないでください、
そんな7月の終わり、
北国、高山を除く日本列島、夏はまだまだ続きます、
甘い蜜ばかりじゃなく、
ちゃんときちんと水分補給して涼んでください、
そうじゃないと意識混濁どころじゃ済まないですよ、
熱中症は怖いですよ、
本当に死にますよ、
と言うところで、本日はここまで、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 日清 焼きそば 夏季限定 ミーゴレン

line

【群馬高崎】こってりたっぷりラーメン【承太郎】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

あー、あー、
本日は晴天なり、本日は晴天なり、
マイクテス、マイクテス、
あ、あー、
えっ!あ、もう梅雨明けていたの?
あ、うん、あれ?あっ!
もう今週のブログ、始まってるの?
あ、あ、どうも(`・ω・´)ゞ、庭のカエルです。

20170723_20.jpg

皆さん、暑いですか?
暑いですよね、
絶対、暑いでしょ!
つーことで、暑中見舞い申し上げます。
あ、ワタシ?
ワタシは素っぱだかのすっぽんぽん、
まっぱゴーゴーゴーで日陰にじっとしていれば、
ぜーんぜん暑くありませんよ~、
というところで唐突ですが、ここで問題。

20170723_22.jpg

これ、な~んだ?
答えは後半で。

で、今週のブログも始まってしまったのですが、
しまったのですが、
ですが、
が、
……
はい、スミマセン、夏枯れです、ネタがありません、
普段、お家deラーメン派を自認しているワタクシめ、
滅多に外でラーメンを食べることがありません、
んが、しかーし、
このちょうどネタ切れしたタイミングで、
ラーメン屋さんに入ったんですよ、
なのでラッキーっちゅーことで、食したお外deラーメンがこちら。

20170723_00.jpg

上州高崎は麺屋承太郎さんの、山盛りラーメン承太郎レギュラーサイズ。
何が山盛りかって、この角度だと分かりづらいですけど、
麺の上にモヤシが山盛り、
そして頂上にはゆでキャベツがちょこんと鎮座ましまし、
チャーシュー代わりに厚い豚肉が乗っかって、
これが二郎系って言うものなのか、
飛びます飛びます、
って、それは二郎さん、
しかし、モヤシが食べても食べても減りやせぬ、
でも背脂たっぷり、
甘みのある醤油とも味噌ともつかぬこってりスープを、
さっぱりゆでモヤシがうまく中和してくれて意外とイケます、
しつこくなく食べられます、

20170723_01.jpg

もっちりもちもち太麺も味わい深く、
こってりしていても箸が進みます、
平日の昼食、
この後、人と会う予定があったので、
ニンニク抜きにしてもらい、
というか、店の人の方からニンニクをどうするか、
聞いてくださった、優しい心遣い、
だかしかし、
このこってりスープだったらニンニクも良く合っただろうなぁ、
次はニンニクを気にせず食べたいなぁ、
そんなことを思った梅雨明け前の猛暑日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。
あ、承太郎って名前は「ジョジョの奇妙な冒険」からとっているそうですけど、
ワタシは漫画もアニメも見ていないので、なんともはや。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

で、これだけっつーのもなんなので、
あれですよ、
この間も、お家deラーメン、食べてたんですよ、

20170723_10.jpg

ほら、これ、
毎度、飽きることなく熊本ラーメン、
黒亭、
でも、これね、
以前、一度紹介したことあるし、

20170723_11.jpg

かと言って、
こっち地方じゃ、そう簡単に手に入るラーメンではないので、
没ネタ、オクラ入りにするのももったいないし、

20170723_12.jpg

なんといっても、この黒々とした、
焦げの匂いが香ばしい黒マー油、
いつ何度食べても美味しいし、

20170723_13.jpg

今回はゆで時間1分45秒でもパツパツの麺が、
これまためっちゃ美味しいし、
てな感じで本日の夏枯れ企画、
サクッとラーメンネタ二本立てでお送りしました。
あ、お外deラーメンとお家deラーメンは、
食べたのは別々の日ですので、
お間違いなく。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで、最初の問題の答え。

20170723_23.jpg

我が家の日除け、
グリーンカーテンの、キュウリのトゲトゲでしたー。
キュウリのトゲってあれなんですねー、
アップで見ると水みたいな露が出ているんですねー、
それにしても今の時期のキュウリくん、
今日じゃなくて明日、収穫しようかしらん、
なーんて取るのを先延ばししていると、
一日のうちにみるみる成長、
あっちゅーまに30cm超えの尺キュウリの出来上がり、
それも今の時期、次から次へと収穫できて、
毎日まいにち、キュウリを食べ続ける日々、
こんなに体が緑色になってしまいました、
ウソです、カエルはキュウリ、食べません、

20170723_24.jpg

というところで、ここも暑くなってきたので、
も少し涼しいところに移動します、
じゃ、後は夜露死苦。

20170723_21.jpg

え゛っ!
あ゛っ!


20170723_25.jpg

保護色で隠れて気づかれないようにしていたのに、
急に話を振られてビックリのカマキリでございます、
皆さま、お暑うございます、
暑中お見舞い申し上げますでございます、
あ、ちなみにワタシも、
キュウリを食べて体が緑色になったわけではございません、
そんなわけで、次回はちゃんと、
いつも通りの麺の話をお送りする予定でございます、
しかし、予定ではラーメンじゃなくて他の麺をお送りするとかなんとかどうとか、
刮目せずにお待ち下さいませ、
それでは皆さま、次にお会いするまでお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 麺屋承太郎 とんこつラーメン 黒亭

line

【日の出製粉】夏だ昭和だラーメンだ!【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

おーい、梅雨はどこへ行ったーっ、
と言うことで我が家の庭も夏模様、

20170716_21.jpg

ドンとなった花火だ、きれいだな~♪
みたいな花のアガパンサスも涼しげに、

そして、
いーまではゆびーわもー、まーわるほどー♪

20170716_20.jpg

って、ゴメンナサイねー、
昭和の終盤以降に生まれた方々には、
ホント、分かりづらいネタで、
でも不思議と夏、それもお盆近くになると、
特集される懐かしのメロディ、
つーことで、ちょっと先取りしてお送りする、
今週の昭和臭濃く漂うラーメンはこちら。

20170716_00.jpg

その名も大胆に「本場ラーメン」!
何をもって本場と言うのか、
本場の根拠もクソもありゃしない、
名乗った勝ちのラーメンです。

レトロ感満載の全体像もさることながら、

20170716_01.jpg

即席中華だとか、

20170716_02.jpg

お一人前だとか、

20170716_03.jpg

完全調味だとか、
分かったような分かんないような単語が散りばめられ、
より高度成長期の昭和的な、チープな雰囲気を高めています。

20170716_04.jpg

製造は熊本の日の出製粉さん。
日の出製粉さんと言えば、そう!
かの有名なロン龍ラーメンの製造元、
このブログでも一度、食べたことがありますので、
お時間がございましたら、
そちらもお目通しいただければ幸いです。

20170716_07.jpg

中身はこんな感じ。
スープが粉末と液体(油)の2つに分かれていて、
レトロな中にも先進技術が取り入れられています。

20170716_08.jpg

麺は、それはそれは見事なまでにまっすぐストレート、
工事現場に並べられた鉄パイプのような景観、
これぞ棒ラーメンって感じです。

20170716_05.jpg

調理方法。
お鍋ひとつで作れちゃう、
インスタントラーメンお馴染みの作り方。
今どきのインスタントラーメンは、
火を止めてからスープの素を入れるものが多い中で、
こちらはスープの素を入れてから火を止めるタイプ。
そういや、昔はその方が多かった気がしないでもないようなあるような。

さらに、ラーメンスープの素の、ラーメン以外への利用方法もご紹介。
焼きそばに八宝菜、果てはすき焼き、中華天のころもまで、
幅広く応用できるウルトラスーパー超調味料です。
てか、中華天ってワタシ的に聞き慣れないお料理なんですけど。
それ以前に、ラーメンスープを他の料理に使っちゃって、
麺の方はどうやって食べるのか、考えること小一時間。

20170716_06.jpg

それだけにとどまらない、食べ方講座、
淡口ラーメンに冷やしラーメン、
両方合わせて端麗辛口ラーメン、
かどうかは別にして、
どちらも結構、凝った作り方。
で、そうそう、おすすめトッピングのハム、
昔々、時は昭和元禄、
家庭でチャーシュー食べるなんて滅多になかったですよ、
チャーシューに似せて乗せるなら、
見た目そっくり丸い平べったいハムですよ、
下手すりゃ、町の大衆食堂でもラーメン頼むと、
ハムが乗ってきたりしたもんですよ、
ま、ワタシの生まれ育った実家では、
ハムですらなく、豚こま肉を一緒に煮込んでいましたけどね。

20170716_09.jpg

こんにちは~、こんにちは~、西ぃ~の~国からぁ~♪
そんなオイルショック以前の天下太平を、
懐かしんでいるうちに完成、
でも今は平成の御代、
なので一般家庭の我が家でも、
チャーシューを普通に乗せちゃいました、
そんな感じで、では、お先に失礼していたたきます、
ふぐふぐふぐ。

ん、これは、
ふっと鼻をくすぐる食欲増すゴマ油の香り、
そしてスープはこのまま普通の作り方でも、
淡麗薄口あっさりとんこつ味、

20170716_10.jpg

麺はゆで時間3分でもパッツンパツン、
良い歯ざわり、のどごし爽やか、
そうか、これが本場のラーメン、
昭和のラーメンかー、
なんつって、
関東で生まれ、関東で育ったワタシ、
とんこつラーメンも、
棒ラーメンも、
幼少期に馴染みはございません、
かつての我が家はインスタントラーメンと言えばサッポロ一番派、
それも最も古いインスタントラーメンの記憶は、
タンメン、タンメン、長崎タンメン、
塩味、い~味、いかす味ぃ~♪
って思いだしたら、
そのCMソングが頭から離れなくなってしまった、
そんな梅雨の季節の日曜日でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、南から徐々に梅雨が明けている日本列島、
我が家辺りでも梅雨明け前から真夏のような暑さが続いておりまして、

20170716_22.jpg

そろそろこちらの花も時期が終わり、
と言うことで、もう花の盛りは過ぎていましたけど行ってきました、
あ、今回は車に乗って出かけてきましたよ、

20170716_23.jpg

高速道路のすぐ脇にある、
あじさいのお寺、
スミマセン、飽きずに続けて今週もあじさいです。

20170716_26.jpg

お寺の裏山には、
ご住職が手植えしたあじさいがそこここに、

20170716_24.jpg

花によっては、まだまだ見頃、

20170716_25.jpg

色を鮮やかに保っている花もたくさん残っていて、

20170716_27.jpg

花のピークは過ぎているので、
参拝客も少なく、
ゆったりのんびり散策することができました。

20170716_28.jpg

まだまだ夏はこれからが本番、
暑さに負けぬよう、
また会う日までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 棒ラーメン とんこつラーメン 日の出製粉 本場ラーメン

line

【越後屋】越後による越後のラーメン【新潟】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。
この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

どうも(`・ω・´)ゞ、僕、バッタの赤ちゃんでち。

20170709_20.jpg

前回のカエルとか、
その前のカマキリとか、
僕の命を狙う輩が身の回りにうようよしているでち。
でも僕は健気に頑張って生きているでち。

20170709_21.jpg

さて、そんなところで今回も始まりました『ヒッキーのハイキングブログ』、
飽きもせず先週と同じところにまたまた続けていってきたでち。

20170709_22.jpg

先週は、山を北から登って和同開珎側に下りたのでちが、
今回は南側、和同開珎側から登り始めたでち。

20170709_23.jpg

先週、おりた道を逆に登って行くでち。
おりた時、急な坂道だなぁなんて思ってたでちけど、
やっぱり思った通り急な坂道を今度は登るでち。
この日は梅雨の晴れ間ってこともあって、
暑くてムシムシしていて、
前日の雨で足元は滑りやすくて、
いつも以上にハーハーヒーヒー言いながら登ったでち。

20170709_24.jpg

んで、ハーハーヒーヒー頂上に到着でち。
山と言っても500m級の小山、
でも日頃インドア、お家ダイスキー、ゴロゴロしてるワタチ、
普段、本格的に山登りされている方には笑われるかもしれないけど、
これでも充分、ハードなんでちよー。
というところで、どっか行った編は後半に続く。

そして、ここからがなんか食べたり編、
いつもお送りしております、ラーメン山あり谷あり、
今週のラーメンは、こちら。

20170709_00.jpg

新潟あっさり醤油らーめん。
新潟と言えば越後、越後と言えば越後屋、
もちろん、このラーメンも本ブログではお馴染みの越後屋重兵衛さん販売、
そして越後屋と言えば、

20170709_01.jpg

越後屋「お代官様~、今日はこちらを是非、お納めを~。」
代官「越後屋、そちも悪よのう~、賄賂か~?、
  ってそれは、贈賄の罪じゃぞ!はりつけ獄門じゃぞ!
  今回の民の審判、拙者の緩みに対する厳しい叱咤と受け止め、深く反省し、
  これからは良い代官として民のために働こうという所存…」

20170709_02.jpg

「あ、いやいやいや、その、あの、
  こ、この度、町おこし、国おこしのため、ご当地ラーメンをですね、

20170709_03.jpg

  らーめん たかみち殿たちの監修のもと作りましたゆえ、
  是非、お代官様にお毒味、じゃなかった、お味見をと思いましてでございます。」
「なるほど、そう言うことであれば、あいわかった。
  それでは早速、いただこうじゃないか。」

20170709_04.jpg

「あ、でもその前に、周りに羽織っているものをスルスルと~。」
「あ~れ~」
「良いではないか、良いではないか~。」
「これこれこれ、越後屋っ!
  強制えっちの罪で、市中引き回しはりつけ火炙り獄門じゃぞー!」
「あ、あ、いやいやいや、
  お代官様にも中身をご確認いただきたく、
  この通り、越後屋重兵衛お得意のストレート麺に、
  スープ付きのシンプル構成となっておりますでございます。」

20170709_05.jpg

「作り方も、鍋ひとつのシンプル簡単設計、
  ただ麺がカチカチに乾燥した乾麺ゆえ、茹でるのに5分間、
  しばしお時間を頂きとうございますです。」
「あいわかった、
  拙者も良い代官として、初心に立ち返り、高い緊張感を持って、
  5分間、待つこととしよう。」

20170709_06.jpg

「お代官様、出来ましてございます。」
「おおっ、それでは伸びないうちに早々にいただくこととしよう、
  チュルチュルチュルルン。」

「うむ、煮干しダシの香り高いスープ、
  塩ラーメンのような感覚の、その名に恥じぬあっさりとした醤油ラーメン」

20170709_07.jpg

「麺は越後屋、いつものおぬしの麺、
  九州ラーメンに比べれば、やや太めのストレート麺は、
  5分ゆでてもツルツル、シコシコ、
  これは美味い、
  これぞ越後のラーメン、
  政(まつりごと)にいっときの停滞も許されない、
  内外に課題が山積する中、より一層身を引き締め、
  反省すべきは反省し、謙虚に、
  しかし、改革すべきことについては大胆に、政を前に進めて…」
と良いのか悪いのか分からない代官の熱弁も耳に入らない、
そんな暑さも増しだしたとある休日の昼時でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、どっか行った編後編、

20170709_25.jpg

先週に比べると空気も澄んで、
秩父の武甲山もよく見える山の上、

20170709_26.jpg

お昼を食べて、目的の二週連続天空のあじさいでち。
先週はいまいちだったあじさいたちも、

20170709_27.jpg

パチパチ火花舞う、線香花火のようなガクアジサイや、

20170709_28.jpg

微妙な色の違いを競っていたり、

20170709_29.jpg

今週は様々な色の花が咲き誇る山の上、
でもね、この場所と言い、
以前訪れた天空のポピー畑と言い、
実は車やバスでも登ってこれるんでちけど、
歩くことに意義がある!
ちーことで、
登っている時はヒーヒー辛いのでちが、
帰ってくるとまた、どっか行きたくなる、
でも2週続けてお出かけしたら、
我が家の庭の草木もボーボーになっちゃったので、
僕の住むお庭の手入れとかで、
しばし一日かけてのお出かけはお休みします。
あ、今回のこの時、
最後の駅の近くで暑さにフーフー言っていたら、
冷たい缶ココアを持って家から出てきて下さった方、
疲れた体に冷たい甘いものが染み渡りました、
大変ありがとうございました、ごちそうさまでした。
それては皆さん、
次に会うまでお元気で。
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : 越後屋重兵衛 新潟ラーメン 醤油ラーメン

line

【マルちゃん】今年の夏はBBQ味【焼きそば】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

どうも(`・ω・´)ゞ、ご無沙汰しておりました、
カエルです。

20170702_20.jpg

この梅雨時の湿気がねっとりまとわりつく、
カエルの皮膚には心地よい季節、
そんな中、また性懲りもなく山歩き、

20170702_21.jpg

梅雨の中休みの薄日が差すある日、
でも山の中は深緑が日をさえぎり、
木々の間から頬をなでる風は心地よく、
……ない!

20170702_22.jpg

早々に汗だく、上に羽織っていた薄手のヤッケを脱ぎ捨てて、
あ、ウソです、捨ててません、脱いでリュックに入れました、
そして、ホタルブクロの咲く脇を抜け、

20170702_23.jpg

この日はこちらの、超妙齢のお姉さま方4人組と抜きつ抜かれつ、
何だ坂、こんな坂歩いてめざしたのは、

20170702_26.jpg

あじさい咲く、山の上、
と言うところで後半に続く。

さて、ここからが本題、メインディッシュ、
四季のめん探訪、
今年の夏、お送りするのは、

20170702_00.jpg

サッポロポテト!
じゃなかった、
マルちゃんの焼きそば、バーベーキュー味!

20170702_01.jpg

今年の夏限定焼きそばです。

マルちゃんの夏限定焼きそばと言えば、
 ◆2014年 カレー焼きそば
 ◆2015年 カレー味
 ◆2016年 シーフードカレー味
と、少なくとも過去3年、カレー味を貫いてきたのに、
今年は方針転換、バーベーキュー味、

20170702_02.jpg

ま、確かにね、
夏となればキャンプ場とか、
ちょっとした河原とか海辺とか、
そこここかしこでバーベーキュー、
夏の定番ですけどね。

20170702_04.jpg

中身はもう、皆さま見慣れた見飽きた三食入り焼きそば、
まさにそのもの、
何の説明も必要ないですよね。

20170702_03.jpg

作り方も、特筆すべき点はございません、
これまた皆さま、作り慣れたいつもの方法で、
ちゃちゃっと炒めて作っちゃって下さい、おながいします。

20170702_05.jpg

で、ちゃちゃっと出来たのがこちら。
やっぱりバーベーキューは熱々のうちに、
フーフー言いながら食べるのが良いですよね、
つーことで、とっとといただきましょう、
フーフーフー。

おー、これぞバーベーキューソースというか、
焼き肉のタレというか、
甘くて喉にヒリヒリ辛い、
醤油のような香辛料のきいた味、
でも、飽きずに最後まで食べ続けられる味、

20170702_06.jpg

具材もバーベーキューだから、
ピーマンでも、イカでも、ホタテでも、
ジューシーなかたまり肉でもなんでもOK、
もちろん、本当にバーベーキューしながら、
アウトドアでシメの焼きそばにも最適、
そんなことを思った、
とある梅雨の日曜日でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、前半から続いて本当のアウトドアの話。

20170702_27.jpg

たどり着いたのは、秩父の街並みが見下ろせる、
山の上の広い公園、

20170702_25.jpg

リュックを下ろすと、背中の当たる部分が汗でびっしょびしょ、
昼食をとって、しばし休憩して、

20170702_28.jpg

帰りは、
小型のカンガルー、
って、それはワラビー、
じゃなくてワラビの生える急坂を下りて、

20170702_29.jpg

その昔、
和同開珎を作るための銅を採掘したところに寄り道して、

20170702_30.jpg

帰宅の途についたのでありましたとさ。
で、性懲りもなく、
この一週間後にまた、同じところに向かったのは、
またの機会に、
そんなハイキングと焼きそば、
どっちが本題か訳わからないブログも今日はこれまで、
次にお目にかかるまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 バーベキュー

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line