夏だアチチーだパクチーだ【ベトナム】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

ミーン、ミンミン、ミー、
どうも(`・ω・´)ゞ、セミです。

20170813_20.jpg

はい、しょっぱなから嘘をつきました。
ワタシ、アブラゼミなのでミンミン鳴きません。
ついでに言うとワタシ、メスなのでそもそも鳴きません。
そんな暦の上では秋なのに、
残暑お見舞い申し上げる夏真っ盛り、
今日はお盆の入り、迎え盆、
そして先日は国民の祝日、山の日だったので、
他に大したネタもないし前回の山歩きの話の続きなどつらつらと。

20170813_21.jpg

小雨降る中、2時間歩いてたどり着いた山奥のちょっと開けたところ、
そこでお昼休みにしたところまでが前回の話、
空気を読んだ雨も小休止していたので安いビニールカッパを脱いでみたら、
雨の当たる外側より内側の方が濡れていてびっしょびしょ、
やっぱ山で着るカッパは通気性のいいモノがいいよね、そりゃそうだよね。

20170813_27.jpg

休憩すること小一時間、
食料と水分を補給し、歩いてきたトロッコ道を折り返し再び歩き出せば、

20170813_22.jpg

足元の枕木に犬釘発見!
ってどこの鉄道マニアだよ、ブラタモリかよ、
そんなところで今回も後半に続く。

さて本日も、南国麺探求ツアーにご参加いただき、
誠に、まこーとにありがとうございます。
今回、皆さまをご案内するのはこちらの豪華2本立て、

20170813_00.jpg

パクチーラーメン、あーんど、パクチー焼きそば!
まずはこちら、パクチーラーメン、

20170813_01.jpg

こりゃなんだー、コリアンダー、
ワタシ、つい最近まで、
パクチーとコリアンダーが同じものだと知りませんでした、
傘をかぶった美人がこちらを向いて微笑んでいて、
ちょっと照れるじゃありませんか、てへへ(*ノω・*)テヘ。

20170813_02.jpg

なんてひっくり返っている場合じゃありません、
こちらの品はメイド・イン・ベトナム、
漢字で書くと越南製、

20170813_05.jpg

原産国はベトナム、
ついにこのブログもベトナムまで進出、
思えば遠くへ来たもんだ、しみじみ。

20170813_04.jpg

正式名称「Ngon Lam Vietnam」、
ンゴ…グォ…ラム…ベトナム??
グーグル先生に訳してもらったら、
「おいしいベトナム」なんだって、それどうなのよ?
日本語表記は「パクチーラーメン(袋)」、
この(袋)が、どこかなんだか気になります。

20170813_06.jpg

で、こちらはパクチー焼きそば、
ベトナム語表記はこりゃなんだー焼きそば、
じゃなくてコリアンダー焼きそば(グーグル先生訳)、

20170813_07.jpg

「パクチー好きも、うなる!」ってどんな焼きそばよ、
食べてうなされたらどうすんのよ、
責任者、出てこーい!
って、あ、ワタシ、クレーマーじゃないですよ、
うなされるんじゃなくて、うなるんですからね、
うーん、マンダム。

20170813_08.jpg

で、焼きそばも間違いなく原産国マンダム、
じゃなかった、間違えた、原産国ベトナムです。

20170813_10.jpg

中身を見せて、タネも仕掛けもございません、
っつーことで、こっちがラーメン、

20170813_11.jpg

でもって、こっちが焼きそば、
これ、両方を下に落っことして、
コロコロ転がってあっちこっちに行っちゃったら、
どっちがラーメンで、どっちが焼きそばなのか、
確実に分からなくなると思います、絶対。

20170813_03.jpg

そして、これはラーメンの作り方。
まず、メインの作り方は麺もスープも具材も水も、
全部どんぶりに入れてラップをして、
チンして出来上がり!の画期的省力的方法!
なんと3分半でできちゃいます。
それ以外にも、鍋で麺もスープも一緒に煮込む方法、
これだと1分で完成、
さらに超省力的方法としてチキンラーメンと同じように、
お湯を注ぐだけの方法もありーの、
簡単調理にかけてはすごいぞベトナム人、
世界びっくりラーメンです。

20170813_09.jpg

こっちは焼きそばの作り方。
焼きそばと言っても炒めません、
麺を茹でて軽く湯切りして、
スープや具材と混ぜて出来上がりの、
どちらかと言うとカップ焼きそば的調理方法。
アラビアン焼きそばですら、少しは炒めたと記憶していたのに、
これまたインド人もびっくりのベトナム焼きそばです。

20170813_12.jpg

ラーメンと焼きそば、同時進行の大忙し、
今回ラーメンは鍋で煮込んでみました。
なんかこーゆーインスタントの麺って、すぐのびちゃいそうで、
なのでとっとといただくことにいたしましょう、
ツルツルツル。

んあ゛~~~~、あ?
ごめんなさい、ワタシ、そもそもパクチーの味っつーか、
コリアンダーの味っつーか、
分からないのに言うものなんですけど、
と言うか、何がなんだか、
両方ともなんとも言えない味です、

20170813_13.jpg

麺は、
ラーメンの方は細め、

20170813_14.jpg

焼きそばは太め、
乾麺の状態だとほとんど同じに見えた麺も、
ラーメンと焼きそばで違っていたようです。
で、焼きそばはナンプラーの味がほのかに漂いちょっと甘め、
対してラーメンは酸味があってあっさり系、
ワタシ的にはラーメンの方が美味しかったな、
いっそのこと生パクチーを買ってきて、
どっさり上に乗っけた方が、
見た目にも彩り良かったかな、
パクチーの味もそれだったら分かっただろうし、
今度、食べる機会があったらそうしよう、そうしましょう、
そんなことを思った夏の南国麺でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、前半からの続き。

20170813_23.jpg

歩いた道沿いに咲いていた花、
アジサイに似てはいるのだけれど、

20170813_24.jpg

こんなツボミがついていて、
この花、何の花、気になる花、
そんなことを思いながら歩く道、
この道、実はそこそこ結構な坂道で、

20170806_31.jpg

思えば山道の出発地点に水力発電所、
折り返し地点は、発電用の取水口、
発電するのに必要な落差があるわけで、
後から地図で調べたら、その標高差約240m、
つまり行きは幸せなことに気にならなかったけれど登り坂、
そして折り返して復路はもちろん下り坂、
ジョギング等で経験されている方も多いと思いますが、
下り坂の方が足に来ます、膝に来ます、

20170813_25.jpg

帰りはヒーヒー言って歩いてバスに乗って、元来た駅に無事帰還、
あ、これは現役鉄道のレールです、

20170813_26.jpg

そして電車に揺られ帰宅の途についたこの日のハイキングは、
トータル14,000歩、
じゃあ山の日には山歩き、どこ行ったの?
って、どこにも行きません、行ってません、
ワタシが行くのは近郊の低い山、
高原のように涼しくないので山歩きもしばし夏休み、
山道具屋に行っては小物を物色し、色々と散財しています、
山歩きは秋が感じられる頃に再開しようかと、
その日まで皆さん、お元気で、
いやいや、その間も、
ラーメンかなにか麺は食べ続けておりますので、
また次にお会いするまでお元気で、
それでは、ごきげんよう(^O^)ノシ

more...

スポンサーサイト

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : パクチーラーメン パクチー焼きそば ベトナム

line

マルちゃんの反撃【夏限定焼うどん】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。
日本列島を進行中の台風、接近しそうな地域の方々、充分に警戒なさってください。

どうも(`・ω・´)ゞ、汽車ポッポです。

20170806_20.jpg

汽車きしゃ、ポッポーぽっぽー♪
この日は汽車に乗り…と言いたいところなんですが、
ワタクシ、生まれてこの方ウン十ウン年、
SLに一度も乗ったことがない、
正確に言うと、
機関車自体はもちろん、SLに引かれた客車にも乗ったことがない!
なので、この日はごくごく普通の鈍行電車、
各駅停車に揺られること約1時間半、

20170806_21.jpg

やってきました埼玉県の西の端、
秩父のさらに向こうの奥秩父、
それも人里途切れた山の奥、

20170806_25.jpg

目指すは関東平野を流れる荒川の源流、
その入川のさらに上流、荒川の起点、

20170806_26.jpg

東京都内だと幅広くゆったり流れる荒川も、
ここまで来ると狭い谷を流れ落ちる急流ですよ、
思えばウン十年前、ワタシもまだまだ若かりし頃、
夏は毎週のように朝早くからここまで来て、
ヤマメやイワナを狙って川に入り、
釣り糸をたれたものですよ、

20170806_27.jpg

そんな渓流沿いの山道を、
雨がポツポツ降り落ちる中、
歩き出したのでありました。
後半に続く。

んで、今週もお送りするインスタント焼き麺頂上決戦、
三食入り焼きそばの王者、マルちゃんの出した夏限定BBQ味に、
インスタント麺業界の雄、日清さんはエスニックな夏限定焼そばで対抗、
というところまでが前回のお話、
そこでだまっちゃいないのはマルちゃん、
カップヌードルやどん兵衛など、
日清にはカップ麺ではかなわなくても、
チルド麺じゃ負けないぞ!
と出した切り札がこちら。

20170806_00.jpg

夏限定焼うどん!
口のところをキュッとまとめて、キュッとビニールタイでしばった姿が、
マルちゃんの三食入り焼きそばにも通じるところがあって、
どこかこだわりが感じられます。

20170806_01.jpg

お味は塩だれ・こがしネギ風味。
ワタシ、焼き鳥も甘じょっぱい醤油だれより、
塩だれの方が好きなんですよー、
それもこがしネギ風味って、塩だれのネギマみたいですねー、
塩タンとかもそうですねー、
加えてほんのりレモンってそう言えば、
焼肉屋さんで、これはレモン汁で食べてくださーい、
なんてお肉がありましたよねー、
最近、焼肉屋さんに行ってないので、
どんな肉のことだったか忘れちゃいましたけどねー。

20170806_02.jpg

いつもの中身拝見。
うどんとソースとスパイスの3点セット。
焼きそばをうどんに置き換えただけの、
見慣れた光景、
ただしこちらは二人前。

20170806_03.jpg

作り方。
もうまったくもって焼きそばの作り方と違いがありません。
具材を炒めて、麺も炒めて、ソースと混ぜあわせて出来上がり、
目をつぶっていても作れます、
でも目をつぶっているとやけどするので、
よいこの皆さんはやめましょう。

20170806_04.jpg

で最後にスパイスをさらっとふりかけて出来上がり。
サクサクっと食べてしまいましょう、
さくさくさく。

久しぶりの焼うどん、
てゆーか、本ブログでは初登場の焼うどん、
こがしネギ風味と言うよりもレモン風味の方が効いていて、
さっぱり爽やか塩味で、
こりゃ夏でも美味しいや、

20170806_05.jpg

うどんももちもち、こりゃうめ~、
さてマルちゃんと日清さんの夏の陣、
会社としては売り上げとか気になるでしょうけど、
食べる方としては、どちらも美味しければそれで結構、
限定の文字に踊らされ、はめられた感は重々承知、
でも、どれも甲乙つけがたく今年の対決は引き分けということで、
満足満腹な猛暑の休日は昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、本編より長くなりそうなハイキング前半からの続き。

20170806_28.jpg

歩を進めると途中からレールが現れて、路面電車?
いえいえ、こんな山の中で路面電車はありません、
そうこの道、かつては山奥から切り出した木材を運び出す、
森林鉄道の名残、
廃線マニアにはちょっと知られた道、

20170806_30.jpg

道程、アップダウンも少なく、
雨で濡れていても歩きやすい道、
そんな天気のせいで梅雨明け後でも猛暑からは逃れられ、
歩くこと約5km、約2時間、

20170806_33.jpg

たどり着きました、荒川起点、
こんな山奥、この先は、
峠を越えて隣の県、
山梨や長野に抜けなければ人も住んでいない山深いところ、

20170806_32.jpg

なのになんでこんなに人がいるのー?Σ(゚Д゚)
さすが鉄道会社企画のハイキング、
とりあえずここでお昼休憩して、
帰りは来た道を戻ります、
そうそうウン十年前、釣りに来た時は、
更にこの先の渓流を釣り上ったもんですよ、
さて、復路については気が向いたら次回にて、
それでは皆さん、その日までお変わらずにお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : グルメ

tag : マルちゃん 焼うどん 夏限定

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は週1、2回です。たまにどっか行ったら記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line