【五木食品】久留米ネギとんこつラーメン


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

ちゅーうーちゅうちゅちゅ、なーつーのぉーお嬢ぉーさんー♪

20180715_20.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、ビキニもなにも着けていないすっぽんぽんの、
雌雄不明、お嬢さんかどうかも判らない迷彩模様のカエルです。
日本列島あちこちで梅雨が明けて夏本番爆発、
山に遊びに行ったり海に泳ぎに行ったりするには、
青い空、白い入道雲、セミの声にかき氷、
そしてこう、グワーッと暑い方が夏っぽくて気分高揚、
心ウキウキわくわくで楽しさ倍増なのでしょうけど、

20180715_21.jpg

先の大雨災害で作業をされている方々、
そして避難生活を強いられている方々にとって、
この殺人的な暑さは文字通り大敵、
体調を崩さぬよう、少しでも涼しく過ごせますことをお祈りしつつ、
ええ、そうですよ、
こうして庭の小動物が登場するってことは、
ここに書くネタがないってことですよ、
なので早々に失礼して、
今週もお送りします暑い夏の熱いラーメン物語、
今回のラーメンは…

20180715_00.jpg

…また、棒ラーメンです、
懲りずに飽きずに先週の山形冷しラーメンに引き続き、今週も棒ラーメン、
でもね、あれですよ、棒ラーメンと言えばやっぱ九州とんこつ、
ということで五木食品さんの久留米ネギとんこつラーメン、

20180715_01.jpg

んがしかーし、
おどま盆ぎり、ぼ~んぎりぃ♪
五木食品さんつーたら熊本県民の胃袋を支える、
夏全開、火の国熊本を代表する会社さん(かどうか知りません)、
なんですけど今回は、福岡は久留米のラーメンでお送りしております。

20180715_02.jpg

もう暑いんでね、身ぐるみはいで生まれたて、
製造ラインを出たての姿にすっかりすっきり、あらいや~ん、
麺に粉末スープ、さらに調味油付きの、
ちょっと贅沢な3ピースのプロポーション。

20180715_03.jpg

はい、作り方はこちら、
鍋ひとつでOK、
あなたも、あなたも、そしてそちらのあなたもご存知の、
そうです、あのインスタントラーメンの作り方です、
麺を茹でてスープを入れれば完成です、
麺がお好きな固さになるよう、
お好みの時間ゆでていただければそれで構いません。

20180715_04.jpg

そんでもって丼に移し、適当に具材を散らせば完成。
夏の暑さでさらにラーメンが熱くなってしまわないうちに、
とっとといただいてしまいましょう、
ちゅーるーちゅるちゅる。

ふんふん、なるほど、
ちゅるちゅるり、
あー、なるほどね、
ちゅるちゅる、ごっくん、
ぷはぁ~、
って一人で食べてんじゃねーよって話ですよね、
これ、あれですよ、
パッケージに書いてある通り、あっさりトンコツ、
コショウのきいた、うまかラーメンうまかっちゃん的なトンコツ、

20180715_05.jpg

ノンフライ・ストレート麺はゆで時間2分半で、
ワタシ好みのパツパツ、いい歯ざわり、
やっぱ美味いよ、夏でも暑くても美味しいよとんこつラーメン、
汗をかきかき食べるとんこつラーメン最高っ!
そんなことを思ったり思わなかったりした、
まだ7月の初めなのに暑さ全開だった、
とある日曜日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

はい、ネタが無いときに登場する、
庭の小動物第2弾、

20180715_22.jpg

見事、葉っぱの緑に溶け込んでいる、
アサシンです、
嘘です、
保護色のカマキリです。
つーか、

20180715_23.jpg

こっち見てんじゃねーよっ!
とすごい勢いでこちらを睨んでいるので、
この辺で、

20180715_24.jpg

あ、
ネタ切れで登場の第3弾、庭の野菜、
なんか今年は暑くなるのが早かったせいか、
我が家ではキュウリの実がちっちゃいうちにしなびちゃって、
いまいち今年は数が取れないし、
トマトも葉っぱがみんな黄色くなっちゃったし、
ネギは枯れちゃったし、
そんなちょっぴり残念なところもあったりする夏、
でも今年の夏はまだまだこれから長くなりそうなので、
皆さまも体を壊さぬようお元気で、
それでは今度こそ本当にこの辺で、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 五木食品 とんこつラーメン ネギラーメン 久留米ラーメン

line

【栄屋本店】元祖冷やしらーめん【山形】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは~まだ~ワタシがぁ神様を信じなかったころぉ~♪
つーか、今でも特に神様を信じているわけではないですけれど、
とある日曜日に雨が降りまして、
じゃなくて先月の梅雨明け直前、6月最後の日曜日、
週間天気予報では雨が降るふると言われ続けていたのに、
前日には急遽一転、晴れるとの予報、
それならばと出かけたのが奥秩父の一歩手前、

20180708_20.jpg

山間の集落を抜ける道をトボトボと、
いやね、この時はまだお気楽な気分だったんですよ、

20180708_21.jpg

地図を見ると予定のコースは集落からそう遠く離れることもなく、
近くに林道も通っていて山道の距離もそんなになさそうで、

20180708_22.jpg

今日のコースは大したことないのかな、
なんて山の中に入っていく、
この時まではそう思っていたんですよ、
この時まではね…、

20180708_23.jpg

そしたらいきなりの階段!
いや階段ってね、
雨上がりの道でも滑りづらくて良いんですけどね、
自分の歩幅で登れない、
足を上げることができないのが嫌いなんですよ、

20180708_24.jpg

なのにまた階段、
そして上についたら、
今度はまた同じような階段、下り坂を下りて、

20180708_25.jpg

また階段、
登って下りて登って下りて、

20180708_26.jpg

またまた階段、
ここの階段は延々と先が見える分、心も折れます、
今回のコース、登って下りてが多いです、
地図上の平面距離は少なくても、
実際にアップダウンした、登って下りた距離はどうなんだ~、
そんなことを思いつつ、
いつものようにヘロヘロになったところで、
この話は後半に続く。

んで、先々週に続けてお送りする奥のラーメン細道第2弾、
今週のラーメンはこれだっ!

20180708_00.jpg

今回も最上川流れる山形名物、元祖冷やしらーめん。
6月中早々に梅雨明けを発表して酷暑の日々が到来、
今年の夏は長くなりそうなんて思いきや、
今週半ばから梅雨空が戻ってきてしまい、
早まったか!
と気象台の焦る顔が見えるような、そんなこっち地方、

20180708_01.jpg

我が家も本格的な夏本番の時期を待った方が良かったか、
なんてことはこの時は露ほども思わず、
ラ・フランスが云々かんぬんなんて、
冷やしラーメンの説明もここではさらりと流し、

20180708_03.jpg

昭和27年に創り上げた新感覚と言われても、
もう平成の御代も終わろうとしている時、
でも滅多にお目にかかれない冷たいラーメン、
今のこの時代に食べるとどんな感覚なのか、お楽しみおたのしみ。

20180708_02.jpg

販売は山形県の栄屋本店さん、
こちらは単なる販売商社ではなく、
ちゃんとその場で冷やしラーメンを食べることができる、
そもそもがお蕎麦屋さんのお店とのこと、

20180708_04.jpg

さてここで、いつもと同じ流れで中身拝見、
麺とスープの見慣れた構成、
前々回の山形ラーメンと同様の棒ラーメン、

20180708_05.jpg

よく見ると四角く角張った麺で、まるでおそばのよう、
元が日本そば屋さんだとうなづけます。

20180708_06.jpg

スープ袋の裏にもコレでもかっ!と、
冷やしラーメンの由来を記載、
さらにスープの作り方も載ってたりして、

20180708_07.jpg

で、肝心のラーメンの作り方はと言うと、
冷やしラーメンなのでスープは冷たい水で薄めるのと、
8~9分と長めに茹でた麺を水でしめるところが、
いつものラーメンと違うところ、
ちなみに温かいスープでもOKだよ、
てな感じで長いゆで時間でゆっくり準備し、
完成したのがこれ。

20180708_08.jpg

ぱっと見た目、温かいのか冷たいのか全然分かりませんが、
キュウリの輪切りが乗っているところでなんとなくご察しください、
それでは早速、冷めないうちに、
じゃなかった、温まらないうちにとっとといただきましょう、
ズルズルズル。

ほほほ~ん、なるほど~、
ごま油の香り濃厚な甘い冷たい醤油スープ、
どうしても目で見たラーメン=温かいと、
脳が勝手に解釈しているところに、
口に入れると冷たくて、
確かにこれは不思議な感覚、新感覚、
そういやさっき、ラ・フランスがどーのこーのと、
どこかに書いてあった気もするけれど、
ラ・フランスなんてどこ行った?そんな感じ、

20180708_09.jpg

冷水でしめた麺は8分半のゆで時間でもカッチリ固め、
ごま油の効果で冷たくてもするする食べられ美味しくて、
でもまだこの日はさほど暑くなかったので、
氷も浮かべずに程々の冷たさとしたゆえ、
もっと夏本番の暑さの中で、
氷でキンキンに冷やして食べたらより美味しかったのかな、
な~んてことを思った気象庁発表、
関東甲信地方が梅雨明けしたとみられるその前、
猛暑酷暑となる前の、とある休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そしてラーメン本編より写真の多い、前半からのおまけ話の続き。

20180708_27.jpg

アップダウンが激しくて、さらに岩や木の根が張り出していて、
かなり歩きづらかった今回のルート、

20180708_28.jpg

ようやくなだらかなところに出て、
今回の第一目標、山城の跡に到着、

20180708_29.jpg

杉の葉っぱでふかふかな地面の上で、
標高以上にあったと思われる累積登り降りで、
疲れた足を伸ばしてささやかな昼食タイム、

20180708_30.jpg

…もそこそこに、
今度は林道をひたすら下って里に下りて、
次の目標は…

20180708_32.jpg

ぐげぇー、また階段ですか、そうですか、
今回のルートはそうなんですね、

20180708_33.jpg

あんちゃんは世界遺産的に有名なのに、
おとうとはこんなところにいたんですねー、
そんなことより背の高さはあんちゃんの1/10近くなのに、
ここにたどり着くのにひぃひぃゼェゼェなワタシ、

20180708_34.jpg

山頂にはもちろん、富士山と言えば浅間神社、
息も整ったところで、神様を信じていないワタシでも、
今日一日、無事に歩けたことの感謝をしつつお参りして、

20180708_35.jpg

この後はまっすぐ駅まで下りて、
帰宅の途についたのでありました。
てなところでちょうど時間となりましたが、
各地で豪雨により甚大な被害が出ているとのこと、
お亡くなりになられた方のご冥福と、
被災された方々が一日でも早く、
元の生活に戻れるようお祈りし、
また次回も元気でお会いしましょう、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 栄屋本店 山形ラーメン 冷やしラーメン ハイキング 熊倉城址 弟富士山

line

【宮本産業】もっこす亭とんこつラーメン【熊本】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

ボーッと生きているうちに、はや半年が過ぎてしまった今年、
そんな今ごろ、梅雨時にしっとり似合う花と言えば、これ。

20180701_21.jpg

あじさい!
なんて切り口でね、話を始めようと思っていたら、
ジョン・ウェインも真っ青な史上最大の作戦、
じゃなくて史上最速最短で梅雨が明けちゃったみたいな我が家地方、

20180701_20.jpg

そういや、あじさいって元々が日本原産、
それが昔々、西洋にまで伝わって品種改良され日本に戻ってきた、
つまり田舎の山のイモねーちゃんがしばらく外国に行ってきたら、
水もしたたるしっとり美人の帰国子女になっていました、
みたいな感じ?なんだそうで、

20180701_22.jpg

カエデの実も赤く染まるまだ夏序盤なのに、
今年の夏は初めからガンガンに飛ばし気味な中、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

つーことで今週の心頭滅却ラーメン紀行、
お送りするのは、火もまた涼しいおてもやんも大好きな、
火の国ラーメンのこちら。

20180701_00.jpg

もっこす亭とんこつラーメン。
なんてね、え~とですね、このラーメン、実は当ブログでは2回目のご登場、
で、前はいつ食べたのかというとコレがまた2年前の盛夏の頃、

20180701_01.jpg

不思議と暑くなると食べたくなるのか、
はたまたたまたま偶然なのか、
いずれにせよ久しぶりに食べたくなったんですよー、
なっちゃったんですよー、
熊本ラーメン、

20180701_02.jpg

もちろん、しょう油も塩も味噌も、
ラーメンと名のつくもの、どれも大好きなんですけど、
しかし関東で生まれ、関東以外で住んだことないワタシ、
それゆえ初めて食べたのは多分、大学生時代で、
子供の頃から食べ慣れているわけでもないのに、

20180701_03.jpg

たま~にとんこつラーメン、
それも熊本ラーメンが無性に食べたくなることがあって、
なので我が家のラーメン倉庫に、
まだ紹介すべきラーメンが多数あれど、
こっちを先に食べてしまい、
他にネタもないので二度目の登場となってしまったこと、
ご容赦ください、お許しください、

20180701_04.jpg

んで話を少し巻き戻して、
夏の暑い時にこのラーメンを食べたくなるのはもしかして、
このニンニクパワーを欲してのことなのか、
などとこじつけてみたりして、
でも、ニンニクチップ付きのところが、この製品の魅力、

20180701_05.jpg

あーして、こーして、こうやって、
いつもの通りにあーだこーだ、
詳しい説明は以前の記事参照、
そーして出来たのが、

20180701_06.jpg

これ。
今の時期、ちょん切ってもちょん切ってもぐんぐん成長する、
自家製ネギをまた大量にのせて、
んでは、いただきます。
はふはふはふ。

むは~、コレですよ、これこれ、
口のまわりがべたつくようなこってりトンコツ、
そして暑くても食欲をそそるマー油の香り、

20180701_07.jpg

ゆで時間2分でもパツパツな歯ごたえが残る、
中太ストレート麺も良好、
ぴりっとくるガーリックスライスの辛さもちょうど良く、
やっぱ熊本ラーメンうまし!
夏に負けるな、にんにくパワー!
そうそう白状いたしますと、
実は2年前に食べてブログアップしたことなんぞ、
すっかり忘れていて今回の記事に至ったのがことの真実、
ま、美味しいものはいつ何時、何度でも美味しいのでありまして、
一昨年はおととし、今年はことし、
そして再来年はさらいねんと言うことで、
また2年後に忘れてアップしてしまった際には、
素知らぬ顔でお付き合いいただければと、
そんなことを思ったこの日はまだ梅雨空、多少梅雨寒だった、
とある日曜日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

あじさいと言えば…

20180701_23.jpg

こちらは山道にひっそりと咲いていた地味なあじさい、ヤマアジサイ?
てなわけでまたまた性懲りもなく、

20180701_24.jpg

埼玉のちょいと山奥、
アワフキムシの巣の脇を通る山道を大汗かきかきホテホテ歩いた、
なんて話はまた次回にでも、
我が家の庭では、

20180701_25.jpg

春に外に出しておいた観葉植物、
スパティフィラムの花や、

20180701_26.jpg

こちらは樽状のプランターに植えっぱなしの、
アガパンサスの花、
などなど横文字、難しい名前の花が咲き始め、
なんとなく熱帯雨林みたいな様相、
その実、高温多湿な熱帯雨林と同様のこちら地方の夏、
皆さま方も暑さに負けませんようお祈りしつつ、
またの機会をごひいきに、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 宮本産業 もっこす亭 とんこつラーメン 熊本ラーメン

line

【酒井製麺所】山形中華亭の中華そば


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

いーまではゆびーわもー、まぁーわるほどぉぉー♪

20180624_20.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、やせてやつれた壁に耳あり障子にメアリーです。
そんなワタシの甘い芳香が周囲に充満する中、

20180624_21.jpg

あーん、ナニ見てんだよっ、
こっち見るんじゃねぇよヽ(`Д´)ノプンプン、
とニャンコにがんつけられ、
あ、スミマセン、ゴメンナサイ、
と言うことで、皆さまへの時候の挨拶もそこそこに、
早速はじめましょう今週の奥のラーメン細道、
五月雨をあつめて早し最上川からお送りするのは、

20180624_00.jpg

山形中華亭の中華そば、って、
お~っ、この話の流れ
季節といい場所といい我ながら素晴らしいつながり、
と、誰もほめてくれないので自画自賛、

20180624_01.jpg

まぁ、そんなことはどーでもよく、
この、おやじから受け継いだ昔ながらの中華そば、

20180624_02.jpg

作っているのはもちろん、
地元山形の酒井製麺所さん、
ちなみに最上川って山形県の形に合わせて、
背骨のように流れているんですね、
この歳になるまで知りませんでした。

20180624_03.jpg

包装の中はこんな感じ。
帯でまとめられた麺はまるでそばやそうめん、うどんのよう、
酒井製麺所さんのウェブサイトをのぞいてみると、
日本そばの取り扱いがメインのようで納得、なっとく。

20180624_04.jpg

おいしい召し上がり方、つーか作り方。
お料理一口メモつき、1にゆで方、2におつゆ、
おつゆって表現がやはりどこか日本そば屋さん的、
大量のお湯で麺を泳がせるように茹でるって理想的ではあるけれど、
でも、一般家庭で大きな寸胴鍋を使ってラーメンを茹でるって、
なかなか難しいところがあるかな、と、
その麺のゆで時間も4~5分とやや長め、
おつゆ(スープ)も麺とは別に丼ぶりに作っておく、
生ラーメン的なのでご注意を。

20180624_05.jpg

そして、じゃじゃじゃ~ん、
自家製ネギをたっぷり刻んでのせて、
堂々の完成。
食べ忘れてしまう前に、とっとと頂いちゃいましょう、
ふぐふぐふぐ。

んがぁ~、
まず漂い来る、このスープの香りをかぐだけで、
昔懐かしさが充分よみがえってきます、
そして甘じょっぱいしょう油スープは、
まさにおっしゃる通り、昔ながらの中華そばそのもの、

20180624_06.jpg

中太のストレート麺、
まわりにぬめりをまとった感じはやはり、
日本麺、うどんの乾麺をほうふつとさせ、
パツパツした歯ごたえも良好、うまし、
そんなことを思った梅雨の晴れ間、
真夏の暑さの中、
汗をふきふきラーメンを食べた、
とある日曜日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで、クチナシの香りもいいですけど、
こちらも心が落ち着く作用があっていい香りですよね、

20180624_23.jpg

ベランダー。
ってちゃうちゃう、ここには洗濯物を干せません、
そうじゃなくてラベンダー。

20180624_22.jpg

先週紹介した、しけた我が家のラベンダーではなく、
今回はこの辺じゃちょいと知れたラベンダーの名所に、
ちょうど通りかかったのでふらっと寄り道、

20180624_24.jpg

ミツバチさんもブンブン飛び回って、
人影など気にせず懸命に蜜を収集中、

20180624_26.jpg

日の長い時期とは言え梅雨空の下、さらに夕暮れ近く、
どんよりとしたラベンダー鑑賞となってしまいましたが、
それでも目前に広がる紫色、そして香りを堪能した、
そんな梅雨時のひとコマでした、
なんてところでちょうど時間なりました、
最後になりましたが先の関西地方の地震で、
加えてまだ東北や九州などで、
不便な生活を強いられておられる方々が、
はやく元の生活に戻れますようお祈り申し上げつつ、
またの機会をごひいきに、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 酒井製麺所 醤油ラーメン 山形ラーメン 山形中華亭

line

【日清】太麺焼そばタイカレー味【夏限定】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

えっと…先週の記事で、


20180617_20.jpg

5月末に行ったポピー畑の写真を大放出しちゃったでしょー、
だからここで書くネタがもうなくなっちゃって、
って別にね、自分としてもね、一応このブログ、
グルメブログってことにしているんでね、
暑いの寒いの、なんの花が咲いただの、
そんな前置きは全くもって不要なんですけどね、
でもなぜか季節の挨拶をしたくなってしまうのが、
日本人の佐賀、間違えた、性、
と言うわけで、梅雨のない北海道を除き、
梅雨前線に覆われた日本列島、
皆さま、いかがじめじめカビカビお過ごしでしょうか。

と挨拶も終わったところで、ここから本題のグルメ記事、
って、グルメと言うのも恥ずかしい今週のインスタント麺物語、
お送りするのはこちら。

20180617_00.jpg

日清さんの太麺焼そばタイカレー味。
それも夏限定!
限定の言葉に弱いワタシ、
思えば昨年も夏限定太麺焼そばミーゴレン
なるものを食しておりましたが、
今年の夏限定はココナッツミルクのコクと爽やかな辛味み、

20180617_01.jpg

タイカレー味、
ちなみにソースの香りの元、
「こぶみかん」って何?

20180617_02.jpg

メーカー推奨、おすすめ具材はこんな感じ。
まぁ、適当にお好きな夏野菜を入れるのがよろしいのではないかと。

20180617_03.jpg

パッケージを開けて中身を取り出してみたの図。
日清さんの太麺焼そばは二食入り、
そしてソースが液体ってところが、
強いて言えば「特徴」でしょうか。

20180617_04.jpg

作り方。
それはもう焼きそばですからね、
具を炒めて、麺を炒めて、ソースをからめて完成、
生焼けや逆に焦がし過ぎに注意すればOKです。

20180617_05.jpg

はい完成。
今回は庭のプランター大農場で今年初収穫した、
自家製ピーマンを使用、
でも日清さんオススメの赤や黄色のパプリカも使った方が、
確かに彩りは良かったかも知れないね、
と思いつつ、さっそくいただきましょう、
ムシャムシャムシャ、と。

あ!カレー!
当たり前だけどカレー味!
そしてピリ辛、
ココナッツミルクは分かりません、
あ、結構からい、
こぶみかんはもっと分かりません、

20180617_06.jpg

で、麺の方はと言うと今回は、
具材を炒めた後、炒めた具は一度お皿によけておいて、
あらかじめ電子レンジで800W40秒チンしておいた麺を、
空けたフライパンに投入、
ごく少量(麺二玉で40cc)の水を加えてほぐし、
最後に具材と合わせソースをからめてみたところ、
おー、ちょうどいい固さ、歯ごたえ、
もともと太麺でほぐしやすい上、
無駄に水を使わず時間をかけず、
大変良くできましたと自画自賛した、
そんな梅雨の季節の日曜日、昼下がりの出来事でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで前半にも書いたのと同様、
ここも別に書くこともなくて、
まぁ、強いて書く必要もなく、
これにて終了でも良いんですが、
やっぱり記事の最後に何か書いておきたいなぁ~、
なんてそんな時は安直に困った時の我が庭頼み、

20180617_21.jpg

ぼく、キュウリの赤ちゃん、
今年もグリーンカーテン代わりのキュウリ、
すくすく窓を覆い始め、
一番果や二番果は早めに取った方が良いとのこと、
なのでもう既に10cm~15cmのミニキュウリを数本、収穫しております。

20180617_23.jpg

チェリーセージも春から変わらず、
白や赤の花を咲かせ続け、

20180617_22.jpg

ハーブと言えばこれ、ラベンダーも花開き始めました、
とネコの額より広大な庭園ゆえ、
五月雨そぼ降る中でも部屋から窓の外、
すぐそこの各種花々を鑑賞できるこの手軽さ、身軽さ、
そんな梅雨時の我が家です、
なんてところでちょうど時間なりました、
またの機会をごひいきに、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 日清 焼きそば 季節限定 タイカレー味

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line