青森ネバリゴシ麺焼うどん【高砂】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

前回は、かくも多くの方々から、
お見舞いのお言葉を賜わり、
感謝感激雨あられ、
お陰様をもちましてほぼ体調も回復し、

20200105_20.jpg

正月三が日には青春時代を過ごした地に帰り、
遠く帝都青空電波発信塔を眺めたり、
初詣にでかけたり、

20200105_21.jpg

少しではありましたが、
ふるさとの雑煮を食べることもできました。
それもこれも皆さまのおかげ、
ありがとうございました。

そんなこんなでふっと気がつきゃ、
新年も1週間が過ぎようとするところ、
おとそ気分も抜けて仕事初め、通常運転、
ブログのネタは何にしようかと、
デジカメのSDカードをガサゴソあさっていたら、
こんなの出てきました、なんだコレ?

20200105_00.jpg

なんか字がいっぱい書いてある焼きうどん。
いや実はね、ワタシ、
ブログネタにするうどんとかラーメンとかを食べたらね、
一応、その時の味とか感想とかをメモしているんですけどね、
これ、メモにもなにも残ってなくて、
撮影した画像だけがカードにあったんですよ、

20200105_01.jpg

まぁ、単純にメモし忘れた、
ってだけの話なんですけどね、
んなわけで、食べたことすら記憶の蚊帳の外、
味なんかこれっぽっちも覚えてないけれど、
せっかく見つけちゃったんだから、
新年一発目のネタにしよーかなぁかと、

20200105_02.jpg

それにここんところ、ほら、ちょうどよく、
うどん製造業者さんやら流通業者さんやらの企みなのか、
年明けうどん、なんてもんが流行っているでしょ、
こうして新年一発目にうどんを載せれば、
あ、ヒッキーのやつ、
年明けうどんに焼きうどんを食べたんだな、
なんて騙される、
じゃなくてサラッと思って流してくださる方も、
もしかしたらいらっしゃたりするかもしれなくて、
新年ネタとしてもひょっとしたら好都合?

20200105_03.jpg

なんてことも頭をチラッとかすめたりして、
ま、実際、ワタクシめ、
今回の年越し前後に胃腸を壊し、
グダグダに煮込んだうどんにはお世話になっておりましたし、

20200105_04.jpg

でも、そん時にですね、
気持ち悪くて食欲低下中でも、
うどんの醤油のすまし汁、
あれが美味しいんですよねー、
ほんと、美味しく感じられて、

20200105_05.jpg

あー、自分は日本人なんだなぁーと、
つくづく思いましたよ、
同様にこっち地方だとお雑煮も醤油のすまし汁なので、
まだ胃の調子が本格的ではなくても、
ちょびちょびずつ美味しくいただくことができました。

20200105_06.jpg

んで、ようやく本題に戻って、
この焼きうどんなんですが、
メモが残ってないので味も感想もへったくれも覚えてません、
'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
もう、なんのブログかっつー話ですよね、
スミマセン、
笑ってごまかすしかありません、
写真のデータだと実際に食べたのは、
約2ヶ月前、
去年の晩秋の、とある休日だったようです、
写真を見る限り、フツーに焼きうどんしているので、
おそらく多分、フツーに美味しかったかと思います、
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んでね、その体調を崩していた去年の暮、
まぁ少しは気持ち悪さも収まってきた頃、
ふと、やっぱりラーメンも食べたくなったんですよ、

20200105_22.jpg

それもチープな昔ながらのインスタントラーメン、
なので明星チャルメラを買ってきて、
一人前の半分だけ恐る恐る食べてみたら、
これまたやっぱり美味しいですねー、
めちゃくちゃ美味しくて涙が出そう、
もはやインスタントラーメンも、
日本人のDNAに組み込まれているんだなぁーと、
つくづく思いましたよ、
なんてもう新年早々、こんなグダグダなブログでスミマセン、
来週からはもう少し真面目にやりますので、
見捨てないでください、
連れて逃げてください、
おねがいします、
つーところで今回はここまで、
こんなワタシが言うのもなんですが、
皆さま、くれぐれもお体には気をつけて、
また会う次の日までお元気で、
それでは、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 焼うどん 青森ネバリゴシ麺 高砂食品

line

【焼うどん】ねぎ塩豚カルビ味【マルちゃん】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

オラは死んじまっただぁ~♪

20190728_21.jpg

つーことで今回は、極楽浄土からお送りしております、
天国良いとこ一度はおいで、

20190728_20.jpg

お盆飾りのような蓮の花が点々と咲いていて、
お酒もうまいし、
あ、でもワタシ、普段はお酒、飲みません、

20190728_24.jpg

ねーちゃんも綺麗な極楽浄土、
あ、でも残念、ねーちゃんは彼氏連れでしたねー、

20190728_22.jpg

そんな天国も今年は梅雨空続き、
水玉が蓮の葉っぱでふらふら踊り、
湿度も高くてこれじゃ天国ならぬ蒸し風呂地獄、

20190728_25.jpg

おっとめまいが…
足元ふらつき、雲の階段をちょっと踏み外し、

20190728_23.jpg

チュンチュン、
ワタシは何の鳥?気になる鳥、
記憶喪失でオラが生き返った地上、こっち地方は、
梅雨明け直前の灼熱地獄、
台風も好評大接近したりして、
あの世もこの世も、
そんなに甘いもんやおまへんかった今日このごろ、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

んで今週お送りする納涼うどん祭、
今回のうどんはこちら。

20190728_00.jpg

マルちゃんの焼きうどん、ねぎ塩豚カルビ味!
暑い日には冷たいうどんもいいんだけれど、
でも、焼きうどんなんてのもね、

20190728_01.jpg

お腹を冷やさず、加えて肉・野菜もとれて、
まぁ、いいんじゃないかと思われ。

20190728_02.jpg

いつも思うのはね、
ほら、マルちゃんの焼きそばって3食入りでしょ、ふつー、
でも焼きうどんは2食入りで、ちょっと物足りない感じ、
焼きうどんも結構案外量を食べられてしまうものなので、
お値段据え置き・中身増量を身勝手に、
ミサカはミサカはお願いしてみたりする。

20190728_03.jpg

作り方は焼きそばと一緒、
ジャッと炒めて、シャカシャカと炒めて、
ジュージューと混ぜ合わせれば、

20190728_04.jpg

出来上がりましたの図。
せっかくのできたてホヤホヤ、
冷やし焼きうどんになる前に、
とっとといただきましょう、
グムグムグム。

ぷはぁ~、いいねいいね、
塩味が効いた中にもレモンの香り高く、
梅雨時で食欲がいまいちであっても、
シンプルさっぱりしたお味で食べやすく、

20190728_05.jpg

麺はほんわか柔らかくてモチモチ、
あっという間に一人前完食、
やっぱ、もうちょい量があってもいいんじゃないか、
なんてことを思ったり思わなかったりした、
それは雨がシトシト降り続く、
とある梅雨時の休日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そうそう、そういえば、
極楽浄土のあった公園の、
駐車場の片隅に咲いていたのは、

20190728_26.jpg

カンゾウはカンゾウでも、
これは一重咲きのノカンゾウ、
梅雨空の下でも鮮やかなオレンジ色が目立って綺麗です。

20190728_28.jpg

いつもは晩夏から秋にかけて盛んに咲き出す、
我が家の宿根アサガオも、
今年は梅雨空が続いていることによる日照不足の影響か、
例年より早々に次から次へと花を咲かせています。

20190728_27.jpg

日照不足いかんにかかわらず、
毎年まともに育てることができない、
我がプランター菜園のキュウリ、
当初数本収穫した後、
全く実をつけなくなったので、
今年もダメかと諦めかけていたら、
形は悪いけれど食べるのに十分な大きさなのが、
ようやく1本、実りました。

20190728_29.jpg

非健康的につーか、
不健康的なジャンクフードも食べて、
本物の極楽浄土、
あるいは地獄少女にまた一歩近づいた今日このごろ、
てなところで今週はこれまで、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼うどん ねぎ塩豚カルビ

line

【山本屋本店】味噌煮込うどんだみゃ~【名古屋】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

雪ぃ~がぁ溶けて川ぁ~にぃなって流れてゆきますぅ~♪
どうも(`・ω・´)ゞ、ワタシがお雛さまです。

20190310_20.jpg

アッカリ~ンをつっけまっしょ、ぼんぼりにぃ~♪
え?それはもう先週の話だろって?
一週間経っても片付けないから、
嫁に行くのが遅れているって?
おいおいおいおい、
結婚をワタシのせいにされてもねー、
そもそも地域によっては月遅れのひな祭り、
なんてのがあるけど、それってどーなのよ、

20190310_21.jpg

ま、ワタシもね、
若かった頃はつやピカだった髪の毛も、
今じゃパサパサのつやなし状態、
しゃーない、とっとと引っ込んで、
美容院行ってトリートメントしてこよーっと。

てなわけで、今回お送りするコレもね、
ボケボケしていると季節はずれの時期はずれ、
とっととご紹介しなければと、
んで、コレっはなんだどれだ?つーとあれだ!

20190310_00.jpg

名古屋名物味噌煮込うどんだみゃ~。
熱々ホカホカの味噌煮込うどん、
早くしないとぽかぽかホカホカの春になってしまうので、
まだ寒い日がある今のうちに紹介しておくのみゃ~。

20190310_01.jpg

今回の味噌煮込うどんは本場の味、
名古屋を代表する専門店、
山本屋本店さんの味噌煮込うどんだみゃ~、
ってワタシは名古屋駅で降りたことがないみゃ~、
なので本場の味を本場で食べたことないみゃ~。

20190310_03.jpg

袋の中にはこんなのが入っているみゃ~、
みゃんとビックリ、ティーバッグのような、
かつおのだし袋が入っているみゃ~、
なんか本格的な予感がするみゃ~。

20190310_04.jpg

あ~、やっぱりみゃ~、
やっぱり本格的だったみゃ~、
まずは土鍋を用意して、
だしと一緒にうどんを5分間煮込むみゃ~、
そして味噌と具材を加えてさらに5分、
ことことぐつぐつ煮込むみゃ~、
吹きこぼさないよう火加減に注意しながら、
じっと我慢の子みゃ~。

20190310_05.jpg

お一人様用の土鍋で、
じっくりことこと煮込んで完成の図みゃ~、
せっかくの熱々煮込みうどん、
冷めないうちにとっとといただくみゃ~、
ふぅふぅふぅ。

あぢぢぢぢっ!
あ、でもさすが、きちんとだしを取っているので、
だしの香りがいい感じに漂ってくるみゃ~、
ふぅふぅ、
そして名古屋の味噌といえば、
甘じょっぱくてほんのり酸っぱい八丁味噌の味、
あぢあぢ、ふぅふぅ、
卵を崩して黄身とからめて食べると、
マイルドになってさらに美味しいみゃ~。

20190310_06.jpg

麺は10分間煮込んでもグダグダになることなく、
しっかり固さが残って歯ごたえ充分、
あぢあぢあぢ、
土鍋の保温効果で最後の最後まで冷めることなく、
ふぅふぅ、
熱々で食べることができたみゃ~、
そういや名古屋って、
昔いちど、バイクツーリングの途中で、
エビフリャーを食べに立ち寄ったことがあったみゃ~、
なんてこれ以上みゃ~みゃ~言っていると、
本場の名古屋人にいい加減おこられそうなので、
この辺でやめときます、ごめんなさい、
と、それはまだ寒さの底にあった、
真冬の日曜日の昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

は~い、みんな~、
全員集まってますかぁ~っ!

20190310_22.jpg

ワイワイガヤガヤ、
おつかれ~、
乙で~す、
全員揃ってま~す!

20190310_23.jpg

はい、皆さん、
今年もお祭り、お疲れ様でごじゃりました~、
それではこれから、暗くてジメッとした、
押入れや物置や蔵に帰るでごしゃりますからね~、
各自、気をつけて帰るのでごじゃりますよ~。

20190310_24.jpg

は~い、
じゃぁ~ね~、
また来年のお祭りで!
ネズミにかじられたり、カビたりしないようにね~!

とひな祭りも無事終わったところで、
少しずつ春めいてきたとはいえ、
まだ油断すると風邪ひいたりするし、
花粉の猛攻は続いているしで、
皆さま方もお気をつけいただき、
次に会うまでお元気でっつーことで、
ごっきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 山本屋本店 味噌煮込うどん

line

【日清】焼うどん焦がしにんにく醤油味【期間限定】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

なんか、あれですよ、
テレビで天気予報なんて見ているとね、
北国の週間予報じゃ雪だるまがちょろちょろ並んでたりして、
気がつきゃカレンダーも残り一枚、最後の一ヶ月、
ってことは、もう12月じゃん!
つーことで、

20181202_21.jpg

ふーゆーがぁ、くーるまえにぃー♪
それはつい先日、晩秋最後の連休のこと、
大勢の山歩き姿の人たちでごった返して、
たった一人しかいない駅員さんもてんてこ舞い、
そんな駅に降り立って向かったのは、

20181202_22.jpg

紅葉を目指しての今年最後の山歩き、
今回は多くの人で賑わうメインルートから外れ、

20181202_23.jpg

先行者がわずか一人、後続の人はゼロのこちら、
神めぐりルートにチャレンジ、
それらしい登山口の鳥居をおごそかにくぐると、

20181202_24.jpg

人里の景色から一変、
一気に優しい秋の日が差し込む山の中へ。

20181202_25.jpg

落ち葉降り積もる道を歩いていると、
さすが神めぐりルート、
いきなり神さま1号が道脇の斜面にひっそりと、

20181202_26.jpg

そこから少し先に進むと、
次はちょっとは目立つ神さま2号、
かしこみかしこみ。

20181202_27.jpg

続いてドーンと神さま3号、
かしこみかしこみ。

20181202_28.jpg

直進すれば距離も短く歩けるけど、
ここはせっかくの神めぐり、
神社方向へ曲がってちょっと寄り道遠回り、

20181202_29.jpg

斜面の狭い道を行くと、
小高くなったところに、
お社が鎮座ましまし、ドーン。

20181202_30.jpg

そのいただきを折り返すように、
もときた方向に続く今度は尾根道を進むと、
神さま、ん、あれ?何号だっけ?
まぁいいや、とにかくドーン、

20181202_31.jpg

最後に鳥居がドーン、神さまドーン、
かしこみかしこみかしこんで、
これにて神さまめぐりも終わり、
元のルートに戻って、
と言うところで、いかんいかん、
このままじゃ山歩きの話で今回は終わってしまう、
なのでここで一息入れて、後半に続く。

てか、本編が一息なの?
なんて疑問はさておき、
ここからが本題、いつもの麺ばなし、
今週お送りする期間限定品はこちら。

20181202_00.jpg

日清焼うどん、焦がしにんにく醤油味。
どうしてこうも限定品って言葉に弱いんでしょう、
いやね、自分でもわかっているんですよ、
それが敵の策略、商品を買わせようとしている謀略だってことは。

20181202_01.jpg

でもね、次はこれを食べようと思って買わずに帰ってね、
で、次にお店に行って、これがなかったら、
やっぱりショックでしょ~、

20181202_02.jpg

まぁ、限定品じゃなくてもね、
新製品が出てはすぐに消えていく、
栄枯盛衰が激しい盛者必衰の世の中、
結局生き残っているのは昔からの定番製品のみ、

20181202_03.jpg

そもそも全ての製品を食べられるわけじゃないんだし、
って言っているうちに、
ほ~ら、山歩き話で尺を取り過ぎたから、
写真がどんどん先に進んじゃって、
説明が全く追いついていないじゃあーりませんか、
ま、どうせ焼きうどんですから、
適当に炒めて混ぜれば出来上がり、
特に語るものはございません、

20181202_04.jpg

そんなこんなで適当に炒めて混ぜたのがこちら。
初冬の冷たい空気で冷めてしまわぬうちに、
とっとといただいちゃいましょう、
ツルツルツルリン。

ぷはっ、
これはあれだね、
ニンニクの匂いはほのか、
しょう油の味の方が強め、
「焦がしにんにく醤油味」の「焦がし」は「にんにく」に係るのではなく、
「醤油」の方を修飾しているのではないか、
すなわち、おせんべいの焦げたしょう油に似たそんな味、

20181202_05.jpg

麺はうどんなので存在感絶大、
もちもちしていて、
さらにソースの醤油辛さを中和して、
程よい塩梅のお味にしてくれて、
あ、そーいや以前、
似たような味の焼きそばを食べた時、
バターを加えればより美味しくなったかも、
なんてことをここに書いたこともあったけど、
この焼きうどんも、
バター追加で焦がしにんにくバター醤油味になって、
更に美味しくなったかなぁ~、
そんなことをふと思ったのは晩秋の日曜日、
のどかな昼下りのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

と、うどんの話で一息ついたところで前半の続き。

20181202_32.jpg

神めぐりルートも終わって、
子供の声が賑やかなメインルートに合流、

20181202_33.jpg

さっきまでの他の人など気にせずに、
ゆっくりのんびり歩いていたのとは打って変わって、
こっちのルートはなんで山の中にこんなに人がいるの?
そんな晩秋のハイキング日和を象徴するかのように、

20181202_34.jpg

ところどころ色づいた紅葉に足を止めながら、
暑くもなく、どちらかと言えば少し肌寒いくらいで、
バテもしないでいつもよりサクサク歩を進めていくと、

20181202_35.jpg

ついにやって来ました、天国への階段、
そーではなくて、頂上への直登、地獄の階段、
これさえ登れば、これさえ登りきれば~っ、

20181202_36.jpg

ぐはぁ~、
到着しました、今回の目的地、山の上、

20181202_37.jpg

実はここまで歩いて登ってこなくても、
頂上のすぐ下までロープウェイがあるもんだから、
それはそれはの人だかり、

20181202_38.jpg

もみじもいい感じに赤くなっているし、

20181202_39.jpg

季節はずれのサクラ、
じゃなくて今が季節のフユザクラも咲いて、
加えて連休と来れば皆さん、出かけてくるでしょー、

20181202_40.jpg

てな感じで頂上で小一時間休んだ後は、
一気に山を駆け下りて、
ウソ、
とぼとぼ歩いて降りて、
帰宅の途に着いたのでした。

20181202_41.jpg

そんな今年最後の山歩き、
スマホのGPSアプリによる記録はこんなんでした。

20181202_20.jpg

 活動時間  4時間18分
 活動距離  9.12km
 高低差  363m
 累積標高上り/下り  509m / 514m 
 消費カロリー  1797kcal 

このルートは登山口からの最初しばらくと、
頂上直下の階段を除くと他は、
軽いアップダウンの尾根道が続くので、
今回もそうでしたけど、
小学生くらいのお子さんと一緒の家族連れも多く、
中には小さいお子さんを背負って歩くお父さんもいて、
歩きやすい道なんではないかと、
季節的にも夏に比べれば汗もさほどかかず、
随分と楽に歩けたハイキングも、
今年はこれにて終了、
しばし冬眠した後、来年の春に再開予定、
つーことで、今回は長々と、
あるいは飛ばし飛ばしでここまで最後まで、
お読みいただきありがとうございました、
ではでは皆さん、次に会うまで風邪などひかずにお元気で、
今回はここまで、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 日清 焼うどん 期間限定 ハイキング 宝登山 長瀞アルプス

line

【作兵衛】小豆島素麺


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

さすがに40℃を超える暑さだった夏もようやく翳りを見せ、
天高く馬肥ゆる、あ~もう秋なんだなぁ~、

20180826_20.jpg

そんなことを思った時期がワタシにもありました、
でも、そう簡単に夏は終わらせないぞと言わんばかりに、
体温並の暑さが戻ってきたこっち地方、
つーか、食欲の秋で馬が肥える前に、
お盆休み中、ダラダラしながらダラダラ飲み食いしていたお陰で、
体重を増やしてしまったワタシ、
皆さまは秋を前にいかが肥えていらっしゃいますですでしょうか。

んで、過ぎゆく夏を惜しんでお送りする、
毎年恒例夏の紅白、思い出の麺ロディー、
夏ならでは懐かしの麺はこちら。

20180826_00.jpg

小豆島素麺。
もしかしたら、昨年もこのブログにご訪問いただいていた方々の中で、
「おろ?ヒッキーのやつ、去年、小豆島に行ってなかったっけ?」
なんて覚えている方がいらっしゃいましたら、誠にありがたきお話、
そうなんですこのそうめん、去年、小豆島に行った時、買ったおみやげなんです、
「って、え~っ?去年の土産、今ごろ食うのぉ~?」
なんて声も聞こえてきそうなところ、

20180826_01.jpg

これがまた、そうめんって持つんですよ、
良好な保存食ってやつですね、
そしてまだまだ賞味期限には時間があるんですけど、
いつものようにあまり期限ギリギリまでって言うのもなんだし、
来年の夏まではさすがに持たないので、
この夏に消費してしまおうと、

20180826_03.jpg

ぱっと見、さらしとか昔のオシメとかを干しているような、
そんな風にしか見えないイメージ図、

20180826_02.jpg

実は昔ながらの手延そうめん製造過程のイラストを眺めながら、
今でもちょんまげ姿でそうめん作っているんだなぁ~、
なんてことも思ったり、思わなかったり、

20180826_04.jpg

で、これを買ったのは去年の小豆島旅行で、
そうめんを食べに寄った作兵衛さん、
調理方法は「ゆで時間2~3分」と思い切りざっくり、
まあ確かにそうめんは、ゆでて水にさらせば出来上がり、
後はお好きな汁につけてお食べあそばせ、
てなもんですけどね、

20180826_05.jpg

でも、それじゃあんまりってことで、
ちゃんと詳しく調理方法が書いてあります。
茹で上がりのポイントは「麺が半透明になったところ」
これがまた素人には判断が難しいと思われます。

20180826_06.jpg

中身はこれぞそうめん!てな感じ、
束ねられた麺が5束、ゴロゴロと、

20180826_07.jpg

麺を束ねている封には箔押し風に名が入り、
高級感を演出しております。

20180826_08.jpg

で、そうめんですから、
ちゃちゃっとゆでちゃえば出来上がりなんですけど、
最近、もう皆さまの目を気にして、
具材、トッピングがエスカレートしちゃいまして、
甘辛く味付けしたシイタケやゆでエビ、その他諸々のせちゃいました、
薬味にもみょうがやネギ、すりゴマを用意して出来ました、完成しました、
でも、麺の味そのものを楽しむのであれば、
素そうめんが一番じゃないかと、ホントは思いますよ、正直なところ、
ま、つゆは市販のつゆの素を単に薄めたもので簡単に済ませちゃったてのが、
画竜点睛を欠くっつーか、おちゃめと言うか、笑ってやってください、

20180826_09.jpg

なんて四の五の言っていると、
そのうちせっかく水で冷やしたそうめんが温まっちゃうので、
とっとといただいちゃいましょう、
つるつるつるり。
やっぱり夏はそうめんですねー、
この感触、歯ざわり、舌ざわり、
強烈な暑さの中でもつるつると1.5人前、
あっさり食べることができました、
本当はゆでエビも甘酢でしめた方が良かったんだけど、
まぁ、見た目勝負ってことで、
夏の味を堪能した、
そんな真夏のとある日曜日の、昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

もう後書きにするネタもありません、すっからかんです。
なので我が庭園を訪れた小さなお客様のご紹介。

20180826_21.jpg

多分、地味でこれといった特徴がないので、
チャバネセセリかと思います。
前回のヤマトシジミと言い今回のチャバネセセリと言い、
地味なチョウチョばかりでスミマセン、
他にももっと派手な、
アゲハチョウとかタテハチョウとかも飛んで来るんですけど、
ヒラヒラ飛び回っていてカメラが追いつきません(つд⊂)エーン、
んで、暑い暑いと申しておりましても、
我が庭園でも夜になると、
秋の虫の音が聞こえ始めて、
やはり小さい秋も足元まで来ているのだな、
と思ったところでお後もよろしいようで、
残暑厳しい中、次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 作兵衛 美麺本舗 そうめん 小豆島素麺

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line