【シマダヤ】時計台に関する青年の主張


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

お寒うございます。
先週が小寒、寒の入り、
そして来週は大寒、
今まさに寒の内ということで、寒中お見舞申し上げます。

20190113_20.jpg

ワタクシどものあばら屋の、
玄関先に置いたプランターのビオラさんも、
まるで首をすぼめてじっと寒さに耐えているお爺さんのよう、

20190113_21.jpg

目を転じて二階の出窓に置かれたカランコエさんは、
窓ガラスに冷たい風を遮ってもらい、
冬の陽光を全身に浴びて、

20190113_22.jpg

もう既に春が来たと言わんばかりに、
咲き乱れております。
そのような寒さ厳しき折、
皆さま方に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、寒い寒いと言ってもワタクシの住むこちら地方では、
おひさまの光に恵まれて日中に、
零度を下回ることはございません、
対して北の国々では一日を通して氷点下、
そのような中、北に住まう皆さまを、
体の芯から温めるのがこちら。

20190113_00.jpg

北海道の味めぐり時計台らーめんさん。
日本三大がっかり名所のひとつにも挙げられる時計台さん、
でもワタクシはそんなこと、少しも思っていません、
以前札幌に行った時、本物の時計台を見て、
絵葉書で見たことある、そのままの姿に、
ワタクシは正直に感動いたしましたこと、
今でもはっきりと心に刻まれております。

20190113_01.jpg

さて、このラーメンを作ってらっしゃるのはシマダヤさま、
シマダヤさまというと流水麺や生ラーメン、チルド焼きそばでも昔から、
全国的かどうかは存じませんが広く名前の知られた会社さま、
でも、ワタクシのブログで今まで取り上げたことがあったかしら?
と思い自分で自分のブログを検索してみましたところ、ございました、
ちょうど5年前のちょうど今の時期、焼きそばを一回食べておりました、
それよりワタクシ自身、もう5年も前からブログをやっていたのかと、
心なしか時の流れを感じてしまいました。

20190113_02.jpg

話を時計台に戻りまして、
あら?「時計台」ってシマダヤさまの登録商標なの?
もちろん商品区分を限っての登録なのでしょうけどね、
ちょっとビックリ、
あ、また話が脱線してしまいました、失礼しました、
時計台らーめんなのですけど、
時計台と言ったら札幌、
札幌と言ったら味噌ラーメン、

20190113_03.jpg

でもこちらの時計台らーめん、
味噌の他にも醤油や塩、果ては担々麺までありまして、
百歩譲って醤油と塩は良いとして、
北海道の味めぐりを名乗っていて、
担々麺はいかがなものなのでしょうか、

20190113_04.jpg

なんと言ったらよろしいのでしょう、
その辺りのポリシーと言いますか、
こだわりのなさと言いますか、
インスタントラーメンマニアの心を打たないと言いましょうか、
今までワタクシの手がシマダヤさまの製品に伸びなかった、
それが原因ではないかとワタクシは個人的に思うのでございます。

20190113_05.jpg

などと話がずれながら個人的見解を述べていたら、
作り方まで写真が進んでいましたね、
と申しましても、特にお話することもないのですけど、
あえて言うとしたら、
湯切りを一つの項目に独立して書かれているのはよろしいことではないかと、
これもワタクシの個人的見解ですが、
やっぱり湯切りはラーメンを作る上で重要項目だと思っております。

20190113_06.jpg

ここまでワタクシの意見を述べているうちにラーメンも完成してしまいました、
冬の寒気でラーメンが冷たくなってしまう前に、
お先に失礼、とっとといただいてしまいます、
スルスルスル。

はぁ~~、美味しい~~~、
そしてあたたまります、
甘めの味噌スープ、
食べ慣れた安心、安定の味噌スープの味です、
作るとき、透明な袋に入ったスープの素が、
最後まで絞り出しやすく、
残りを確認しやすいのも秀逸でした。

20190113_07.jpg

麺は黄色い、中太縮れ麺、
もっちりしていて味噌スープがよく絡む麺、
こちらも大変、美味しいものでした。
先ほども述べましたように、
塩は五稜郭タワーらーめんにするとか、
醤油はニコラスタワーらーめんにするとか、
もうちょっとこだわりをもって作っていただきたい、
それがワタクシの青年の主張だった、
おせちもお雑煮も飽きていた、
正月休み最後の日、昼下がりに食べたラーメンでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、2019年年明けには気持ちも新たに、

20190113_23.jpg

きつく縛り上げられた豚肉を漬け込んで、
焼き目をつけて、
圧力鍋でちょいと煮込めば、

20190113_24.jpg

今年もラーメン用のチャーシューが出来ました。
詳しい作り方は>こちらを参照ください。
ちなみに豚肉はロース肉ではなくバラ肉を使った方が、
柔らかく、見た目もチャーシューらしく作ることができます。
そんなこんなで今年の青年の主張全国大会もお時間に…
って、え?青年の主張って何って?
平成のわこーどは知らないの?青年の主張、
ほら毎年、成人の日、1月15日にやっている…、
え、えっ?
もうやっていない?
さらに1月15日は成人の日じゃない?
今年は1月14日??
なんじゃそりゃ~、
とますます時代に置いて行かれる昭和の青年の主張はこの辺で、
はじめにも申しました通り、
これからが一年の中でも一番寒い時期、
お体を壊さぬよう、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さま、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : シマダヤ 味噌ラーメン 時計台らーめん

line

【マルちゃん】冬だ冬の限定だ【焼きそば】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

早いもので今年もあっという間に三が日も過ぎ、

20190106_20.jpg

もうすでに仕事始めした方、
いやいやまだまだ正月休みを満喫されている方、
暮れも正月も関係なく仕事だった方、
盆も正月も日曜日も関係なく年中休みのヒキニートな方、
悲喜こもごも人それぞれのお正月模様、

20190106_21.jpg

おせちもいいけどカレーもね、
とカレーじゃなくハンバーガー、
それもモ○バーガーとやらを久しぶりに食してみましたところ、
あれですね、
いつも食べるマ○ク、
関西系の方々のおっしゃるところのマ○ド、

20190106_22.jpg

そちらと比べるといわゆる一つのハンバーグが違いますね、
ハンバーグがちゃんと肉々しいハンバーグしていて美味しいです、
ポテトも太くていもいもしていて美味しかったし、
ちなみにワタシ的にはとびきりなんちゃらきのこなんちゃらより、
ただのとびきりなんちゃらチーズの方が美味しかったです、
あ、カレーも三が日の最後にちゃんと食べました、
と、ここまでが前置きで、
今年もやりますよ、
2019焼きそば最前線、
と言いつつも今回お送りする焼きそばは、
去年食べたネタの積み残しのこちら、

20190106_00.jpg

マルちゃんの冬限定焼そば醤油とんこつ味。
まぁ、ね、
限定の文字に釣られたってのもあるんだけど、
醤油とんこつ味ってのにラーメン好きとしては魅せられて、
ついつい手を出してしまったんですよ、

20190106_01.jpg

そりゃね、
期間限定品だからどんな味でも買っていたとは思うけど、
でも焼きそばで醤油とんこつ味とはこれいかに、
興味が無きにしもあらず、
どんな味なのか楽しみにしつつ、

20190106_02.jpg

味が何であれ、そこはマルちゃんの焼きそばですからね、
中身に変わったところはないですよ、
いつもの焼きそばですね、

20190106_03.jpg

作り方も何も変わりがありません、
いつもの焼きそばの作り方、
強いて違いを挙げるなら、
普通のソース焼きそばだと粉のソースなのに、
これは液体ソースだった、
ってそれだけの話です。

20190106_04.jpg

なので何の変わりもなく、サクッとできてしまいました。
では冬の冷たい空気で冷めてしまう前に、
サクサクっと頂いてしまいましょう、
サクサクサク。

はぁ~~、はぁ?
あ!醤油とんこつ味かぁ、
いやね、てっきりただのとんこつ味、
とんこつラーメンの味を想像していたんだけど、
醤油とんこつ味ね、
でも、醤油とんこつ味…?
どこかいつか前に食べたことあるような味、
つーかね、
以前紹介した秋限定醤油バター味のね、
バターのコクを抜いたような味、
みたいな、
良く言えば、あっさり食べやすい、
みたいな?

20190106_05.jpg

いや、決してまずくはないんですよ、
麺はマルちゃん焼きそばですから間違いなく美味しいし、
先ほども言いましたようにしつこくなくて食べやすかったし、
なんだかんだ言いつつも、
3食焼きそばを二人で1.5人前ずつ、
ぺろりとあっという間に食べちゃった、
そんな去年の暮れぎりぎり日曜日の昼の出来事でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そうそう、そう入れ歯、
じゃなくて、そういえば、
とんこつラーメンも久しく食べてなかったんですよ、
んでね、やっぱりこれも去年食べたネタの積み残し、

20190106_23.jpg

久しぶりに食べました、とんこつラーメン。
それもワタシの中では最強とんこつ熊本ラーメン。
これは以前紹介したことがあるのでここではサラッと流しますけど、

20190106_24.jpg

やっぱ、うまいです、
黒マー油の香りが効いていて美味しいです、
出ては消えての激しいインスタントラーメン界において、
この製品は、結構寿命の長い定番商品となりつつありますが、
そろそろとんこつラーメンの次世代、新製品も、
ブログネタ的にはほしいなぁと思うところ、
焼きそばの方でも醤油とんこつではなく、
とんこつラーメン味の焼きそばがあっても良いんじゃないか、
お願いしますよマルちゃんさん、
なんてことも思った今回の、
ハンバーガー、焼きそば、ラーメンの新春豪華三本立も、
これにて閉幕、
それでは皆さま、
これからが本格的な厳冬の季節、
風邪など召さぬようお元気で、
またお会いできることを楽しみに、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 冬限定 醤油とんこつ味 モスバーガー

line

謹賀新年は幌加内そば粉の埼玉そば


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう、
そして、あけましておめでとうございます。

20190101_20.jpg

最近は遠路はるばる海外からも、
ご来訪いただいている方もいらっしゃって、
もしかしたらひょっとして、
今回の記事をアップする時点では、
地球の反対側から西ではまだ、
年が明けていないかもしれませんが、
あらかじめご挨拶させていただきます。

さてさて、このブログでは新年恒例、
元日にお送りする今年最初の麺類は、

20190101_00.jpg

わりぃ子はいねがぁ~、
無形文化遺産にも登録されたなまはげも大活躍の大晦日、
昨年最後の麺類、年越しそば。
今回は北海道幌加内のそば

20190101_01.jpg

の粉を使って埼玉で仕上げたこの一品、
いつも我が家で茹でるそばは、
コシなんてどこへやら、
ブツブツに短くちょん切れて、
ボソボソな食感になってしまうのが定番、
さて、今回はどうなったのでありましょうか、
とりあえず茹でて冷水で締めて、もう一回温め直して、

20190101_02.jpg

あーしてこーしてできたのがこちら。
では、伸びてしまう前にとっとと頂いちゃいましょう、
ずるずるずる。

うん、コシはね、そもそも期待してなかったし、
でもボソボソではなく、
我ながら、つーかワタシとしては上手くいったんじゃね?

20190101_03.jpg

自分で味を調整したお出しも、
それだけを味見した時はしょっぱいかなと思ったけど、
そばと一緒に食べるとさほどでもなく、
終わり良ければ全て良し、
紅白でAqours見て、サブちゃん見て、サザン見て、
他にもあれ食べてこれ食べて食べ過ぎて、
食っちゃ寝の正月を迎える前奏曲となった、
そんな2018年大晦日のことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んでね、去年は後半の頃からやたらと、
平成最後のなんだ~とか、平成最後のかんだ~とか、
なんにでも平成最後をくっつけておりますが、

20190101_21.jpg

あれですよ、ちょいと前までは、
元号なんて歳を数えるのも面倒くさい、
なんて言っていたんですよ、
それが新しい時代になったら更に、
昭和は64年まででそれが平成元年で、
んでもって平成31年が新しい元号の元年だから、
昭和○○年生まれは今年いくつになるんだっ、キーッ!
と両手の指を使ってもワケワカメになるわけで、
思えば昭和生まれって新世代の人から見ると、
昭和世代から見た明治生まれの人に相当することになって、
え゛~っ!?考えただけでも恐ろしいのでやめます、
てなわけで、皆さま方にとりましても、
新年が、そして新しい時代が、
さらなる素晴らしい年に、時代になりますことをお祈りし、
加えてこの屁の役にも立たないブログに、
今年も懲りずにお付き合いいただけますよう、
よろしくお願いしまして、
新年はじめのご挨拶とさせていただきます、
それでは皆さま、お体壊さぬよう、
次にお会いするまでお元気で、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : そば 年越しそば

line

【喜多方らーめん本舗】さくら亭【喜多方】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

モ~い~くつね~る~とぉ~、お正月ぅ~♪

20181230_20.jpg

どうモ~(`・ω・´)ゞ、ビーフ100%ですモ~。
あ、スミマセン、嘘つきました、
グラコロなのでビーフ・ゼロパーセントでしたモ~、
そんなウシ年はまだまだ先の、
イヌ年の暮れも押し迫った年の瀬、
皆さまいかがあたふたじたばたされているでしょうか。

さて今回お送りするラーメンゆく年くる年、
今年最後にご紹介するラーメンはこれ、

20181230_00.jpg

喜多方さくら亭、情熱の一杯。
日本全国、あちらこちらでご当地ラーメンが見られる昨今、
その中でも喜多方ラーメンつーたら、
古い方の部類に入るのではないか、

20181230_01.jpg

会津喜多方は蔵の町と聞くと、
どこか日本の古い町並みが思い浮かんで、
年末年始の風景と似合うんじゃないか、
そんなことを思ったり思わなかったり、
単なるこじつけだったり、

20181230_02.jpg

作っているのはちゃんときちんと地元の会社、
喜多方らーめん本舗さん、
全国どこで作っても美味しけりゃ問題ないんですけど、
でもご当地ラーメンはご当地で作っている方が、
どこか安心っつーか、納得出来ますね。

20181230_03.jpg

そして恒例の中身チェック。
右よーしっ!左よーしっ!
麺よーしっ!、スープよーしっ!

20181230_04.jpg

作り方よーしっ!
麺のゆで時間は3分、
あらかじめ具材は準備しておいて、
慌てず騒がす、
吹きこぼさぬよう、やけどをせぬよう、
余裕をもって麺をゆでましょう。

20181230_05.jpg

ちゃらりーん、
完成です。
豚バラ肉のチャーシューはやっぱり見た目も綺麗ですね。
では寒風に冷めてしまう前に、
とっとといただいちゃいましょう、
ズルズルズルリ。

むほほ~、
冬の寒い日には温かいラーメンが最高ですねー!
甘じょっぱい醤油スープは醤油ラーメンの原点って感じ、

20181230_06.jpg

手打ち風の平らな中太縮れ麺も、
もちもちしていて、これまた美味しくて、
思えばあの大震災があった年、
復興を祈って心ばかりの福島旅行、
そのとき喜多方にラーメンを食べに行って、
わざわざ有名店に行列したんだけど、
そこんちのはちょっと特別なラーメンだったので、
今度はオーソドックスな喜多方ラーメンを食べに行きたいな、
なんてことを思ったいよいよ歳末大売り出しの気配も濃厚となってきた、
とある師走の休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

え~と、あれですね、

20181230_21.jpg

そうそう、この記事をアップするのももう年末ぎりぎり、
今年も多くの皆さま方にご愛顧いただき、
誠にありがとうございました。

20181230_22.jpg

ご支援、ご声援のコメントや拍手も多くいただき、
感謝感激雨あられ、

20181230_23.jpg

皆さまのお気持ちを心の支えに新年も、
奮闘努力、切磋琢磨、
するほどのブログでもないので、
今まで通り、テキトーにラーメンや焼きそば食っちゃ、
くだらん話をチンタラチンタラ書き続ける所存ゆえ、
よろしければ引き続きお付き合いのほど、
よろしくお願いします。
あ、グラコロはワタシ的には濃グラコロの方が美味しかったです。
それでは皆さま方におきましても、
良い年を迎えられますよう祈念して、
今年はここまでまた来年、
じゃあね~、元気で、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 喜多方らーめん本舗 喜多方ラーメン 醤油ラーメン グラコロ

line

【マルちゃん】北の味わい えび味噌


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

枯れ葉散るぅ、ゆ~うぐれはぁ~♪

20181223_20.jpg

冬至を過ぎてこれからは日の光も回復する、
なんてことを言ってもね、
まだまだ過ぎたばかりで太陽も低く、
お昼をちょいと回ったくらいでもう夕暮れ時のような、
そんな雰囲気を醸し出している、
今年も残すとこ早いもんで一週間あまりとなった今日このごろ、
つーことで年末進行、
ってお前に年末進行は関係ねーだろーと言う声はさておいて、
さくさくっと先に進んで今回お送りする、
「2018今年はこんなの食べました」、
さて何を食べたのでしょう、
答えはこちら。

20181223_00.jpg

マルちゃんの北の味わいシリーズから、
えび味噌ラーメン。
ぬゎんと、これ、期間限定品ですよ、

20181223_01.jpg

マルちゃんの、つーかマルちゃんに限らず期間限定品つーとね、
今まで焼きそばとか、焼きうどんとか、
結構色々あれこれと食べてきたワタクシめ、
でもラーメンの限定品は食べた記憶がなく、
今回が初めてかと思われ、

20181223_02.jpg

ま、あれですよ、
いずれにしても限定品に弱いワタシ、
目に入ってしまったからには、
買わずにはいられない悲しいサガ、
ゾンビランドサガ、
ドライブイン鳥、

20181223_03.jpg

迷わず手に取り購入し、
封を切りって中身を取り出し、
作り方、特に麺のゆで時間を確認して、
年末進行なのであっちゅーま、
出来上がったのがこれ。

20181223_04.jpg

さてさて年末進行なので、
つべこべ言わずにとっとといただいちゃいましょう、
サクサクサク。

ぬおぉっ!
これはあれだね、
ほら、お寿司屋さんのランチセットについてくる、
エビの殻で出汁をとったお味噌汁みたいな、
そんな香りのスープ、
スープの袋を開けた時は、
濃厚なエビの香りがしたけれど、
ラーメンスープとして薄めてしまえばエビ臭さもない、
甘くまったりとしたスープに、

20181223_05.jpg

適度に縮れた麺がよく合って、
あ、これ、
昔よく食べたインスタント生ラーメンの麺の味だ!
でもカニミソって言えば殻の裏にそれなり量が入ってるのに対し、
エビミソってエビの種類にもよるけど、
そんなに量は入ってないんじゃない?
それをラーメンスープにするには、
エビを何十匹、いや何百匹も使わなきゃ…
はっ!
これはエビミソのラーメンじゃなくて、
エビの香りの味噌ラーメンなのか?
などと世の中に何の役にも立たないことを考えていた、
とある師走の日曜日の風景でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んでだ、
冬至でユズ湯に入ってカボチャを食べたら次はあれですね、

20181223_21.jpg

家族そろって、
あるいは友達みんなで集まって、
もしかしたら恋人同士二人だけでしっとりと、
中には、それってアニメの中だけの話じゃないの?なんて人も、
それぞれがジングルベ~、ジングルベ~♪と過ごすあれですよ、
メリクリ、
そこからあけおめに続く年末年始、
冬至を過ぎて光が回復するとは言え、
まだまだ日も短く弱々しい北半球、
本格的な寒さはこれから、
体調崩さぬよう、次に会うまでお元気で、
みたいなところで今日はこれまで、
それでは皆さま、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん えび味噌ラーメン

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line