【サン食品】沖縄そば【生】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは久しぶりに空一つない秋晴れとなった、
先週の日曜日のことじゃったぁ。

20201101_24.jpg

これまた超久しぶり、
約一年ぶりに山歩き、
いわゆる一つの低山ハイキングに、
秋の日差しに誘われるように、
のこのこお出かけ、

20201101_20.jpg

ローカル色満載の駅に降り立ち、
準備運動もほどほどに、
てくてくハイキング開始、

20201101_21.jpg

感染拡大防止外出自粛を口実に、
日々ゴロゴロし続け、
すっかり怠けきったこの体、
駅から登山口まで歩いてきただけで、
すでにぐったりヘロヘロ、

20201101_22.jpg

ひたすら登りが続く山道じゃ、
息ははーはーぜーぜー、
心臓はどきどきばくばく、
ええ、分かってますよ、
かつてタバコを吸っていたせいで肺胞がつぶれ、
タバコをやめてもそれは回復せず、
酸素を取り入れる効率が悪く、
そのため呼吸は荒く脈拍は早くなる、
自業自得だと重々承知、

20201101_23.jpg

苦行難行、四苦八苦、
休み休みしながら頂上到着、
倒れ込むようにバタンキュー、
草の上に寝転んで、あー気持ちいい、
でも登った山は降りなきゃいけないのよね、
思いやられる下り道はまた後半で。

それでですよ、ここからが本編、
気がつきゃもう今年も11月、
先月は焼きそば月間と称して、
焼きそばを優先的にご紹介したため、
後回し先送り持ち越しとなったネタの中から、
食べたのがかなり前となってしまい、
もうすでに記憶も曖昧ミーな今回の品はコレ。

20201101_00.jpg

サン食品さんの、その名もシンプルに沖縄そば。
沖縄そばってーとね、かつて本土復帰したころ、

20201101_02.jpg

沖縄そばは蕎麦粉を使ってないからそばじゃない、
などと小役人から、
イチャモンをつけられたとかどーとか、
だったら焼きそばや中華そばはどうなんだ、
って話ですよね、

20201101_01.jpg

それはともかく、この沖縄そば、
生麺だけど室温保存可能ってことで、
貴重な冷蔵庫の一画を占拠しない、
ありがた~い一品となっております。

20201101_03.jpg

封を開けると中身はこんな感じ、
ごく普通のインスタント麺の景色、

20201101_04.jpg

作り方もインスタントラーメンと一緒、
慣れたもの、
なので、あっ!

20201101_05.jpg

という間に出来上がり。
ソーキの代わりに我が家の焼豚をちょいと乗せて、
同じバラ肉だから許してね、
このときは、まだ秋風冷たくなかったけど、
せっかくの熱々が冷める前に、
とっとといただいちゃいましょう、
はぁむ、はむはむ。

ふ、ふ~ん、はぁ~、
いいね、
出汁の旨味が効いた塩味の、
味わい深いスープ、

20201101_06.jpg

麺のゆで時間は2分半でもちょいと柔らかめ、
でもおいしいね、これ、沖縄そば、
こーゆー出汁で味わうそば、大好きです、
なんてことを思ったのは、
まだ暑さ寒さもなんちゃらかんちゃらって言っていた、
かれこれひと月以上前の、
とある休日のお昼どきでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで、前半のハイキング話の続き。
ようやくたどり着いた頂上、

20201101_25.jpg

まぁ、ここは車でも登ってこれる、
公園にもなっているんですけどね、
ちょいと長めのお昼休憩をとって、
さぁ、今度は下り坂です、

20201101_26.jpg

写真はちょっとなだらかな所で撮ってるけど、
実際はほぼ全編結構急な下り坂続き、

20201101_27.jpg

それも足もとは濡れていて、
石(岩?)は滑るわ、
ところどころぬかるんでいるわで、
そもそも下りは膝やふとももに負担がかかるし、
さすがに登りと違って、
肺がはーはーぜーぜー、
心臓どきどきばくばくしなかったけど、
足がパンパン、いててのてーっ!
つ、つりそーっ!

20201101_28.jpg

と弱音を吐きつつも、
どうにかこうにかゴールの駅に到着、

20201101_29.jpg

無事、帰宅の途についた、
この一年の運動不足を痛感した一日でした。
おしまい。
と言いつつ喉元過ぎれば熱さを忘れる、
1週間経てば筋肉痛を忘れる、
って忘れちゃいませんが、
性懲りもなくまた、この週末、
山歩きしてきました、
って話は次回、
刮目して待て!
いや期待しないでください、
んじゃ、その時までお元気で、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

more...

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 沖縄そば サン食品 ハイキング 美の山

line

【みんな知ってる】ナポリタン【五木食品】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

秋ですね。
包み込む空気の感触も明らかに変わり、
秋ですね。
秋といえばお月見。
今年の中秋の名月は10月1日、
でもそれを前にして早々に、
お月見をしてみました。

20200913_20.jpg

今やまだ飲食店が大打撃を受けている中、
なんじゃこりゃぁ~!?
道にまであふれるドライブスルー大渋滞、
店内も人人人の某ハンバーガー店、

20200913_21.jpg

ぺろぺろ~~~、
今年の月見は濃厚ふわとろ、

20200913_22.jpg

ぺろりんちょ、
定番のチーズ月見、
うん、やっぱりさすがは今年の新月見、
濃厚ふわとろはバンズまでふわふわで、
美味しかったですよ、
てな感じで今年も無事、
ジャンクフードな月見を楽しめたところで、
毎週お送りしている高塩分、高糖分な、
これもまたある意味ジャンクな食べ物のお話、
今週はどこのなんだか知らないけれど、
誰もがみ~んな知っているコレ、

20200913_00.jpg

その名もズバリ、ナポリタン、
そうです、
皆さんご想像どおりのアレです、
口の周りをオレンジ色に染めて食べるアレ、
そのまんまです。

20200913_01.jpg

作っているのは熊本県の五木食品さん、
五木食品さんって言うとね、
熊本ラーメンを始めとした九州ラーメンや、
その他にちゃんぽんやうどんなどで、
このブログでも色々とお世話になっておりますが、
こちらのナポリタンは熊本や九州などの、
地方色は微塵もない商品でございます。

20200913_02.jpg

中身はシンプル・イズ・ザ・ベスト、
麺とルーのツーピース構成、

20200913_03.jpg

ルーの袋に「自社開発」!
と自慢げに書かれてもね、
それが多くは普通じゃないかと、
まぁ、たしかに以前にも、
タレはよその会社からの調達品、
なんて冷やし中華があったりしましたけどね。

20200913_04.jpg

準備する材料はこちら。
ベーコンの代わりにソーセージ、
なんてのも全然ありありです、
お好きにイメージする具材でどーぞー。

20200913_05.jpg

作り方はまったくもって焼きそばと同じ、
麺を茹でる必要はありません、
具材を炒めて麺を炒めてルーとからめれば、

20200913_06.jpg

ほ~ら、あっという間に出来上がり、
粉チーズなんてもんを振りかけると、
まるで喫茶店みたい、
ちょっと高級感アップ、
では冷めないうちに、とっとといただきましょう、
ハムハムハム。

ほほぉ~、
もう、これはあれだね、
皆さんが今、脳内で再生したとおりの味、
バターの香りと甘いケチャップ味のナポリタン、

20200913_07.jpg

子供から大人まで、
みんな大好きナポリタン、
これはひょっとしたら、もしかしたら、
いやもしかしなくても、
食べざかりのおこちゃまなら、
おやつでペロリと食べられそうな、
昔お馴染み懐かしい味に浸った、
それは真夏のとある日曜日のことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

でねでね、
今のご時世、あまり外に出ることもなく、
必然的に家でゴロゴロ状態が増え、

20200913_23.jpg

ご多分に漏れず体重も勢い増えてしまい、
更にそれにつれて健康診断、
血液検査の結果にも、
色々とHのマークがついちゃって、

20200913_24.jpg

本来ならば、
ジャンクなフードを食べている、
そんなバヤイじゃありません、
でもやめられない、とまらない、
なのでもう少し過ごしやすい気候になったら、
どこか、
あまり密にならないようなところへ、
少しは体を動かしに出かけようか、
てなことを考えている今日このごろ、
皆さんも食欲の秋、行楽の秋、
その他、読書やら芸術やらスポーツやら、
来る本格的な秋を、
なんやかんやの防止対策しながら、
健やかにお過ごしくださいませ。
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : ナポリタン 五木食品 月見バーガー

line

【戸田久】もりおか冷麺


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

9月ですね。
暦の上ではとっくに秋でしたが、
気象台的にも秋になりましたね。

20200906_20.jpg

だぁがしかし、
いっときの猛暑は峠を越したとはいえ、
まだまだ残暑きびしい日もあり、

20200906_21.jpg

我が家のビオトープに住まう金魚もアップアップ、
そんな過ぎ行く夏を惜しんでお送りする、
今週のおウチde冷麺はこれだ!

20200906_00.jpg

戸田久さんのもりおか冷麺。
ええ、なんのひねりもない直球ストレート、
定番の商品ですよ、
比較的あちゃこちゃのお店で目にする、
昔から置かれている商品ですよ、

20200906_01.jpg

ええ、そうです、ネタ切れです、
そうそう毎回々々、
珍品奇品を見つけて来れないですよ、
でも、まぁ、定番商品でも、
今まで紹介したことがなかったので、
これを機会にひとつ、載っけておこうかなと、

20200906_02.jpg

んで、中身はこんな具合、
麺とスープとキムチの素、
あ、キムチの素は別に分けられていて、
辛さをお好きに調節できるようになってます。

20200906_03.jpg

作り方は、麺を茹でて、
水で薄めたスープと合わせて出来上がり、
なんだけど、
この「めんをほぐしながら」が、
冷麺調理のポイント、
実際にはほぐしながらじゃなく、
ゆで始める前にあらかじめ、
一本々々、バラバラにしておいたほうが、
食べたときに麺と麺がくっついていて、
あー、がっかり、
なんて切ない気分にならずに済むと思うよ。

20200906_04.jpg

ちなみにこんな食べ方もあるそうです。
あー、だから冬になっても、
この冷麺って売っているのね。

20200906_05.jpg

でもこれを食べたのは暑い日、
モチのロンで冷やしでね、
このとき庭に生えていたミョウガの花も添えて、
じゃ、温まらないうちにとっとといただきましょう、
ジュルジュルジュルリン。

ほほーっ、
キムチの素は半分だけ入れてみたけど、
ワタシ的には結構、辛め、

20200906_06.jpg

麺はやや柔らかめに2分間ゆでてみたけど、
それでも噛み切れないくらいの固さ、
あれ?
たらこも冷麺の具に案外イケるじゃん、
そんなことを思ったのは、
梅雨明け直後の暑さいよいよ到来した、
とある日曜日のお昼でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、現実に戻って、
今はもう秋、

20200906_22.jpg

海に誰もいないかどうかは知りません、
そもそも埼玉に海ないし、

20200906_23.jpg

つーか、今、
なんかすごい台風が近づいているようなので、
海に行かないほうがいいですよ、

20200906_24.jpg

と終始、収拾のつかない支離滅裂なお話も、
今週はこれまで、また来週、
あ、ホント、
台風の進路にあたったり、
お近くにお住まいの方々は、
くれぐれも警戒を緩めませんように、
それでは皆さん、お元気で、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 戸田久 もりおか冷麺

line

【郷土の味】ソフトスパゲッティ式めん【島根】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

真冬らしくきーんと寒い日があったかと思えば、
ふわーんと暖かい日になったりと、
気温の乱高下が激しく、
新型肺炎うんぬん以前に、
体調崩してしまいそうなこっち地方、

20200216_20.jpg

そのような中で、
先週もお伝えした我が庭園のクリスマスローズ、
今年も花を、
恥ずかしげに下を向いて咲かせ始め、

20200216_21.jpg

思えば天気の変化が大きくなるのも、
季節の変わり目、春の兆候、
皆さま、いかが春への期待に、
胸ふくらませておりますでしょうか。

さて、そんな春の芽吹きに関係なく、
季節感なしでお送りしている日本全国麺紀行、
今週お送りする麺類はこれだ!

20200216_00.jpg

知る人ぞ知る、
知らない人は全く知らない、
ソフトスパゲッティ式めん、
つーか、式めんって、
どんな方式に則っているのよ。

20200216_01.jpg

作っているのは島根県は出雲市の米山萬商店さん、
そーなんですよ、実はこれ、
昨年秋に鳥取・島根を旅した際、
出雲市駅に直結したお店屋さん街で、
島根のソウルフードとして売られていたのを、
自分へのお土産として買ったもの、
あれ?トマトルーは広島製かよ、
なんて一瞬、思ったけど、
考えてみりゃ広島と島根は、
おとなり同士だったのね。

20200216_02.jpg

中身はその広島製ルーと、
麺のツーピース構成、
あ、今、気づいちゃったけど、
パッケージの表記はトマトルウだったのね。

20200216_03.jpg

作り方は全くもって焼きそば的、
具材炒めて麺を炒めて、
そんでもってルウを入れて混ぜれば完成、
パッケージのイラスト眺めて、
これはアスパラだよな、
これは肉?
ナポリタンっぽいからピーマンや、
マッシュルームも入れちゃおう、
なんて勝手に想像しながら具材を買い揃えたら、

20200216_04.jpg

こんなところ、
ルーだかルウだかの袋の裏に、
細かい作り方とともに、
おすすめ具材も書いてあったよ、
今さら遅いよ、
でもピーマンは当たりだったよ、

20200216_05.jpg

んで、炒めて混ぜて、
粉末ルーだかルウだかをからめれば、
チャッチャッチャとすぐ完成、
このお手軽さもステキだね、
のんびり写真を撮っていて、
冷製スパゲッティ式めんになっちゃう前に、
とっとといただきましょう、
もぐもぐもぐもぐ。

んがーっ!なんだこりゃぁーっ!?
うまい。
文句なくうまい。
このやや甘めのケチャップソース味は、
間違いなく昭和の子供が大好きな味、
バターで炒めると香りとコクが加わって、
めちゃくちゃうまさ倍増、

20200216_06.jpg

太めの焼きそばのような、
細めのうどんのような、
絶妙な太さの麺、
適度な固さというか柔らかさというか、
これがまたうまい。
自分の記憶の中にある給食のソフトめんは、
もっと太くて柔らかだったよな、
これほど美味しくなかったよな、
こんなに美味な食べ物、
島根出雲のソウルフードにとどめておくのは、
もったいない、
もっと全国展開しても良いのでは?
そんなことを思った胃腸炎で苦しんでいた中でも、
美味しくいただくことができた、
とある年末年始の休日でのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

と、まぁ、今年はね、
早くも春めいて来ちゃったりしてね、
そういや寒い時期だからこそおいしいコレ、

20200216_22.jpg

鍋焼きうどんをまだ食べてなかったことに気づき、
機を逃さないうちにと、
家にあったもらい物の乾麺のうどんで、
慌てて作ってみました。
ひとり用土鍋でグツグツ煮込んだ鍋焼きうどん、
やっぱ冬の風物詩ですね、
ひと冬に一度は食べたておきたいですね、
あ、これなら季節感が充分にありましたね、
と過ぎゆく季節を名残惜しんで、
今日はこれまで、また来週、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : ソフトスパゲッティ式めん

line

【冬だから】盛岡温めん【戸田久】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

あの、いや、その、えっと、あたふたおろおろ、
べ、別に好きで寒いうちから、
咲いているわけじゃないんだからねっ!

20200202_20.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、ツンデレな狼狽です。
あ、間違えました、蝋梅です。
そんな慌てふためく蝋梅の向こうから聞こえてくるのは、
ギャーギャーにぎやかに騒ぐ声、

20200202_21.jpg

カモね、カーモね、そーおカーモねぇー♪
やーねー、
もう2月かもねー、

20200202_22.jpg

今年もあっという間にひと月が過ぎて、
残りたったの11ヶ月になってしまったかもねー、

20200202_23.jpg

一年なんて短いかもねー、
そろそろクリスマスの準備も、
始めなきゃ、かもねー\(^o^)/、
なんてギャーギャー言い合っているのか、いないのか、
それ以前にオマイラ、
春になったらシベリアに、
帰らなくていいカモなのか、どうなのか、
にしても冷たい水に浸かっているのに、
どうして足がかじかまないのか、
などなど色々考えると不思議カモな季節、
冬の夜をひとりカモ寝む皆さま、
いかがお過ごしでしょうか。

つーことで、今回お送りするのは鴨南蛮、
……………
…………
( ゚д゚)…
なーんて世の中、そんなに都合よくなく、
そもそも、鴨南蛮ネタなど持ち合わせていないので、
今回お送りするのはカモとは全く関係ないコチラ。

20200202_00.jpg

戸田久さんの盛岡温めん。
てか、温めんってなんぞや、
初めて聞いた食べ物だぞ?
ワタシの中で戸田久さんといえば冷麺、
盛岡冷麺もそこそこ有名、
そういやはるか昔、
こんなブログを始める以前に、
わんこそば食べに行ったついでに、
冷麺も食べてきたことあったっけ、

20200202_02.jpg

なので、これってひょっとかして、
冷麺の温かいバージョン?
寒い季節は冷麺売り上げ激減なので、
冬でも売れるよう、
冷麺を温かくしてみました的な?

20200202_01.jpg

ちなみに北緯40度は、
盛岡よりさらに北、
八幡平あたりであることが、
Googleマップから判明しました。

20200202_03.jpg

ほーら、
麺は見た目、やっぱり冷麺ですよ、
ちょっと細めの冷麺の麺ですよ、
ワタシの推測も、
あながち間違ってなさそうですよ(-ω☆)キラリ。

20200202_04.jpg

作り方はチルドラーメンと一緒、
麺をゆでて、
別に溶かしたスープと合わせれば出来上がり、
なんだけど、
冷麺と同じで麺と麺、
全体が固まり、がっちりくっついているので、
お湯に投入する前に、
バラバラにはがしておいたほうが、
出来上がりも麺が一本一本キレイに分かれて、
ステキな温めんが完成すると思われ。

20200202_05.jpg

そんなこんなで、
切れやすい麺に悪戦苦闘しながら、
一本一本麺をばらしてからゆでて、
完成したのがこちらの一品。
温めんが冷麺になってしまう前に、
とっとといただくことといたしましょう、
つ、つ、つるりん。

パッケージ写真に比べれば、
全然赤くない甘みのあるスープ…
って、あっ!辛いっ!
冷麺のようなキムチ由来の酸味はなく、辛っ!
奥行きのある味わい深い、辛っ!
いや、これ、唐辛子系の辛さが、
結構来ますよ、

20200202_06.jpg

赤いのはアップにしても、
ちらほら見えるこの程度、
でも、辛いですよ、
そして肝心の麺はやっぱり、
しこしこつるつるな冷麺のめん、
ま、そりゃそうだよね、
せっかく冷麺を売りにして町おこししたんだから、
冷麺を使わなきゃ意味ないよね、
冷麺の消費を伸ばす意味でも、
だけどこれはこれで美味しい、
単なる温かい冷麺とはちょっと違う、
他には似たようなものがない麺、
盛岡冷麺と同じように、
広く世に知られて有名になればいいね、
なんてことを思ったような思わなかったような、
それはまだ初冬の、
とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

いや、ホント、

20200202_24.jpg

ギャースカギャースカ、
うるせぇんだよ、オマイラ、

20200202_26.jpg

それも、
あっちへちょろちょろ、こっちへちょろちょろ、

20200202_25.jpg

うざってーたらありゃしない、
ちったぁじっと静かにしてろよ、
にしても日差しが徐々にまぶしくなってきたなぁー、
と風もなく日向ぼっこにちょうどよかったこの日、
一歩ずつ春も近づいてきて、
でも、あれですよ、
新型肺炎も怖いですけど、
毎年のあれ、
花粉も暖冬のせいで、
いつもより早く飛んで来そうですよ、
なので花粉症をお持ちの方々、
早めの対策、ご用心、
各地で極度の品切れ状態とのことですが、
マスクもこの先しばらく手放せなさそうですね、
もちろん花粉症じゃない人もお気をつけて、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 戸田久 盛岡温麺

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line