【戸田久】梅しそ冷麺


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

残暑お見舞い申し上げます。
つーか、なんざんしょねー、
立秋が来た時にゃこっち地方、その数日は、
お天道さまも空気を読んだか台風の影響か、
少しは過ごしやすい気温になったんざんすよー、

20180812_20.jpg

それがどうざんしょ、
台風も大したことなく通り過ぎた途端に残暑どころか、
また真夏の猛暑、酷暑、炎暑が戻ってきたざんす、
暦の上では秋なんて全くもって思えないざんしょ?
なので、どこか出かけるなんてとんでもないこと、
つーことで前振りの話にネタがなく、
またまた庭のミョウガで誤魔化しているところでございますが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、長い長い、そして暑い暑い今年の夏、
ここは夏らしく、首筋ヒヤリとお送りする今週の怪談、
じゃなくて麺談、番町麺屋敷、
今回の麺は首すじじゃなく喉ごしヒヤリなこちら、

20180812_00.jpg

お菊さんならぬ、
場末のスナックの奥にたたずむママのドレスのようなお梅さん、
そう、見た目も鮮やか、梅しそ冷麺。

20180812_01.jpg

多くは冷麺と言ったらキムチの酸味と辛さが特徴的だけど、
こちらの冷麺は日本で生まれ育ったら方なら一度は口にしたことがある、
そう、あの味、

20180812_02.jpg

ほんのり甘酸っぱい、初恋の味、
なんて勝手に想像と期待を膨らませておいて、
実際どうなのかは後でのお楽しみ、
乞うご期待。

20180812_03.jpg

二戸の柳がため息ついて、一戸の柳がささやいたー♪
作っているのは盛岡冷麺で有名な岩手の戸田久さん。
この会社の製品はワタクシもビビン麺とかじゃじゃ麺とか食べたことある、
ってあれ?そういやこれまで戸田久さんの純粋な盛岡冷麺を、
食べたことがないことに今さらながら気づいたワタシ、
次の夏に覚えていたら食べてみたいね、
と、この件については来年に先送り。

20180812_04.jpg

派手なドレスを脱いで、お梅さんの中身、
意外とスリムに麺とスープだけの地味なお姿、
案外、素朴なお方とお見受けいたしました。

20180812_05.jpg

おいしいつくり方。
麺を茹でて、水で洗い締めて、冷水で薄めたスープを加えれば出来上がり。
ここでマジメに冷麺ワンポイントコーナー
レシピには「麺をほぐしながら1分間ゆでる」とありますが、
冷麺の麺は一本いっぽんがガッチリガチガチにくっついて固まっています。
それをわずか1分間のゆで時間でバラバラにほぐすのは無理無理無理無理。
なのでお菊さんのように「いちま~い、にま~い」…じゃなく、
あらかじめ茹でる前に「いっぽ~ん、にほ~ん」とほぐしておくのがよろしいでしょう。

20180812_06.jpg

んで、冒頭の自家製みょうがや自家製トマト、
その他野菜に梅肉などを乗せて完成です。
さっそく冷めないうちに、いや、温まらないうちに、
とっとといただいちゃいましょう。
チュルチュルチュルリ。

おろ?
甘酸っぱいだけじゃなく魚のだしもきいてますよ、この梅スープ。
すっぱ辛い一般的な冷麺のキムチスープに比べても食べやすく、
あっさりさっぱり、
喉が乾いてベタベタした口の中もすっきり、

20180812_07.jpg

麺は冷麺そのもの、
コリコリ固くて噛みきれないほどだけど、
暑さで食欲減退している時でもツルッと喉に滑り込み、
さらに梅はクエン酸などが含まれ疲労回復にも有効、
まさに今年の異常な夏にはピッタリな麺類、
さすがお梅さん、
久しぶりに初恋を味あわせていただいた、
と言いつつも、初恋なんて昔過ぎてよく覚えてないし、
そもそも初恋の子は梅ちゃんじゃねーし、
そんなことをもうろうと考えていたのかさえ不明な、
脳みそもゆだる猛暑絶賛進行中だったとある休日の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

それで立秋も過ぎて今週はお盆もやって来て、
そろそろ実際に秋の気配も漂うはずのころ、
今年は本当に秋が来るのでしょうか、
心配にもなろうという今日このごろ、
ネタのない時の、我が庭園の生き物シリーズ。

20180812_21.jpg

セセリチョウ。
夏の強烈な日差しで白飛びしちゃって、
なんの種類か分かりません、
と写真が下手なのをお天道さまのせいにしちゃってスミマセン。

20180812_22.jpg

チェリーセージの花を狙っているように見えるでしょー。
でも、カマキリは肉食だから花なんて食べないですよー。
しかしこの暑さで虫も出てこないから、
お腹が減りすぎて花も食べちゃうかもー。

20180812_23.jpg

宿根あさがおとか琉球あさがおとか呼ばれる我が家のあさがお。
植えっぱなしで雪が降っても根っこで冬越しして、
毎年、春の終わり頃ににょきにょきぐんぐん伸びてきます。
いかにも夏っぽい花ですけど、
実際は涼しくなってから花を多く咲かせます。
とカレンダー上、祝日・日曜・お盆休みがつながったおかげで、
今年はワタシも久々に長めの夏休み、
自由研究、お手軽観察日記も順調!
なんてボケボケしているうちに、
夏休みもあっという間に終わっちゃうんだろうなぁ~、
そうこうしているうちに今回も終わり、
また次に会う日までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 戸田久 冷麺 梅しそ冷麺

line

【アワセそば】憧れの海人そば【沖縄】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

風が語りかけます…

20171203_21.jpg

うまい、うますぎるっ!
…って、埼玉県民には判る、
つか、埼玉県民にしか判らない超ローカルネタでスミマセン、
でも今は、こっち地方を舞台にしたドラマが人気なんだとかで、
見知った景色がテレビ画面に登場したとかしないとか、
地元の北埼玉住民は大盛り上がりの様子、
しかし残念ながらワタクシめ、
生まれも育ちもチバニアン、
埼玉に郷土愛なんて微塵もなくて、
盛り上がりを冷ややかに横目で眺めている状況、
そもそも、あれですよサイタマなんて海がないし、
冬は寒いし夏は暑いしで、ろくなもんじゃないですよ、
なんて言うと、サイタマ以外にも、
栃木群馬山梨長野岐阜滋賀奈良スイスモンゴルジンバブエ、
その他もろもろ内陸にお住まいの方々から、
逆に冷たい視線を送られそうなので先に謝っちゃいます、
スミマセン、ゴメンナサイ、
別に海なし県に対して他意偏見はございません、
そんな皆さま、いよいよ年末12月の寒空の下、
いかが冷たい風や視線にさらされていらっしゃいますでしょうか。

てなわけで今週の日本全国麺海道がお送りするのは、
前回までの四方全てを海に囲まれた北海道から、
一気に南下してやはり四方を海に囲まれたこちらの県のこちらのそば、

20171203_00.jpg

そう、12月に入って暦の上だけではなく、
気象庁的にも名実ともに冬となった今でも、
そこはまだまだ夏の陽気、
いや、ワタシね、寒いのが大の苦手、
ちょっとでもスースーするのが大嫌いなんですよー、

20171203_01.jpg

今のこのまま、さらに歳を重ねると、
下は毛糸のパンツにももひき2、3枚、
上もTシャツにラクダのシャツに腹巻き、とっくりセーターに、
加えてどてらちゃんちゃんこと、
着るものも重ねてダルマ状態になりかねない、
ところが反対に夏の暑さはへっちゃらさー、
てか、ぐわっと汗が吹き出すくらいじゃなきゃ夏じゃないさー、
ってくらい夏が好き、

20171203_02.jpg

なので人生最後は南の島の、
特別養護老人ホームで過ごしたい、
そんな希望も込めて、
沖縄の沖縄による沖縄のための沖縄そばを食べてみました、
って、ここまでがなげーよ、長過ぎだよっヽ(`Д´)ノプンプン!

20171203_03.jpg

そうこうしているうちに既にそばの封は切られ中身のご紹介、
と言ってもそこは普通にインスタント麺、
麺とスープの簡単構成、
南の島でも変わったことはありません。

20171203_04.jpg

作り方も特に変わりなし、と言いたいところですが、
しかしそれが変わっているんですよー、
多くの場合、麺を茹でた後、そこにスープの素を入れて溶かすとか、
あるいは丼ぶりで別にスープをお湯で溶かしておいたりしますけど、
しかし今回は、麺が茹で上がったら茹でたお湯は捨てて湯切りをし、
麺とスープの素をそのまま丼ぶりに直接投入、
そしてそこにお湯を注ぐいて麺と一緒にかき混ぜてスープを溶かす、
なぜか不思議な特殊な方法、
一般的な溶かし方とどこがどう違うのか、そんな方法で作ったのがこちら。

20171203_05.jpg

じょじょーん!
ソーキ肉の代わりにいつもの自家製チャーシュー、
そして冷蔵庫を見たら真っ赤な紅しょうががなくて、
代わりに真っ黄色な市販の錦糸卵があったので、
それを乗せて出来上がり。
では失礼して、お先に早速いただきます、
じゅじゅじゅーん。

あ…、
まず最初に言っておきますが、
錦糸卵、
彩り的には綺麗でした、
でも、味的には微妙な甘みが合いませんでした、
なのでオススメはいたしません。
チャンチャン。
で、気を取り直し、
透き通ったスープは、
スープの素を取り出した時に香った魚系の匂いが、
溶かしてしまうと感じられなくなり、
あっさりお上品な香りと塩味のお出汁に大変身、

20171203_06.jpg

麺は見た目にも平べったいのが特徴的、
ただ歯ごたえボソボソ、
うどんのようなムチムチ感はなくて、
沖縄そばってこんなものだったでしょうか、
もうウン十年前に一度だけ行ったきりの、
遠い南の島に思いを馳せ、
その時は調子に乗って真っ赤っ赤に日焼けしちゃったよなぁ、
とか、
冬の寒さは嫌だけど、最近の夏はハンパなくて、
夏は大丈夫なんて言っていると、
熱中症で死んじゃうかもね~、
なんてことが脈絡もなく頭をめぐった、
それはまだ秋なのに真冬のような寒さだった、
そんな休日の昼下がりの出来事でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで、冒頭の「うまい、うますぎる」、
何のことかと申しますと、
サイタマのローカルテレビで流れる、
サイタマのローカルまんじゅうCMのセリフでありまして、
『風が語りかけます』と言って、
『うまい、うますぎる』とすぐ返ってきたら、
その人は99.9999%間違いなくサイタマ人、

20171203_22.jpg

さらにその地元を舞台にしたドラマ人気に乗っかったのかどうなのか、
定かではありませんが、
こっちのローカル鉄道もドラマとの関連性を連想させる、
足袋の形の切符を発行したりしております、
ところが残念でした、ワタシ、そのドラマは見ておりません、
つーか、ワタクシめ、
テレビは特に地上波キー局、
関東で言うところの日テレ、TBS、フジ、テレ朝、
それに加えてテレ東も、
深夜アニメを除いてほとんど見ません、見ておりません、
そもそも今期はこの5局の中じゃ、
深夜アニメは「ゆゆゆ」の1本しか見てないしー、
つーことで上に写っている、
足袋の形の切符を使ってどこへ行ったのか、

20171203_20.jpg

それは紅葉狩りも兼ねて今年最後のハイキング、
なーんてお話はまた今度、
それでは皆さま、ますますこれからが寒くなる時期、
風邪などひかれませんよう、
部屋の明かり消しながら、また会うその日まで、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 沖縄そば アワセそば 陸王 十万石まんじゅう

line

健診結果が気になるあなたに


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

きょーねんの、あーなたの、おーもいでがー♪

20170806_23.jpg

そんな感じでお盆も終わってしまった今年の夏…
なんてこの話の流れが分かるあなたは昭和生まれの昭和育ち、
R-40指定の本ブログ、
いや、グレープや精霊流しを知っているのはR-50か、R-60か?

20170806_22.jpg

そんなナウいヤングもこのお盆休みに帰省して、
あるいは親類家族子供孫ひ孫が家にやってきて、
飲んで食べての大騒ぎ、

20170806_24.jpg

そうなると血圧に血糖値、尿酸、中性脂肪、コレステロール、
GOTとGPT、そしてγ-GTP、
GOTとGPTは最近、AST、ALTと言うそうですが、
それら検査値が気になるお年ごろ、
そこでお送りする今週のためしてガッチョん、
あ、先ほどから差し込んでいる写真は、
前に行った秩父山歩きの写真の残りもの、
そこで、健康志向のあなたに紹介する秩父のお土産、
まず最初の一品はこちら。

20170820_00.jpg

麺は麺でも、
麺風こんにゃく、なんちゃって麺、麺っぽいこんにゃく、

20170820_01.jpg

大豆を練り込んで風味豊か、
でもこんにゃく、

20170820_02.jpg

なので、こんにゃく14キロカロリー、
ドレッシングと合わせても74キロカロリー、

20170820_03.jpg

特に血糖値高めの方が気になる炭水化物は、
こんにゃく・ドレッシング両方で7.3グラム、
糖尿病治療目的の厳しい糖質制限でも、
1食20グラム以下と言われているので、
これなら余裕のよっちゃんの健康健全食品。

20170820_06.jpg

中身はこんな感じ。
食べるごまのドレッシング付き。
って、食べないゴマってどんなゴマなんだよ!
と思わずツッコんでしまいたい衝動にかられます。

20170820_07.jpg

これが麺、て言うか、
こんにゃく、
つーことは、しらたき?糸こんにゃく?
そんな感じの細長い物体です。

20170820_05.jpg

調理方法、
というほどのものでもありません。
こんにゃくを洗って水切りして、
ドレッシングをかけて出来上がりの、
本ブログ始まって以来の超簡単お料理、
というほどでもないこんにゃく、

20170820_08.jpg

こんにゃくだけじゃ物足りないので、
自家製野菜にサラダチキンやシーチキン、
ハムにタマゴと食物繊維、タンパク質、ビタミン等々も加えて、
いっただきま~す!

ツルツルツル。
ふんふん、麺を袋から出した時、
そして水洗いする時に、
例の独特なこんにゃく臭がしたのに、
ごまのドレッシングが合うのか、
食べる時には気になりません、
でも、こんにゃくの水切りが不足していたのか、
あるいは野菜の水分のせいか、
ドレッシングが薄くなってしまったのがちょっと残念、

20170820_09.jpg

麺はつやつやツルツルしこしこ、
食感も良くてこりゃ悪くない、つーか美味しいぞ!
しかし、そこはこんにゃくなだけに、すぐお腹が空いてしまうのがちと残念、
ごちそうさま…

…と、今回はこれだけでは終わりません、
夏のスペシャルこんにゃく食後高血糖改善計画第2弾、
日を改めて食したのはこちら。

20170820_10.jpg

こんにゃく大豆そうめん!
こっちはそうめんと言い切る清々しさが感じられますけど、

20170820_12.jpg

商品名称はやっぱりこんにゃく、
先ほどの大豆麺風こんにゃく同様、秩父の製品、

20170820_11.jpg

気になる炭水化物は3.3グラムと、
こちらもびっくりする超ローカーボ!
なのでこっちはちょっとカーボを加えてみようかと。

20170820_13.jpg

製品の袋の裏に書いてあった、こんにゃくそうめんペペロンチーノの作り方、
こんにゃくそうめんを水切りして乾煎りする際に、
普通に茹でたパスタも追加して増量、
んで出来たペペロンチーノがこちら。

20170820_14.jpg

こんにゃく+パスタのペペロンチーノ。
もちろんパスタを加えた分、糖質も増量しているわけですが、
逆に100%パスタに比べれば、こんにゃくの分、ローカーボになってるわけで、
これも、こんにゃくを袋から出した時に感じたこんにゃく臭が、
食べる時には気にならず、
パスタと混ぜるとそもそもこんにゃく自体がよく分からない、

20170820_15.jpg

てか、こんにゃくが混ざることによりシコシコ感がアップして、
かえっていいかも、美味しいかも!
ダイエット目的のロカボで、
寿司屋にまで行って寿司のシャリを残すなんて人がいるそうですが、
だったら寿司を食うなよ、最初から刺し身を注文しろよ、
と行き過ぎた糖質制限もどうかと思いますけれど、
血糖値改善・食事療法目的でも、
行き過ぎ・やり過ぎは長続きしないと思います、
普段の食事はこんな感じでちょっとは気を使いながら、
たまには、
たま~には、
週に1回、2回、3回くらいは、
どかんと糖質たっぷり美味しいものを食べて、
検査結果が気になる昭和生まれ昭和育ちの皆さん、
健康的な生活を送りましょう、
あ、そういやワタクシ、今週人間ドックだった、
そんなことを思い出し、
なんかどこか憂鬱になった、夏終盤の休日でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

どうも(`・ω・´)ゞ、コモドオオトカゲです。

20170820_20.jpg

スミマセン、嘘をつきました、
キュウリの葉っぱに鎮座まします、
いわゆる普通のカナヘビです。
我が家の庭の、プランター菜園の自宅警備員をしております。
で、そのプランター菜園の現状はと申しますと、

20170820_21.jpg

こんにゃく麺には使いませんでしたがピーマン、
今年は小粒ですけどたくさん実をつけました。

20170820_22.jpg

こっちはプランターじゃなく、もともと庭の地面に生えているミョウガ、
8月に入ってからの長雨で、
元気ににょきにょき花を咲かせました、
こちらは、こんにゃく麺に使いました、
おいしくいただきました。

20170820_23.jpg

今年の大当たりは、このキュウリ。
4本398円(たしか)で苗を購入し、プランターに植えた3本はダメだったのに、
直接地植えした1本が元気ハツラツ、
その1本から次々と枝分かれし、今までに50本近くのキュウリを収穫、
ついに1階の窓のひさしを越え、ツルの先端は2階にまで進出、
脚立を持ち出さないとキュウリがとれません、
それ以外には、トマトも今年はいつも以上に今ひとつ、
って結局、プランターで育てたものはほぼダメでしたー(TдT)、
プランター菜園難しいです、
しかし日照不足・冷夏で野菜価格も上昇気味な昨今、
多少なりとも家計に貢献しています。

20170820_24.jpg

今回はネタも夏枯れ、
このブログらしくない苦しいネタで長々と申し訳ありません、
次回は平常運転に戻り、
糖質ドカンとカーボ全開でお送りする予定ゆえお許しを、
そんなところでちょうど時間となりました、
次に会うまでお元気で、ご健康で、
それでは皆さん、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : こんにゃく こんにゃく大豆そうめん 大豆麺風こんにゃく

line

【モランボン】冷麺でお肌ぷるぷる


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

秋ですねー。
そう、もう秋なんですよ皆さん、
暑かろうが涼しかろうが秋なんです、
気象台的には9月になったら秋なんです、
で、秋とは言えば月見、

20160911_20.jpg

満月ぅ~、空にまんげつぅぅぅ~♪
東へ、にぃしへ~♪

20160911_21.jpg

秋になったらコレを食べなきゃ今年も始まりません、
ってもう今年は既に残り4ヶ月を切ってますけどね、
ワタシ的には満月よりノーマルの月見の方が美味しかったかな?
そんな感じで皆さま、
いかが秋を早々に味わっておられますでしょうか。

と、ここまでが導入部分、イントロ、アバンタイトル、
そして、これからが本編、
鉄は熱いうちに食え!
……
って、あれですよ、
鉄を熱いうちに食ったら、
……

…ヤケドしますよ、
そうじゃなくて、
冷麺は暑いうちに食え!
秋とは言っても暑さ続く夏の名残り、
そんなある日、食べた一品がこちら。

20160911_00.jpg

ごま豆乳冷麺!
なんかね、ゴマとか豆乳とかって段階で、
何となくヘルシーじゃないか?って勘違いしてしまうのですが、
更になんと、コラーゲン1000mg配合ですよ!

20160911_10.jpg

タウリン1000mg配合!ってファイト一発なドリンク剤がありましたが、
こっちはコラーゲン、
真夏の太陽で傷めつけられたお肌にうるおいを!って寸法、
1000mgって言われると、スゲーいっぱい入っている気になりますが、
グラムで言うと1g、キログラムだと0.001kg、
そう思うと、果たして多いのやらどうなのやら、
つーか、1000mg摂るには二人前食べなきゃいけないので、
あらかじめお腹を空かしておいてくださいね。

20160911_02.jpg

中身の説明つき。
ふんふん、へ~、
そうですか~。

20160911_03.jpg

そしてこちらが実際の内容。
包装袋の説明と照らし合わせながら、
作る前にちゃんと、
麺、よーし!
スープ、よーし!
と指差し確認しておきましょう。

20160911_04.jpg

作り方。
冷麺なので、スープは冷たい水であらかじめ溶かしておき、
更に冷蔵庫で冷やしておくと完璧です。
そして冷麺ならではのご注意。
大抵の冷麺の麺は、がっちりベッタリくっついて塊になっています。
そのまま、固まったままお湯に投入してもまず、ほぐれません。
茹でる前に一本々々、バラバラにしておきましょう。
地道で、めんどくさい作業ですが、
おいしくな~れと祈りながら、こつこつほぐしましょう。

20160911_05.jpg

麺のゆで時間はたったの1分、
麺ほぐしのイバラの道を通り抜けてしまえば、あっちゅーまに完成、
祈りが通じたかどうか、とっとと確かめてみましょう。
モグモグモグ。

スープはあっさり、そしてほんのりゴマ味、
豆乳ぽさは感じられません、
もちろんコラーゲンぽさも、
つーか、それ以前にコラーゲンの味ってどんな味なのか知りませんが。

20160911_06.jpg

麺は、これぞ冷麺!
固くて全く噛み切れません。
何度もモゴモゴ噛んでいるのですが、
結局はそのまま、飲み込んでいる感じ、
これは顎の筋肉が鍛えられ、
なおかつ、固いまま胃に送られるため消化が遅くなり、
急激な血糖値の上昇が抑えられる、
二重、三重の健康増進策なのか、
コラーゲンのおかげででお肌の小ジワも取れてツルピカ、
血圧は下がり、痛風は治まり、肩こりは軽くなり、
その他にも各地から、
「朝からどっさりスッキリ!」
「髪の毛が生えました!」
「自転車のパンクが治りました!」
「すべり止めにギリギリようやく合格しました!」
「自分探しの旅に出たままだった父が帰ってきました!」
などなど、たくさんのうれしいお便りをいただいております。
ありがとうございます。
※あくまでも個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

どうも(`・ω・´)ゞ、ご無沙汰しておりますた、

20160911_22.jpg

バッタです。
秋になり、羽も生えそろい大人になることが出来ました。
応援、ありがとうございました。
これもコラーゲンのお陰、
なーんてワタシは簡単に騙されませんので、ご安心を。

20160911_23.jpg

ドドーン!
仮面ライダーじゃありません、
その原型、バッタの茶色バージョンです。
思えば秋になったということは、
ワタシたちの寿命も残りわずか、
こうしてお目にかかるのも、あと数回あるかないかだとは思いますが、
次にお会いする時まで、お元気で、
あ、今週後半はワタシも自分探しの旅に出ますので、
皆さまのところに顔をだすことが出来ませんことを、
あらかじめお許しいただき、
それでは皆さま、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : モランボン 冷麺 豆乳 コラーゲン 月見バーガー

line

【戸田久】じゃ、じゃ、冷やしで【盛岡】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう、
どうも(`・ω・´)ゞ、ユキノシタです。

20160522_21.jpg

日の当たらない所でも力強く育つユキノシタ、
そんな地味な植物に相応しい、パッと見た目は小さくて目立たない、
質素な花を咲かせています。

20160522_22.jpg

最近なぜか不思議と細かいものが見づらくなったワタクシには、
肉眼で詳細まで見えないその花も、

20160522_23.jpg

アップして見ると、ビックリ、この通り、
可憐な色合い、魔法少女のような形、
そんじょそこらの蘭の花にも負けない、
陰からあなたを見守っているわ、
なんて、まるでワタシのような花、
っつーわけで、皆さま、
いかが初夏の日差しを眩しく感じていらっしゃるでしょうか。

さて、日本全国麺街道、
食べて転んで七転八倒、
じゃなかった七転び八起き、
日陰の妖精さんのようなワタシが、今回食べたのは、

20160522_00.jpg

じゃじゃじゃじゃーん!
岩手盛岡じゃじゃ馬ならし、
じゃなくて、
いわて盛岡じゃじゃ麺じゃー。

20160522_01.jpg

「郷土の味」と言っても、故郷の土の味がするという意味ではなく、
生まれ育った土地で慣れ親しんだ、懐かしい味っつー意味じゃから、
勘違いせぬようにするのじゃー。

20160522_02.jpg

作っておるのは、もちろん郷土の地元、
岩手県の二戸、一戸、一戸、
ヘヘヘのへ~の戸田久さんじゃー。

20160522_03.jpg

中には、麺が2つにタレが2つ、
お二人様仕様になっておるのじゃー。

20160522_04.jpg

作り方は、「温かく」あるいは「冷たく」のいずれか、人生の別れ道、
二者択一なのじゃー。
って、違いは麺をゆでて水でしめたあと、
再度、温めるか否かだけなので、
せっかくの二食入りなのじゃから、
一食ずつ、温と冷にしても構わないのじゃー。

20160522_05.jpg

と言っても、すでに冷たい方が美味しい季節、
今回は冷やしでいただくのじゃー。
っつーか、野菜やカニカマ、卵の具材をたっぷり乗せたら、
麺がどっかに行って見えなくなってしまったのじゃー。
それでは早速、混ぜこぜしていただくのじゃー。
バリパリもりもりツルツルごっくん。

おー!タレがピリ辛、
大量の野菜にも負けていないのじゃー。

20160522_06.jpg

麺は、きしめんのような、平たい薄い麺なのじゃー。
ちょっと長めに茹でたのじゃけど、
歯ごたえ充分、コシのある麺じゃー。
野菜もいっぱい摂れて、
ヘルシー、満腹、満足な、
気持ちいい春の昼下がりじゃったー。
ごちそうさまでした。
じゃ、じゃ、じゃー。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

と、そんな感じで、
人生の残り時間をただ無益に消費しているわけですが、

20160515_22.jpg

今はまだ~、人生を~、人生をぉぉ~かたぁらずぅぅぅ~♪
って、語るほどの人生を歩んでいるわけでもないので、
トマトの成長について語っちゃおうかなーってことで、

20160522_40.jpg

ゴールデンウイークに植えたトマトも、
およそ半月でミニトマトのプチトマトがつきました。
ボク、トマトの赤ちゃん!
って感じで、まだまだ収穫には遠いですが、
皆さまとは遠くないうちに、またお会いできればと思っております。
それまで皆さま、お元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 戸田久 じゃじゃ麺

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line