【さか枝】今年のうどん旅行のお土産


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

20171231_20.jpg

ついに今年、2017年も今日で最終日を迎え、
まだバタバタと年越しの準備に追われている方、
もう既にのんびりと年越しを待っている方、
年末年始なんてかんけーねーと日常通りに過ごされている方、
そんな悲喜こもごもの大晦日、
この一年を振り返ってみれば、
こんな生きていくのに屁の役にもたたないブログなのに、
身の丈に合わないほどの、
かくも多くの方々にご来訪・ご愛顧いただき、
感謝感激雨あられもない格好で、
ハッピーニューイヤ~ンばか~んうっふ~ん、
大変、ありがとうございました。

さて、皆さま方におかれましても、
2017年、様々な思い出を作られたことと存じますが、
我が家でも、この一年の、最大の思い出といえば、
やっぱり四国を旅しての讃岐うどん食べ歩き
つーことで、2017麺ゆく年くる年、
今年最後にお送りするのはこちら。

20171231_00.jpg

その旅行の時に購入した、お土産うどん、
どこで買ったのかと言えば高松市内の、

20171231_01.jpg

セルフサービスとは言え、
かけうどん小一杯180円でビックリのさか枝さん、
うどんを食べたカウンターの片隅に、
並べて売られておりました。

20171231_03.jpg

生うどん、と言ってもご覧の通り、
半生以上の乾き具合、
麺の折り曲がったところはポロポロと、
欠けてしまってございますでおりまする。

20171231_02.jpg

そんなわけで、
麺のゆで時間は10分から12分と結構、長め、
暮れのせわしない中でも心落ち着かせ、
上り立つ湯気でも眺めながら、ゆるりと茹でましょう。

で、各種あるうどんの食べ方の中から我が家は今回、
釜あげうどんをチョイス、
茹で上がったうどんは湯切りや水洗いをせず、
茹でた鍋からそのままうどんをすくい上げ、
温めておいた丼ぶりに入れて、
生卵と明太子を乗せれば、

20171231_04.jpg

見た目に彩りも鮮やかに、
釜たま明太子うどんの出来上がり~、

20171231_05.jpg

12分を越えるゆで時間で、
この色艶、生うどんが大復活、

20171231_06.jpg

ぐるぐる、グリグリかき混ぜて、
埼玉北部やグンマーでは「かんまして」と申しますが、
とにかくうどんと玉子と明太子を良く混ぜあわせて、
さっさととっとといただきましょう、
ズルズルズルリ。

んま~、
長めに茹でても、このモチモチ感、
魚卵と鶏卵のコクに、
醤油をたらさなくても明太子の充分な塩加減、
これが美味くないはずがない、
そしてゆで時間は長くても、
後は混ぜるだけの簡単調理、
食べるのもさっさと食べられて、
年末のクソ忙しい時にモッテコイ、
なんて年末と言ってももうすぐ終わってしまうところ、
さらに実はこれを食べたのは、
まだ12月も始めの頃だったりして、
ネタを小出しにしているものでスミマセン、
こんな感じで2017年最後はオタオタして、
お後もあまりよろしくないようで失礼しました、
この後はそばでも食べて紅白見て寝よーっと。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、あらためまして、
2017年は皆さま方にはいつもいつもお付き合いいただき、
誠にありがとうございました。
2018年もまた、お暇がございましたら、
引き続きお取り立ていただけますよう、
よろしくお願いします。
そして2018年が皆さまにとって良い年でありますよう、
お祈り申し上げます。
では、ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 讃岐うどん さか枝

line

【マルちゃん】2017今年最後の限定焼そば


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

も~ろ~びと~、こぞ~り~て~♪

20171224_20.jpg

地蔵は~来ま~せり~、南無~♪
どうも(`・ω・´)ゞ、
ぼ、ぼ、僕らは少年合唱団っ♪
そう、ワタシたちが地蔵少年合唱団です、南無~。
世間では西洋のお祭りで飲めや歌えの大騒ぎ、
一方で恋人たちはしっとりすっぽり、
そしてワタシたち地蔵五人衆はおごそかに、
きぃ~いよ~ひ~こ~の夜ぅ~、南無~♪、
そんな寒風吹きすさぶ清彦の夜、
皆さまは三角帽子をかぶって鼻メガネかけて、
手には寿司折ぶら下げ千鳥足で、
いかが華やかに飾られた街をさまよい歩いているでしょうか、
って、清彦ってどこの誰なんでしょう。

さて、そんな街の喧騒とはかかわりなくお送りする、
今週の焼きそば冬景色、
取り上げて見ましたのはこちら。

20171224_00.jpg

マルちゃんの冬限定、てりやきソース焼きそば。
そういやこの一年、
我が家では焼きそばを食べる機会が、
例年に比べて多かった気がするんですよ、

20171224_01.jpg

ってね、年末のこのクソ忙しい時に、
今年、何回焼きそばを食べたかなんて数えてられないし、

20171224_02.jpg

それ以前に、例年何回焼きそばを食べているのか、
なんてのも数えてられないので、
本当に今年は焼きそばを多く食べたのか、
それは感覚的で曖昧なもので、
気のせいだったらスミマセン、

20171224_04.jpg

つーか、そもそも皆さま方にとって、
ワタシが焼きそばを年何回食べたかなんて、
どーでもいいことでしたねー、
失礼しました、

20171224_03.jpg

ま、所詮プログ、
個人的なことをつらつら書き綴ってナンボですからお許しを、
なんてホント、どーでもいいこと書きなぐっているうちに年末進行、
サクサク進んで、焼きそばだけにちゃちゃっと炒めて、
目玉焼き乗せて、はい、完成。

20171224_05.jpg

寒さ厳しい折、さっさと食べないとすぐ冷たくなっちゃうので、
とっととお先に失礼していただきます、
ズルズルずるり。

ん~、甘さ際立つ焼きそばですね~。
それ以外、これと言って特徴なく、
言われなければ、てりやきとも気付かず、
普通にちょっと甘めの焼きそばって感じ、

20171224_06.jpg

麺も普通、
ってゆーか、きっとマルちゃん焼きそば全商品共通の麺なんでしょうね、
でも今年一年、色々な味の焼きそばを食べて感じた、
焼きそばの懐の深さ、幅の広さを最後にあらためて確認した、
そんな今年の締めの焼きそばでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、やっぱり今年何回、焼きそばをたべたか、
ちょっと気になるので、暇にまかせて、
じゃなくて、忙しい合間を見て、
ブログにアップした焼きそばの記事を数えてみたところ、
今年は8回、
ついでに去年はと言うと4回、
焼きそばを食べたのにブログの記事にしなかったのは、
多分、年にせいぜい多くての1、2回だと思うので、
今年は焼きそばをたくさん食べたというのは、
気のせいじゃなかったようです。

20171224_21.jpg

さて、今年もいよいよ残すところ1週間、
ただでさえ寒くて血圧が高くなっているところに、
ケーキを食べて血糖値も上昇、

20171224_30.jpg

ヒートショックで心筋梗塞、脳梗塞を起こさぬよう、
暖かくして、

20171224_31.jpg

ゲームなどしながらぬくぬくダラダラと、
暖かくして聖夜をお過ごしください。
んで、来週、1週間後は大晦日、
おそらくそれが今年最後のお目もじする機会、
それまで皆さま方もお元気で、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 てりやきソース グラコロ

line

【藤原製麺】北と西のコラボうどん


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

さーみーしさにー負けたぁぁぁー♪

20171217_20.jpg

いえ、世間にぃ…、
あ、
そういや聞くところによると、
再来年にゃ時代が新しくなるとかで、
そうなるとあれですよ、
昭和なんてもう二(ふた)時代も前、
アタシみたいな昭和に生まれた世代から見た明治時代、
みたいな感じになっちまうわけで、
嫌ですねー、もう昭和は大昔ですよ、
そんな寒さも骨身にしみる昭和生まれの皆さま、
いかが世間に負けずに生きていらっしゃるでしょうか。

でいつもの通り、今までの昭和の話とは全く何の脈絡もなく、
唐突に本題に入る今回の日本全国麺風来坊、
お送りするのはこちら。

20171217_00.jpg

藤原製麺さんの「鯛だしうどん」。
いやね、藤原製麺さんって言うとね、
独特製法が特徴の感想ラーメンが有名なんですけどね、
今回はうどん、つーことで、

20171217_01.jpg

それも日本の西、四国は宇和海産、鯛のお出汁と、
日本の北、藤原製麺さんのお膝元、
北海道の丸大豆しょうゆを使った、
西と東がコラボレーションした麺つゆ、
どんなうどんが出来るのかお楽しみの巻。

20171217_04.jpg

で、中身はどんなかと言うと、
いつものラーメンと同じ、
麺とつゆのツーピース構成、

20171217_05.jpg

ところが麺はさすが藤原製麺さん、
ほら、うどんの乾麺っつーと、
普通はまっすぐストレート、棒状の麺が多いでしょ、
それがこちらはラーメンのように、
くしゃくしゃくねっとまとめられた麺、
それもガッチリ乾燥させられた感じが、
まるで藤原製麺さんのラーメンのようですね。

20171217_03.jpg

作り方。
うどんなんで、かけでもざるでもどちらでもOK、

20171217_02.jpg

暖房の効いた部屋で食べる冷やしうどんも乙なもの、
なんですけど、やっぱ寒い時期は暖かいものを食べたくなる、
ってーのが人情というもの、
なんで今回は、暖かいかけうどんでいただきましょう、

20171217_06.jpg

作り方もまるでインスタントラーメンのよう、
前述のようにガチガチに乾燥した麺なのでゆで時間は5分半とやや長め、
茹で上がったら、そこにそのままつゆの素を溶かし入れれば出来上がり、

20171217_07.jpg

じゃじゃーん、
って、うどんに白髪ネギ、カマボコと白基調で、
見栄えが今一つでスミマセン、
では失礼して、お先にいただきます、
ズルズルずるりんこ。

つゆを溶かすときにプ~ンと匂った魚ダシの香りが、
食べる段にはさほど気にならず、

20171217_08.jpg

麺はというと、
ズッ、ズッ…
ん?これは?
ズッズッズー、
そうそう、この口唇を通り抜ける時の、
ツルツルっとした感触、
あれですよ、あれ、
そうめんの暖かいやつ、
にゅうめん、
透明なやや甘めのおつゆと相まって、
どこかお上品なおうどんに仕上がった、
そんな感じの、それはまだ初冬の昼下がりでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

でね、
今年もいよいよ残すところ2週間ばかりとなって、
気持ちだけがソワソワして、
でも、寒くて何をしようという気力もなく、

20171217_21.jpg

こうしてまた一つ、年をとっちまうんでしょうなぁ、
なんて昭和生まれらしく爺臭いことをつぶやいているうちにも、

20171217_22.jpg

こんな寒さに負けず、
我が家のシャコバサボテンは次々と花を咲かせております、
というところで、ちょうど時間となりましたぁ~、
お後がよろしいようで、
ってオチも何もありゃしませんが、
それでは皆さま、お元気で、
部屋の明かり消しながら、また会うその日まで、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 藤原製麺 鯛だしうどん

line

【旭屋】まるでうどんのような焼そば【浪江】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは11月最後の穏やかに晴れた、
小春日和な日曜日のことじゃったぁ~。

20171210_21.jpg

前回の最後に予告したもみじ狩り、
これが今年最後のハイキング、山を歩きたいと思い向かったのは、

20171210_22.jpg

アルプス一万じゃーく、こやりのうーえで、
って残念ながら10,000尺(約3,000m)もありません、
そこは最高峰でも標高500m弱しかない長瀞アルプス、
去年は11月のはじめに訪れてみたものの、
紅葉には早くて、ちょっと残念な思いをしたので、
今回はその時のリベンジ、

20171210_23.jpg

この時はもう既に平地でも紅葉の見頃、
なので低いとはいえ山の紅葉はどうなのか、
期待と不安が入り混じりながら山登り開始、

20171210_24.jpg

暑くも寒くもなく丁度いい気候の中、ナラの林をサクサク進むと、
あれ?紅葉、いいんじゃね?ちょうどよくね?

20171210_25.jpg

何の木なんだか、真っ赤に染まった紅葉に足を休めながら、
やって来ました、たどり着きました、
このハイキングコースの最難関、

20171210_26.jpg

ここから目指す宝登山頂上まで高さにして100m以上、
まっすぐ山道の階段登り、
なのでまずは一息入れて、続きは後半で。

さて、ようやくここからが本ブログの本編、
毎度お送りしております、山とは全く関係ない日本全国麺歩き、
今週ご紹介する麺はこちら、

20171210_00.jpg

旭屋さんの『なみえ焼そば』。
いや~、いっときブームになったB級グルメ、

20171210_01.jpg

今でもその人気は持続しているのかは存じませぬが、
こちらはB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞したとのこと、

20171210_03.jpg

更にこの春から夏クールに放送された深夜アニメで紹介されつつも、
結局バブル期のようなブームは再燃しなかった懐かしのミニ独立国、
それをこちらでは平成の世になって建国、
王様の姿も凛々しくご活躍されている様子、

20171210_04.jpg

そう皆さまご存知の浪江町、
その名が全国に知れ渡ったのは、あの大震災とその後の原発事故のせい、
あれからはや幾年、なのにそれでもまだ復興道半ば、

20171210_05.jpg

頑張れ、浪江町!
負けるな、浪江町!
なみえ焼そばを食べて浪江町を応援しよう!
な~んて高尚な志をワタシが持ち合わせいるはずもなく、

20171210_02.jpg

この記事の趣旨もいつものように、
ただ美味しい麺を食べてみよう、
それだけのちっちゃな目的でございます、
んで、こちらのなみえ焼そば、
シンプルイズベストを地で行くのが特徴のようで、

20171210_06.jpg

中身もシンプル、麺と真っ黒いソースの、
これ以上ない簡単明瞭な構成、

20171210_07.jpg

このむっちり極太麺もなみえ焼そばのもう一つの特徴、
食べごたえがありそうで、期待に胃がふくらみます。

20171210_08.jpg

基本、具材もシンプル、もやしと豚バラ肉だけ、
作り方も焼きそばなだけにシンプルそのもの、
もちろん自分流に好きな具材で楽しむのもあり、

20171210_09.jpg

と言うことでお言葉に甘えていつものワタシ流に、
もやしと豚バラ肉にキャベツ、ニンジンも加えて完成。
それでは失礼してお先にいただきます。
ムグムグムグ。

濃厚ソースはどちらかと言えば甘め、
麺3袋に対してもやし1袋では少しもの足りず、
もっともやしが多くても良かったかなと後悔先に立たず、

20171210_10.jpg

太くて、さらに長い麺はモッチモチ、
まるで柔らかめのうどんのよう、
3食を二人でシェアして1人1.5食、
期待通り胃も膨らんでシアワセいっぱい、お腹いっぱい、
そんなささやかな生きている喜びを感じた、
それはまだ秋と呼ばれる季節の、日曜日の昼下がりでした。
ちなみに浪江焼麺太国ホームページにあった次の一文、
『今の私たちには「おこす町」がありませんが「のこす町」があるのです。』
に心動かされたワタシでした。
やっぱり頑張れ浪江町!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、もみじ狩り話の続き。

20171210_27.jpg

ヒーコラヒーコラ、数段登っては休憩しながら、
たどり着いた長瀞は宝登山の頂上、
ここでもまだいい感じに紅葉し、見晴らし・景色も抜群、

20171210_29.jpg

今年最後の秋の陽気を楽しもうと、
ロープウェイで登ってきた人も加わって、
大勢がお弁当を広げる一画で、
我が家もお昼休み、
外で食べるご飯はなぜこんなに美味しいんだろうと思いつつ、
にしても去年に比べるとここまで多少、楽に登って来れた気がして、
この春から月に平均2回のペースで歩いていた成果が出たのか、
でも、これから冬ごもりしてしまうと、また体がなまっちゃうんだろうな、

20171210_28.jpg

後はふもとの駅まで一気に山を歩いて降りた、
そんな今年のもみじ狩り山歩きじゃったぁ~。

思えばそれからもう2週間が経ち、
今や季節はすっかり冬模様、

20171210_30.jpg

我が家のシャコバサボテン、一番花、
まずは赤い花から咲き始めました。
いよいよ今年も半月と少し、
意味もなくソワソワし始める頃、
皆さま方も前方、足元、頭上注意して、
怪我なくお過ごしくださいませ、
それでは、部屋の明かり消しながら、また会うその日まで、
ごきげんよう、お元気で(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 旭屋 焼きそば 浪江焼そば 長瀞アルプス もみじ狩り

line

【アワセそば】憧れの海人そば【沖縄】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

風が語りかけます…

20171203_21.jpg

うまい、うますぎるっ!
…って、埼玉県民には判る、
つか、埼玉県民にしか判らない超ローカルネタでスミマセン、
でも今は、こっち地方を舞台にしたドラマが人気なんだとかで、
見知った景色がテレビ画面に登場したとかしないとか、
地元の北埼玉住民は大盛り上がりの様子、
しかし残念ながらワタクシめ、
生まれも育ちもチバニアン、
埼玉に郷土愛なんて微塵もなくて、
盛り上がりを冷ややかに横目で眺めている状況、
そもそも、あれですよサイタマなんて海がないし、
冬は寒いし夏は暑いしで、ろくなもんじゃないですよ、
なんて言うと、サイタマ以外にも、
栃木群馬山梨長野岐阜滋賀奈良スイスモンゴルジンバブエ、
その他もろもろ内陸にお住まいの方々から、
逆に冷たい視線を送られそうなので先に謝っちゃいます、
スミマセン、ゴメンナサイ、
別に海なし県に対して他意偏見はございません、
そんな皆さま、いよいよ年末12月の寒空の下、
いかが冷たい風や視線にさらされていらっしゃいますでしょうか。

てなわけで今週の日本全国麺海道がお送りするのは、
前回までの四方全てを海に囲まれた北海道から、
一気に南下してやはり四方を海に囲まれたこちらの県のこちらのそば、

20171203_00.jpg

そう、12月に入って暦の上だけではなく、
気象庁的にも名実ともに冬となった今でも、
そこはまだまだ夏の陽気、
いや、ワタシね、寒いのが大の苦手、
ちょっとでもスースーするのが大嫌いなんですよー、

20171203_01.jpg

今のこのまま、さらに歳を重ねると、
下は毛糸のパンツにももひき2、3枚、
上もTシャツにラクダのシャツに腹巻き、とっくりセーターに、
加えてどてらちゃんちゃんこと、
着るものも重ねてダルマ状態になりかねない、
ところが反対に夏の暑さはへっちゃらさー、
てか、ぐわっと汗が吹き出すくらいじゃなきゃ夏じゃないさー、
ってくらい夏が好き、

20171203_02.jpg

なので人生最後は南の島の、
特別養護老人ホームで過ごしたい、
そんな希望も込めて、
沖縄の沖縄による沖縄のための沖縄そばを食べてみました、
って、ここまでがなげーよ、長過ぎだよっヽ(`Д´)ノプンプン!

20171203_03.jpg

そうこうしているうちに既にそばの封は切られ中身のご紹介、
と言ってもそこは普通にインスタント麺、
麺とスープの簡単構成、
南の島でも変わったことはありません。

20171203_04.jpg

作り方も特に変わりなし、と言いたいところですが、
しかしそれが変わっているんですよー、
多くの場合、麺を茹でた後、そこにスープの素を入れて溶かすとか、
あるいは丼ぶりで別にスープをお湯で溶かしておいたりしますけど、
しかし今回は、麺が茹で上がったら茹でたお湯は捨てて湯切りをし、
麺とスープの素をそのまま丼ぶりに直接投入、
そしてそこにお湯を注ぐいて麺と一緒にかき混ぜてスープを溶かす、
なぜか不思議な特殊な方法、
一般的な溶かし方とどこがどう違うのか、そんな方法で作ったのがこちら。

20171203_05.jpg

じょじょーん!
ソーキ肉の代わりにいつもの自家製チャーシュー、
そして冷蔵庫を見たら真っ赤な紅しょうががなくて、
代わりに真っ黄色な市販の錦糸卵があったので、
それを乗せて出来上がり。
では失礼して、お先に早速いただきます、
じゅじゅじゅーん。

あ…、
まず最初に言っておきますが、
錦糸卵、
彩り的には綺麗でした、
でも、味的には微妙な甘みが合いませんでした、
なのでオススメはいたしません。
チャンチャン。
で、気を取り直し、
透き通ったスープは、
スープの素を取り出した時に香った魚系の匂いが、
溶かしてしまうと感じられなくなり、
あっさりお上品な香りと塩味のお出汁に大変身、

20171203_06.jpg

麺は見た目にも平べったいのが特徴的、
ただ歯ごたえボソボソ、
うどんのようなムチムチ感はなくて、
沖縄そばってこんなものだったでしょうか、
もうウン十年前に一度だけ行ったきりの、
遠い南の島に思いを馳せ、
その時は調子に乗って真っ赤っ赤に日焼けしちゃったよなぁ、
とか、
冬の寒さは嫌だけど、最近の夏はハンパなくて、
夏は大丈夫なんて言っていると、
熱中症で死んじゃうかもね~、
なんてことが脈絡もなく頭をめぐった、
それはまだ秋なのに真冬のような寒さだった、
そんな休日の昼下がりの出来事でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

んで、冒頭の「うまい、うますぎる」、
何のことかと申しますと、
サイタマのローカルテレビで流れる、
サイタマのローカルまんじゅうCMのセリフでありまして、
『風が語りかけます』と言って、
『うまい、うますぎる』とすぐ返ってきたら、
その人は99.9999%間違いなくサイタマ人、

20171203_22.jpg

さらにその地元を舞台にしたドラマ人気に乗っかったのかどうなのか、
定かではありませんが、
こっちのローカル鉄道もドラマとの関連性を連想させる、
足袋の形の切符を発行したりしております、
ところが残念でした、ワタシ、そのドラマは見ておりません、
つーか、ワタクシめ、
テレビは特に地上波キー局、
関東で言うところの日テレ、TBS、フジ、テレ朝、
それに加えてテレ東も、
深夜アニメを除いてほとんど見ません、見ておりません、
そもそも今期はこの5局の中じゃ、
深夜アニメは「ゆゆゆ」の1本しか見てないしー、
つーことで上に写っている、
足袋の形の切符を使ってどこへ行ったのか、

20171203_20.jpg

それは紅葉狩りも兼ねて今年最後のハイキング、
なーんてお話はまた今度、
それでは皆さま、ますますこれからが寒くなる時期、
風邪などひかれませんよう、
部屋の明かり消しながら、また会うその日まで、
ごきげんよう(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 沖縄そば アワセそば 陸王 十万石まんじゅう

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line