【龍上海】赤湯からみそラーメン【山形】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

20180930_21.jpg

萩、
よく苗字で萩原さんだか荻原さんだか、
どっちがどっちかわからなくなるけど、
これはハギ、

20180930_22.jpg

尾花、
昔、ヤクルトスワローズのピッチャーで、
尾花さんっていましたっけねー、

20180930_23.jpg

女郎花、
これでオミナエシって読むのは、
どう考えても当て字でしょー、
そんな秋の七草が咲く中、

20180930_24.jpg

東京湾に注ぐ頃には、
川幅も広くゆったりと流れる荒川も、

20180930_25.jpg

この辺りではまだ急流、清流、渓流の、
水清らかな荒川上流、奥秩父の入り口に、

20180930_26.jpg

つい先日、
久しぶりに行ってきました、
歩いてきました。

秋の七草以外にも、

20180930_27.jpg

キンモクセイが超満開、
秋真っ盛りを香りとともに演出していたり、

20180930_28.jpg

以前、奥秩父では梅雨時に見たタマアジサイも、
ここではまだ綺麗な花を咲かせていたりして、

20180930_29.jpg

写真を撮りながらふらふらと、
少し歩いちゃ写真をパチリ、
またちょっと歩いちゃ写真をパチリと、
それで余計な時間を食ったのかな、
なんて、今となっては思ったりもしますが、

20180930_30.jpg

でもね、ここまでは、
この山の入り口までは、
まだまだ余裕だったんですよ、
なめてましたよ、
つーところで後半に続く。

と、山歩きで紙面をだいぶ使ってからの、
ようやくお送りする本ブログの本題、本編、
食欲の秋、ラーメンの秋、
今回紹介する化粧箱入りのちょっとおしゃれしたラーメンはこちら。

20180930_00.jpg

山形赤湯からみそラーメン龍上海。
もうパッケージをチラッと見ただけで、
辛いんじゃないかと想像させるなんて、

20180930_01.jpg

そう思ったらやっぱり、
「からみそ」は「辛味噌」だったんですねー、
パッケージに印刷されているラーメンに乗っかってる、
謎の物体の赤が、より辛さをイメージさせてくれてます。

20180930_02.jpg

実店舗の外観や、
お店の中はこんな感じ、

20180930_03.jpg

お店の説明、
って、字が小さすぎて読めないですねー、

20180930_04.jpg

こんな感じで作ってます、

20180930_05.jpg

お店の場所はここ、
って、よっぽどの地元の人じゃなきゃ分かんないんじゃねーの?
と前置きの山歩き話に写真をいっぱい貼り付けてしまって、
どっちが本編か分からなくなってしまったので、
無駄にこっちにも写真をペタペタ貼り付けてみました、
ゴメンナサイ。

20180930_06.jpg

販売は地元山形の会社さん。
山形のお土産品を色々と取り扱っている会社みたいです。

20180930_07.jpg

箱の中身はこんな感じ、
麺とスープと、そして辛味噌、
生ラーメンとしては特に珍しい風景ではありませんね。

20180930_08.jpg

いよいよラーメン話も佳境に入って作り方。
麺を茹でるのとスープを作るのが別々なのは、
いつもの生ラーメンの作法、
麺のゆで時間は4.5分から5.5分と少し長め、
出来上がったら最後に辛味噌をお好みで少しずつ、
ここ、今回の話の重要なところなので2回言います、
辛味噌はお好みで少しずつ、すこ~しずつ加えましょう。

20180930_09.jpg

んで、完成。
ブログの写真は見た目が勝負、
辛味噌はもちろん、
食べる前から全部絞り出して乗せてみました。
では早速、いただいてみましょう、
ズルッズルッズルリ。

あはっ、
スープ自体はシンプルな、
魚介系だしの香りがする軽い味噌スープ、
では、辛味噌を混ぜてみて~の、
あ、うん、
唐辛子の香りが1プラス(+)、
で、辛さは、まぁ、袋全部を入れても、
2プラス(++)って感じですかねー、
いや、やせ我慢じゃなくてね、ワタシね、
世間一般から比較すると、
あくまでも比較での話ですよ、
ワタシ、Red noodle syndrome ってほどじゃないですけど、
比較的、辛さは好きな方なので、
この辺は割り引いて話を読んでください、
あ、でも、食べ進むと汗がジワジワたれてきた。

20180930_10.jpg

麺は短め、
ズッと一息ですすれる、
ズズッズ~と麺をすすって食べるのが苦手なガイジンさんでも、
これなら食べやすい長さ、
ゆで時間4分半でもやや固めでモチモチ、ワタシ好み、
スープは少し濃いめに作った方が、
辛味噌の味もより引き立つかな、
なんてことを汗をカキカキ思いながらスープも残さず完食した、
それはまだ今年の猛烈な暑さが残り、
暑さによる汗なのか、ラーメンによる汗なのか、
多分、両方の汗をカキカキした、
そんな秋の初めの日曜日、
昼下がりのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そして前半の続き。

20180930_31.jpg

山に入ったらこうでした、
急な斜面をジグザグとひたすら登り、

20180930_32.jpg

その後も、その後も、
急な山道を延々登り、
登って登って登り坂、
写真を撮る余裕は精神的にもなくなり、

20180930_33.jpg

ようやく少しは登り降りも緩やかなところに出て、
遠くに望むダムなどをパチリ、
ここまで来れば目的地、山の頂きはもうすぐかしら?
なんて思った自分が甘々でした、
既に山頂まで登って引き返してくる人に、
この先の状況を聞いたところ、
え゛~っ、まだまだずっと先なの?
この先、岩場の登りもあるの?

20180930_34.jpg

進むにつれぼんやりガスって来て、
もうふとももは痛いし、ふくらはぎはパンパンだし、
気力も萎えてきたし、

20180930_35.jpg

このまま頂上まで向かっても、
休憩なしでひたすら山を下りなきゃ、
時間的に帰りのバスにも間に合わなくなるし、
つーことで、途中でタイムアウト、ギブアップ、

20180930_36.jpg

登りが急なら当然、
下山路の林道もかなり急な下り坂、
靴ひもを締め直しても足の親指が押され、
痛みに耐えながらほうほうの体で家路についた、
久々の山歩きでした。

ちなみにスマホのGPSアプリでの記録はこんな感じ、

20180930_20.jpg

 活動時間 6時間10分
 活動距離 11.39km
 高低差 660m
 累積標高上り/下り  929m / 856m 
 消費カロリー  2500kcal 

これでもワタシとしては時間的に余裕を見たんですけどねー、
つくづく己の体力の無さを痛感したところで、
この記事をアップしようとしている今まさに、
日本列島を台風が縦断出発進行中、
今週後半、ワタクシめ、
旅にポッキーしてこようかと、
まぁ、その、ポッキーを持っていくつもりはありませんが、
なので皆さまのところに顔を出すことができませんので、
あらかじめご了解、ご了承、ご容赦くださいますよう、
お願い申し上げようとしたら、
なんと、次の台風も発生しているとのこと、
果たして旅に出ることができるのか、帰ってこられるのか、
結果はいかにっ!?本日はここまでっ!
つーことでまた会う日までお元気でっ!
それでは皆さま、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 龍上海 味噌ラーメン からみそラーメン 山形ラーメン 秩父御岳山

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line