【壱番館】尾道生ラーメン


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

なんかここに来て季節の変化が一段と加速したような、
そんなこっち地方。

20181125_20.jpg

我が家の猫のひたいほどもある広大な庭の片隅にある、
ワタシにどこか似た可憐な小菊も、
先週はわずか数輪だった花を、
一週間でこんなに多く咲かせ、
菊って案外、秋も遅くなってから咲くものなのね、
なんて今さらながら思う今日このごろ、
皆さま、いかが冬仕度を始めているでしょうか。

さて今週も飽きずにお送りする新ラーメン紀行、
今回旅するラーメンはこちら。

20181125_00.jpg

おのみちぃーはー、いつか来たみーち♪
そう、尾道生ラーメン。
知る人ぞ知る、知らない人は知らない、
ワタクシ事で恐縮ですが、
てか、そもそもブログなのでワタクシ事しか書きませんけど、
実はワタクシめ先月の上旬、尾道に行ってきたんですよー、

20181125_01.jpg

そのとき泊まった尾道駅前ホテル、
なんて書くと、
ひなびた駅前のビジネスホテル、
を想像されてしまうかも知れませんが、
いやいやこれが海の見える小洒落たホテル、

20181125_02.jpg

そこでお菓子やらなんやら、
色々ともらい、
こりゃお土産買わずにすんだと思った中の一品、

20181125_03.jpg

もちろん、壱番館さんは地元の尾道ラーメン屋さん、
でも残念なことに尾道の街なかを散策した際、
このお店の前は通らなかったんですよねー、
今さらながら、お店の方にも行ってみれば、
店のラーメンと比較できたのに、
と思ったり思わなかったり。

20181125_05.jpg

お土産ラーメンらしいしっかりした化粧箱の中身は、
ラーメンががっつり四人前、
今回はこのうち二人前を食べてみましょう。

20181125_06.jpg

尾道ラーメンの特徴といえば背脂、
それらしく脂がしっかり入ったスープに、
麺は平打風麺、
んんん?
先月の旅行で実際に食べた尾道ラーメンは、
二ヶ所とも丸い中太麺だったけど、
やはり壱番館さんの実店舗ではどうだったのか、
気にはなっても今となっては後の祭り。

20181125_04.jpg

お召し上がり方。
いやいや、この歳になって今さら、
他人さまからラーメンの召し上がり方なんか教わんなくても、
割り箸を口に加えて、片手でパチンと割って、
おもむろにズルズルと麺をすすり込みゃいいんだろぅ~、
って、そーゆー意味じゃなくてですね、
ラーメンの作り方ってことで、
特徴的なのは先週の味噌ラーメン同様、
スープを鍋で一度、煮立てること、
それ以外はいつもの生ラーメンと同じ、
そんなこんなで出来上がりがこちら。

20181125_07.jpg

ではではお先に失礼して、
秋風で冷めないうちに、
とっとといただきましょう、
チュルチュルチュル。

あは~ん。
見た目は醤油色で真っ黒でも、
お味はそれほど濃くない、しょっぱくない、
昔からお馴染みの、少し甘めな醤油ラーメンのお味、
尾道ラーメン最大の特徴の背脂は、
お店のラーメンのようにゴーロゴロ、
ってな訳にはいかず、
脂身のカスみたいなのが少々、
その代わり溶けた脂が表面に層を形成。

20181125_08.jpg

やや細めの平打風麺は、
1分少々のゆで時間でもパツパツな歯ごたえ、
ただ少し半なまの乾麺のような匂いがしたのがちょっと残念、
やっぱり現地で食べた丸い中太ストレート麺の方が、
ワタシ個人的には好みだったなぁ、
それにしてもさほど時間が経っていないのに、
尾道を旅したのがもう随分と昔のことに感じられるなぁ、
そんなことをふと、頭をよぎった気がした、
それは秋中盤のとある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

いやホント、
ここ数日、日を重ねるごとに、
寒さが一段ずつ強くなって、
着るものも一歩ずつ冬モード、

20181125_21.jpg

我が家の出窓を飾るシャコバサボテンも、
一つずつ花が開き始め、
なんてね、
もう庭を彩るのは菊くらいしかなくて、
屋内の花でごまかすシーズンとなってしまいました、
てへぺろ(*ノω・*)、

20181125_22.jpg

てなところで本日はこれまで、
次に会えるその日その時までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 壱番館 醤油ラーメン 尾道ラーメン

line

【マルちゃん】麺屋彩未【札幌】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

さびしさにぃ~、宿を立ちいでてながむればぁ~、

20181118_20.jpg

いづこも同じ秋のゆふぐれぇ~、
あ~、そうなんだ~、
平安の世の中でも秋は寂しかったんだ、
メランコリーだったんだ、
なんてことを思ったり思わなかったりする秋、

20181118_21.jpg

日々、ざわざわと忙しくしているうちに、
時だけはどんどん流れているけれど、
師走、歳末のせわしさに比べれば、
どこかのんびり落ち着いた雰囲気の11月、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、平成の世、最後の秋に、
昭和生まれの昭和育ちの方々が多く集う、
こちら、昭和めん探訪へようこそ、
あ、もちろん、
昭和生まれの平成育ちの方も、
平成生まれの平成育ちの方もウエルカム、
そんなこんなでお送りする今週の麺はこちら。

20181118_00.jpg

マルちゃんの頂点の一杯シリーズから、
札幌「麺屋彩未」味噌ラーメン、
つーか、ここのところ、
ラーメンと言えば味噌ラーメン続きの我がブログ、

20181118_01.jpg

いや別に、他意はないんですよ、
味噌ラーメン大スキーってわけでもなく、
たまたま、偶然、続けて食べたってだけで、
まあ、強いて言えば、
秋のせい?
っつーことにしておいてください。

20181118_02.jpg

中身、ってここまで来るといつもと同じ、
いづこも同じ、
な~にも変わりない秋の風景どころか、
一年中同じ風景が広がっちゃってます。

20181118_03.jpg

んで、ちょっと麺に寄ってみたりして、
マルちゃんじゃなくて東洋水産のマークが入った袋に入った、
いかにも札幌味噌ラーメンぽい色合いの縮れ麺が、
期待度を押し上げてくれます。

20181118_04.jpg

ハウツー作り方。
麺を茹でるのはいつも通りなんですけど、
少しばかり手が込んでいるのはスープ、
多くの場合はどんぶりで直接、お湯でスープを溶かすところを、
この製品は鍋でスープを溶かして一煮立ち、
火を通すところが違います、

20181118_05.jpg

さらに手間を加え、
炒めた具材にお湯とスープを加えて溶かし、
具材の旨味をスープに移して美味しさアップ、
ただ、野菜も一緒に煮込まれるので、
多少、水っぽくなってしまうのが好みの別れるところ、
いずれの方法にしても、
スープの素が溶け残る悲劇も避けることができて一石二鳥、
あとは、皆さまの好きずきで。

20181118_06.jpg

そんなこんな、なんだかんだで、
後者の方法で作ったのがこちら。
ラーメンが伸びてしまわないうちに、
とっとといただきましょう、
ツルツルツルリン。

ムホホホホー!
なんかね、コショウの香り・味がするスープで、
あ、悪い意味じゃなくて、
それでいて辛みはなくて美味しいスープで、
そーいや昔はラーメンに、
コショウを振りかけるのが当たり前、
ラーメン屋のカウンターにはコショウのビンや缶が、
普通に置いてあって、
おっちゃんたちがどばどばコショウをかけていたっけ、
そんな昭和な懐かしさも思い出させてくれて、

20181118_07.jpg

細めの縮れ麺も、ツルツル軽く食べられ、
あっさり軽いスープも全部飲み干すことが出来て、
あっちゅーまに完食、
昔は暴飲暴食してもびくともしなかった、
しかし昨今、流行りのこってり系が、
かなり重く感じるようになった、
昭和生まれ昭和育ちの胃にも、
今回のは優しい味噌ラーメンだったなぁ、
そんなことを思っり思わなかったりした秋中盤の、
まったりしたとある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

なんかこうね、
日の暮れるのも早くなって、
色々とテンションだだ下がり、

20181118_22.jpg

何をする気も起きない今日このごろ、
このままじゃ紅葉の見ごろも逃しちゃうなぁ~、
なんて思いつつも、

20181118_23.jpg

家でゴロゴロしつつ、
ラーメンを食っている方が好きな、
これが本来のワタシ、
な~にもせずに、ぼ~っとしているのも、
これ、しあわせ、
てなところで本日はこれまで、
次に会えるその日その時までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 味噌ラーメン 札幌 麺屋彩未

line

【日清】焼そばガーリックバター醤油味【秋限定】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

秋です。
少なくとも我が家地方ではまぎれもなく間違いなく、
明らかにいずれにしても秋です。

20181111_22.jpg

気象庁的には秋は9月から11月の3ヶ月、
その最後のひと月、3ヶ月目に突入したし、
北国からは初霜だの初氷だの、
もう冬の便りが届き始め、
秋でも晩秋の様相、
つーか、立冬を過ぎて暦の上ではもう既に冬、
そこで完全な季節遅れとなる前に、
あわててお送りする今週の、
秋深き、隣の人が食べていたのはこちら。

20181111_00.jpg

日清さんの太麺焼そばシリーズから、
秋限定ガーリックバター醤油味。
ガーリックバター醤油のどこが秋なのか、
もしかしてニンニクの収穫は秋?
と思って調べたら、
ニンニクは初夏が収穫時期のようで、
じゃあなんで?と考えること小一時間、

20181111_01.jpg

おすすめ具材のしめじ、
すなわちキノコで季節感を演出させようしているのか、
と思いつつも、今どきゃしめじは一年中店頭に並んでるしねー、
そんななんとなくな秋限定品、

20181111_02.jpg

中身はあっさりさっぱりシンプル構成、
麺とソースだけの二人前、
これだけを見ても所詮、焼きそばだし、
皆さんご存知のように作り方は超簡単、

20181111_03.jpg

でも一応、作り方を確認しておきましょう、
あ、やっぱり、いつも通りに作ればOKです、
ちなみに作り方2項目めの麺を炒めるところ、
絵では具材をフライパンの中でよけて、
空いた半分で麺を炒めておりますが、
具材を一度、フライパンからお皿に出しておいて、
麺をフライパンいっぱいに広げて炒めると、
少量の水でも麺が非常にほぐしやすくなるのでおすすめです。

20181111_04.jpg

そうすることにより麺を炒める時間も短くなり、
あっちゅーまに出来上がり。
秋の気温で冷めないうちに、
とっとといただきましょう、
ムサムサムサ。

んはぁ~、
これは甘じょっぱい、こってり醤油味、
ソース的なので焼きそばとも良く合う醤油、
ガーリックの風味は漂うけど、
つぶガーリックは気づきませんでした、ワタシは。
そしてバターはちょっと物足りない感じ、
食べるときにバターひとかけらでも加えた方が、
よりコクがでて美味しくなると思われ。

20181111_05.jpg

麺はその名の通り、太麺もちもち、
そーいや一昔前、二昔前、もっと前?
焼きそばってゆーとソース焼きそば一択の時代、
その頃のあたしゃ、なぜかソース焼きそばが好きじゃなく、
添付のソースは使わずに適当に塩コショウを振って、
塩焼きそばにして食べていた、
それに比べりゃ今の焼きそばは、
塩味焼きそばはもちろん、他にも色々な味が出てて、
どれも美味しくて、良い世の中になったものだなぁ、
そんなことを思った、
秋空の広がった晩秋の入り口の、
とある休日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

とまあ、今回は秋を前面に出してお送りしてみました、
んが、

20181111_20.jpg

ここで夏の代名詞、あさがおの話、
我が家のグリーンカーテン、
二階の窓まで覆い尽くす日よけとして活躍した宿根あさがお、
実はこの、琉球あさがおだの、
ノアサガオだのとも呼ばれる宿根あさがお、
夏過ぎて、秋の11月になっても花盛り、

20181111_21.jpg

放っときゃ霜の降りる12月頃まで咲き続けます。
季節は既に日よけより、
逆に日光のぬくもりが欲しい季節となり、
残念ながらこれが今年最後の姿、
バッサリ切って撤去してしまいました、
また来年、根っこから芽を出して、
夏の日差しを遮って貰えれば、
てなところで本日はこれまで、
次に会えるその日その時までお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 日清 焼きそば 季節限定 秋限定 ガーリックバター醤油味

line

【アイランド食品】味噌ラーメン桑名【札幌】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

秋ですねー。
こっち地方もすっかり秋になりました。

20181104_22.jpg

そんな柿の実もたわわにみのった秋の日に、
性懲りもなく行ってきました、出かけてきました、

20181104_21.jpg

ダンジョン攻略(ハイキング)。
何が性懲りもないかと申しますと、
以前、ちょっとレベルの高いダンジョン(山)へ攻略しに行った時
おのれのレベルの低さ(体力の無さ)ゆえに、
敵(急坂その他諸々)にむざむざとやられ、
ボスキャラ(頂上)に辿り着く前にフラフラのボロボロ、
HP、MPともにゼロ寸前(魔法は使えないけど)、
途中リタイア・敗退すると言う苦い体験をしているので、
今回は過去に何回か攻略済みのこちらのダンジョン、

20181104_23.jpg

秩父手前の美の山にチャレンジ、
ここだったら今回も制覇することが出来るだろう、
と思いつつも実は今年の夏
同じここを攻略しに出かけてみたものの、
思わぬ敵(体温並みの暑さと湿度)にやられて、
やはりヘロヘロのボロボロだったのも、
記憶に新しいところ、

20181104_24.jpg

さて今回はどうなるか、
なんだ坂こんな坂、
つい先日、尾道の坂を登ったばかりの体に鞭打って、
えっちらおっちらダンジョンに、
歩を進めはじめたのでありました。
後半に続く。

んで、ここからが本題、
今週お送りする、
秋の田のかりほのいほのラーメンはこちら。

20181104_00.jpg

久々のアイランド食品銘店伝説から、
札幌味噌ラーメン桑名。
その手は桑名の焼きハマグリ、
の桑名は三重県だけど、
こっちの桑名は正真正銘札幌の味噌ラーメン、
気がつきゃ二週続けての味噌ラーメンと相成って、

20181104_01.jpg

いや~もう今の季節、
やっぱ味噌ラーメンが温まるよね~、
って今回も実際にこれを食べたのは、
もうかれこれ1ヶ月以上も前、
秋もまだ序の口の頃だったんですけどね~。

20181104_02.jpg

中身はいつも通りのインスタントラーメン、
麺とスープの最小構成、
これ以上パーツを少なくしようと思うと、
チキンラーメンやカップヌードルのように、
麺にスープを吸わせるとか、まぶすとか、
そうなると店のラーメンを再現するとのコンセプトから外れ、
別次元の食べ物になってしまうと思われ。

20181104_03.jpg

麺は強コシちぢれ麺。
腰を強打して痛みに縮れてしまった、
そんな麺をイメージしていただくと、
余計わけわからなくなりますのでご注意ください。

20181104_04.jpg

作り方、
はもう皆さまご存知の通り、
あーして、こーして、こうすれば出来上がり。
銘店伝説の掟は、
もはやラーメン作りの基本のベース、
当然の常識、
後は前回もお話したように、
味噌系の半固形スープの素は溶け残らないよう、
よ~く、よ~~く溶かすように。

20181104_05.jpg

はい、あーして、こーして、できました。
お先に失礼して、のびないうちにとっとといただきましょう、
ズルズルズルリ。

んごっ、ぷばっ、
あ、ミソだ!
味噌ラーメンだから当たり前だけど、
これぞ味噌ラーメン、
昔からの味噌ラーメンって感じ、

20181104_06.jpg

味噌ラーメンとしてはやや細めの麺も、
ゆで時間1.5分でほどよい食感、いい感じ、
これぞ札幌味噌ラーメン、
美味しい味噌ラーメン、
いよいよ味噌ラーメンの季節だね、
と思ったのは、
とある秋風が吹き始めた日曜日の昼下りのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そして前半の続き。

20181104_25.jpg

はい、頂上に着きました、
思ったよりあっさりと。
でも途中々々、削られたHPを、
ポーション(水その他)で回復しながら、
いつも通りにゆっくり攻略、
きっとあれですね、
真夏の強敵、温度・湿度に比べれば、
今の季節はほどよい気温・爽やかに乾いた空気、

20181104_26.jpg

敵の攻撃も大したことなく、
そのおかげでそこそこ体力も残して、
ボスキャラのところまでたどり着くことができました。

20181104_27.jpg

この辺りの紅葉は、まだこんな程度、
頂上に吹く風に、汗で濡れた背中が冷たく感じながら、
エリクサー(お弁当その他)でHP、MP、フル回復、

20181104_28.jpg

家に帰るまでがダンジョン攻略(ハイキング)だよ、
今度は妖精さん(ハナアブ)がぶんぶん遊ぶアザミを見たり、

20181104_29.jpg

大人の親指くらいの、
小さなリンドウを見たり、

20181104_30.jpg

この黄色い花はなんの花、
気になる花、

20181104_31.jpg

この紫色の小さな実はなんの実、
木になる実、

20181104_32.jpg

ハートの行進、可愛いね、
な~んて、帰りは色々見て歩く余裕もある、
下り坂をホテホテと、

20181104_33.jpg

ところどころ、部分的に色づき始めた木々を眺めながら、
約16,500歩の、今回の攻略は終了したのでありました。

ちなみにスマホのGPSアプリでの記録はこんな感じ、

20181104_20.jpg

 活動時間 3時間35分
 活動距離 7.69km
 高低差 420m
 累積標高上り/下り  491m / 508m 
 消費カロリー  1465kcal 

グラフを見ると前半・登りの傾斜は強く、
それでも夏に比べて楽に歩けたので、
夏と秋、温度や湿度が違うだけで、
こんなに体力消耗的にも違うものなんだねと、
実感した今回の攻略でした、
なんて言っているうちにこっち地方も朝晩、
そこそこ冷えるようになってきました、
皆さま方に於かれましても、
身につけるのはシャネルの5番だけ、
なんて全裸で寝て風邪などひかぬよう、
また会う日までお元気で、
それでは本日はここまで、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : アイランド食品 銘店伝説 味噌ラーメン 札幌 桑名 美の山

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line