札幌ラーメン白樺山荘【菊水】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

えりぃものぉ~春ぅ~はぁあぁ~何もぉない、春ですぅうぅ~♪
なんて歌がありましたが、
ワタシの秋は何もない秋、
ここ前書きに書くネタもありません、
貼る写真もありません、
まぁね、
清秋の候、
皆さまにおかれましては、
ますますご健勝のこととお慶び申し上げます、
的な、
堅苦しい季節の挨拶など抜きにして、
とっとと本題に入ればいいじゃん、てな話でね、
なので今回は、とっとと本題に入りますっつーことで、
今回の本題はこれ。

20191013_00.jpg

菊水さんの「札幌ラーメン白樺山荘」。
思い起こせば今から6年前、
あ、ここから個人的感傷に浸るので、
皆さんは適当に読み飛ばしてください、
んで、思い起こせば6年前に北海道を旅行し、
その記録を残そうとしたのが、
このブログの始めの始まり、
時の経つのは早いもので、
あれからもう6年なんだなぁ~、しみじみ。

20130811_01.jpg

そん時の北海道旅行中、
札幌で食べた白樺山荘さんのラーメンが忘れがたく、
そうそう、ここで食べたラーメン、
美味しかったよなぁ~、しみじみ、

20140420_00.jpg

また、旅行の翌年、今から5年前には、
やはり菊水さんのチルドラーメンを、
食べていたわけではありますが、
つーか、
あ~、もうこのブログを6年も続けているんだねぇ、しみじみ、
と思うのに加え、

20191013_01.jpg

こんなくだらないブログが6年も続けていたのかと、
恥ずかしい限りでもありますが、
懐かしの札幌で食べたラーメンを思い出し、
加えて5年前とはパッケージデザインも変わっていたので、
ここで再度ご紹介する次第、

20191013_02.jpg

と言ってもね、
そこはただのインスタントラーメン、
封を開けても、
いつもと変わらない風景が横たわるだけで、

20191013_03.jpg

強いて紹介するならば、
スープは単にどんぶりで溶かすんじゃなく、
鍋で溶かしてひと煮立ちさせて熱々スープの出来上がり、
もっと手を加えることができるのであれば、
野菜など具材を炒めたフライパンに、
お湯とスープを入れて溶かし煮立てれば、
具材のうまみも閉じ込められて、

20191013_04.jpg

より美味しい味噌ラーメンの完成です。
せっかくの熱々ラーメン、
冷え冷えラーメンとなってしまう前に、
とっとといただいちゃいましょう、
ズルズルズルリ。

おーこれぞ札幌味噌ラーメン、
紛れもなく札幌味噌ラーメン、
こってりしていて、ちょっと辛めの味噌スープ、

20191013_05.jpg

麺はモチモチ、
美味しさの期待を裏切りません、
今はもう秋、誰もいない秋、
これからの季節は、
熱々の味噌ラーメンがいいよね、
と話をまとめたいところではありますが、

20191013_20.jpg

実際にコレを食べたのは、
夜空にこんな花が彩る季節で、
真夏の熱々味噌ラーメンも美味しかったよ、
てな話だったわけで、
つーことは、
いつ食べても味噌ラーメンは美味しいよね、
との結論にたどり着いた、
今回も積み残しネタ蔵出しスペシャルでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そんでもって、
せっかくの連休なのに台風直撃、
またまた各地に大きな爪あとを残して、
皆さまがお住まいの地域では被害その他、
影響はございませんでしたでしょうか。
そんなこんなで、お天気以外にも、
あれやこれや用事があって今年は休みの日が潰れ、
お出かけもままならず、
後書きに書くネタも貼る写真もありません、
なので簡単ではありますが、
今週はここまで、
またの機会をご贔屓に、
それでは皆さん、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 味噌ラーメン 札幌ラーメン 白樺山荘 菊水

line

【南羽生】住宅街のイタリアン


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

えっとね、
前回から積み残しの古いネタを紹介し始めまして、
今回はその第2弾、
どれくらい古いかと言うとね、
同じ撮影日付で、

20191006_20.jpg

こんな写真を撮っていたくらい古い話、
ってコレ、夏の花じゃん!

20191006_21.jpg

つーか、
今年の長い梅雨がまだ空けやらぬ、
真夏が来る前のこと、
この花を撮ったあとに寄ったお店がこちら。

20191006_00.jpg

東武伊勢崎線南羽生駅から至近距離の、
静かな住宅街にひっそりたたずむイタリアン、
カーザミーアさん。

20191006_01.jpg

お店のホームページによると、
オーナーもシェフもイタリアで修行した本格派、
そんなお店がなぜこんな目立たない、
住宅街の一画にあるのか摩訶不思議。

一階が無人の八百屋さん(?)、
その脇の階段をのぼり扉を開けると、
おっと、靴を脱いでお店に上がるシステム、
すなわち靴下の穴には要注意、
つま先が隠れるスリッパは用意されているので、
特にかかとの穴に気をつけてね。

20191006_02.jpg

頼んだのはランチコース、
まずは前菜盛り合わせ、
あれやこれやお皿に乗っているけれど、
もうかれこれ3ヶ月近く前の話、
メモもとっていないから味もなにも全然覚えてません、
ピンク色のスープは美味しかったような、
かすかな記憶があるようなないような。

20191006_03.jpg

これはエビと玉ねぎのバジルソース、
とメモに書いてあります。
バジルソースというと、時に油っぽかったりしますが、
これはさほどオイリーじゃなくあっさりめ、
とメモに書いてあります。

20191006_04.jpg

こっちはメモによると、4種のチーズのピザ、
なんだそうです。
周りの縁の厚いところだけじゃなく、
内側の薄いところもモチモチだった、
そうです。

20191006_05.jpg

まぁ、そんなこんなで、本格的なイタリアン、
細かい記憶は薄れても、
美味しかったことは覚えてますよ、
我が家の常でお店に入るのが、
だいたいいつもオープンと同時、
なので我が家が一番の客、
他にはまだお客さんがいない状態だったにしても、
この日はフロアに一人、厨房に一人しか見えなかったのに、
どの料理も出てくるのが早く、
待たされることなくお腹が満たされた、
そんな初夏の休日のランチでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ    

でね、
時計を今に戻して、
夏が終わり規模縮小気味な我が家のプランター菜園、
秋の種まきやら植え付けやら。

20191006_22.jpg

レタスミックスの種をまいたら、
かいわれ大根みたいなヒョロヒョロな芽が出ました。
どうやったらしっかりした芽が出るのでせう?
ちなみにコレは立派なレタスを育てるわけではなく、
葉っぱがちょっと大きくなったら、
ベビーリーフとして収穫します。

20191006_23.jpg

こっちはルッコラ。
ルッコラさんは小さいけど、
それなりにしっかりした芽を出してくれました。
ここからちゃんと大きくなるのか、
我が家の場合、非常に先行き不透明です。

20191006_24.jpg

あさつき?わけぎ?
もヘナヘナと芽を出しています。
年々、勢いがなくなり絶滅危惧種です。

20191006_25.jpg

これは食べ物じゃありません。
ベビーハイグロの種をまいてみました。
ハイグロでピンと来た方もいらっしゃるかと思いますが、
そう、水草の芽です、
水槽の、観葉植物を植えている陸上部分にまいたら、
ワタシでも簡単に密生した芽を出してくれました。
と、最後は季節とは無関係の熱帯植物でスミマセン、
実際、10月に入っても夏のような暑さで、
季節感も微妙に狂いがちだったこっち地方、
皆さまお住まいの地域はいかがでしょうか、
でもあれですよ、
朝晩はこっち地方でもしっかり肌寒くなりつつあり、
季節は確実に進んでおります、
これから秋深くなる地域にお住まいの方、
いやいや、それ以外の方でも、
お体壊さずお元気で、
それでは皆さん、今週はここまで、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんな店に行ってきました
genre : Gourmet

tag : イタリアン 南羽生 カーザミーア CasaMia

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line