【浪江】もっちり極太焼そば【旭屋】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

えっと…ね、
我が家の春というと今んところ、
毎度同じ話のネタ、
これしかなくてスミマセン、

20200223_24.jpg

クリスマスローズ、
略してクリロー、
栗郎くん、
先週までは白い花がたわわに満開、

20200223_26.jpg

加えてその後、
薄い桃色の栗郎くんや、

20200223_27.jpg

紫色で八重の栗郎くんも、
ちらりほらりと咲き始めて、
我が家の庭も、
少しずつ少しずつ春らしく、
にぎやかになってきた今日このごろ、
皆さま、いかが春の足音を感じられてますでしょうか。

んで、春夏秋冬、
季節に関係なくお送りしている麺類ぐるり日本旅、
今週ご紹介する麺はこれだ!

20200223_00.jpg

いかにもサービスエリアのお土産コーナーで、
山積み箱積みして売られてそうな、
化粧箱入りなみえ焼そば・もっちり極太麺。
パッケージの右上に印刷されているこの人、

20200223_01.jpg

浪江焼麺太国太王、
大国大王じゃなくて太国太王、
どっかで見たことあるなぁと思ったら、

20171210_03.jpg
<2017年12月10日の記事より転載>

あー、やっぱりね、
その昔、パッケージは違えど、この焼きそば、
一度食べたことあったのね、そうなのね。

20200223_02.jpg

浪江焼麺太国の説明。
これって、どこを縦読み?
焼きそば食べたらうまかったまで読みました。

20200223_04.jpg

箱をぱかっと開けると、
パンフレット入りなところが、
いかにもサービスエリアのお土産風、
でも、以前食べた袋入りにはなかった、
炒め用ラードと一味唐辛子付きの、
ちょっとだけ豪華仕様。

20200223_05.jpg

作り方その1。
肉の種類やもやしの量、
純正オイルを使えなど、
微に入り細に入る指示あり、

20200223_06.jpg

対して作り方その2はざっくり大雑把、
ま、焼きそばだからね、
そんなもんだよね、
皆さん、ご自身作りなれたやり方で、
作っちゃってくださいね。

20200223_07.jpg

ちなみにパンフレットの裏にも、
箱と同じことが書いてあります、
確かにもやしはたっぷり入れたほうが、
食感がいいし、おいしいよね、
もやしをはじめ野菜って、
炒める前はこんなにたくさん?と思っても、
炒めると案外、小さく縮んで少なくなっちゃうしね。

20200223_08.jpg

てな感じで、ワタシ流に炒めてからめて、
こねくり回してふりかけて出来上がり。
出来たて熱々の焼きそばが、
冷製焼きそばになってしまう前に、
とっとといただいてしまいましょう、
もふもふもふ。

んぷはぁ~~、
甘辛、濃いめのソース焼きそば、
甘めなので一味唐辛子のピリ辛とよく似合う、
もともともやし多めを想定してか、
ソースの量も多いので、
具材の量によってソースを調整したほうが、
良いかも知れません。

20200223_09.jpg

麺は看板通り極太、
炒める際、ちょっとほぐれにくかったので、
レシピに記載のない水を加えたけれど、
それでもモチモチ、しっかり炒めても大丈夫、
途中、甘いソース味に飽きてきたら、
青のりやマヨネーズで味変するのも良いね、
そんなこんなでガッツリ食べた、
それは今年の始めの、
とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

あ、総入れ歯ね、
じゃなくて、そう言えばね、
こんなのがあったのを思い出して、
ようやく食べてみたんですよ、

20200223_23.jpg

昨年秋出かけた先の、ゲゲゲなお店で買ったおでん缶。
缶詰めなんで、賞味期限的には全然余裕、
でも買ってきて食べないままももったいないし、
つーことで一缶あけてみたら、
一番上に妖怪的なコンニャクのお出まし、
お味は?ってーと、
妖怪地方の味つけなのか、
ワタシが普段食べているおでんとはちょと違う、
なんとも微妙な味でした。

20200223_25.jpg

春の到来を香りで知らせてくれるジンチョウゲ、
まだ2月だと言うのに、
こちらもちらほら花を開き始め、
春の訪れをつげております。
てなところで、
件のビールスだかヴアイアラスだか、
昔、ビーナス バーサス ヴアイアラス、
略称VVVって、
ある種、伝説のアニメがありましたが、
それはさておき、どこでなにを間違ったのか、
じわじわじわじわ拡散し、
社会生活、経済活動にも支障をきたしている昨今、
いつ病原体に出くわすか分かりませんが、
皆さまもお気をつけて、
と言ってもこればっかりは、
当たりたくないくじに当たるようなもの、
ばったり出会わないよう祈るばかり、
そんなわけで、次の機会もお互いに、
元気な姿でお会いできるよう、
これまたお祈りして今日はここまで、また来週、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 焼きそば 浪江焼きそば 旭屋

line

【郷土の味】ソフトスパゲッティ式めん【島根】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

真冬らしくきーんと寒い日があったかと思えば、
ふわーんと暖かい日になったりと、
気温の乱高下が激しく、
新型肺炎うんぬん以前に、
体調崩してしまいそうなこっち地方、

20200216_20.jpg

そのような中で、
先週もお伝えした我が庭園のクリスマスローズ、
今年も花を、
恥ずかしげに下を向いて咲かせ始め、

20200216_21.jpg

思えば天気の変化が大きくなるのも、
季節の変わり目、春の兆候、
皆さま、いかが春への期待に、
胸ふくらませておりますでしょうか。

さて、そんな春の芽吹きに関係なく、
季節感なしでお送りしている日本全国麺紀行、
今週お送りする麺類はこれだ!

20200216_00.jpg

知る人ぞ知る、
知らない人は全く知らない、
ソフトスパゲッティ式めん、
つーか、式めんって、
どんな方式に則っているのよ。

20200216_01.jpg

作っているのは島根県は出雲市の米山萬商店さん、
そーなんですよ、実はこれ、
昨年秋に鳥取・島根を旅した際、
出雲市駅に直結したお店屋さん街で、
島根のソウルフードとして売られていたのを、
自分へのお土産として買ったもの、
あれ?トマトルーは広島製かよ、
なんて一瞬、思ったけど、
考えてみりゃ広島と島根は、
おとなり同士だったのね。

20200216_02.jpg

中身はその広島製ルーと、
麺のツーピース構成、
あ、今、気づいちゃったけど、
パッケージの表記はトマトルウだったのね。

20200216_03.jpg

作り方は全くもって焼きそば的、
具材炒めて麺を炒めて、
そんでもってルウを入れて混ぜれば完成、
パッケージのイラスト眺めて、
これはアスパラだよな、
これは肉?
ナポリタンっぽいからピーマンや、
マッシュルームも入れちゃおう、
なんて勝手に想像しながら具材を買い揃えたら、

20200216_04.jpg

こんなところ、
ルーだかルウだかの袋の裏に、
細かい作り方とともに、
おすすめ具材も書いてあったよ、
今さら遅いよ、
でもピーマンは当たりだったよ、

20200216_05.jpg

んで、炒めて混ぜて、
粉末ルーだかルウだかをからめれば、
チャッチャッチャとすぐ完成、
このお手軽さもステキだね、
のんびり写真を撮っていて、
冷製スパゲッティ式めんになっちゃう前に、
とっとといただきましょう、
もぐもぐもぐもぐ。

んがーっ!なんだこりゃぁーっ!?
うまい。
文句なくうまい。
このやや甘めのケチャップソース味は、
間違いなく昭和の子供が大好きな味、
バターで炒めると香りとコクが加わって、
めちゃくちゃうまさ倍増、

20200216_06.jpg

太めの焼きそばのような、
細めのうどんのような、
絶妙な太さの麺、
適度な固さというか柔らかさというか、
これがまたうまい。
自分の記憶の中にある給食のソフトめんは、
もっと太くて柔らかだったよな、
これほど美味しくなかったよな、
こんなに美味な食べ物、
島根出雲のソウルフードにとどめておくのは、
もったいない、
もっと全国展開しても良いのでは?
そんなことを思った胃腸炎で苦しんでいた中でも、
美味しくいただくことができた、
とある年末年始の休日でのお話でした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

と、まぁ、今年はね、
早くも春めいて来ちゃったりしてね、
そういや寒い時期だからこそおいしいコレ、

20200216_22.jpg

鍋焼きうどんをまだ食べてなかったことに気づき、
機を逃さないうちにと、
家にあったもらい物の乾麺のうどんで、
慌てて作ってみました。
ひとり用土鍋でグツグツ煮込んだ鍋焼きうどん、
やっぱ冬の風物詩ですね、
ひと冬に一度は食べたておきたいですね、
あ、これなら季節感が充分にありましたね、
と過ぎゆく季節を名残惜しんで、
今日はこれまで、また来週、
次にお会いするまでお元気で、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : ソフトスパゲッティ式めん

line

【シンプルに】喜多方ラーメン【三浦屋】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

シャラララ、ス~テキにキ~ィッス♪

20200209_20.jpg

一年一度のチャンス、
と言ってもね、
ワタシなんてね、
職場じゃ、無駄で無益な習慣はやめましょう、
てーことで義理チョコ廃止、
我が家でもね、
お連れ様がご自身の好きなものを買って、
一瞬、ワタシに手渡されるものの、
すぐご自分のお菓子入れに戻ってしまう、
なんて各家庭でもよくある風景が、
見られる2月もはや中旬、バレンタインデーウィーク、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

でね、
そんなお菓子屋さんの策略にははまらないのに、
麺類の誘惑にはまんまと負けてしまうワタシが、
今週放つラーメンはこちら。

20200209_00.jpg

喜多方ラーメン。
飾りも素っ気もなく、
見た目すっきり、
シンプル・イズ・ベストなパッケージングを体現した、

20200209_01.jpg

商品を作っている三浦屋さんは、
喜多方ラーメン地元の会社さん、
ちなみにホームページは現在製作中、

20200209_02.jpg

中身も麺とスープのシンプル構成、
これ以上少なくしようとすると、
麺にスープをまぶした、
すぐおいしい、すごくおいしい的な、
ラーメンになっちゃうよ。

20200209_03.jpg

作り方も簡単、
麺をゆでて、溶かし薄めたスープと合わせるだけ、
簡単と言っても麺にお湯を注ぐだけの、
すぐおいしい的なラーメンには負けるけど、
麺の湯切りはしっかりね、
ここ、出来上がりの美味しさを左右する、
重要なポイント。

20200209_04.jpg

とまぁ、そんな感じで、
ささっと完成したラーメンがこちら。
昭和の雰囲気ただよう、
中華そば的なトッピングを施し、
冷たいすきま風に負けないうちに、
とっとといただくことといたしましょう、
シャラララシャラシャラリ。

おーっと、これはっ!
調理中、スープをどんぶりに溶かしたときに、
漂い出た香りもそうだったけど、
下町私鉄駅前商店街一画の、
小さな中華料理店で食べたラーメンを思い起こす、
スープの味も懐かしい昭和の中華そば、
これぞラーメンって感じ、
そして我が家秘伝、
ラーメンスープを溶かすのに、
使ったほうれん草のゆで汁の味もほのかに残る、
自己主張のない優しい醤油スープ、

20200209_05.jpg

麺もわずかにウェーブのかかった縮れ麺、
いわゆるひとつのラーメンらしいラーメン、
今どきのスープや麺に凝ったラーメンもいいけれど、
やっぱり子供の頃から、
食べ慣れたラーメンっていいよね、
安心するよね、
と、どこかホッコリとした、
それは昨年の年末近づく、
とある日曜日の昼下がりのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

とまぁ、ここ数日、
立春過ぎてようやく真冬らしい日々が、
しばらく続くこっち地方、
でもね、暖冬の影響なのか我が家の庭では、

20200209_21.jpg

昨年春に種まきしたマリーゴールドが、
まだ咲いているんですよ、
つーか、去年の夏はろくすっぽ咲かなかったくせに。

20200209_22.jpg

いつもこの時期に咲きだすサクラソウも、
順調に花数を増やし始め、

20200209_23.jpg

ピンク以外に白い花も咲き出しました。
そしてすっかりその存在を忘れていた、

20200209_24.jpg

クリスマスローズ、
葉っぱをかき分けたら、
こんなにたくさん、つぼみをつけていて、
小さい春、み~つけた、
みたいな、
相変わらず世界中で新型ウイルス大騒ぎ、
感染したら重症化する自信満々なワタシ、
無事、春を迎えることができるのか、
皆さまも、手洗い、うがい、不要な人混み避けて、
変な病気もらわないよう気をつけて、
次も元気にお会いできますようお祈りして、
今日はここまで、また来週、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 喜多方ラーメン 醤油ラーメン 三浦屋

line

【冬だから】盛岡温めん【戸田久】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

あの、いや、その、えっと、あたふたおろおろ、
べ、別に好きで寒いうちから、
咲いているわけじゃないんだからねっ!

20200202_20.jpg

どうも(`・ω・´)ゞ、ツンデレな狼狽です。
あ、間違えました、蝋梅です。
そんな慌てふためく蝋梅の向こうから聞こえてくるのは、
ギャーギャーにぎやかに騒ぐ声、

20200202_21.jpg

カモね、カーモね、そーおカーモねぇー♪
やーねー、
もう2月かもねー、

20200202_22.jpg

今年もあっという間にひと月が過ぎて、
残りたったの11ヶ月になってしまったかもねー、

20200202_23.jpg

一年なんて短いかもねー、
そろそろクリスマスの準備も、
始めなきゃ、かもねー\(^o^)/、
なんてギャーギャー言い合っているのか、いないのか、
それ以前にオマイラ、
春になったらシベリアに、
帰らなくていいカモなのか、どうなのか、
にしても冷たい水に浸かっているのに、
どうして足がかじかまないのか、
などなど色々考えると不思議カモな季節、
冬の夜をひとりカモ寝む皆さま、
いかがお過ごしでしょうか。

つーことで、今回お送りするのは鴨南蛮、
……………
…………
( ゚д゚)…
なーんて世の中、そんなに都合よくなく、
そもそも、鴨南蛮ネタなど持ち合わせていないので、
今回お送りするのはカモとは全く関係ないコチラ。

20200202_00.jpg

戸田久さんの盛岡温めん。
てか、温めんってなんぞや、
初めて聞いた食べ物だぞ?
ワタシの中で戸田久さんといえば冷麺、
盛岡冷麺もそこそこ有名、
そういやはるか昔、
こんなブログを始める以前に、
わんこそば食べに行ったついでに、
冷麺も食べてきたことあったっけ、

20200202_02.jpg

なので、これってひょっとかして、
冷麺の温かいバージョン?
寒い季節は冷麺売り上げ激減なので、
冬でも売れるよう、
冷麺を温かくしてみました的な?

20200202_01.jpg

ちなみに北緯40度は、
盛岡よりさらに北、
八幡平あたりであることが、
Googleマップから判明しました。

20200202_03.jpg

ほーら、
麺は見た目、やっぱり冷麺ですよ、
ちょっと細めの冷麺の麺ですよ、
ワタシの推測も、
あながち間違ってなさそうですよ(-ω☆)キラリ。

20200202_04.jpg

作り方はチルドラーメンと一緒、
麺をゆでて、
別に溶かしたスープと合わせれば出来上がり、
なんだけど、
冷麺と同じで麺と麺、
全体が固まり、がっちりくっついているので、
お湯に投入する前に、
バラバラにはがしておいたほうが、
出来上がりも麺が一本一本キレイに分かれて、
ステキな温めんが完成すると思われ。

20200202_05.jpg

そんなこんなで、
切れやすい麺に悪戦苦闘しながら、
一本一本麺をばらしてからゆでて、
完成したのがこちらの一品。
温めんが冷麺になってしまう前に、
とっとといただくことといたしましょう、
つ、つ、つるりん。

パッケージ写真に比べれば、
全然赤くない甘みのあるスープ…
って、あっ!辛いっ!
冷麺のようなキムチ由来の酸味はなく、辛っ!
奥行きのある味わい深い、辛っ!
いや、これ、唐辛子系の辛さが、
結構来ますよ、

20200202_06.jpg

赤いのはアップにしても、
ちらほら見えるこの程度、
でも、辛いですよ、
そして肝心の麺はやっぱり、
しこしこつるつるな冷麺のめん、
ま、そりゃそうだよね、
せっかく冷麺を売りにして町おこししたんだから、
冷麺を使わなきゃ意味ないよね、
冷麺の消費を伸ばす意味でも、
だけどこれはこれで美味しい、
単なる温かい冷麺とはちょっと違う、
他には似たようなものがない麺、
盛岡冷麺と同じように、
広く世に知られて有名になればいいね、
なんてことを思ったような思わなかったような、
それはまだ初冬の、
とある日曜日の昼下りでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

いや、ホント、

20200202_24.jpg

ギャースカギャースカ、
うるせぇんだよ、オマイラ、

20200202_26.jpg

それも、
あっちへちょろちょろ、こっちへちょろちょろ、

20200202_25.jpg

うざってーたらありゃしない、
ちったぁじっと静かにしてろよ、
にしても日差しが徐々にまぶしくなってきたなぁー、
と風もなく日向ぼっこにちょうどよかったこの日、
一歩ずつ春も近づいてきて、
でも、あれですよ、
新型肺炎も怖いですけど、
毎年のあれ、
花粉も暖冬のせいで、
いつもより早く飛んで来そうですよ、
なので花粉症をお持ちの方々、
早めの対策、ご用心、
各地で極度の品切れ状態とのことですが、
マスクもこの先しばらく手放せなさそうですね、
もちろん花粉症じゃない人もお気をつけて、
それでは皆さん、ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : 戸田久 盛岡温麺

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line