【銘店伝説】手打ちラーメン清仁軒【アイランド食品】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは空一つなく晴れ渡った、
先週の日曜日のことじゃったぁ。

20201129_21.jpg

なんちゃってホントはね、
朝は雲が多くて日差しも遮られ、
冷たい空気に寒さを感じながら、
晩秋で色づいたお山に、
また凝りもせず行ったんですよ、
山歩き、ハイキング。

20201129_22.jpg

まず最初に目指したのは、
アチョーッ!( `Д´)ノノ=3

20201129_23.jpg

少林寺。
このお寺の裏山には、

20201129_26.jpg

山道に沿って石仏が点々ずらずらと、
並ぶ五百羅漢がありまして、

20201129_24.jpg

それぞれ異なる表情の仏さまが見守る中、

20201129_25.jpg

えっちらおっちら上り坂を登る頃には、
雲もなくなり青空広がり、
秋のおひさまのぬくもり浴びて、
早々に汗だく、

20201129_27.jpg

坂を登りきったお次に向かうのは、
円良田湖(つぶらだこ)、
登った坂は降りねばならないのは世の定め、
せっかく登った山を、
今度はよいしょこらしょと急坂降りれば、

20201129_28.jpg

すぐにかんがい用ダム湖に到着、
紅葉が映える水面を眺めつつ、
しばらくはなだらかな、
湖畔の道や人里の道路を歩いて、

20201129_29.jpg

次のお山、
山城の城あとへの入り口に到着、

20201129_30.jpg

って、いきなりの階段じゃんΣ(゚Д゚)!
ポキッと心のどこかで何かが折れる音、
はたしてヒッキーさん、登ることが出来たのか、
後半に続く。

でね、
一応、短いけれど、
ここからが本編、
ラーメン食べた、うまかったって話、

20201129_00.jpg

インスタントラーメン、チルド麺で、
何が一番美味しいの?って聞かれたら、
ワタシがすすめるイチオシ商品、
これを食べておきゃ間違いないよ、
アイランド食品さんの銘店伝説シリーズ、

20201129_01.jpg

今回はその中から「手打ちラーメン清仁軒」、

20201129_02.jpg

いや、ワタシね、
アイランド食品さんの回し者でも、
友人・知人がアイランド食品に勤めているわけでも、
なんでもないんですよ、

20201129_03.jpg

でもね、
ちゃんと作り方通りに、
特に銘店伝説の掟は守って、
パッケージ写真を参考にトッピングすれば、

20201129_04.jpg

ほ~ら、見目麗しいラーメンの出来上がり。
では秋風に冷めてしまわないうちに、
とっとといただくことといたしましょう、
はぁむ、はむはむ。

うぐ、ごくり。
いやいやワタシゃ、
再度言うけど、
アイランド食品の回し者じゃないんですよ、
ないんですけど、
銘店伝説に外れなし、
特別うまい!とゆーわけでもなく、
しかし、
甘みのある、昔ながらの醤油ラーメン、
安心安全ホッとする味、
多くの方におすすめできる味、

20201129_05.jpg

麺はもちもちな平打ち麺、
このインスタントラーメンのもとになったお店、
清仁軒さんは群馬の高崎にあるとのこと、
そのせいなのかどうなのか、同じ北関東、
栃木の佐野ラーメンに近いなと思った、
それはまだ秋の日差しも眩しかった、
今からひと月以上前の、
とある休日のお昼のことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

そんでもって短い本題も終わり、
本題より長いおまけの話、
山歩き話の前半からの続き。

20201129_31.jpg

登山口からいきなりの階段、
そしてそれからも続く上り坂、
どひゃあ、ぶふぁ~、
何だ坂こんな坂、

20201129_32.jpg

はぁはぁひぃひぃ、
こんなつらい思いをしてまで、
なんでオレはこんなところまで来ているんだ、
と毎度泣きごと言いながらも、
最後の急坂、階段を、
登りきった先に見えるこの風景、
達成感がやめられません。

20201129_33.jpg

山城の城あとゆえ、
頂上には平場が広がりそこには東屋が建ち、
世間では我慢の三連休と言われていたのに、
それも田舎の山ん中なのに、
なにこの人だらけ、
と言いつつワタシもその中のひとり、
でもとりあえずここはオープンエアの山の上、
三密や5つの小は避けられているよね?
とゆーことで自分たちもここで昼休み。

20201129_34.jpg

さてと、
あまり山のてっぺんで長居をしてもね、
軽く小腹を満たして山を降りましょう、
さすがここは昔の山城、
登ってきた道とは反対側の道も、
敵が攻め入るのも大変な急な坂、

20201129_36.jpg

しかも今の時期、
道にも枯れ葉が積み重なり、
つるつる滑って危ないあぶない、
足元慎重にゆっくりと。

20201129_35.jpg

帰りの道もところどころでアップダウン、
たまの尾根道で息を整えつつ、

20201129_37.jpg

三角点など愛でながら、

20201129_38.jpg

ゴールの駅に到着したのでした。
今回はスマホのGPS山アプリで、
ようやくまともに記録ができたので、

20201129_20.jpg

上り下りのグラフと

 活動時間  3時間51分
 平面移動距離  9.9 km
 累積上り/下り  459 m / 441 m 
 消費カロリー  2,010 kcal 
 歩数  ? 歩 

数値データ。
グラフの横軸7km付近が山城のあと、
標高は低くても斜面が急峻で、
城の立地としてふさわしく、
登り降りがきつかったのも納得、
グラフで見てもよく分かりました、
てか、GPSデータは上手くとれたのに、
家に帰ったら万歩計の電池が切れていて、
何歩あるいたのか分かりませんでした(TдT)。
っつーことで、
本編より長いハイキング話はここまで、
ま、ブログタイトルに、
なんか食べただけじゃなく、
どっか行ったも入っているので、
ご容赦ください、お許しを、
とか言いつつ、
毎回毎回、
つらい~、きつい~と、
弱音を吐いているのに、
またまた昨日、行っちゃいました、
それも今回と一部ダブるコースで、
なので次回もハイキング話、あります、
ごめんなさい、
もしお気が向いたら、
読んでやってください、
てな感じで今週は長文スミマセン、
では、それまで皆さまもお元気で、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : アイランド食品 銘店伝説 醤油ラーメン 清仁軒 ハイキング 円良田城山

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line