【マルちゃん焼そば】だし醤油味【冬限定】


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ごきげんよう。

それは空一つなく晴れ渡った、
一週間前の土曜日のことじゃったぁ。

20201206_20.jpg

毎度まいど、きついの、苦しいの、
ハーハーだの、ゼェゼェだの、

20201206_21.jpg

何だかんだ言っときながら、
またまた懲りずに行ってきました、
それも前回から一週間も空けずに続けて、
山歩き。

20201206_22.jpg

今回の第一目標は、
八幡山経由の鐘撞堂山(かねつきどうやま)。

20201206_23.jpg

登山口からいきなりの急峻な坂を登りきれば、

20201206_25.jpg

すぐに見晴らしもほとんどない、
しょぼい八幡山頂上。

20201206_26.jpg

その先は、適度なアップダウンが続く尾根道、

20201206_24.jpg

滑りやすい落ち葉をサクサク踏みながら、

20201206_27.jpg

この季節らしくなく咲くヤマツツジの花や、

20201206_28.jpg

この季節らしいもみじの葉っぱを横目に、
サクサク、サクサク…、

20201206_29.jpg

キタ━━(゚Д゚;)━━━ッ!!!!!
カイダーーーーーン!
だいたいどこの山でもさ、
あと少しで頂上ってところで、
お宝を守るボスキャラのように現れるんだよね、
階段。
さて今回もヒッキーさん、
はたして登りきることが出来たのか、
後半に続く。

で、今年も12月、
名実ともに冬ですよ、
冬っちゅーと、
やっぱり、コレね、

20201206_00.jpg

マルちゃん焼そば冬限定だし醤油味。

20201206_01.jpg

なぜ冬限定がだし醤油味なのか?
マルちゃんいわく、
冬野菜の代表白菜とだし醤油の相性が抜群、
とのこと、

20201206_02.jpg

赤いビニタイで閉じられた口を開き、
中身を取り出せばこんな感じ。
季節限定品だからといって、
特に変わったところはありません。

20201206_03.jpg

作り方も普通の焼きそばと一緒、変わりなし、
ちなみに我が家の場合、
最初に具材を炒めたら、
一度、フライパンからお皿に移し、
次に麺だけを炒める、と言うより、
メーカー指定量より少なめの水を加え、
加熱しながらほぐす感じ、
麺がほぼほぐれたら具材を合わせて、
ソースを加えて、

20201206_04.jpg

はい、出来上がり。
今回はメーカー推奨おすすめの刻みネギは乗せず、
パッケージ表の写真を参考にプレーンな装いで、
ゆで卵はなんとなくおまけ、
んじゃ、アツアツなお料理もすぐに冷めてしまう季節、
温かいうちにとっとといただきましょう、
はぁむ、はむはむ。

ん、ぷはぁ~、
もう、作っているときからね、
鰹節の香りが強く漂って、
出汁が前面に出て存在感ありあり、
焼きそばといえば普通使うキャベツの代わりの、
白菜の影が薄くなってしまう次第、
ちょっとしつこくも感じたので途中で味変、
写真には撮らなかったけど、
メーカーおすすめの刻みネギじゃなく、
焼きそば定番の青のりをふりかけてみれば、
出汁の香りもマイルドになり美味しさ倍増、

20201206_05.jpg

麺はいつものマルちゃん焼きそば麺、
食べ慣れた麺でまずいはずがない、
3食入りを二人でシェアして1.5人前ペロリ、
どんな味でも受け入れる、
焼きそばの懐深さをあらためて感じた、
とある晩秋の日曜日、
ひややかなお昼どきのことでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ    

で、今週も本編より長い山歩きの話、
前半からの続き。

20201206_30.jpg

はい、無事に登りきりました、
鐘撞堂山の頂上、

20201206_31.jpg

爽やかな晩秋の週末、
山ん中なのにこの人出、
机や椅子まで持ち込んで、
なにか書き物をしている人も、
ってリモートワーク?

20201206_32.jpg

南の方向に目を凝らせば、
望遠レンズでさらにトリミングしてこんな感じ、
実際に肉眼じゃ針のような、
関東平野のへりから見えるスカイツリー、
などなど眺めながらしばし休憩、
お腹を軽く満たして、さてと、

20201206_33.jpg

登ってきたのとは山の反対側の、
急階段を慎重に降りて、

20201206_34.jpg

緩やかな下りの林道をホテホテ歩くと、

20201206_35.jpg

はい、ここ、この階段、
つい一週間前に向こう側から、
逆に降りてきたばかりの階段なんですよ、
それを今度はえっちらおっちら登って、

20201206_36.jpg

時間もあったので、ちょいと脇に寄り道、

20201206_42.jpg

ちょっとした頂になっているここは、
金剛神社の石碑が立っているけれど社はなく、
石の神様が所狭しと並んでいるだけ、
後に調べたらここも、
山城のあと(花園御岳城跡)なんだとか。

20201206_37.jpg

さて、もとのルートに戻り、
先週は登ってきた五百羅漢の山道を、

20201206_38.jpg

ひゃ~、もう疲れたよぉ~、
と弱音を吐きつつ、

20201206_39.jpg

前回の山歩きスタート地点、
今回はゴールの少林寺にたどり着き、

20201206_40.jpg

後は30分に一本の電車に間に合うよう、
車が激しく行き交う国道沿いを、
早足気味にスタスタ歩いて無事、駅に到着、
帰宅の途についたのでした。

最後に今回の行動記録。

20201206_41.jpg

縦軸は標高、横軸は平面上での移動距離の、
アップダウン・グラフに、

 活動時間  3時間48分
 平面移動距離  9.3 km
 累積上り/下り  459 m / 457 m 
 消費カロリー  1,961 kcal 
 歩数  ? 歩 

数値データ。
前回、電池が切れていた万歩計、
今回は新しい電池を入れて準備万全、
と思いきや、
内蔵時計で日付が変わるとデータがリセットされる、
親切・余計なお世話設計の万歩計、
電池を入れただけで時計を合わせてなかったので、
歩いている途中でリセットされた様子、
あまりにも少ない歩数しか残ってませんでした(TдT)。
てなところで、11月になって再開した山歩きも、
今シーズンはこれにて即終了、
ワタシは冬ごもりに入ります。
来年の花々が咲き出す頃に、
今より状況が悪化していなければ、
また、歩き出す予定、
でも、冬で完全に体がなまって、
ヒーヒー、ゼエゼエ、ボロボロに戻るのでしょうね。
では、今回も長文失礼しました、
北半球はこれから本格的な冬、
件のウイルスをはじめ、体調崩さぬよう、
重々ご注意くださいませ、
それでは、皆さん、
ごきげんよう~(^O^)ノシ

theme : こんなの食べてみた
genre : Gourmet

tag : マルちゃん 焼きそば 季節限定 冬限定 だし醤油味 ハイキング 鐘撞堂山 五百羅漢

line
line

line
プロフィール

ヒッキーに憧れる出無精

Author:ヒッキーに憧れる出無精
 
家でゴロゴロしているのが大好きで、引きこもりに憧れる自分が、食べたり出歩いたりしたことを記録する、一部矛盾に満ちたブログ。
というか今では、ワタシのセレブな昼食を全世界にさらけ出すブログに成り果ててます。更新は原則週1回、日曜日です。たまにどっか行ったり連休でネタがたまったりしたら臨時増刊、記念的に記録します。
あ、ちなみにワタシはです、悪しからずm(_ _)m。

なお「本ブログ中の感想はあくまで私の個人的嗜好に基づくもの」です。これは大人のお約束と言うことでご容赦を。

line
最新記事
line
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
KFC (1)
line
ブログランキング
line
ブログ村ランキング
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line